年下彼氏がほしい!年下男性に告白させる方法は?

年下彼氏

年下の彼氏がほしいと思っている人も増えています。

 

年下には年下ならではの魅力がありますし、年下と付き合ってみたい!という人もいるでしょう。

 

そんな年下男性ですが、いい雰囲気なのに告白してきてくれない…なんてことはありませんか?

 

年下男性がなかなか告白してくれなくてヤキモキしている・・・なんて女性も多いことと思います。

 

そこでここでは、年下男性に告白させて年下彼氏を作る方法について、紹介していきます。

 

年下彼氏がほしい人、告白してほしい人、必見です!

 

 

年下彼氏がほしいのに…年下男性が告白してこない2つの理由

いい感じの年下男性がいるのに、なぜか告白してきてくれない、なんてこと、ありますよね。

 

なぜ年下男性は告白してこないのでしょうか。

 

それには、2つの理由がありました。

 

①フラれたら嫌だから

年下男性が告白してこない理由は、フラれたら嫌だからというものがあります。

 

男性はプライドが高いとよく言われますが、それは年下であっても変わりません。

 

告白して成功するという確信が持てないと、フラれたときのことを考えて告白することができないのです。

 

「フラれたら恥ずかしい」という気持ちがあるので、確実にOKをもらえるという確信がない限り、告白してくることはないでしょう。

 

 

②現状に満足している

年下男性が告白してこない理由は、現状に満足しているというものが挙げられます。

 

告白をしてわざわざ恋人にならなくても、今のままでも十分だと思っているのです。

 

むしろ、友達のままのほうが楽でいいなんて考えている人も。

 

彼氏彼女の関係になると、なにかと面倒だと感じている男性は少なくないようです。

 

 

年下男性に告白させるには?

では、そんな年下男性に告白させるにはどうすればいいのでしょうか。

 

年下男性が告白してこない理由について述べましたが、簡単にいえば、その「理由」を払拭してあげればいいのです。

 

①脈ありサインを見せる

年下男性に告白させるには、脈ありサインを見せるようにしましょう。

 

「わたしもあなたのことが好き」

「告白されたらOKする」

ということを、態度や行動でアピールするのです。

 

男性が告白してこないのは、フラれてプライドが傷つくことを恐れているためなので、好きという気持ちを態度で示してあげましょう。

 

・さりげなく好意を伝える

・軽いボディタッチをする

・耳元で囁くように喋る

 

これらの行為は、すべて男性をドキッとさせることができるもの。

 

「○○くんみたいな人好きだなぁ」

「○○くんと付き合う人は楽しそうだよね」

 

なんて言ってみましょう。

 

「ん?それって俺のこと好きってこと?」

と、男性はあなたの好意に気づくはずです。

 

また、軽いボディタッチをするのも好意の伝え方としてはおすすめ。

 

男性は触れられると好かれていると感じるので、さりげなくボディタッチをしてみてください。

 

 

年下彼氏と結婚したい人必見!4つの重要な秘訣とは?
年下彼氏と結婚するためには、女性は何をすればいいのでしょうか。プロポーズは男性からするもの、と思い込んでいて、ただ待っているのではいつまで経っても結婚することはできないかもしれません。まずはこの4つの方法を、意識してみましょう。
年下彼氏との出会いはどこにあるの?あなたの身近にあるかも・・
視野を広げてみることで、いつもの場所にも出会いがあることに気づけるはずです。どう視野を広げても身近なところには年下彼氏との出会いがない!という人は、積極的に街コンやマッチングアプリを利用して出会いを探していきましょう。理想的な年下彼氏と出会って、素敵な恋愛ライフを楽しんでくださいね!

 

②付き合う必要性を感じさせる

年下男性に告白させるには、告白して付き合う必要性を感じさせればいいのです。

 

そのためにもっとも効果的なのは、元カレという言葉を出すこと。

 

他の人にとられるかもと彼に思わせることができれば、彼の独占欲を刺激することができますよね。

 

ただし、元カレとの思い出を語るなどやりすぎはNG。

 

あなたが元カレにまだ未練があると思われてしまうと、「告白してもフラれる」と思うため彼は絶対に告白してくることはありません。

 

ポイントとしては、年下男性との話の流れで「元カレ」というワードを出すだけ。

 

たとえば「今何してた?」と彼に聞かれたとき、「元カレと話してた」というだけでいいのです。

 

こちらから「今日は元カレと会ってたんだ」と言うのはNGで、あくまでも彼に聞かれたから言った、というスタンスにしましょう。

 

元カレという言葉を聞いて、あなたには自分以外の男の存在もあり得るんだということを彼に知ってもらうのです。

 

普段自分と仲良くしていることが多いと、男性は心のどこかで「あなたは自分のもの」という意識が芽生えるもの。

 

きちんと告白をして自分が「彼氏」にならないとヤバい!ということを、彼に自覚してもらいましょう。

 

 

年下男性に自分から告白するときの注意点

告白は、なにも男性からしなくてはいけないという決まりはありません。

 

あなたから年下男性に告白をしてもいいのです。

 

告白は男性からしてほしいと思っているあなたも、たまには自分から告白するのもいいかもしれませんよ!

 

ただし、年下男性に告白するときにはいくつかの注意点があることも忘れてはなりません。

 

その注意点とは、こちらです。

 

①事前に年上OKか聞いておく

年下男性に告白するときには、告白する前に必ず「年上は恋愛対象かどうか」を聞いておきましょう。

 

年上であるあなたと仲良くしていても、友達ならいいけれど彼女は年上はNGという男性も一定数います。

 

枯れが年上が恋愛対象外であるなら、告白してもうまくいく可能性はゼロですから、告白する前に潔く諦めましょう。

 

 

②曖昧な表現はしない

年下男性に告白するときは、曖昧な表現はしないようにします。

 

なぜなら、男は鈍感な人が多く、曖昧な表現をすると伝わらないことがあるからです。

 

告白をするときは感情をきちんと出し、真剣な表情で思いを伝えましょう。

 

年上だから感情的な告白をするのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、告白することに年齢なんて関係ありません。

 

気持ちを伝えることに恥ずかしいことなんてありませんから、告白すると決めたら思いきって伝えましょう。

 

年下男性は鈍感なので、はっきり、伝えてくださいね。

 

 

まとめ

年下彼氏がほしい人向けに、年下男性に告白させる方法について紹介しました。

 

いい感じな雰囲気になっているのに告白してもらえないと、「わたしには魅力がないのかな?」なんて思ってしまうこともあるでしょう。

 

年下男性が年上女性を恋愛対象として見ていないのならば、そういう可能性もありますが、大抵は告白する勇気がない、もしくは告白する必要性を感じないために告白をして来ないのです。

 

あなたからさりげなく好意を伝えて、年下男性に告白してもらいましょう!

 

どうしても彼から告白してくれないなぁなんてときには、こちらから告白することも検討してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました