好きな人とlineをする時の注意点!盛り上がる話題やテクニック【まとめ】

片思い

今やコミュニケーションツールとして定着している、line。

 

今では大半の人がlineをしていて、メールに代わる定番の連絡手段として、その位置を確立しています。

 

そんな気軽に使えるlineだからこそ、好きな人との関係を縮めることもできれば、その逆で好きな人と距離を作ってしまうこともあるもの。

 

ここでは、好きな人とlineをするときの注意点や盛り上がる話題、好きな人との関係を発展させるテクニックについて紹介していきます。

 

好きな人のlineを知っているけれど、何を話せばいいのか分からない…

 

好きな人と距離を縮めたい!

 

こんなふうに感じている方、必見です。

 

 

好きな人とのlineで注意するべき5つのこととは

まずは、好きな人とlineをするときに気を付けるべきこと、注意するべきことから紹介します。

 

好きな人とlineができる!と思うと、嬉しくてつい舞い上がってしまいそうになりますが、最低限この5つのことには気をつけていきましょう。

 

lineをするときの注意点 ①長文にしない

好きな人とlineをするときには、長文にならないように気を付けましょう。

 

ダラダラと長文のlineが来ると、正直なところ「読みたくない」「読むのが面倒」だと思いませんか?

 

たとえ読んだとしても、どの部分に対して返事をすればいいのか…と考えてしまいます。

 

これだと返事をするのも面倒になり、lineを続けることができません。

 

好きな人が返信しやすいよう、好きな人へのlineは短文で返信しやすくすることが鉄則です。

 

 

lineをするときの注意点 ②ネガティブにしない

好きな人とlineをするときには、内容をネガティブなものにしないようにします。

 

たとえば誰かの悪口を言ったり、今日あった嫌なことを書いたりしてはいけません。

 

女性同士でおしゃべりをしているのなら、悪口や噂話ほど盛り上がるものはないですよね。

 

しかし相手は女友達ではなく、好きな人。

 

悪口やネガティブな話ばかり聞かされていたのでは、うんざりしてしまいます。

 

コンスタントに返信をしてくれているとしても、良い印象は与えないでしょう。

 

今好きな人とlineができればそれでいい!というのならかまいませんが、付き合いたいという気持ちがあるのなら、ネガティブなlineはしないほうがいいですよ。

 

 

lineをするときの注意点 ③返事を急かさない

好きな人とlineをするとき、思ったように返事が来ないこともあると思います。

 

なかなか既読にならない、もしくは既読になったのに何分も返事が来ない…なんてことも少なくありません。

 

そんなとき、

「ねぇねぇ」

「返事ちょうだーい」

「何かあったのー?」

なんて一言のメッセージで返事を急かしたり、呼び掛けるようなスタンプをいくつも送るのは言語道断。

 

いつでもlineが見れる状況とは限りませんし、見るだけ見て返事はあとで、なんてことも社会人であれば良くあることです。

 

ふとスマホを見たとき、lineの通知が何十件も入っていたら嫌になってしまいますね。

 

 

lineをするときの注意点 ④ペースを合わせる

好きな人とのlineは、ペースを合わせることが大切です。

 

返信速度や文書の量、テンションなどを相手に合わせましょう。

 

これらが合うと、ストレスなくlineが続くようになります。

 

lineをするときの注意点 ⑤絵文字を適度に入れる

lineは文字がメインなので、適度に絵文字を入れるようにしましょう。

 

文字だけでは素っ気なく、気持ちが伝わりにくいです。

 

嬉しい、楽しいといったポジティブな感情は積極的に好きな人にも伝えたいので、適度に絵文字を入れるようにするとgood。

 

ただし、あなたばかり絵文字やスタンプを多用すると好きな人とのテンションに差が出てしまうので、基本は相手に合わせて、「適度に」絵文字を使うことが大切です。

 

 

好きな人とのlineで盛り上がる話題5選

では続いて、好きな人とのlineで盛り上がる話題について紹介します。

 

盛り上がる話題はこれだけではありませんが、「好きな人と何を話そう?」と迷ったときには、これらの話題を使うと盛り上がりやすいのでおすすめですよ!

 

①共通の趣味の話

好きな人とのlineで盛り上がる話題は、共通の趣味の話があります。

 

やはりお互いに興味のある趣味の話なら、lineでも盛り上がりやすいですよね。

 

好きなアーティストや芸能人、テレビ、ゲームなどなんでもいいので、あらかじめ好きな人との共通点を探しておきましょう。

 

多趣味の人であるなら、何かしら好きな人と共通の趣味があるかもしれませんね。

 

もしも好きな人と共通の趣味がないという人も、がっかりする必要はありません。

 

共通の趣味がなければ、共通の趣味を作ればいいのです。

 

好きな人の趣味について、「わたしも○○(趣味)が気になってるんだよね」「○○くん、××が好きだったよね?わたしも始めてみようかなって思ってるんだけど、実際どう?」などと聞いてみましょう。

 

きっかけは好きな人と近づきたいという下心であったとしても、そこから新たな趣味を始めるきっかけにもなりますね。

 

 

②相手が好きなこと

好きな人とのlineで盛り上がる話題は、相手が好きなことについて話すのもおすすめです。

 

趣味についてと似ているのですが、相手の興味があることなら相手も返信しやすいです。

 

たとえば、盛り上がる話題としておすすめなのは犬や猫などのペットの話。

 

好きな人が動物好きであるなら、ペットの話は盛り上がること間違いなしでしょう。

 

「実家で飼ってる猫の写真だよー」

など、写真を送るのがおすすめです。

 

写真があれば話題も共有しやすいですし、かわいい!と盛り上がりますよね。

 

 

③流行ってること

好きな人とのlineで盛り上がる話題には、今現在流行っていることの話題があります。

 

音楽、ファッション、芸人など何の話でもOKなので、「今流行ってること」を話題にしてみましょう。

 

「○○の新曲もう聞いた?」

「○○の新しい動画がアップされてたよ!」

 

こんな話題なら、そこから話が膨らんでいくのでlineも続けやすくなるでしょう。

 

また、リアルタイムの話題としてテレビの話もgood。

 

「今○○見てる?」

とlineをして、好きな人も「見てるよ!」と返事をくれれば、テレビ番組の話でもlineを盛り上げることができます。

 

この場合は、テレビを真剣に見ていることも考えられますから、CMになったタイミングで返事をするようにしましょう。

 

番組の途中でlineをすると、「テレビに集中できない…」と煙たがられてしまう可能性があります。

 

 

④グルメのこと

好きな人とのlineで話題に困ったら、グルメの話題を出してみましょう。

 

グルメや食べ物のことは、誰でも興味がある話題の1つ。

 

食事をせずには生きることができないからこそ、グルメの話は無難で盛り上がることのできるジャンルなのです。

 

「駅前にできた○○のお店、もう行った?」

「この間テレビで○○が紹介されてたんだけど、めちゃくちゃ美味しそうだった!」

 

なんて話もいいですね。

 

好きな人が好きな食べ物の話題であるなら、なおさら話が盛り上がるのでおすすめです。

 

 

⑤行きたい場所の話

好きな人とのlineで盛り上がる話題には、行きたい場所の話もあります。

 

行きたい場所についてlineで話題にすると、単純にlineが盛り上がるだけではなく、デートに繋げることもできるためおすすめ度はかなり高め。

 

あなた「○○に行ってみたいんだけど、行ったことある?」

彼「この間友達と行ったけど、結構良かったよ」

あなた「いいなー。わたしも行きたい」

彼「じゃあ、今度一緒に行く?」

 

こんな具合に、デートに誘われるきっかけにもできちゃうんですよ。

 

あまりにもあざとく「○○に行きたい!」とばかり連呼するのは良くありませんが、話の流れで「行ってみたいんだよねー」と話題にしてみるのは、いいかもしれません。

 

 

好きな人とのlineで関係を発展させるためのテクニック5つ

ではここで、好きな人とのlineで関係を発展させるためのテクニックを5つ紹介したいと思います。

 

好きな人と付き合いたい、もっと仲良くなりたいと思うのであれば、lineを上手に使うことがなにより大切。

 

ただlineをするだけではなく、好きな人とのlineではこんなことを意識してみましょう。

 

テクニック ①名前を入れる

好きな人とのlineでは、好きな人の名前を入れるようにしましょう。

 

たとえば挨拶のlineを送るとき、

「おはよう。今日も1日頑張ろう」

「○○くんおはよう。今日も1日頑張ろう」

どちらのメッセージのほうが親近感がありますか?

 

名前が入っているメッセージのほうが、なんとなく親近感が得られる感じがしますよね。

 

また、上記のような挨拶や当たり障りのないメッセージの場合は特に、どうしても「社交辞令っぽさ」が出てしまうもの。

 

「今日はありがとうございました」という内容のメッセージだと、なおさら社交辞令っぽい感じがしてしまいますよね。

 

しかし、そこに名前が入るだけで一気に社交辞令っぽさがなくなるのです。

 

男性の好きな「特別感」を与えるためにも、名前を入れてメッセージを送ることは効果的。

 

好きな人をドキッとさせることもできますので、メッセージには名前をいれてみてくださいね。

 

 

テクニック ②質問で返す

好きな人と関係を発展させるためには、lineを質問で返すようにしましょう。

 

なぜなら、好きな人と関係を発展させるために大切なのは、「lineを続けること」であるから。

 

lineを続けてコミュニケーションを取っていくことで、お互いを知り、より親しくなることができるのです。

 

ではどうすればlineを続けることができるのか?、それはずばり、質問で返すこと。

 

「そうなんだ!○○くんは?」

「テレビで○○派と××派の話をしてたんだけど、○○くんはどっち派?」

 

こんなふうに話題を振れば、好きな人も返事をしやすくなりますね。

 

このとき、相手が「うん」「別に」などと一言でのみ返事をしてきてばかりだとしたら、もしかしたらあなたとはあまりlineをしたくないのかもしれません。

 

その場合は質問ばかりを続けているとうざがられてしまいかねないので、様子を見てlineを続けていくかを見極めましょう。

 

 

テクニック ③恋愛系の話題

好きな人と関係を発展させたいのなら、恋愛系の話題をしてみましょう。

 

過去の恋愛についてや恋愛観、好きなタイプなどを話題にしてみるのです。

 

恋愛に関することを2人で話すことで、なんとなくお互いを意識するきっかけになることも。

 

少し恋愛系の話をすることができたら、「わたしは○○くんみたいなタイプ、好きだけどな」とちょっと大胆なアピールをしてみるのもいいですね。

 

一気に恋愛モードに発展するかもしれません。

 

テクニック ④たまに既読スルーをする

ある程度仲良くなったなぁと実感することができたら、たまに既読スルーをしてみるのもいいでしょう。

 

ただし、既読スルーは人によっては「俺とはlineをしたくないんだな」と勘違いされてしまうこともあるので、要注意。

 

もしもあえて既読スルーをするときには、そういうリスクも承知した上で行うようにしましょう。

 

たまに既読スルーをすると、「どうしたのかな」「何かあったのかな」と気にさせることができます。

 

 

テクニック ⑤写真つきで送る

好きな人と関係を発展させたいのなら、写真つきでメッセージを送りましょう。

 

写真があることで同じものを共有することができるため、一気に親密になることができるのです。

 

同じものや同じ時間を共有することは、親密になるためには欠かせないもの。

 

lineは気軽に写真を送ることができるので、積極的に写真を送っていきましょう。

 

 

まとめ

好きな人とlineをするときの注意点や盛り上がる話題、関係を発展させるためのテクニックについて紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

lineは、好きな人との距離を縮めることもできますが、やり方を間違えると疎遠になるきっかけにもなりかねないもの。

 

lineは気軽にできるものだからこそ、どうすれば良い方向に持っていけるかをきちんと考えていきましょう。

 

好きな人と楽しくlineができるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました