好きな人を振り向かせる厳選15&LINEの裏テク

片思い

好きな人がいると、誰もが「好きな人と両思いになりたい」と思いますよね。

 

しかし中には、なかなか好きな人に振り向いてもらえなくてガッカリしていたり、すでに諦めモードに入っている…なんて人もいるのではないでしょうか。

 

好きな人を振り向かせるのは簡単なことではありませんが、ポイントさえつかめば意外と簡単に振り向かせることができるかもしれません!

 

ここでは、好きな人を振り向かせる方法15選とLINEテクを紹介します。

 

好きな人を振り向かせたいというあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

好きな人を振り向かせる方法15選

では早速、好きな人を振り向かせる方法を紹介していきましょう。

 

好きな人を振り向かせる方法はいくつかありますが、今回は厳選した15の方法を紹介します。

 

自分にもできそうなもの、あなたと好きな人の関係で使えそうなものがあったら、ぜひ試してくださいね!

 

 

①明るく笑顔を心がける

好きな人を振り向かせる方法には、明るく笑顔を心がけることが大切です。

 

直接話をしなくても、言葉にしなくても、伝わるものというのはあります。

 

それが、表情や仕草。

 

誰でも、ネガティブで暗い顔をしている人よりも、明るく笑顔の人に魅力を感じますよね?

 

好きな人を振り向かせたいのなら、まずは明るく笑顔でいることが第一です。

 

ストレートな言葉よりも、表情で伝える方が効果的なこともあるのです。

 

明るく笑顔でいることなら、あなたにも今すぐできますよね。

 

好きな人に直接アプローチをするよりもまずは、自分自身が明るく笑顔でいることを心がけましょう。

 

 

②居心地良い楽しい雰囲気を意識する

好きな人を振り向かせたいのなら、居心地の良い楽しい雰囲気を意識しましょう。

 

好きな人が、たくさんいる女性の中からあなたを選ぶのは、あなたといるのが楽しいからですよね。

 

あなたと話しやすい、一緒にいて楽、居心地がいいと感じてもらえれば、また会いたいと思ってもらえるもの。

 

一緒にいて気を使う関係では、疲れてしまい「もう会うのはいいかな…」と思われてしまいます。

 

そんなふうにならないよう、好きな人といるときには居心地がよく、楽しい雰囲気を心がけていきましょう。

 

 

③女性らしさを意識する

好きな人を振り向かせるには、女性らしさを意識することも大切です。

 

男性は、いつの時代も女性には「女らしさ」を求める傾向が強め。

 

女らしさの定義は何かと言われると難しいのですが、穏やかで優しい口調というのが挙げられると思います。

 

ガサツな態度や口調は、男性からは友達としては好かれても、恋愛対象にはならないことも多いもの。

 

・スカートなのに足を開いて座る

・ガハハと大口を開けて笑う

 

こんなことをしている人は、要注意です。

 

気さくな女性を印象付けたいのかもしれませんが、好きな人を振り向かせるためにはガサツとは縁を切った方がいいかもしれません。

 

 

④アイズオンユー効果を利用

好きな人を振り向かせるには、アイズオンユー効果を利用するのも効果的。

 

目は口ほどにものを言う、といいますよね?

 

視線は、ときに言葉よりも強い効果を発揮するもの。

 

好きな人を目で追って、目があったらじっと見つめてみてください。

 

好きな人と話すときに、目を見てそらさないというのもおすすめです。

 

見つめられていると、人はその人のことを意識してしまうので、ぜひ積極的に見つめてみるといいですよ!

 

 

⑤名前を呼ぶ

好きな人を振り向かせるためには、距離を縮めなくてはいけません。

 

そのためには、好きな人に下の名前を読んでみましょう。

 

呼び捨てにするのではなく、「○○さん、○○くん」という呼び方でOK。

 

下の名前を呼ばれると、ちょっとドキッとするでしょう?

 

このドキッとするのが、2人の親密度を高めるために効果的。

 

いつまでも名字で呼んでいたのでは、2人の距離は縮まりません。

 

最初に呼ぶのは勇気がいるかもしれませんが、タイミングをみて名前を読んでみてください。

 

 

⑥ミラーリング効果を利用

ミラーリング効果、を知っていますか?

 

ミラーリング効果は、まさに鏡のように相手の仕草を真似することをいいます。

 

あからさまに真似をすると「バカにしてる」と反感を買ってしまうので、あからさまに真似するのはNG。

 

あくまでもさりげなく、無意識に真似をしましょう。

 

たとえば彼が飲み物を飲んだら自分も飲む、スマホを見たら自分も見る、といった感じです。

 

ミラーリング効果は、上手に使うと「この人とは気が合うな」と思ってもらえますよ。

 

 

⑦会う頻度を増やす

好きな人を振り向かせるには、何といっても会う頻度を増やすことが欠かせません。

 

会わなければ、振り向かせることなどできないでしょう。

 

会うということは、「自分のためにわざわざ時間を作ってくれている」ということ。

 

お互いに会おうという意志がなければ、会うことはありません。

 

色々なところに2人で行って、お互いのことを知っていきましょう。

 

会う頻度が増えれば、それだけお互いのことを知る機会も増えますね。

 

あなたが彼を誘って、彼がそれに何度も答えてくれるのであれば、彼もあなたと会うことを楽しみにしているのかもしれませんよ。

 

 

⑧好きな人を褒める

好きな人を振り向かせるためには、好きな人を褒めることもおすすめです。

 

ただし、機嫌とりはNG。

 

機嫌とりやあからさまに褒めるのは、気分が良くなるどころかなんとなく「嫌み?」と感じてしまうこともありますよね。

 

好きな人を褒めるときには、「私はあなたのことを見てるよ」というアピールにもなるよう、好きな人の中身について褒めましょう。

 

見た目や持ち物について褒めても、あまり彼の心には届きません。

 

「いつも仕事に熱心で凄いよね」

「そういうところに気づくって、さすがだなー」

 

こんなふうに中身を褒められると、「細かいところまで見てくれてるんだな」「うわべだけじゃないんだな」と思ってもらえることでしょう。

 

 

⑨自分の話は小出しにする

好きな人を振り向かせたいのなら、自分の話は小出しにして、ミステリアス感を与えることが重要です。

 

男性は、簡単に手に入るものよりも「手に入るかどうか分からないもの」に魅力を感じます。

 

男性には狩猟本能があると言われており、追いかける恋愛を好むもの。

 

つまり、手に入れる前にすべてを知ってしまうと、「もういいかな」と思われてしまう可能性があるのです。

 

自分の話は小出しにしてミステリアス感を高め、好きな人にあなたのことを「もっと知りたい!」と思ってもらいましょう。

 

 

⑩ランチョンテクニックを利用する

ランチョンテクニック、というものを知っていますか?

 

人は、美味しいものを食べているときほど相手に好意を持ちやすいと言われています。

 

美味しいものを一緒に食べて、好きな人に自分のことを良く思ってもらう、というのがランチョンテクニック。

 

脳が「美味しい」を「好き」と勘違いしてしまうようですが、そういう勘違いも上手に利用していきましょう。

 

好きな人の大好物を一緒に食べることが理想的なランチョンテクニックですが、好きな人の大好物が分からなければ、自分の好きなもの、美味しいものでもかまいません。

 

ぜひ好きな人と「美味しい!」を共有してみてください。

 

 

⑪ダブルバインド効果を利用する

好きな人を振り向かせるには、ダブルバインド効果を利用するのもおすすめです。

 

ダブルバインド効果とは、あえて選択肢を与えてノーと言わせないやり方のこと。

 

たとえば、「和食とイタリアンならどっちがいい?」「金曜の夜と土曜の夜ならどっちが空いてる?」というふうに、強引に誘っているわけではないのに、デートに誘うことができるわけです。

 

選択肢を2つ与えて選ばせることで、好きな人も「自分の意志でデートに来た」と思うもの。

 

ダブルバインド効果を使えば、デートの誘いも成功しやすくなるでしょう。

 

⑫共通点を作る

人は、自分と何かしらの共通点がある人に興味を持ちます。

 

共通点があれば話も弾みますし、「気が合うな」と思ってもらうこともできますよね。

 

小さなことでもいいので、好きな人と共通点を見つけてください。

 

趣味や好きな食べ物など、何でもOK。

 

共通点があると親近感を与えることができますから、好きな人が振り向いてくれる可能性も高くなるといえるでしょう。

 

 

⑬カリギュラ効果を利用する

カリギュラ効果とは、「ダメ」と言われたことほどやりたくなる心理のことを言います。

 

昔話の浦島太郎で、「この玉手箱は絶対に開けてはいけない」と言われた浦島太郎は、箱の中身が気になって気になって、結局最後には箱を開けてしまいます。

 

これがまさに、カリギュラ効果。

 

好きな人には玉手箱をあげるのではなく、秘密を共有することがおすすめ。

 

「誰にも言わないでね」と言われると、好きな人はあなたの秘密を意識し始めてしまいます。

 

それは、すなわちあなたのことを意識しているということ。

 

彼の頭の中で、あなたのことを考える時間が増えるのは、彼を振り向かせるためには必要不可欠なことですね。

 

 

⑭パーソナルスペースへ侵入する

パーソナルスペースとは、人が「自分のスペース」と感じている物理的距離のこと。

 

親しい人以外が侵入してくると、警戒する距離のことでもあります。

 

男性の場合は、パーソナルスペースは前後に長い楕円形をしていると言われていますから、90度の位置から近づくことがおすすめ。

 

声をかけるときには、後ろから近づくのではなく、90度の位置から近づくことを意識してみましょう。

 

こうすることで簡単にパーソナルスペースに侵入することができますので、好きな人をドキッとさせることができますよ。

 

 

⑮吊り橋効果を利用する

恋愛テクニックとして、吊り橋効果を利用するのは有名ですよね。

 

吊り橋効果とは、吊り橋を渡るときのドキドキを、恋愛のドキドキと錯覚する心理のこと。

 

現実にドキドキするような吊り橋はあまりないので、当然ながら吊り橋にこだわる必要はありません。

 

興奮すること、緊張することを一緒にやればいいのです。

 

好きな人との関係を縮める意味でもおすすめなのが、一緒にスポーツをしたり、遊園地へ行くこと。

 

ただし、吊り橋効果によるドキドキは一時的なものですので、これだけで好きな人を振り向かせることはできません。

 

あくまでもきっかけの1つとして、次のステップへ続けていってくださいね。

 

 

 

好きな人を振り向かせるLINEテク

好きな人を振り向かせるためには、LINEも上手に使いましょう。

 

今や欠かせない存在でもあるLINEは、好きな人を振り向かせるためにも欠かせないツールとなっているのです。

 

 

好きな人を振り向かせるLINEテク ①返事は短文で

好きな人とのLINEは、なるべく短文で分かりやすいメッセージを意識します。

 

あれもこれもとメッセージを送りたくなる気持ちは分かりますが、それでは読む気が起こりません。

 

また、返事もしにくくなるため、LINEが続かなくなる恐れがあるのです。

 

できるだけ短文で、かつ返信しやすい内容を意識していきましょう。

 

 

好きな人を振り向かせるLINEテク ②返信のタイミングを合わせる

好きな人とのLINEでは、返信のタイミングを合わせましょう。

 

相手がLINEをどう捉えているかは分かりませんので、相手のペースに合わせるのです。

 

好きな人がすぐに返信をくれるのならそのペースに、1時間後に返信をしたらこちらも1時間後に返信をしましょう。

 

タイミングが合うと、LINEが負担になることもなくなりますね。

 

 

好きな人を振り向かせるLINEテク ③同じ雰囲気にする

好きな人とのLINEは、同じ雰囲気にするのもおすすめです。

 

テンションを合わせることで、親近感を与えましょう。

 

絵文字やスタンプなどの頻度も、合わせるとgood。

 

どちらかだけがハイテンションでは違和感がありますから、同じ雰囲気にして「居心地がいいな」と思ってもらえるようにしていきましょう。

 

 

まとめ

好きな人を振り向かせる方法15選と、LINEテクを紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

好きな人を振り向かせるためには、様々な方法があります。

 

ここで紹介した方法すべてを一度に行うと大変なことになりますので、自分に合いそうな方法から試してみてください。

 

好きな人を振り向かせるため、頑張りましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました