【徹底解説】これって脈あり?女性が見せる脈ありサイン12個

女性心理

よく、「女心が分からない」「女性が何を考えているのか分からない」という男性の声を耳にします。

 

確かに素直で単純な男性と比べると、女性の心理を読み取るのは難しいかもしれません。

 

とはいえ、女性だって好きな人の前ではかなり分かりやすくアピールしているもの。

 

そこまで難しく考えなくても、女性の脈ありサインを見抜くのは意外と簡単なのです。

 

ここでは、女性が見せる12個の脈ありサインを、徹底解説していきましょう。

 

また、女性が見せる脈ありサインは、必ずしも「好き」とは限らないようですよ?

 

 

女性が見せる脈ありサインは3段階に分けられる

女性が見せる脈ありサインは、3段階に分けることができます。

 

なんとなく、脈ありサイン=好きのサインでしょ?と思うかもしれませんが、女性の場合はそうとは限らないのです。

 

こういうところが、「女性の心理は分かりにくい」と言われるゆえんなのかもしれませんね。

 

①好きな人への好意のサイン

女性が見せる脈ありサインの1つ目は、好きな人への好意のサインです。

 

私たちが、もっともイメージしやすいサインと言えるでしょう。

 

「好きという気持ちに気づいてほしい」

「付き合いたい」

 

という気持ちから、様々なサインを出している状態です。

 

 

②ちょっといいかも、気になるサイン

2つ目は、「ちょっといいかも」と相手のことが気になっているときに見せるサインです。

 

まだ、好きというところまで気持ちが盛り上がってはいません。

 

とはいえ、「ちょっといいな」「ありかな」と思っている状態です。

 

 

③これから知りたい!初期サイン

そして3つ目は、これからあなたのことを知っていきたいという、初期の脈ありサインになります。

 

脈ありというより、むしろ「興味がある」という段階と言えるでしょう。

 

生理的に無理というわけではないけれど、まだ好きという段階にはほど遠いので、脈ありサイン=好きだと勘違いしてしまうと、とんだ赤っ恥かもしれませんよ。

 

女性の脈ありサインには、これらの3段階があることを踏まえた上で、「女性が見せる脈ありサイン」について見ていきましょう。

 

 

女性が見せる12個の脈ありサインとは

女性が見せる脈ありサイン12個を、それぞれ解説していきます。

 

女性の脈ありサインは分かりにくいと思っている人も、これを読めば「意外と分かりやすいんだな」と思えるようになるはずです。

 

①瞳が輝く

女性は好きな人や興味のある人の前にいくと、瞳が輝くようになります。

 

イメージとしては、少女漫画で主人公の女の子が好きな人のことを見つけたとき、瞳の中に星やハートが入ってキラキラすることがあるでしょう?

 

現実の女性の瞳がハートになったりキラキラすることはありませんが、ぱっと明るくなるのは見ていても一目瞭然。

 

人は興味のあるもの、好きなものを見るときには瞳孔が開くと言われています。

 

黒目が大きくなって輝かしくなるのは、自分ではどうすることもできない「脈ありサイン」と言えるでしょう。

 

 

②褒めてくれる

女性は、好きな人のことは褒めることが多くなります。

 

褒めるのは社交辞令というイメージも男性にはあるかもしれませんが、意外と女性は社交辞令として男性を褒めることは少ないです。

 

男性の場合は、レディーファーストとして、もしくはエスコートの一貫として女性を褒めるということもありますよね。

 

しかし女性はそのへんはシビアなので、いいなと思った人のことしか基本的には褒めません。

 

特に、見た目のことではなく内面について褒めるのは、脈ありの証。

 

「そのネクタイ素敵ですね」

「かっこいいですね」

と言われるよりも、

 

「真剣に仕事に取り組む姿、かっこいいです」

「頑張ってるところが素敵」

「後輩に優しい人っていいですね」

と、内面について言われた方が、男性もグッとくるのではないですか?

 

女性もそれは分かっているので、好意のある人には「内面を褒める」ようになるというわけです。

 

 

関連記事⇒
女性が好意のある男にする5つの会話術!脈ありかどうかを見極めよう

 

③声のトーンが高くなる

女性が見せる脈ありサインには、声のトーンが高くなることが挙げられます。

 

好きな人にはかわいいと思われたいので、無意識に声がワントーン高くなるのです。

 

他の男性と話しているときより、自分と話すときのほうが声が高いなと感じたら、脈ありサインかもしれません。

 

特に、女性のほうから話しかけてくるときではなく、こちらから挨拶をしたときの返事や声をかけたときの返事などのときの声が分かりやすいです。

 

向こうから話しかけるときには、緊張したりして声が高くなることもありますからね。

 

決してぶりっ子になるわけではなく、声が高くなるかどうかを確認してみましょう。

 

 

④質問が多くなる

女性は、気になる男性に対しては質問が多くなります。

 

会話を弾ませるためには、質問をして会話を続けることが必要不可欠。

 

とはいえ、どうでもいい人のプライベートなことなど知りたいと思わないでしょう?

 

質問をするということは、相手のことを知りたいと思っている、ということ。

 

まだ好きという段階にはなっていないとしても、「知りたい」という気持ちがあることは間違いないでしょう。

 

中でも、過去の恋愛のことや週末の過ごし方などを質問してくるのは、あなたに好意がある証拠です。

 

 

⑤共感・共通点をアピールしてくる

女性は好きな人と話をしているとき、些細なことでも共感してきます。

 

さらに共通点を見つけてきて、そのことをアピールしてくるのは好意がある証。

 

ことあるごとに、

「わたしも!」「同じだね」

と言ってくるのは、少しでも好きな人との共通点を見つけたいからだといえます。

 

「気が合うね」と言ってもらえれば、それだけ恋愛が発展する可能性も高くなりますよね。

 

共通点を見つけるのは、話をするきっかけにもなりますし、デートに誘うきっかけにもなりやすいもの。

 

積極的に共通点を探してくるのは、確実に脈ありのサインと言えるでしょう。

 

 

⑥見つめてくる・よく目が合う

女性が見せる脈ありサインには、見つめてくることやよく目が合うことがあります。

 

誰でも、好きな人のことは見てしまいますよね?

 

好きな人のことを無意識に目で追ってしまうのは、男女関係なくよく見られることです。

 

男性は好きな人と目が合うと慌ててそらす人が多いのですが、女性は目が合ってもそらさず、にこっと微笑む人も多いです。

 

ふつう、興味のない人や嫌いな人のことは、わざわざ目で追ったりはしません。

 

目で追うのは、その人のことが気になる、興味があるからですよね。

 

あなたが突拍子もないほどおかしなこと、たとえば洋服の前と後ろを逆で着ているなどのことがないのに見つめられているとしたら、それは脈ありサインと言っていいでしょう。

 

 

⑦頻繁にLINEしてくる

女性は好きな人へは、頻繁にLINEをするようになります。

 

やはり頻繁に連絡を取り合うことで、お互いの距離が縮まることを知っているからです。

 

連絡を取り合うことは、距離を縮めるための第一歩でもありますよね。

 

そのため、何かしら理由をつけてLINEをしてくる、なんてことも。

 

「明日の会議って10時からで合ってるよね?」

「明日の○○先生の講義、何だっけ?」

 

こんなきっかけからLINEを始め、すぐに別のことでLINEを続けようとしてくるとしたら、間違いなくあなたに気があります。

 

また、ある程度仲がいいのであれば、

「今なにしてる?」

「ひまー」

なんてLINEが送られてくることも。

 

これは誘いたい、もしくは誘われたい心理が隠されていることが多いのですが、ただ単にあなたのことを友達としていいなと思っていて、「暇なら遊びにいきたい」だけという可能性もあるので要注意です。

 

 

⑧「2人で」を強調する

女性が、何かにつけて「2人で」を強調してくるときも、脈ありサインといえます。

 

「今度2人で飲みに行こう」

「2人で話したいな」

 

こんなふうに言われたら、あなたに興味があるのは間違いないでしょうね。

 

嫌いな人や興味のない人とは、どんな理由があっても2人きりになりたいとは思いません。

 

2人きりになってもいいと思えるのは、女性が相手の男性のことを「いいな」と思っているときだけなのです。

 

好きというところまで気持ちが進んでいないとしても、いいなと思っていることは間違いないでしょう。

 

2人で話してみて、あなたがどんな男性なのかを見極めようとしているのかもしれません。

 

少なくとも、女性のほうから「2人で」を強調してくるときには、脈ありとみていいと思います。

 

 

⑨ボディタッチが増える

女性は好きな男性に対しては、ボディタッチが増えます。

 

ボディタッチといってもいろいろありますが、本当に好きな男性に対してのボディタッチは、ベタベタ触るものではありません。

 

太ももなどへボディタッチしてくるのは、本当に好きな人とは言えないことが多いのです。

 

女性が好きな人に行うボディタッチは、「さりげない」もの。

 

肩や二の腕などに軽く触れたり、シャツの裾を引っ張ったり、なんていうのが多いですね。

 

決して嫌らしさを感じさせないボディタッチをするのが、女性が好きな人に行うボディタッチ、すなわち脈ありサインなのです。

 

 

⑩オシャレになる

女性は、好きな人の前では必然的におしゃれになります。

 

女性は恋愛をすると急にきれいになる、とはよく言いますよね?

 

恋愛をしていると女性ホルモンが分泌されるため、内側からきれいになることももちろんですが、それだけではありません。

 

好きな人には「かわいい」と思われたいので、まずは見た目からオシャレになっていくのです。

 

普段あまりオシャレをしない人やメイクをしない人でも、好きな人ができた途端に女子力が上がるなんていうのは、わりとよくある話ですよね。

 

会うたびにおしゃれになっていたり、見た目が女性らしくなっているなんていうときには、あなたに「かわいい」と思ってほしいからかもしれません。

 

 

⑪笑顔が増える

女性は好きな人の前では、笑顔が増えるようになります。

 

好きな人と話すとき、好きな人の話をしているときには、自然とニコニコしているはずです。

 

特に好きな人が近くにいるときには、嬉しいという気持ちを隠せずにニコニコと笑顔になってしまうのでしょう。

 

本人は隠しているつもりでも、話しているときに無意識に笑顔になってしまうため、意外にも周りにはバレバレ…なんてことも少なくありません。

 

笑顔が増えたり、時々顔が赤くなるなんていうのも、典型的な脈ありサインの1つですね。

 

 

⑫LINEが長くなる

女性は好きな人へのLINEは、内容が長くなることが増えます。

 

LINEを続けたいという気持ちや、好きな人とたくさん話したいという気持ちから、自然に文章が長くなってしまうのです。

 

とはいえ、読むのが嫌になるほどの長文で送る人はほとんどいないので、そこは安心してください。

 

本来ならば一言で終わる内容のときでも、終わらせないためにあれやこれやと試行錯誤しているのでしょう。

 

「そういえば」「ところで」などの接続詞を多用してくるのも、脈ありサインと言えるかもしれません。

 

LINEを続けたいという気持ちの現れでしょうね。

 

 

まとめ

女性が見せる脈ありサイン12個について、徹底的に解説しました。

 

いかがでしたか?

 

女性の心理は分かりにくいと思っていた男性も、意外と「女性も男とそんなに変わらないんだな」「好きな人へは意外と分かりやすいサインを出しているんだな」と思ったのではないでしょうか。

 

女性は、好きな人への態度と、そうではない人への態度が違うので、よく見ていれば「もしかして俺のこと…」と気づくことができるかもしれません。

 

ただし、女性の脈ありサインには「好き」という好意の他、「ちょっと気になる」「興味がある」といった好きの手前の段階でのサインも含まれているため、しっかりと見極めていきましょう。

 

あなたの好きな人が自分のことをどう思っているのか、それに合わせてアプローチ方法を変えていけるといいですね。

 

好きな人とうまくいくよう、頑張ってください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました