一回り年下の彼女がかわいすぎる!長く付き合う秘訣を伝授

カップル

ここ数年の間で、世の中には「年の差カップル」がものすごく増えたように感じます。

 

年の差カップルといっても色々なパターンがありますが、ここでは「年上彼氏×年下彼女」という王道の組み合わせにフォーカスを当ててみようと思います。

 

年上彼氏と年下彼女の組み合わせなんて昔からあるし、別に珍しいことではないのでは?なんて思った人もいるかもしれませんね。

 

確かに決して珍しい組み合わせではありませんが、「一回り年が離れている」としたらどうでしょう。

 

一回り年下の彼女と長く付き合っていくためには、男性の心構えとしてどんなことに気を付けていけばいいのでしょうか。

 

一回り年下の彼女と長続きさせる秘訣について、紹介していきます。

 

 

年下彼女はかわいすぎる!

男性は、いつの時代も若い女の子が大好き。

 

婚活パーティーなどでも、一番人気になる女の子は20代の若い女性です。

 

年下彼女の魅力は人それぞれだとは思いますが、「甘えてくる」「頼られる」ことが嬉しくて、そしてかわいくてたまらないという年上男性が多数!

 

やはり男性は、女性に甘えてほしい、頼られたいという願望を持っていますから、それが素直にできる年下彼女は魅力的なのです。

 

とはいえ、年齢が離れれば離れるほど「年の差」を強く感じるという男性も少なくありません。

 

いつしか年の差がコンプレックスになり、かわいい彼女と別れる…なんて悲しい結末を迎えないためにも、かわいい年下彼女とどう向き合っていくかが重要だと言えそうです。

 

 

 

年下彼女とのケンカの原因は年上彼氏にあり?

付き合い始めの頃はお互いに新鮮で、そして彼氏であるあなたは、年下彼女のことがかわいくて仕方がなかったことと思います。

 

今でも「彼女はかわいい」のでしょうが、最近ケンカが増えたなぁ…なんて感じることはありませんか?

 

この項目では、簡単に「年下彼女とのケンカの原因」に触れてみましょう。

 

そもそもケンカはなぜ起こる?

そもそもケンカは、なぜ起こるのでしょうか。

 

それはずばり、お互いに自分の意見を言い合っているからです。

 

これは価値観と価値観のぶつかり合いでもあるため、お互いが自分の意見ばかりを主張していたのでは、どうすることもできません。

 

ただし、考えてもみてください。

 

お互いに価値観を言い合える関係って、素晴らしいと思いませんか?

 

言いたいことが言える関係というのは、カップルが長続きするためには欠かせないことの1つ。

 

つまり、ケンカも悪いことばかりではないのです。

 

しかし、ケンカの原因やその後の対応次第では、そのケンカが別れるきっかけにもなり得るので気を付けなくてはなりません。

 

ケンカはひとりではできないので、相手が年下彼女であろうとなかろうと、「お互いに非がある」のです。

 

まずはそのことを頭にいれておいてください。

 

では本題に戻って、なぜ年下彼女とのケンカが絶えない…なんて事態になりうるのでしょうか。

 

それは、年上であるあなたが、彼女のことを「若いから」という間違った思い込みで見ているから。

 

「若いからできなくても仕方がない」

「若いからこんなことは知らないよね」

 

など、事あるごとに「若いから仕方がない」と思い込んでいませんか?

 

若いからというフィルターをかけて彼女のことを見ているため、ケンカになってしまうのです。

 

もちろん、一回りも年が離れていれば、会話の中にもズレが生じることもあるでしょう。

 

しかしそれは、必ずしも年齢のせいとは限りません。

 

ズレは、年齢よりもむしろ職場や周りの環境、属しているコミュニティの違いによって生じるもの。

 

何でもかんでも「年齢のせい」にするのはやめましょう。

 

 

年下彼女とケンカをしたらどうする?

年下彼女とケンカをしてしまったら、彼女のことを子供扱いするのではなく、きちんと「ひとりの女性」として対応することが大切です。

 

確かに年齢差があるので、自分が大人の対応で受け止めてあげよう、と思うかもしれません。

 

しかしそれは、感情をむき出しにして本音でぶつかってきている女性に対して、失礼だと思いませんか?

 

「うんうん、そうだね、きみの言いたいことは分かったよ」

となだめられても、あなたの本音が伝わることはないでしょう。

 

こういうときには、年上の者として感情はコントロールしつつ、彼女としっかりと向き合うことが重要です。

 

彼女の意見ばかりを受け入れるのではなく、自分の意見もきちんと伝えてくださいね。

 

そうすることで、年下彼女も「あなたに認めてもらえた」と感じることができるはずです。

 

 

一回り離れた年下彼女と長く付き合うための3つの秘訣

お待たせしました!

 

一回り年の離れた年下彼女と長く付き合うための3つの秘訣を、紹介していきます。

 

かわいくて仕方がない彼女とずっと一緒にいたい!と思っている男性、必見です。

 

①年齢を気にしない

一回り年の離れた年下彼女と長く付き合っていきたいのなら、年齢を気にしないようにしましょう。

 

年の差カップルでは、たいていが年上のほうが年齢を気にしがちになります。

 

この場合は、年上男性のほうですね。

 

彼女に何かを誘われたとき、「俺は○○みたく若くないから、そういうのはちょっと…」「若い子の話にはついていけないなぁー」なんて、言ってしまっていませんか?

 

確かに、年齢差が気になるのはわかります。

 

しかし、年齢を気にしてばかりいたのでは、果たして何のために付き合っているのでしょうか。

 

自分が年齢を気にしてばかりいると、その気持ちは彼女にも伝わってしまいます。

 

「若くないから」「若い人は…」という台詞は、長続きさせたいのなら禁句と覚えておきましょう。

 

年下彼氏と結婚したい人必見!4つの重要な秘訣とは?
年下彼氏と結婚するためには、女性は何をすればいいのでしょうか。プロポーズは男性からするもの、と思い込んでいて、ただ待っているのではいつまで経っても結婚することはできないかもしれません。まずはこの4つの方法を、意識してみましょう。

 

②分からないことはその場で突っ込む

一回り年の離れた年下彼女と長く付き合うための秘訣は、分からないことはその場で突っ込むということ。

 

先ほど年齢は関係ないといいましたが、一回りも離れていれば、自分たちの周りの環境の違いから、話にズレが出てくるのは当然です。

 

彼女の使う言葉遣いや、人気のファッションなどが分からないということもあるでしょう。

 

そんなとき、つい年上の見栄で「あー、あれね…」と知ったかぶりをしてしまう男性がいますが、それはNG。

 

分からないことは、その場で「え、○○って何?」と聞いてしまっていいのです。

 

分からないことを聞くことは、決して恥ずかしいことではありません。

 

むしろ、知ったかぶりをした結果、話が噛み合わなくなってしまったときの方が、お互いに気まずくなってしまいます。

 

15歳年下の彼氏とはうまくいく?付き合うときに気を付けたいことは?
年齢差がいくつあるのか?によって、気にするべきことなどは変わってくると思いますが、ここでは「15歳年下の彼氏」にフォーカスを当ててみたいと思います15歳年下の彼氏とうまくやっていくためには、やはり自分たちの気持ちが何よりも大切なこと。

 

③束縛をしない

一回り年の離れた年下彼女と長く付き合うための秘訣は、束縛をしないということ。

 

彼女のことがかわいすぎて、つい嫉妬をしてしまうことは、別に珍しいことではありません。

 

嫉妬しているうちはかわいいものですが、次第にその嫉妬心が、束縛に変わってしまうことも。

 

彼女の周りにいる他の男性の存在が気になったとしても、そこはあえて自由に行動させてあげましょう。

 

年下彼女が年上彼氏に求めているのは、「包容力」と「安心感」。

 

子供っぽい嫉妬で彼女を束縛せず、ここはあえて大人の対応を見せましょう。

 

とはいえ、2人のときには本音で「本当はちょっとヤキモチを焼いている」と暴露してしまってもOK。

 

あなたの本音を聞くことで、彼女も安心するのです。

 

束縛彼氏と上手に付き合っていく為の5つの対処法
最初のうちは「愛されているんだな」と思えていたとしても、束縛がひどくなるにつれて「信じてもらえてないのかな?」「もう疲れた…」と思ってしまうもの。ここでは、束縛彼氏と上手に付き合っていくための5つの対処法について紹介していきます。

 

まとめ

一回り年の離れた年下彼女と長く付き合うための秘訣について、お話ししました。

 

いかがでしたか?

 

若い女の子が好きとはいえ、やはり一回りも年下になると、「話が合わない」なんて思うこともあるでしょう。

 

しかし、話が合わないのは年齢のせいだけではありません。

 

ジェネレーションギャップは、あなたが歩み寄ることで簡単に解決することができる問題です。

 

お互いに好きで付き合っているのですから、そこは年齢差などなく「対等な関係」。

 

 

自信をもって、一回り年下の彼女と付き合っていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました