電車通勤が嫌だと(つらい)思っていたけど、そうでもないかもと言う話(通勤対策になる在宅勤務など仕事選びについてもご紹介)

スポンサーリンク

電車通勤っておっくう(つらい)ですよね。
私も約5年〜10年以上埼玉から都内に片道1時間くらいかけて電車通勤してました。

色々あって仕事をいくつか変えて、電車通勤から徒歩通勤の生活を5年以上過ごしたのですが、さらに仕事を変えて在宅勤務の仕事をすることになりました。

結論から言うと、それだけ色々ありましたが、その在宅勤務の仕事を1ヶ月休むことになり、短期で電車通勤しながら働くことになり、電車での通勤がだるくて嫌だ(つらい)と思っていたら、そうでもなかったということをお伝えしたい内容です。

なぜかというとその短期の仕事が①通勤時間が短かったり、②出社時間が遅いからです。

仕事探しで電車通勤のない仕事したいけど、なかなか見つからない方はよろしければご参考にされてみてください。

■今回のきっかけ

以前は埼玉から都内に通勤のために片道約1時間かけて通ってましたが、途中から会社の近くに引越し、それからは会社に徒歩通勤をするようになりました。

それ以来、電車通勤はもう無理(通勤ストレスなし最高)と思うようになりました。

5年ほど経過し、その会社をやめることになったのですが、それから新しい仕事を探すにあたっては、在宅勤務の仕事で求人を探しました。

その後、無事にテレワークの仕事に就くことができたのですが、自宅のネット環境があまり性能が良くなく、色々と事情があり、光回線工事もできない(しづらい)住居で、結果的に引越しをしたりしないといけなかったり、引越し先でも光回線工事をしないといけないので、その工事期間などの兼ね合いで1ヶ月ほどその仕事を休むことになりました。

その間に、新居を探しつつ、1ヶ月間ほどその埋め合わせで最寄駅から3駅くらい離れたところコールセンターで短期バイトをすることになったのがきっかけです。

この短期の仕事をして気づけたことは下記①②です。

①通勤時間が短い
今は代々木公園あたりに住んでいるのですが、新宿に通勤しており、だいたい電車で5分くらいです。
正直、帰りは歩いて帰ろうと思えば帰れる距離です。これだけ近いと少し楽です。
(帰りは電車賃を節約するために歩いて帰ることもあるのですが、30分くらいかかるのでちょっとした運動不足解消になります。余談ですが、ビールっ腹が少し凹んでくれました…かなりどうでもよい話ですが笑)

②出社時間が遅い
その職場は、11時から仕事が始まるため、通勤ラッシュには巻き込まれず、自分が今まで味わっていた8時〜10時の通勤ラッシュのストレスはありませんでした。
おそらく少し考えればわかることなのでしょうけど、自分は思考回路が”電車通勤はもう無理”になってました。

ちなみに私はそのコールセンターの短期バイトをindeedか求人ボックスで見つけました。以下にリンクを貼っておきますので合わせてご参考にされてみてください。

■通勤対策になる仕事選びについて

1.フレックスタイム制度による対策
こちらは今回のブログでお伝えしている内容ですので、言うまでもないですね。

2.テレワークによる対策(在宅勤務による対策)
こちらも言うまでもないことですね。テレワークを推奨している仕事先を見つけられたら良いですね。
(在宅勤務系の求人情報のリンクを貼っておきますので、よろしければご参考にされてみてください)

3.カーシェアによる対策(バイクシェアによる対策)
会社が手当を出してくれるか、読者様が許容範囲内の出費であれば良いかもしれません。
(同じくリンクを貼っておきますので、よろしければご参考にされてみてください)

4.徒歩通勤による対策(職場の近くに引っ越す)
こちらが私が約5年以上お世話になった通勤方法です。正直快適でした。
色々とあり、会社を辞めることになりましたが、通勤方法自体のストレスはなかったです。

■まとめ

仕事探しの際は、ちょっとした視点を変えるだけで探しやすさが変わるかもしれません。

繰り返しになりますが、仕事探しで電車通勤のない仕事したいけど、なかなか見つからない方はよろしければご参考にされてみてください。

※本ブログの内容ははあくまで個人的な感想ですので、予めご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました