年下彼氏とお金のトラブルが多発?トラブルを未然に防ぐには

年下彼氏

年下彼氏と付き合っていると、様々な問題にぶつかることがあります。

 

その問題の1つが、お金のトラブル。

 

お金のトラブルは人との信頼関係にも影響を及ぼすので、できることなら避けたいですよね。

 

しかしながら、年下彼氏と付き合っているとお金のトラブルは非常に多いのが現実なのです。

 

お金のトラブルといっても幅広いのですが、年下彼氏とはどんなことで揉めることが多いのでしょうか。

 

また、お金のトラブルに発展しないためのポイントについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

年下彼氏と付き合っているときに起こるお金の問題とは?

年下彼氏と付き合っているときに起こるお金の問題には、どんなものがあるのか見ていきます。

 

年下彼氏と付き合っている女性たちは、彼氏とのこんなお金の問題を抱えているようです。

 

 

年下彼氏とのお金の問題
①金銭感覚の違いがある

年下彼氏と付き合っているときのお金の問題には、金銭感覚の違いがあることが挙げられます。

 

これは年下彼氏に限ってのことではありませんが、年下彼氏がいると非常に多くなると言えるでしょう。

 

特に、彼氏の方が収入が少ないときに、このトラブルは起こりやすくなります。

 

たとえば、あなたはデートではちょっとオシャレなレストランに行きたいなと思ったとします。

 

ちょっとオシャレで、ちょっと値段もするレストランでたまにはリッチな食事がしたいなと思うこともあるでしょう。

 

しかし年下彼氏はお金がないこともあり、いつも安い居酒屋ばかり…。

 

彼氏はおいしいものにお金を使おうという意識がないので、「安く食べられればいい」と考えているわけです。

 

あなたは、お金は生活以外にもおいしいものを食べるために使いたいと考えているとしたら、ここで金銭感覚の違いが生まれてしまいますよね。

 

たまになら仕方ないなぁと思っても、毎回それでは嫌になってしまいます。

 

 

年下彼氏と結婚したい人必見!4つの重要な秘訣とは?
年下彼氏と結婚するためには、女性は何をすればいいのでしょうか。プロポーズは男性からするもの、と思い込んでいて、ただ待っているのではいつまで経っても結婚することはできないかもしれません。まずはこの4つの方法を、意識してみましょう。

 

年下彼氏とのお金の問題
②贅沢できない

年下彼氏と付き合っているときのお金の問題には、贅沢できないことが挙げられます。

 

こちらも、彼氏の方が収入が少ないときに良くあるトラブル。

 

あなたにとっては自分の収入内で行っているいわゆるプチ贅沢も、年下彼氏からしたら相当な贅沢に相当することもあるのです。

 

あなたにとっては「プチ贅沢」であり、自分でやりくりできる中でやっているだけであっても、元々の収入の差があれば確かに感じ方は変わってきますよね。

 

「新しい洋服やバッグを買ったの!」

「この間、三ツ星レストランに友達と行ったんだけど、本当においしかった!」

 

こんなふうに、あなたからしたら単なる報告のつもりだったとしても、彼氏は彼女であるあなたとの収入差をまじまじと感じ、自分がみじめになってしまいます。

 

あからさまに落ち込んだり不機嫌になる姿を見て、「わたしは自分でできる範囲の贅沢もできないんだな…」と感じてしまうのです。

 

 

年下彼氏とのお金の問題
③金銭的に頼られてしまう

年下彼氏と付き合っているときのお金の問題には、金銭的に頼られてしまうということがあります。

 

年下彼氏は精神的に彼女に頼ることは良くあるのですが、彼女が「年下だから」として甘やかしてしまっていませんか?

 

精神的に甘やかすだけならまだしも、お金の面でまで甘やかしてしまうと、彼氏はお金の面でも全面的にあなたを頼るようになってしまいます。

 

あなたが年下だから仕方がないと言って、デート代をおごってあげたり、多めに払ったりしていると彼氏は図にのってしまうかもしれません。

 

これはずばり、ヒモ彼氏の始まりの合図。

 

彼氏と平等な関係を築いていきたいのなら、お金の支払いはきちんとしていきましょう。

 

彼氏の収入が少ないのなら割り勘にするなど、方法は色々とあるはずです。

 

また、年下彼氏と同棲もしくは半同棲をしている場合、生活費のことで頼られてしまうことに不満を覚える人も。

 

一人暮らしをしたことがあるのならまだしも、学生や実家暮らししかしたことのない彼氏だと、光熱費などがどのくらいかかるか分からない人も少なくありません。

 

住む人がひとり増えれば、光熱費も増えるということをしっかりと彼氏に教えましょう。

 

そうして、彼氏が住み始めたことで増えた分の光熱費は、きちんと払ってもらうことをおすすめします。

 

お金の請求はしづらいですが、最初の頃にしておかないと更にしづらくなってしまいますよ。

 

⇒年下の彼氏と同棲するときの注意点!生活費はどうする?

 

年下彼氏とデート代を割り勘するメリット

年下彼氏とのお金の話と聞いて、まっさきに浮かんでくるのはデート代ではないでしょうか。

 

年下彼氏とのデート代はどうするのが正解なの?と迷ってしまう人もいるでしょう。

 

実は、彼氏が年下であってもデート代の支払いに関する意見は男女ともに同じで、どちらも「割り勘」が第一位(マイナビウーマンのアンケートより)。

 

男性も女性も、デート代は割り勘がいいと思っているのです。

 

確かに年下彼氏を持つ女性の多くは、「デート代を多めに払う」ことに抵抗を覚えています。

 

なぜなら、多めに払うことで彼氏のプライドを傷つけてしまうかもしれない、もしくはこのままヒモになってしまうかもしれないなどと不安があるからです。

 

このように悩むくらいなら、いっそのこと割り勘がいいと思うのも納得ですよね。

 

そんな割り勘には、自分が楽というだけではなく、このようなメリットもあるんですよ!

 

 

年下彼氏とはいつも割り勘?女性の本音や割り勘のメリットは?
デート代を割り勘している女性の意見としては、デートは2人でしているのだから平等に払うべきという意見が多く見られました。ここでは、年下彼氏と「デート代を割り勘している」という女性たちの本音や、デート代を割り勘するメリットについて見ていきたいと思います。

 

 

①平等な関係でいられる

年下彼氏とデート代を割り勘するメリットには、平等な関係でいられるというものがあります。

 

割り勘ならば、年下彼氏に負担もかけずに横並びの関係でいることができますよね。

 

お金のことはお互いに口に出して言いにくいことからも、片方ばかりがお金を負担してしまうと「言いたいことも言えない」関係にもなりかねません。

 

デート代をきちんと割り勘しているカップルほど、年齢差があっても平等な関係でいられるそうですよ。

 

また、お互いに依存しにくい関係を築けるので、いつまでも良い関係を続けることができるでしょう。

 

 

②お金のトラブルを避けられる

年下彼氏とデート代を割り勘するメリットには、お金のトラブルを避けられるというものもあります。

 

何度かお話ししたように、デート代をこちらが払うことばかりが続くと、彼氏はあなたのことを「お金のある女性」「お金に困っていない女性」と認識してしまいます。

 

そのため、お金のことで頼っていいんだと思ってしまうのです。

 

彼氏があなたのことをそう思ってしまうと、お金の貸し借りなどが発生し、お金のトラブルも起こりやすくなってしまうでしょう。

 

デート代を割り勘することは、事前にお金のトラブルを防ぐことにも繋がるのです。

 

 

デート代を割り勘するときの注意点

では最後に、年下彼氏とデート代を割り勘するときの注意点をいくつか紹介したいと思います。

 

割り勘に決めたのなら、こんなことには気を付けましょう。

 

①彼氏の経済状況を把握する

デート代を割り勘するときは、彼氏の経済状況を把握しておきましょう。

 

いくら割り勘といっても、2万円するレストランではひとりあたりの支払い額は1万円。

 

あまり収入のない彼氏にとって、1万円の支払いはきついかもしれません。

 

リッチなレストランに行ったことで、今月は残りの期間を苦しい思いで過ごさなくてはならなくなったり、お金がないからとデートができなくなってしまうなんてこともあるでしょう。

 

彼氏に無理のない範囲でデートができるよう、彼氏の経済状況を把握しておくことをおすすめします。

 

 

②割り勘のツケは認めない

デート代を割り勘すると決めたら、割り勘のツケは認めてはいけません。

 

「ごめん、次は俺が全部払うから!」

なんて言われることもあるでしょうが、これを認めてしまうのはトラブルの元。

 

次も同じお店に行くとは限りませんし、負担額が同じになるとは限りません。

 

もしも手持ちがないなんてときには、家に帰ってからでもいいので、きちっと払ってもらいましょう。

 

 

まとめ

年下彼氏とのお金のトラブルや、トラブルを防ぐ方法について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

お金のトラブルは、いくら彼氏であってもするべきではありません。

 

お金のトラブルを皮切りに、関係が崩れてしまうことも十分に考えられるからです。

 

お金のことは言いにくいことからも、ここは年上であるあなたがきちっとしておきましょう。

 

もしもデート代の支払いなどに関する考えが彼氏と合わないときには、トラブルになる前にじっくりと話し合うべきです。

 

お金の切れ目は縁の切れ目とも言われるぐらいです。

 

年下彼氏と良好な関係を続けるためにも、お金のことはきちっとしておきたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました