男性が自分のor女性の唇を触る心理って?唇を触るのはなぜ・・?

男性心理

人にはみな、無意識にしてしまう「癖」があります。

 

髪の毛を触る、腕を組む、鼻を掻くなど、どんな癖があるのかは人それぞれ。

 

ほとんどは無意識に行っているので、他人に指摘されて初めて自分の癖に気づくなんてケースもありますよね。

 

ここでは、そんな「癖」のうち ”男性が唇を触ること”について見ていきたいと思います。

 

無意識に行っている癖ほど、その人の性格や心理が現れると言われているもの。

 

男性が唇を触ることには、どんな心理が隠されているのでしょうか。

 

 

男性が自分の唇を触る6つの心理

まずは、男性が「自分の唇」を触るときの心理から紹介していきます。

 

男性が自分の唇を触るときには、こんな心理が隠されているようです。

 

①欲求不満

男性が自分の唇を触る心理には、欲求不満なことが挙げられます。

 

唇は、キスやセックスなどと直接関わる部位。

 

つまり、性的な欲求を満たすための部位ですよね。

 

男性はセックスがしたいとき、女性にキスをする、首筋を舐めるなど、自分の唇を使ってアピールします。

 

そんな唇を触るという行為は、性的な欲求不満があることをアピールしているのと同じこと。

 

唇を触る行為の他、唇を舐める、唇を軽く噛む行為も性的な欲求不満があることを表しています。

 

「最近セックスしてないな」

「いい女性がいたらセックスしたいな」

 

こんな気持ちが、唇を触るという行為には隠されているのです。

 

 

②ロマンチストである

男性が自分の唇を触る心理には、ロマンチストなことも挙げられます。

 

まるでマンガに出てくる王子様のように、キラキラしたロマンチックなことが大好き。

 

大好きな人には色仕掛けもありだと思っています。

 

先ほど唇は性的な欲求を満たす部位だといいしたが、その他にも唇は「言葉を発する部位」でもあるわけです。

 

キザなセリフをためらうことなく言えたり、女性を褒める、口説くことも得意分野だといえるでしょう。

 

ロマンチストな彼には、

・自分はイケてると思っている

・鏡があるとすぐに自分の姿をチェックしてしまう

・現実と理想の差に悩んでいる

・男女問わず褒め上手である

などの特徴があります。

 

唇を触る癖のある男性は、ロマンチストでややナルシストなところがあるのかもしれません。

 

 

③考え事をしている

男性が自分の唇を触る心理には、考え事をしていることも挙げられます。

 

目線の先にあるものと、頭の中で考えていることが全く違うようなときに、唇を触ることが多いようです。

 

仕事をしていると、目の前にある書類に目を通しながら、頭の中では別のことを考えている…なんてことも少なくありません。

 

頻繁に自分の唇を触る人がいると、周りは

「あの人、何やってるんだろう?」

「あんなに唇を触るなんて、何を考えているのだろう?」

と不審に思ってしまうこともあるでしょう。

 

考え事をしているときは、周りが「どうしたの?」と思うほど、かなりの頻度で唇を触っていることが多いようです。

 

このとき何を考えているのか?ですが、意外とどうでもいいことである場合が多いそう。

 

たとえば、目の前の書類を読みながら唇をしきりに触っている場合、

 

・今日の夕飯は何にしようか

・明日は晴れるのかな

・このあとは部長に電話をして、それから…

・午後はこういう流れで進めていこう

 

など、考えていることは人それぞれ。

 

とりあえず「仕事」に関連している考え事もあれば、まったく関係のないものまであります。

 

先ほど男性が自分の唇を触るのは性的な欲求不満の現れだといいましたが、考え事をしているケースでは、性的なことを考えていることは少ないようです。

 

もしも性的なことを考えているのだとしたら、ニヤニヤしたり、一点を見つめるなどするので分かりやすいのです。

 

 

④不安なことがある

男性が自分の唇を触る心理には、不安なことがある、というものがあります。

 

女性の場合は、緊張したり不安なことがあるときに「髪の毛を触る」人が多いのですが、男性は唇を触る人が多いです。

 

・受験(テスト)の前

・就活の面接の前

・大事なプレゼンの前

 

こんな緊張するシチュエーションのときに、無意識に唇を触ってしまうのだそう。

 

ブツブツと独り言を言っていたり、挙動不審で唇を何度も触るようなときには、緊張や不安なことがあると見ていいでしょう。

 

◇男性がボディタッチする心理・・触られた場所で分かる隠された心理!
男性からボディタッチにも隠された心理があることをご存知でしたか?好きと言っても様々な種類があるので見極めは難しいです。女性として好き・性的対象として好き・友達として好きの三種類の好きがあります。男性のボディタッチに関する事実を徹底解説します。

 

⑤嘘をついている

男性が自分の唇を触る心理には、嘘をついていることが挙げられます。

 

誰かに嘘をつくとき、脳みそは普段では考えられないほどフル回転していますよね。

 

嘘をついていることがバレないように、墓穴を掘らないようにと必死で話すことを考えているのでしょう。

 

頭の中のことは他人には見えないので、どれだけ頭をフル回転させていても、他の人には分かりません。

 

しかし、嘘をついているときの体というのは、あなたが思っている以上にノーマーク。

 

体は正直なんです。

 

唇を触るというのは、言わば「口封じ」の意味がありますからね。

 

また、嘘をつくときは「嘘がバレないだろうか」と不安で緊張することからも、男性はより唇を触りやすくなるのです。

 

たとえば、AさんとBさんという2人の女性がいたとします。

 

男性はAさんと付き合っているのですが、Aさんの友達であるBさんのことが気になっています。

 

あるとき、Aさんがふいに男性にBさんの話をしました。

 

このとき、男性からすると「Bさんに気があることがバレたらまずい」ですよね?

 

必死に、Bさんに対しては無関心を貫こうと嘘をつくわけです。

 

仮にBさんと浮気関係にあったとしても、です。

 

「Bさんのことは言ったらまずい」

「知らないふりをしないと」

 

このように思えば思うほど、無意識のうちに唇を触るようになると言われています。

 

もちろん他にも嘘を見抜く手段はありますが、男性は単純なので、口ではノーと言いながらも、全身がイエスと認めていることはよくある話です。

 

 

⑥甘えたい

男性が自分の唇を触る心理には、甘えたいという欲求が隠されていることがあります。

 

赤ちゃんが、おしゃぶりや指しゃぶりをするのと同じ原理です。

 

赤ちゃんは、おしゃぶりや指しゃぶりをすると落ち着いて泣き止みますよね?

 

赤ちゃんのように甘えたいという願望があるものの、大人だから、男だから甘えられないと思ってしまい、無意識に唇を触ってしまうのです。

 

このように甘えたいという気持ちから唇を触ってしまう人は、赤ちゃんのときに離乳が早かったり、子どもの頃にあまり両親に甘えられなかった人が多いそうです。

 

そのときの反動で、甘えを求めて唇を触ってしまうのでしょう。

 

 

男性が女性の唇を触る4つの心理

では続いて、男性が自分の唇ではなく、女性の唇を触るときの心理について見ていきます。

 

男性からのボディタッチは、ドキッとしたり下心を感じたりなど、ボディタッチをされる部位によって女性の感じ方も変わるもの。

 

「唇」というデリケートな部位に触ってくるのは、一体どういう心理なの?と女性も困惑してしまいますよね。

 

なかなか触りにくい部位でもある唇に触ってくる男性心理には、こんなものがあるようです。

 

①両思いだと思っている

男性が女性の唇を触る心理には、両思いだと思っているというものがあります。

 

唇というのは、先述したとおり普通ならば「触りにくい」部位。

 

そんな触りにくい部位である唇を触るのは、ある意味告白しているのと同じことなんです。

 

男性はその女性のことが好きで、その女性も自分に好意を持ってくれていることを、心のどこかで確信しています。

 

・何度かデートをした(2人で出掛けた)

・毎日LINEをしている

・話しているとき楽しそうにしている

 

このようなしぐさが女性側にあると、男性は「きっと彼女も俺のことが好きなんだ」と思い、ふいに唇を触ってしまうのです。

 

なかなか告白する勇気が持てないタイプなど、やや奥手な男性に多く見られるしぐさですよ!

 

もしも気になる男性や、いい感じの雰囲気の男性に唇を触られたときには、相手の気持ちを察してあげることも必要かもしれません。

 

「唇触るなんて、わたしのこと好きなの?」

と小悪魔っぽく言ってみてはいかがでしょうか。

 

男性も、そんなあなたの表情にやられて告白してくるかもしれませんよ。

 

 

②好きなことを伝えたい

男性が女性の唇を触る心理には、好きだということを伝えたいという気持ちがあります。

 

友達以上恋人未満のような関係を続けてきた男性が、「早く自分の気持ちに気づいて」という意味合いで女性の唇を触るようです。

 

男性としては、できる限りのアプローチをしてきたのに、女性が鈍感であるため気持ちが伝わらなくて困っているのです。

 

はっきり告白すればいいのに…と思うかもしれませんが、長年「友達以上恋人未満」の関係を続けてきてしまったために、「今さら告白は…」と、告白することはためらってしまっているのでしょう。

 

「いい加減気づけよ!」という男性の気持ちが、女性の唇を触るという行為に現れているのです。

 

 

③独占欲の現れ

男性が女性の唇を触る心理には、独占欲の現れであることもあります。

 

男性は狩猟本能を持っており、いいなと思った女性は「自分のものにしたい」という欲求を持っています。

 

そのため、女性の唇に触るのは「付き合いたい」気持ちや、「自分の女にしたい」という欲求の現れであることも。

 

唇というデリケートな部分を触られれば、どんな女性でもドキッとしますよね?

 

究極に鈍感な女性でなければ、唇を触ってきた男性のことを意識してしまうのも当たり前です。

 

男性は、唇を触ると本能的に女性が自分のことを意識することが分かっていますので、あえてやっているケースもあるんですよ。

 

純粋に「他の男に渡したくない」という独占欲であるため、まじめに付き合いたいと思っています。

 

 

④遊びたい

男性が女性の唇を触る心理には、遊びたいというものがあります。

 

まだ知り合って間もない間柄であったり、初対面であるのに唇を触ってくるとしたら、十中八九遊びたいからでしょう。

 

つまり、下心です。

 

唇はキスやセックスと直接関わる部位で、性的な欲求を表すという話をしました。

 

まさにそれがこのパターンで、目の前の女性とキスをしたい、一夜限りの関係を持ちたいと思っているのです。

 

遊びたいがゆえに女性の唇を触ってくる人は、自分に自信があり、女性経験も豊富。

 

見た目もカッコいいことが多いです。

 

ただセックスがしたいだけなので、残念ながら体の関係をきっかけに恋人になれる可能性はほとんどありません。

 

実は彼女がいたり、結婚しているなんてこともあり得るので、知り合ったばかり(初対面含む)の男性に唇を触られたとしたら、要注意ですよ!

 

その男性から見たら、あなたは軽い女で遊べそうと思われているのかもしれません。

 

 

まとめ

男性が自分の唇を触る心理と、女性の唇を触る心理について紹介しました。

 

男性が自分の唇を触る心理には、性的な欲求不満があるときもあれば、不安があるとき、嘘をついているときなど様々な心理があることが分かりました。

 

どの心理に当てはまるのかは、唇を触る以外の男性の動作や、それまでの流れ、男性の性格などを考慮して見極めていきましょう。

 

男性は単純で分かりやすいので、何を考えているのか?は意外と一目瞭然だったりするもの。

 

女性は洞察力に優れているので、見極めるのはそんなに難しくないかもしれませんね。

 

もし身近な男性が唇を触っていたら、どんな心理があるのかを見極めてみて、どう対応するのが良いか考えていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました