好きな人が冷たい態度を取るのはなぜ?それは好意の表れ?対処方まで紹介。

片思い

好きな人とは、いつでも仲良くしていたいと思いますよね。

 

しかしながら、あなたがどんなに彼のことを好きだとアピールしても、好きな人が冷たいこともあるでしょう。

 

好きな人、男性が冷たい態度を取るときには「あなたのことが好き」なこともあれば、「あなたのことが嫌い」なこともあります。

 

それじゃあ一体、あの人が冷たいのはどっちなの?と混乱してしまいますよね。

 

ここでは、好きな人(男性)が冷たい態度をとる理由について紹介していきます。

 

また、好きな人に冷たい態度をとられたときの対処法についても紹介しますので、「好きな人に冷たくされて困っている」「好きな人が冷たい原因が知りたい」という人は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

 

 

好きな人が冷たい態度をとる10個の理由

好きな人が冷たい態度をとる、10個の理由から紹介していきましょう。

 

好きな人が冷たい態度をとるには、きちんと理由があるのです。

 

どんな理由があるのか、早速見ていきましょう。

 

 

①好意を隠している・照れ隠し

好きな人が冷たい態度をとる理由には、好意を隠してたり、照れ隠しであることが挙げられます。

 

男性は好きな女性がいても、そのことを恥ずかしくて知られたくないと思っています。

 

やはり心のどこかで、クールな男がかっこいいと思っているのかもしれません。

 

恥ずかしくて好きという気持ちは知られたくないと思っているものの、好きという気持ちはあるわけです。

 

そのため、冷たい態度をとりながらも、あなたの気づかないところでよく見ている、なんてことも。

 

好きな人を見るというのはよくあることですから、見られているという感覚があるのであれば、恥ずかしくて好意があることを隠しているだけといえるでしょう。

 

 

②余裕のある男を演じている

好きな人が冷たい態度をとる理由は、余裕のある男を演じていることが挙げられます。

 

男性は、先ほどもお話ししたように「クールな男がかっこいい」と思い込んでいる部分があります。

 

女性の言動に一喜一憂している男などカッコ悪い、と思っているため、女性から何を言われても平静を保とうとしているのですね。

 

これは、相手が好きな女性でもそうでなくても、基本的には変わりません。

 

たとえ嬉しくても嬉しいという態度は見せず、クールな態度、つまり冷たい態度を貫き通すのです。

 

ただし、こちらも相手が好きな女性であるのなら、時折チラチラと見たりなどの仕草があるはずですから、そういう些細なサインを見逃さないようにしたいですね。

 

 

③駆け引きをしている

好きな人が冷たい態度をとる理由には、駆け引きをしていることも考えられます。

 

男性は、いつの時代も子どもっぽいもの。

 

「こっちを向いてほしい」

「興味をもってほしい」

 

という気持ちが奥底にはあるので、わざと好きな人に冷たい態度を取っています。

 

駆け引きのために冷たい態度をとっているときは、間違いなく相手のことが好きと言っていいでしょう。

 

冷たい態度をとったあと、女性がどんな反応をするのか、女性の反応を見ています。

 

駆け引きで冷たい態度をとっているときには、「自分が優位に立ちたい」という気持ちもあることが多いようです。

 

 

④プライドが高いから

好きな人が冷たい態度をとる理由には、プライドが高いからというものも考えられます。

 

男性はプライドが高い、というのは、あなたもすでにご存じですよね?

 

男性は自分の気持ちを相手に悟られたくないと思っているため、あえて冷たい態度をとることも少なくありません。

 

また、このケースでは好きな人自身も「自分の気持ちに整理がついていない」ことも。

 

自分でもこの人のことが好きなのかどうかがよく分かっていないので、どういう態度をとったらいいのか分からないのです。

 

女性に対して下手に出るような態度はプライドの高さから許されないため、ご機嫌とりをするようなことは一切ありません。

 

どういう態度をとればいいのか分からなくなった結果、冷たい態度をとることになってしまったのでしょう。

 

 

⑤自分のことを見てほしい

好きな人が冷たい態度をとるときは、「自分のことを見てほしい」と思っていることもあります。

 

あえて冷たい態度で接することで、自分のことを気にしてほしいのです。

 

確かに、理由も分からず冷たい態度をとられたら、「わたし、何か嫌がることをしちゃったかな?」「わたしのことが嫌いになったのかな」なんて、色々と考えてしまいますよね。

 

これがまさに、男性の狙いなのです。

 

かまってほしくて、冷たい態度をとっているというだけのこと。

 

実際、かまってほしくて冷たくするというのは女性に多い行動の1つですが、男性でもやる人もいます。

 

関心をもってほしくて冷たくしているわけですが、いきすぎると本当に嫌われてしまうこともあるでしょう。

 

限度が分からないのも、男性が子どもっぽいと言われるゆえんなのかもしれませんね。

 

 

⑥付き合うことを考えて躊躇している

好きな人が冷たい態度をとるときには、付き合うことを考えてあえて冷たくしていることもあります。

 

よく、恋愛においては「好きになったほうが負け」と言われることがあるでしょう?

 

好きになると、どうしても立場が下になることも多いもの。

 

男性は「優位に立ちたい」という気持ちが少なからずありますから、自分が先に好きになったとしても、それを悟られないようにするために冷たくしているのです。

 

「女性のほうが先に好きになった」という状況で、付き合いたいと思っています。

 

 

⑦好きだからいじわるしている

好きな人が冷たい態度をとるのは、好きだからいじわるをしていることも考えられます。

 

小学生男子によく見られる「好きな人への言動」に、好きな女子をいじめたりからかったりする、というものがありますよね。

 

それと同じで、大人になった今でも好きな女性に対していじわるをする感覚で冷たい態度をとるのです。

 

自分が冷たい態度をとることで、好きな人が悲しそうにするところを見て安心したいのかもしれません。

 

いじわるをすれば、自然と好きな人の近くに行くことができますし、好きな人の視界に入ることもできますからね。

 

 

⑧他に好きな人がいるから

好きな人が冷たい態度をとるときには、あなたではなく他に好きな人がいることも考えられます。

 

冷たい態度をとる理由の①~⑦までは、「あなたのことが好きだから」冷たくするというものでした。

 

愛情の裏返しとして冷たい態度をとっているだけなので、見込みありなわけです。

 

しかし、これから紹介する理由の⑧~⑩までは、愛情の裏返しとして冷たくしているのではなく、あなたに対する気持ちがないために冷たくしているパターンです。

 

他に好きな人や彼女がいる場合、好きな子や彼女にあらぬ誤解を与えたくないという気持ちから、他の女性と仲良くするのを避ける男性も少なくありません。

 

好きな人や彼女がいると、後ろめたい気持ちや「好かれたら困る」という気持ちから、他の女性に対しては冷たくなってしまうのです。

 

 

⑨嫌いになったから・・

好きな人が冷たい態度をとるときは、あなたのことが嫌いになったからというものもあります。

 

あなたの身に覚えがなくても、もしかしたら好きな人の嫌がることをしてしまったのかもしれません。

 

あからさまに嫌がることをしたり、ケンカをしてしまったというのなら、自分でも「あのことかな」と納得できる部分もあるでしょう。

 

しかし、全く身に覚えがないと、思わず「わたし何かした?」と詰め寄りたくなりますよね。

 

その気持ちはわかりますが、無理に聞こうとしてはいけません。

 

しつこくすればするほど、好きな人はあなたのことを嫌いになってしまいます。

 

 

⑩悪い噂を聞いたから

好きな人が冷たい態度をとるときには、あなたの悪い噂を聞いたから、というものもあります。

 

たとえば、

「男遊びが大好きらしいよ」

「彼氏がいるらしい」

など、あなたの噂を聞いたことで、あなたと接することを避けようとしてしまうこともあるでしょう。

 

どんな噂が流れているのかは、正直自分では知りにくいもの。

 

そんなときは、友達からどんな噂が流れているのかをリサーチしてみましょう。

 

誤解を解くときにも、自分で「そんなことないよ!」と言ってもなかなか信じてもらえないので、友達から伝えてもらうとgoodです。

 

好きな人が女性に対して冷たい態度をとるのは、「好きだから」というものもあれば、「好きじゃないから」というものもあります。

 

基本的には好きだから冷たい態度をとることのほうが多いですが、必ずしも「好きな人が冷たい=自分のことが好き」とは限らないので、勘違いして先走らないようにしてください。

 

 

好きな人が冷たいときの6つの対処法

好きな人が冷たいとき、冷たい態度をとるときの対処法を6つ紹介します。

 

好きな人に冷たい態度をとられるのは悲しいですが、ただ悲しんでいても状況は変わりません。

 

好きな人が冷たいときには、こんな方法を試してみましょう。

 

①原因を知る

好きな人が冷たいときには、何よりも原因を知ることが大切です。

 

好きな人の照れ隠しなのか、それとも自分の方に原因があるのかでは、対処法も180度変わってしまうもの。

 

好きな人が好きという気持ちを隠すために冷たくしているのなら(好きな人が冷たい態度をとる理由①~⑦)、こちらにはどうすることもできません。

 

しかし、こちらに原因があるのなら(上記、好きな人が冷たい態度をとる理由⑧~⑩)、自分が変わらなければ状況を変えることはできませんね。

 

適切な対処法を行えるよう、まずは共通の友人などを介して好きな人が冷たい態度をとる原因を探っていきましょう。

 

②堂々としている

好きな人が冷たいときの対処法では、好きな人に冷たくされても堂々としていることもおすすめです。

 

好きという気持ちから冷たくしているのであればなおさら、堂々としていましょう。

 

気にしていないそぶりを見せることで、「冷たくしてもメリットがない」と好きな人も分かり、冷たくすることをやめるかもしれませんよ。

 

気にすると余計にいじわるをしたくなる男性もいますから、堂々として笑顔で過ごすことを心がけていきましょう。

 

 

③さりげなく「ちょっと冷たくない?」と聞く

好きな人が冷たいとき、その理由も分からないときには、さりげなく「なんか最近冷たくない?」と聞いてみるのもいいでしょう。

 

日常会話のついでのような感覚で、さりげなく聞いてみるのがおすすめ。

 

くれぐれも、「なんでそんなに冷たいの?」と好きな人を責めるような口調になってはいけません。

 

さりげなく、でも自分の気持ちはしっかりと伝えることが大切です。

 

冷たくされて悲しいという気持ちを伝えることができれば、好きな人も「やりすぎたかも」と、自分の行動を改めるかもしれません。

 

 

④普段通りにする・相手の出方を待つ

好きな人が冷たいときの対処法としては、普段通りにして相手の出方を待つことも必要です。

 

もしかしたら、単純に仕事が忙しくて疲れていただけ、イライラしていて機嫌が悪かっただけ、ということもあるでしょう。

 

特にこれといった理由もなく、自分の気分で「冷たくなってしまった」のです。

 

好きな人からしても、冷たくしたという自覚がないパターンですね。

 

この場合は、好きな人の機嫌さえ治れば態度も元通りになるはずですから、いつも通りにして出方を待ちましょう。

 

 

⑤さりげなく好意をアピールする

あなたの気持ちが分からなくて好きな人がモヤモヤしており、それによって冷たい態度をとっていたのだとしたら、あなたがさりげなく好意をアピールすることで解決することもあります。

 

好きな人が嫉妬心から冷たい態度をとっているのなら、ここは1つ、勇気を出して好意を伝えてみてください。

 

 

⑥自然に距離を置く

好きな人が冷たいときには、自然に距離を置くことも必要です。

 

強引に冷たくする理由を聞こうとしたり、何度もしつこく連絡をするのは逆効果。

 

これでは火に油を注ぐだけですから、しつこく連絡をするのは絶対にNGですよ。

 

自然と距離をおき、彼がどう反応するのかを見ていきましょう。

 

 

◇まとめ◇

好きな人が冷たい態度をとる理由や、冷たいときの対処法について紹介しました。

 

好きな人が冷たい態度をとるときは、あなたのことが好きなこともあれば嫌いなこともあります。

 

どちらのケースで冷たくしているのかは、好きな人の普段の態度を観察するなどして、見極めていきましょう。

 

好きな人が冷たいからといっても、嫌われているケースのほうが少ないですから、諦めずに適切な対処法、適切なアプローチをしていくことが大切です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました