最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ドライブデートで気をつけること

彼氏ができたら一度はやってみたいと思う「ドライブデート」。彼氏と車内で二人きりで、綺麗な景色を見ながらドライブなんて素敵ですよね。

しかし、ドライブデートがきっかけで喧嘩になったり不仲になることは多々あります。せっかくのドライブデートなのに喧嘩して険悪なムードになったら台無しです。ですので、ドライブデートで失敗しないようにドライブデートを成功させるコツを抑えておきましょう。

なぜ、ドライブデートで喧嘩が多いの?

楽しいはずのドライブデートで、何故、喧嘩になってしまうのか…?それは、狭い車内に二人っきりで長時間過ごすという、ドライブのスタイルに問題があります。密室で二人っきりというのは、嬉しいことです。

しかし、その状態が何時間も続くと嫌気が差してくることがあるのです。これは、二人っきりで旅行に行くときにも言えることです。

長い時間一緒に過ごしていると疲れやストレスが溜まり、お互い本性が徐々に剥き出しになっていきます。

特に、運転をする人は「車に乗ったら人が変わる」とよく言われます。車と言うのは、運転手にとって自分のテリトリーとなります。普段からよく運転をしている人であればなおさらです。

自分のテリトリーでは、つい自分の本性が剥き出しになっても仕方ありません。
(逆に考えれば、付き合って間もないカップルなどは、相手の本性が聞ける貴重な場面でもありませんか?)

また、渋滞やその他さまざまなストレスが要因でイライラしてしまうこともあり、運転手のイライラが助手席の恋人にも伝わり、険悪なムードになってしまうのです。

では、ドライブデートの時に起こる喧嘩の主な原因について、次で考えていきたいと思います。

ドライブデート・喧嘩の原因

①道に迷う

道に迷うと運転手も助手席の人もイライラしてしまいます。特に、慣れない場所でのドライブではありがちのシチュエーションです。道に迷うと、不安でイライラしてしまうということもありますが、時間が押してしまって計画通りに目的地に着かないといった問題も出てきてイライラが増幅されます。

運転手は道に迷うと困り、場合によってはパニックを起こします。そんな時に助手席の恋人までが不安がったり、イライラすると運転手のイライラは爆発してしまいます。道に迷った時、助手席の人はきちんとナビを見て誘導してあげましょう。それができない場合は、運転手の心が落ち着くような言葉を掛けてあげましょう。

➁計画が立てられていなかった

ドライブデートで行き当たりばったりでいると、道に迷ったり有意義に時間を使うことができず、あまり楽しくないデートに終わってしまいます。ドライブを楽しむことも大切ですが、適度に車から降りて観光したり美味しいご飯を食べることも大切です。

やはり、ずっと車で二人っきりでいると空気が淀み、重くなっていきます。どの方面へ行くか?その地域の観光地はどこか?駐車場はあるのか?など、事前に調べることで、イライラせずに安心してドライブすることが出来ます。

また、スケジュールを詰めて計画してしまうと、渋滞に巻き込まれて計画通り行かない場合があります。そうならないように、余裕のあるスケジュールを立てましょう。

③タバコ

恋人が喫煙者である場合、ドライブでイライラが募ると車内で喫煙し始める場合があります。特に、普段車を頻繁に使っており、社内で喫煙をすることが多い人は、普段の癖で喫煙し始めることがあります。

また、喫煙している人の車はタバコの臭いが染みついているので、嫌煙者にとっては乗るだけで不快かもしれません。車内でタバコを吸うと、窓を開けて換気しても車内に煙の臭いが残ってしまいます。

恋人が喫煙を快く思ってない場合、煙に耐えかねて「早く降りたい…」と思ってしまいます。イライラしながらタバコを吸う彼氏と早く降りたいと思っている彼女…こんな組み合わせでは楽しいドライブデートなどできません。

④彼氏が黙っている

女性はお喋りが好きです。ドライブデートで彼氏と二人っきりだと、ついたくさん話をしたいと思ってしまいます。

しかし、彼氏の方は会話もせず運転に集中しっぱなし…となると、助手席の彼女は手持ち無沙汰となってしまいます。それに嫌気が差して彼氏を非難したり、露骨に不機嫌になると彼氏の方は「面倒くさい女だな…」と思ってしまいます。

運転手は様々なことに気を使っています。信号や車間距離や車線変更など、運転をするだけで精いっぱいで余裕がないという人も多いのです。その上、彼女がかまってちゃんだと本当に面倒くさいです。

彼氏が会話してくれない…と自分の気持ちを優先させるのではなく、運転中の時だけはかまってちゃんをグッとこらえて、到着したら沢山話すようにしましょう。

彼が集中して運転して事故を起こさないようにそっと見守るのが助手席の彼女の役目です。

ドライブデート
運転手をイラっとさせること

男性が運転し、女性が助手席に乗るという組み合わせが多いと思います。あまり運転をしたことない女性は、男性が運転中にどんなことをされたらイラっとするか分からないかもしれないので紹介します。

①運転に口を出す

運転に口を出されることが運転手にとって一番イライラします。「危ない!」とか、「そんな狭い道大丈夫なの?」とか、「スピード出しすぎじゃない?」など、良かれと思って言っているかも知れませんが、運転手をイライラさせています。

特に多くの男性は女性よりも運転がうまくなきゃいけないと思っています。

運転手はよっぽどの初心者でない限り、運転の要領を知っています。経験があるので、どのくらいのスピードでどのくらいの車間距離で走ればいいのか分かっているのです。分かっていることを言われると一番腹が立つので、運転に口を出す彼女にイラっとします。

③渋滞に文句を言う

渋滞すると誰しもイライラします。助手席の人もイライラすると思いますが、当然ですがそれ以上に運転手は助手席に比べてストレスは大きいです。特にドライブが好きな人は、スイスイ運転することが楽しいと思っているので、渋滞にはイライラが募ります。

そんな中で、助手席の彼女の方がイライラして「まだ動かないの~」と文句を言っていると、彼氏のイライラが膨れ上がります。渋滞は彼氏のせいではありませんし、彼氏がどうにかできる問題でもありません。絶対に文句は言わないようにしましょう。

まとめ
ドライブデートで気をつけること

いかがでしたでしょうか?

車を運転したことが少ない女性は、運転手の気持ちが分からないことが多く、つい彼をイライラさせて喧嘩になることがあります。

狭い車内で喧嘩すると、どこにも逃げ場がなく最悪の雰囲気になります。ドライブデートでは、いつも以上に相手を気遣ってお互いに気持ちの良い空間を作りましょう。

運転する人間は、自分の調子に合わせて休憩したかったり、話したかったり、行き先や道も自分の考えで選択したいと考えてることが多いです。

ハンドルを握っている=主導権を握っている。

という方式になりますので、その横で彼女から色々と指摘、注意をされたらイラッときてしまいますよね?

ドライブは渋滞、疲労、眠気‥いろんなものと戦いながらデートしているようものです。

運転は彼に任せて貴女はサポートに徹してあげるようにするといいと思いますよ。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!