好きな人(男性)を諦める瞬間&諦める方法!絶望的な男性からのサイン【徹底解説】

片思い

好きな人がいると、毎日がウキウキしていて楽しいですよね。

 

しかし、好きな人がいるゆえに辛いことや悲しいことがあるのもまた事実。

 

好きな人を思い続けることで、前に進めないこともあるものです。

 

ここでは、「好きな人を諦める」ということに着目し、好きな人を諦めようと思った瞬間や諦める方法、好きな人を諦めたほうがいい男性のサインまで紹介していきます。

 

ダラダラと思い続けていてもメリットがないのなら…と、好きな人を諦める女性は意外と多いものですよ。

 

 

好きな人を諦める5つのタイミング・瞬間

まずは、好きな人を諦めるタイミングや瞬間を5つ紹介します。

 

好きな人のことを諦めようと思うことは、決して珍しいことではありません。

 

世の中の女性たちは、一体どんなときに「好きな人を諦めよう」と思っているのでしょうか。

 

 

①連絡が減ったのを感じたとき

好きな人を諦めるタイミングには、好きな人からの連絡が減ったと感じたときが挙げられます。

 

LINEの頻度が明らかに減ってきたり、返信速度が遅くなったと感じることはありませんか?

 

特に、今まで頻繁に連絡を取り合っていたのだとすれば、「連絡が減った」のはかなり分かりやすいのではないでしょうか。

 

今までと比べて連絡が減ったと感じたとき、やはり「もう見込みはないのかも」「諦めたほうがいいのかも」と思うようです。

 

ここでのポイントは、あくまでも「今までと比べて」連絡が減ったと感じるかどうか。

 

元々LINEなどの頻度や返信速度はその人によってまちまちなので、人と比べても意味がありません。

 

 

②好きな人に彼女がいた・彼女ができた

好きな人を諦めるタイミングには、好きな人に彼女がいた、もしくは彼女ができたときがあります。

 

2人きりで出かける(デートをする)仲であっても、彼から告白されないのであれば、もしかしたら彼女がいることを疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

実際、合コンで知り合った男性を好きになりデートをする仲になったものの、相手から好意を感じられず、SNSで彼女がいることが分かった、なんてパターンもあります。

 

彼女がいることを隠されていたこともショックですし、彼女がいることそのものにもショックを受けますよね。

 

彼女がいても気にしない!なんて人もいるかもしれませんが、略奪愛はたとえ成功してもさまざまな不安がつきまとうもの。

 

現に彼は彼女がいても、他の女性と2人で遊びに出掛けられるような人だったわけです。

 

浮気をする可能性は否定できませんし、彼女がいると分かった時点で諦めるのが、懸命な判断かもしれませんね。

 

 

③好きな人の好きな人が自分の友人だった

好きな人を諦めるタイミングには、好きな人の好きな人が自分の友人だった、というものがあります。

 

彼の好きな人が自分の友人だと知ったため、ドロドロした三角関係になることを恐れて身を引いたパターンですね。

 

少女マンガのような展開ですが、現実にこういうことが起こると、あなたと友人の関係にもヒビが入ることは間違いありません。

 

友人も、たとえ彼と両思いでもあなたに遠慮してしまうでしょうし、付き合うことなったことを隠される可能性もあります。

 

友人のことが大切であるからこそ、好きな人のことを諦めようと思うのでしょう。

 

 

④はっきりフラれた

好きな人を諦めるタイミングには、はっきりフラれたというものがあります。

 

告白をして、はっきりと「ごめん」と言われることで、諦める覚悟もできますね。

 

フラれたのであれば、「もう少し頑張ればうまくいくかも」なんて望みを持つこともなくなります。

 

フラれるのは辛いことですが、はっきりと言われることできっぱりと諦めることができるため、未練も残らないのではないでしょうか。

 

 

⑤遠距離になった

好きな人を諦めるタイミングには、遠距離になったことが挙げられます。

 

彼の転勤や自分の転勤などで、遠距離になったことをきっかけに諦めるパターンは意外と多いもの。

 

特に片想いであるなら、遠距離になったことをきっかけに諦める人が大半ではないでしょうか。

 

物理的な距離に負けないほどの強い思いがないと、遠距離恋愛を叶えることは難しいです。

 

会いたいときに会えないというのは、自然に気持ちも冷めていってしまいますからね。

 

また、会えない期間が続くことで、いつの間にか好きな人のことを忘れているというパターンもあるようです。

 

 

こんなときは諦めるべき!男性からのサイン

続いて、好きな人を諦めるべきか迷っているあなたに、「諦めるべきタイミング」を紹介します。

 

・もしかしたら自分にもチャンスがあるかも

・もう少し頑張ればうまくいくかも

・振り向いてもらえるチャンスがあるかも

 

こんなふうに感じると、なかなか諦めるという決心がつかないときもありますよね。

 

特にはっきりとフラれたわけではないとすると、「もしかしたら…」という一筋の期待が胸に込み上げてしまうことでしょう。

 

しかしながら、男性がこんなサインを出しているときには、残念ながら見込みはないと思ったほうがいいです。

 

見込みのない男性をずっと好きでいても、時間がもったいないだけですよ。

 

 

①連絡が来ない

好きな人を諦めるべきタイミングは、好きな人からの連絡が来ないとき。

 

諦めるタイミングでも「連絡が減った」というものがありましたが、それよりも極端なパターンがこちらになります。

 

そう、好きな人からの連絡が来ないのです。

 

LINEの未読スルーや既読スルー、電話をしても出てくれず、折り返しの電話もないとなると、「忙しかった」ではちょっと無理があるような気がしますよね。

 

確かに仕事が忙しくてなかなか返事ができないことはあるでしょうが、毎日毎日、LINE1つ返せないほど忙しいものでしょうか。

 

たまにならまだしも、このように連絡が来ないことが続く場合は、あえて避けられているのかも。

 

男性からの拒否サインとして、「連絡をしない、返さない」というものがあるのです。

 

連絡が来ないことが続いたら、これ以上深入りせずに「諦める」という選択肢をとったほうがいいかもしれませんね。

 

 

②デートを断られる・誘われない

好きな人を諦めるべきタイミングには、好きな人からデートを断られたり、デートに誘われないときがあります。

 

もしも好きな人からデートに誘われたとき、その日がたまたま都合が悪かったとしたら、あなたはどうしますか?

 

なんとかして都合をつけようとしたり、どうすることもできなければ「その日はどうしてもダメなんだけど、○日だったら空いてる」など、別の日を提案したりするのではないでしょうか。

 

こういうお誘いそのものがなかったり、こちらから誘っても断るだけでフォローがないようなときは、残念ながら諦めるべきサイン。

 

何かしらの理由をつけてデートを断られ続けたり、「暇になったら連絡する」とだけ言われて連絡が来なかったり。

 

このようなことが3回続いたら、好きでいても思いが実ることはないので、早々に諦めたほうが自分のためだといえるでしょう。

 

 

③5回デートしても進展しない・告白されない

好きな人を諦めるべきタイミングとしては、5回デートをしても告白されないこと、が挙げられます。

 

大抵の場合、好きな人とは「3回目のデート」までに告白をするという人が大半。

 

気持ちが盛り上がっていることや、ほどよく相手のことを知ることができていることがその理由です。

 

また、この人とは恋愛関係にはなれないなと感じたら、3回目のデートまで発展しないという意見も。

 

2回くらい2人で会えば、相手がどういう人かを大まかに見極めることができるからです。

 

また会いたいと思えるかどうか、で決めているという人もいるようですね。

 

3回以上2人で会っているということは、少なくとも嫌われてはいないのでしょう。

 

しかし、告白をして来ないということは、彼はあなたのことを恋愛対象として見ていないという証拠。

 

友達扱いされているだけであるなら、「好き」という気持ちはきっぱりと諦めたほうがいいのかもしれません。

 

 

④恋愛相談をされた

好きな人を諦めるべきタイミングとしては、好きな人に恋愛相談をされたときが挙げられます。

 

どんなに好きでも、彼はあなたのことを好きではありません。

 

ふつう、好きな人に恋愛相談などしないですよね?

 

他の女性の話を楽しそうにしてきたり、「○○ちゃんと付き合えるように協力して!」と言われたり。

 

この場合、あなたの好きな人はあなたのことを恋愛対象としては見ていません。

 

あなたのことを信頼できる友達だと思っているから、恋愛の相談をしてくるのです。

 

とはいえ、この状態ではどんなに頑張ってもあなたの恋が叶うことはありませんから、諦めるのが無難です。

 

 

⑤「かわいい子紹介して」と言われる

好きな人を諦めるべきタイミングには、好きな人から「かわいい子(友達)紹介して」と言われることが挙げられます。

 

彼女がほしいため、誰か女の子を紹介してほしいというのは、間違いなくあなたのことを恋愛対象としては見ていません。

 

あなたと付き合うという選択肢は、彼の中にはないのでしょう。

 

「合コンしようよ」というセリフも同様で、あなたのことを好きではないということが分かる瞬間ですよね。

 

残念ですが、彼の彼女候補の中にあなたの存在はなく、友人扱いされていることは目に見えていますから、これ以上辛い思いをする前に、きっぱりと諦めてしまうのが正解です。

 

 

 

好きな人を諦める5つの方法

では最後に、好きな人を諦める5つの方法について紹介します。

 

好きな人を諦めよう、この人は諦めるべきなんだと自分に言い聞かせても、なかなかうまくできないこともあるでしょう。

 

自分が前に進むために好きな人を諦めるときには、これらの方法を試してみてください。

 

①出会いを探す

好きな人を諦める方法としてもっともおすすめなのが、新しい出会いを探すということ。

 

やはり恋愛でできた傷を癒せるのは、恋愛です。

 

立ち直るためにも、ぜひ新しい出会いを探しましょう。

 

まずは、今までと同じ環境でも「視野を広く」してみることがおすすめ。

 

そうすると、今までは恋愛対象でも何でもなかった人が、恋愛対象として見えてくることもあるものです。

 

また、自分から進んで出会いの場に足を運ぶこともいいですね。

 

異性と出会える可能性のある場所には、積極的に足を運んでみてください。

 

「行動する」ことで、自然と次の恋愛に気持ちが向くようになるでしょう。

 

 

②目標を決める

好きな人を諦める方法には、目標を決めてそれに没頭する方法があります。

 

仕事でも趣味でも何でもいいので、何か目標を決めてみましょう。

 

たとえば「○○の資格を取る」「英会話をマスターする」など、自分のためになるものだと尚good。

 

決めた目標を達成するために努力をしていると、好きな人のことなどいつの間にか頭の中からなくなっているはずです。

 

何かに夢中になっているとき、人は雑念を振り払うことができると言われていますから、夢中になれる何かを見つけ、それに没頭してみましょう。

 

目標を達成することができれば、失恋で失いかけた自分の自信も、取り戻すことができるはずです。

 

 

③女友達と遊ぶ

好きな人を諦める方法には、女友達と遊ぶこともおすすめ。

 

友達に愚痴を聞いてもらうと、意外とすっきりして「こんなことで悩んでいてバカみたい」と思えるかもしれません。

 

女性は特に、誰かに話すとすっきりとする人が多いので、こんなときこそ友達を頼ってしまいましょう!

 

 

④環境を変えてみる

好きな人を諦める方法には、環境を変えてみる方法もあります。

 

気持ちを入れ換えるため、部屋の掃除をしたり部屋の模様替えをしたりしてみましょう。

 

今までとは気分一転、新しい自分に生まれ変わったような新鮮な気持ちになれるはずです。

 

もしも可能なら、今の部屋を引き払って、新しい部屋に引っ越してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

⑤自分磨きをする

好きな人を諦める方法には、自分磨きをすることもあります。

 

今よりもきれいになり、好きな人に「もったいないことをした」と思わせるのです。

 

自分が今よりもきれいになることで、好きな人は見る目がないんだと思えれば、自然と好きな人のことも諦めることができるでしょう。

 

 

◇まとめ◇

好きな人を諦めるタイミングや諦める方法などについて、紹介しました。

 

好きな人を諦めるべき瞬間というのは、多くの人が体験していることでもあります。

 

恋愛をしているときは楽しいですが、どうしても叶わないこともありますからね。

 

見込みのない恋愛をしていても、はっきり言って時間の無駄と言わざるを得ません。

 

見込みがないと分かったらきっぱりと諦め、次の恋愛に向けて動き出しましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました