好きな人(男性)に嫌われたサインって?嫌われた時の挽回方法

片思い

好きな人とは、できるだけ仲良くなりたいと思うもの。

 

しかしながら、どんなに積極的にアプローチをしていても、好きな人に伝わっていないような気がしたり、むしろ逆効果?と思うこともありますよね。

 

ここでは、好きな人に嫌われたサインについて紹介していきたいと思います。

 

男性がこんなサインを出していたら、もしかしたらあなたは好きな人に嫌われているのかもしれません。

 

嫌われていることに気づかずに、同じアプローチを続けてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうことも…。

 

男性が嫌いな人に出すサインをしっかりと理解しておき、嫌われているのかどうか?を判断することから始めましょう。

 

もしも好きな人に嫌われていると思っても、その対処法も紹介しますので落ち込まないでくださいね!

 

 

好きな人(男性)に嫌われた?9つのサイン

まずは、好きな人に嫌われたサインを9つ紹介します。

 

あなたの好きな人は、あなたに対してこんなサインを出していませんか?

 

①性格や外見に文句を言う

好きな人に嫌われたサインには、性格や外見に対して文句を言うことがあります。

 

ここでのポイントは、あなたの目の前で悪口を言うのではなく、あなたのいないところで悪口を言っている、ということ。

 

あなたの目の前で悪口を言う場合は、あなたのことが好きでからかっていることも考えられます。

 

小学生男児が、好きな子をいじめるのと同じ心理ですね。

 

しかしながら、あなたのいないところであなたの悪口を言っているときは、それが本音である可能性が大。

 

「○○(あなた)ってウザくね?」

「○○みたいなやつとは付き合いたくないな」

 

こんな話を好きな人が友達としているとしたら、あなたは嫌われている可能性が高いです。

 

 

②挨拶をしても返事がない

好きな人に嫌われたサインには、挨拶をしても返事がないことがあります。

 

他の人とは楽しそうに話しているのに、あなたが挨拶をしても無視される…なんてときには、わざと無視をしているのかもしれません。

 

ふつう、挨拶をされたら社交辞令として返しますよね?

 

嫌だなと思っても、挨拶くらいは返すもの。

 

しかしそれすらもしてもらえない、他の人とは話すのに自分のときだけ無視をされるというのは、あなたが何か好きな人を怒らせることをしてしまったのかもしれません。

 

あなたに対して怒っている、関わりたくないという気持ちから、挨拶すらもしたくないと思っているのでしょう。

 

 

③話しかけても返事の声が小さい

好きな人に嫌われたサインには、話しかけても返事の声が小さいことがあります。

 

あなたが話しかけたとき、好きな人は嬉しそうな表情をしていますか?

 

あなたが好きな人に話しかけられたときのリアクションと比べてみてください。

 

明らかに返事の声が小さかったり、やる気のない表情、嫌そうな感じがするのなら、それは残念ながら嫌われているサイン。

 

誰でも、嫌いな人には話しかけられたくありませんし、名前も呼ばれたくありません。

 

嫌いな人から声をかけられても、内心では「返事をしたくない」「喋りたくない」という気持ちがあるため、自然と返事の声が小さくなるというわけです。

 

 

④目を合わせてくれない

好きな人に嫌われたサインには、目を合わせてくれないことが挙げられます。

 

好きな人と話すとき、彼と目が合っていますか?

 

人は、好きな人や興味のある人と話をするときには、自然とそちらを向くもの。

 

一言一句を聞き逃さないように、真剣な眼差しで見つめるものです。

 

コミュニケーションを円滑に進めるためのテクニックとして「アイコンタクト」がありますが、興味のある人と話すときにはアイコンタクトをとるようになります。

 

しかし、話しかけても目を合わせず表情が分からないようなときには、あなたとは話したくないと思っているのかもしれません。

 

好きだからこそ目を合わせない(合わせられない)人もいますが、その場合は照れた感じや焦っている感じがするので、すぐに分かると思います。

 

話しかけるといつも違う方を向いていて、ぶっきらぼうに答えるということが続くのであれば、現時点では嫌われている可能性が高そうです。

 

 

⑤笑顔がない・無表情

好きな人に嫌われたサインには、笑顔がないことや無表情なことが挙げられます。

 

笑顔は人を惹き付けるので、仲良くなりたいと思ったときには笑顔で話しかけますよね?

 

これは男性も女性も同じなので、好きな人といるときには笑顔が増えるのが普通です。

 

しかし、笑顔がまったくなく、無表情で淡々としているときは、「あなたに好意を抱いてほしくない」と思っているからかもしれません。

 

誰かに好かれて嫌な気持ちにはなりませんが、相手が嫌いな人であるなら話は別。

 

嫌いな人からは好かれたくないので、無表情で対応が冷たくなるのです。

 

この場合、あなたの好きな人は、あなたの好意に気づいている可能性が大。

 

そのうえであえて無表情で接することで、期待させないようにしているのかもしれません。

 

 

⑥要件のみで余計な話は一切しない

好きな人に嫌われたサインには、話すことは要件のみで、余計な話は一切しないことが挙げられます。

 

それも、向こうから話しかけてくることはありません。

 

あなたから話題を振り、彼はそれに答えて終わり。

 

好きな人が相手であるなら、少しでも長く話をしていたいと思うでしょう?

 

好きな人のことを知りたいと思うので、積極的に質問も増えるはず。

 

それなのに要件のみしか話さず、余計な話は一切しないのであれば、嫌われていると思ったほうがいいかもしれませんね。

 

彼はあなたのことを嫌い、もしくは苦手と思っているのでしょう。

 

嫌いな人とは長く話をしていたいと思わないので、会話を早めに切り上げるために要件のみしか話さないのです。

 

 

⑦誘ってもいつも断られる・スルーされる

好きな人に嫌われたサインには、誘ってもいつも断られたり、スルーされることが挙げられます。

 

好きな人をデートに誘ったとき、毎回断られているのだとしたら、残念ながら嫌われている可能性が高いです。

 

嫌いとまではいかなくても、脈なしでしょうね。

 

このまましつこく誘い続けていくと、嫌われるのは時間の問題と言えるでしょう。

 

あなたからの誘いを毎回断るのは、あなたとは2人で出掛けたくないから。

 

プライベートで会いたいと思っていないのです。

 

もちろん、本当にその日は都合が悪くてダメということもあるので、

・毎回断られる

・「仕事が忙しい」が決まり文句

・別の日を提案されることはない

・「連絡するね」でスルー

とい4つを判断基準にしてみましょう。

 

好きな人から誘われて、その日がどうしてもダメであるなら、別の日を提案しますよね?

 

「その日はどうしてもダメなんだけど、○日だったら空いてる!○日はどう?」なんて返事が来るのなら、たとえ誘いは断られているにしても嫌われているとはいえません。

 

また、

男「仕事が忙しくて」

女「じゃあいつ頃なら大丈夫になる?」

男「暇になったら連絡するよ」

このようなやり取りがされたあと、男性から連絡が来ないのであれば、彼があなたを好きということはありません。

 

 

⑧LINEを未読スルー・既読スルーされる

好きな人に嫌われたサインには、LINEを未読・既読スルーされることが挙げられます。

 

好きな人からのLINEなら、スルーするということはありませんよね?

 

女性は駆け引きとしてあえて未読スルーや既読スルーをすることがありますが、男性はそういう駆け引きはほとんどしません。

 

好きな人にはすぐに返事をしてしまいます。

 

LINEを送るのはいつもあなたから、24時間経っても返事が来ないなんてときには、嫌われているのかもしれませんね。

 

あなたとのLINEには、いちいち返事をするのが面倒だと感じているのかもしれません。

 

ここで「なんで返事くれないのー?」などと追い討ちをかけるような連絡をしてしまうと、ブロックされるなど取り返しのつかないことにもなりかねないので、それだけは気を付けてください。

 

 

⑨LINEのメッセージが一言のみ

好きな人に嫌われたサインには、LINEのメッセージが一言のみで返ってくることが挙げられます。

 

好きな人からあなたに質問をしてくることは一切なく、あなたの質問に対して

「うん」

「わかった」

「了解」

などの一言のみで返事が来るのは、あなたとLINEを続けたくないからです。

 

必要なことで関わるのは仕方がないけれど、それ以外では関わりたくないというサインなのです。

 

 

好きな人に嫌われるのはどんな女性?

好きな人に嫌われたサインを紹介しましたが、一体どんな女性が嫌われやすいのでしょうか。

 

もちろんこの限りではありませんが、男性が苦手、もしくは関わりたくない、嫌だなと感じる女性は、こんなタイプです。

 

・LINEやトークがしつこい

・人の悪口ばかり言っている

・相手によって態度が変わる、媚を売る

・なんでも詮索したがる

・上から目線

・自分勝手で協調性がない

・男性をステータスだけで品定めしている

 

男性からだけでなく、女性からも嫌われそうなタイプですね。

 

もしも自分に当てはまるかも…と思った人は、今すぐ見直していきましょう。

 

 

好きな人(男性)に嫌われたときの5つの対処法

最後に、好きな人に嫌われたときの5つの対処法について紹介します。

 

好きな人に嫌われたサインが複数当てはまるというときには、認めたくないかもしれませんが嫌われている可能性が高いです。

 

現実を受け止め、これらの方法を試してみてください。

 

 

①追いかけない、距離を置く

好きな人に嫌われたときの対処法は、追いかけずに距離を置くことです。

 

好きな人に嫌われているかも…と思ったとき、その状況を何とかしようとしつこくしてしまいがちですが、それは逆効果。

 

まずは好きな人に近づくのをやめ、そっと見守ることに徹しましょう。

 

しつこいと思われてしまうと、そこから挽回するのは難しいですから、辛くてもあえて距離を置いてみてくださいね。

 

そうすることで、もしかすると彼の罪悪感を刺激することができるかもしれません。

 

 

②自分のことを見直してみる

好きな人に嫌われたときの対処法は、自分のことを見直してみてください。

 

なぜ好きな人に嫌われてしまったのか、自分の言動を見直してみましょう。

 

好きな人に嫌われてしまった原因を自覚していない人は、意外と多いもの。

 

好きな人に嫌われたことは辛いですが、自分の人間力に磨きをかけるチャンスと思ってみましょう。

 

自分の良くないところを改善するきっかけができた、と前向きに捉えておくといいですね。

 

 

③好きな人の友人に原因を聞いてみる

好きな人に嫌われたときの対処法は、好きな人の友人に原因を聞いてみるのもいいでしょう。

 

自分では悪いところには気づきにくいものですし、もしかしたら特に嫌われているわけではない、ということも。

 

被害妄想を広げないためにも、思いきって聞いてみましょう。

 

誰かに言われて初めて気づくことも多いので、好きな人の友人に相談してみるのはおすすめです。

 

 

④悩みすぎないようにする

好きな人に嫌われたときの対処法には、悩みすぎないようにすることも大切です。

 

好きな人に嫌われた…と思い続けていると、どんどん落ち込んでネガティブな思考になってしまいます。

 

人生はなるようになる!と開き直って、あまり考えないようにするのも必要かもしれません。

 

 

⑤ダメなら諦める

好きな人に嫌われたときの対処法には、ダメなら諦めることも必要だと覚えておきましょう。

 

距離を置いたり自分の言動を見直す、彼を怒らせることをしてしまったのなら素直に謝るなど、何をしてもダメなら潔く諦めましょう。

 

好きな人との関係を修復できないと悟ったのなら、諦めることも大事です。

 

 

まとめ

好きな人に嫌われたサインや、嫌われたときの対処法について紹介しました。

 

男性は素直で単純、分かりやすいので、嫌いな人には態度で表していることも多いです。

 

好きな人に嫌われてしまったときは、一度気持ちをリセットすることが大切。

 

深呼吸して客観的に自分を見つめ直し、好きな人との関係を修復していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました