好きな人と目が合うのは両思い!?目が合う男性心理を完全攻略!

片思い

好きな人と目が合うと、「もしかして好きな人もわたしのことが好きなのかな?」「好きな人とは両思いなのかも!」なんて思うこともあるでしょう。

 

好きな人と目が合うと、ドキッとしてしまいますね。

 

しかしながら、好きな人と目が合うからといって、必ずしも両思いとは限りません。

 

ここでは、好きな人と目が合うときの気になる男性心理と見極める方法、好きな人と目が合ったときに恋愛に発展させるテクニックまで紹介しちゃいます!

 

 

・好きな人と目が合うんだけど、彼はわたしのことをどう思っているのか知りたい

・頻繁に目が合うのはなぜ?

 

など、好きな人と目が合うことについて悩んでいる人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

 

好きな人と目が合うときの男性心理6選

まずは、好きな人と目が合うときの男性心理から見ていきましょう。

 

冒頭でもお話ししたように、「好きな人と目が合う=両思い」と決めつけてしまうのは早いです。

 

男性は、好きな人ではなくても女性のことを見つめることはあるからです。

 

 

目が合う男性心理 ①好きだから

好きな人と目が合うときの男性心理には、好きだからというものがあります。

 

まさにこれが、両思いであるために目が合うパターンですね。

 

あなたが好きな人のことを目で追ってしまう、もしくは頻繁に見てしまうのと同じで、男性も好きな人のことは無意識に見てしまうもの。

 

ここは、男性も女性も変わりはないんですね。

 

好きな人のことはなんでも知りたい、好きな人が何をしているのかが気になる!という気持ちから、つい目で追ってしまうわけです。

 

好きだから見てしまう男性は、目が合うとそらすことも多いので、意外と分かりやすいかもしれませんよ。

 

 

目が合う男性心理 ②外見、見た目がタイプだから

好きな人と目が合うときの男性心理には、外見や見た目がタイプだから、というものもあります。

 

特に好きという感情がなくても、かわいい子やスタイルのいい子など、外見がタイプの人がいれば見てしまうのが男性というもの。

 

これは女性のミーハー的な心理と似ていて、女性も超がつくほどのイケメンがいたら、ついキャーキャーと騒いでしまうでしょう?

 

男性はキャーキャーはしないものの、「見てしまう」という点では同じこと。

 

このケースでは、まだあなたのことを好きだとは思っていないものの、彼はあなたの見た目が好みということですから、少なくとも嫌われているということはないでしょう。

 

外見がタイプで見とれてしまっているわけですから、アプローチ次第では十分両思いになれる可能性はありますよ!

 

 

 

目が合う男性心理 ③意識しているから

好きな人と目が合うときの男性心理には、あなたのことを意識しているから、というものが挙げられます。

 

たとえば好きな人が、友人から「○○さん(あなた)っておまえのことが好きらしいよ」と言われたとします。

 

あなたが自分のことを好きなのかも、と意識することで、あなたのことが気になってしまうパターンですね。

 

残念ながら、現時点では好きな人はあなたのことを好きというわけではありません。

 

とはいえ、人は自分に好意を持っている人のことを好きになる(好意を抱く)と言われていますから、まだまだ両思いになるチャンスはあるといえるでしょう。

 

好きかもしれないと言われたことがきっかけで、その人のことが気になってしまうのは、決して珍しいことではありません。

 

そこから恋に発展することも、十分にあり得る話です。

 

 

目が合う男性心理 ④見られているから気になっているだけ

好きな人と目が合うときの男性心理には、あなたに見られているから気になって見ている、ということも考えられます。

 

あなたが好きな人のことを無意識に目で追ってしまっているため、好きな人はあなたのことを不審に感じているのかもしれません。

 

確かに、同じ人から何度も見られていたら、気になってしまいますよね?

 

「何でそんなに見られているんだろう」

「どこか変なのかな」

 

と、好きな人が感じてしまうのも無理はないでしょう。

 

あなたの好きな人は、あなたがなぜそんなにも自分のことを見ているのかが分かってしません。

 

あなたが自分のことを好きなんだ、という発想そのものがないのです。

 

このケースでは、あなたのアピール不足ということになるでしょう。

 

彼は不安であなたのことを見返しているだけなので、両思いということはありません。

 

あなたの気持ちも微塵も伝わっていない可能性がありますから、もう一度アピールの仕方を見直してみたほうがいいかもしれませんね。

 

 

目が合う男性心理 ⑤特に何も考えていない

好きな人と目が合うときの男性心理には、特に何も考えていないことも挙げられます。

 

好きな人は、別にあなたのことを見ているわけではなく、ただ「ボーッとしている」だけ。

 

何か考え事をしていたり、ボーッとしているときに1点を見つめることがあるでしょう?

 

彼がボーッと見つめたその先に、たまたまあなたがいたというだけの話なのです。

 

特別なことは考えておらず、偶然好きな人の視線の先にあなたがいたというだけの話なので、あなたがドキドキするほど長時間目が合ったと感じることもあるでしょう。

 

しかしながら、好きな人は「あなたを見ていた」わけではないので、あなたと目が合ったとも感じていません。

 

このときの好きな人の頭の中は、くだらないことで埋まっている可能性が非常に高いのです。

 

たとえば夕食は○○にしようかな?とか、スマホゲームの新しいガチャが明日から始まるな、とか、あなたとは全く関係のないことを考えているのでしょう。

 

 

目が合う男性心理 ⑥コミュニケーションとして

好きな人と目が合うときの男性心理には、コミュニケーションとして目が合うというものもあります。

 

こちらは主に、会話の途中に好きな人と目が合うという場合が挙げられます。

 

人と会話をしているとき、「目を見て話す」「目を見て話を聞く」ようにしよう、と子どもの頃に習ったのを覚えていますか?

 

目を見て会話をすることで、よりコミュニケーションが取りやすくなるというものなのですが、会話をしているときに目が合うというのは、このパターンである可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

アイコンタクトを取ることで、会話をスムーズに進めていこうというテクニックの1つですね。

 

あくまでもコミュニケーションを円滑に進めていくために、アイコンタクトとして目が合うというだけのことですから、当然ながら両思いということはありません。

 

とはいえ、どうでもいい人と会話をするときにはアイコンタクトは必要ありませんから、好きな人はあなたに対して「真剣に話をしたい」という印象は持っていると言えるでしょう。

 

嫌われているわけではありませんが、特に好かれているわけでもありませんので、これからのあなたのアピール次第といえそうです。

 

 

好きな人と目が合うときの男性心理を見極める方法

ここまでの流れでお分かりのように、好きな人と目が合うからと言って必ずしも喜べる状況とは限らないわけです。

 

どのパターンでも「目が合う」ということは同じなわけですが、では一体どうやって彼の気持ちや心理を見極めればいいのでしょうか。

 

好きな人の心理によって、今後のアプローチ方法も180度変わってくるといえるので、好きな人の心理はしっかりと見極めなくてはなりません。

 

目が合うときの好きな人の心理を見極めるためのポイントを3つ、紹介していきます。

 

 

①目が合った後、どうなるか?

好きな人と目が合うときの心理を見極める方法には、好きな人と目が合ったあとどうなるか?を見ることが大切です。

 

目が合ったなと感じても特に何事もなかったように振る舞われるか、焦ったように目をそらされるか…。

 

あなたの好きな人は、どちらの行動に近いでしょうか。

 

ここでの注目ポイントは、「目が合ったあとにすぐそらすか」どうか。

 

男性は、もしも好きな人や気になる人と目が合うと、

・恥ずかしい

・見ていたことを知られたくない

という気持ちから、思わずパッと目をそらしてしまうもの。

 

咄嗟にパッと目をそらされるのは、あなたに好意がある可能性が高いと言えるでしょう!

 

目が合ったのにそらされたからといって、嫌われていると考えるのは早いかもしれませんよ。

 

 

②1日に何回くらい目が合うか?

好きな人と目が合うときの心理を見極める方法には、1日に何回くらい目が合うのかを確認する方法があります。

 

1日に何度も目が合うというと、なんとなく両思いなのでは?と思うかもしれませんね。

 

しかしながら、あなたが彼のことを頻繁に見ていると、彼も気になってあなたのことを見ている、というパターンも考えられます。

 

あなたが見ているから彼もあなたのことを見ているのであって、つまりあなたが見なければ彼もあなたのことを見ることはない、ということ。

 

何度も目が合うんだよなぁ…と感じる人は、意識して「好きな人を見ない」ようにしてみてください。

 

あなたが見ていないのに好きな人からの視線を感じる、好きな人と目が合うのであれば、好きな人もあなたのことを見ているという証です。

 

好きな人と目が合うということを、状況を踏まえて客観的にみてみることが大切です。

 

 

③いつ目が合うのか?

好きな人と目が合うときの心理を見極める方法には、好きな人とは「いつ」目が合うのか、目が合うタイミングを思い出してみる方法があります。

 

会話をしているときに目が合うのであれば、先ほどお話しした〈コミュニケーションとして目が合う〉だけかもしれません。

 

しかし、あなたが何かの作業をしていて、顔を上げた瞬間にいつも目が合う(見られている)というのであれば、これは両思いの可能性が大。

 

完全なる脈ありサインだと言えるでしょう。

 

あなたの好きな人は、あなたのことが気になって気になって仕方がないのです。

 

あなたが何をしているのかが常に気になるので、あなたのことを常に見ています。

 

このパターンでは、好きな人からの視線も感じているでしょうから、好きな人の心理も分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

好きな人と目が合うときに恋愛に発展させるテクニック

では最後に、好きな人と目が合ったときに恋愛に発展させるテクニックを紹介したいと思います。

 

好きな人と目が合うからといって、現時点で好きな人と両思いである可能性はそこまで高くはありません。

 

だからこそ、「目が合った!」と喜んでいるのではなく、そこから恋愛に発展させていきましょう。

 

 

①笑顔を見せてみる

好きな人と目が合ったとき、そこから恋愛に発展させるためには、笑顔を見せてみることがおすすめです。

 

好きな人と目が合ったとき、笑顔で微笑んでみましょう。

 

笑顔を向けられて不愉快になる人はいないので、にこっと微笑んでみるのはおすすめです。

 

好きな人に自分の気持ちが全く伝わっていないとしても、にこっと微笑むことで相手に意識させることもできるでしょう。

 

恋愛の第一歩は、相手に「好意を持っていることを意識させる」こと。

 

意識させることができれば、好きな人もあなたに興味を持ってくれるはずです。

 

まずはここから、始めていきましょう。

 

 

②じーっと見つめてみる

好きな人と目が合ったとき、そこから恋愛に発展させるテクニックには、じーっと見つめることがあります。

 

心理学の観点から、「4秒以上見つめられると相手に興味を持つ」ことがわかっているので、これを実践してみましょう。

 

心理学的にも認められていることなので、試してみる価値は高いですよ!

 

4秒以上見つめるというのは、意識していないとできることではありません。

 

「あなたに興味がある」ことを好きな人に意識してもらい、今後のアプローチに活かしていきましょう。

 

 

◇まとめ◇

好きな人と目が合うときの男性心理やそれを見極める方法、恋愛に発展させるテクニックについて紹介しました。

 

好きな人と目が合うと、嬉しくて「両思いなのかも!」とウキウキしてしまいますが、必ずしも両思いとは限らないのです。

 

目が合うことには様々な意味がありますので、勘違いしないようにしたいですね。

 

現時点で両思いではないにしても、そこから両思いになれる可能性は十分にありますから、適切なアプローチをしていくことをおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました