めんどくさい女になってない!?男に避けられる女とは!?

男性心理

好きな人や彼氏と長続きせず、すぐ別れてしまうという方はいませんか?

 

特に、別れは必ず相手の方から切り出される、または、自然消滅されることが多い…そんな方は、知らず知らずのうちに男性から「めんどくさい女」と思われているかも知れません。

 

この記事では、めんどくさい女の特徴と男に避けられる原因について見ていきます。自分がめんどくさい女になっていないか、チェックしてみてください。

 

 

 

めんどくさい女、男に避けられる女とは・・
めんどくさい女の特徴

めんどくさい女と聞いて、まず初めに思い浮かぶのは「重い女」というイメージではないでしょうか?

 

めんどくさい女、ひいては重い女にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

 

①連絡頻度が多い

付き合いたての頃は連絡頻度が多いものですが、徐々に二人の関係が落ち着いてきた時期にも関わらず連絡頻度が多い。

 

むしろ、最初よりも増えているという女性は、重い女だと思われています。

 

連絡頻度が多いのは、彼のことが好きな気持ちが大きかったり、いつも連絡を取り合って繋がっていたい!という思いが強いのだと思います。

 

しかし、四六時中連絡を取り合うことを男性は面倒だと思っています。

 

彼が連絡を寄こさない時に彼を責め立ててしまう女性は、男性からめんどくさい女だと思われていても仕方ありません。

 

 

②嫉妬深い

男性には様々な人とのお付き合いがあります。

 

友達付き合いに、会社の付き合い、そう言った付き合いの場に女性がいるということは極自然で仕方のないことです。

 

それにも関わらず、彼の周りにいる女性に嫉妬して彼を問い詰める女性は、男性からめんどうな女と思われています。

 

ちょっとした焼きもちなら「可愛いな」で済みますが、女の人と飲みに行ったら絶対に嫌!と彼のことを束縛するような女性は、面倒くさいな~と思われています。

 

恋愛における執着とは?愛と執着の見極め方&執着するべきでない理由!こだわりの捨て方も徹底伝授!
人は誰でも大切にしているものがあり、それに対する考え方は様々です。特定のモノに対する執着心やこだわりは、誰でも持っているものなので特別なことではありません。当たり前のことです。しかし、その執着心の対象が恋人や好きな人であるなら話は別。恋愛における執着心は、良いことは1つもありません。

 

③頼まれていないのに世話を焼く

男性の理想の彼女(妻)像として、「家事ができる女性」というものがあると思います。

 

料理ができる女性や、掃除ができる女性は結婚相手候補として見られるでしょう。しかし、結婚しているわけでもないのに、頻繁に彼の部屋に通って家事をしてあげるという彼女は、重い女と思われています。

 

男性にとって家事をしてもらえることは嬉しいことです。しかし、必要以上に世話を焼かれると「私はこんなに家事ができるのよ!」と主張されているようで、結婚を催促されているような気持ちになります。

 

 

 

④「会いたい」が口癖

「会いたい」が口癖の女性も面倒くさいと思われています。

 

恋愛が人生の全てというわけではないので、やらなければならないことがあってデートしている暇がないことがあります。

 

そんな時に、「会いたい」と言われると男性は困ってしまいます。また、「仕事と私、どっちが大事なの!」と言ったり、「私の事嫌いなの?」と言い寄ってくる女性は手に負えません。

 

遠距離恋愛ならまだしも、頻繁に会っているのに「会いたい」と言われると、男性はめんどくさく思います。

 

めんどくさい女・重い女の特徴として、愛情表現がオーバーだったり、相手からの愛情表現に期待しすぎているという点があります。

 

理想の彼女像や彼氏像、理想のカップル像を持っており、それに近づけたいと行動することによって男性にめんどくさいと思われしまうようです。

 

 

 

 

男に避けられる原因

めんどくさい女・重い女は、男性から避けられてしまうという運命にあります。

 

男性は、そのような女性のどの部分にうんざりしてしまうのでしょうか?

 

男性がめんどくさい女を避ける原因を見ていきたいと思います。

 

所謂「重い」と言われる女性は、男性を束縛しがちです。女性は、男性に比べて恋愛にのめり込んでしまう気質があります。

 

二つの事を同時進行することが得意なので、常に何かをしながら頭では恋愛のことを考えることができます。

 

しかし、男性は一つの事に集中するとそれ以外のことが考えられません。彼女の事を完全に忘れる時があります。

 

常に頭の中に彼氏のことがある女性は、男性にも彼女である自分の事を常に考えてほしいという願望があり、連絡頻度が増えたり「会いたい」と頻繁に言ったりします。すると、男性は「不自由さ」を感じて一緒にいて疲れると思ってしまいます。

 

また、世話を焼きすぎる彼女も重いと思われます。彼女が無償の愛で何の見返りも求めずに世話を焼いているなら構いません。

 

しかし、世話を焼く女性の中には「こんなに良くしてあげているのだから、見返りがあって当然」と思っている人が大半でしょう。

 

いつも世話をしてあげている男性に急に「別れたい」と切り出されたら怒りが沸いてくると思います。

 

男性が世話を焼いてくれる彼女を結婚相手として見ているなら問題ありませんが、まだ結婚するつもりがない場合、付き合いが長くなればなるほど別れづらくなりそうと思い、早めに別れてしまおうと考えます。

 

 

 

めんどくさい女を卒業するためには?

めんどくさい女にならないためには、「自立心」というものが必要です。そもそも「重い女」というのは、男性に支えてもらおうとしているので「重い」と言われるのです。

 

彼がいないときや彼と連絡が取れないときに、その事ばかりを考えて執拗に連絡を取ろうとすることはやめましょう。連絡が取れないときは、気持ちを切り替えて自分のしなくてはならないことを見つけましょう。

 

恋愛だけが人生ではないので、それ以外に大切なことを見つけて打ち込むことが重くならない秘訣です。

 

また、自分の価値観を彼に押し付けることはやめましょう。

 

私が愛している分と同じ愛を彼からもらいたいと考えがちですが、恋人と言えど他人です。それぞれの価値観で生きています。

 

また、愛情表現の仕方も様々です。ですので、愛情の量や表現の仕方を強要することはやめましょう。そうすることで、相手への執着心が薄らぎ、安定した関係を築くことができるでしょう。

 

 

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間5選or対策!
あなたが彼氏を「年下だから」と感じていることで、めんどくささを引き出している可能性もゼロではありません。一度めんどくさいと感じてしまうと、関係を修復していくのは難しいもの。ここでは、年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間と、その対策について紹介したいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

めんどくさい女というのは、裏を返せば「一途な」女性です。

 

そのことは、全く悪いことではありません。

 

しかし、その一途さを相手に強要してしまうことでトラブルが起きてしまいます。恋人とは言っても、距離感を大切にして付き合ってみてはどうでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました