【体験談】仕事終わりのジム通いのモチベーション上がらない人へ!!(現状の打開策について私が行った方法を紹介します)

スポンサーリンク

仕事終わりのジム通いっておっくうでしんどいですよね
疲れが残っていたり、お腹が空いているときは、ついつい食事をしたくなってしまいます。

私も会社員の頃は、健康やダイエットのために有酸素運動をしたいと考えてました。

ただ、仕事が終わった後に一度、自宅に帰ってからジムに行こうとするとどうしても疲れていたり、お腹が空いていたりすると、ジムにいく気が失せてしまうんですよね。

そんな日々を何日も過ごしていたのですが、このままじゃ何も変わらないと思い、一念発起して”モチベーションが上がらなくてもなるべくジムに通えるようになる方法”を考え、試すことにしました。

■小さな目標を設定する

その方法とは、小さな目標を設定してコツコツ行っていくというものでした。(下記URLのサイトや動画でもその考え方についてふれてます)

1%の目標の立て方!長期・中期・短期目標の3つの仕方 | Narumiオフィシャルサイト|Global Style
「今年のはじめに立てた目標が全然到達できていない」「いつも『〇〇を始めよう!』思っても、すぐに飽きて、辞めてしまう。」また、せっかく目標を作って行動を起こしたのにも関わらず、なかなかそれがうまくいかず「投げっぱなし・・・やりっぱなし・・・」...

小さな目標を設定して達成したら自分へのご褒美も用意するということが重要のようです。
そして、私が設定した日課はいかのようなものでした。

1日目:家の前に学校があり、その周辺に花壇があるので、その近くまで歩く(家からたったの10〜50メートルのウォーキング)

本当は家からジムまで行く(ジムで運動する)ことをゴールにすべきですが、そのモチベーションすら起きないので、自分でできることで最小単位の目標設定をしてみるというものです。

(かなり馬鹿げたような小さな目標設定ですが、個人的には効果を感じてます。)

終わったら、必ず自身にインセンティブ(ご褒美)を与える必要があるので、大好きなビールを自分に注入しました。もちろん5〜10メートルしか歩いてないのでダイエットにはなりません(笑)

ここでやめたら全く意味ないのですが、徐々にですが、上記5〜10メートルを何度か続けると、慣れてくると”もう少し歩きたいな”と思うようになります。

この自然とそうしたいと思ってしまうというのが、重要だと思っていて、継続していくことで徐々にモチベーションが高まっていくことに気づきます。

数日後:家から徒歩8分あたりのスーパーまで歩けるようになりました(家から500m〜1kmのウォーキング)

さらに数日後:家から徒歩30分あたりのジムの手前まで歩けるようになりました(家から2kmのウォーキング)

このように、呆れるくらい小さな目標ですが、それをコツコツこなして、達成したらお酒でもゲームでも何でも良いので、自分にインセンティブ(ご褒美)を用意してました。

これを繰り返すだけで徐々に自分が変わり始めてることに気づきました。

尚、仕事終わりでもジムが営業していないと意味ないので、私は24時間営業しているチョコザップに入会してます。

■チョコザップ(24時間ジム)の魅力

チョコザップに限らず、24時間ジムの方が営業時間の融通が効くので、その点は良いと思ってます。

冬の寒い日には屋内の暖かいところでウォーキングやランニングができますし、月会費も安いので経済的にも優しいです。

そのため、近くにチョコザップがある方は、ご検討されてみてください。

全店舗を利用できるので、お住まいの地域にもよりますが、近くにチョコザップが隣接されてる場合は、ハシゴしてマシンを使うことも可能です。

「この店舗はマシンが埋まってるので、すぐ近くにあるもう一つの店舗に行こう」といった具合です。

■まとめ

この小さな目標設定を行う考え方がジムのモチベに効果が出るかはじめは分からなかったのですが、試してみたら一定の効果は確認できました。

どんなに(馬鹿らしいくらい)小さな目標でもコツコツ続けると何か変わるかもしれませんので、ご参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました