年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間5選or対策!

年下彼氏

年下の彼氏がいると、今まで感じたことのなかったトイメキや刺激を感じることができます。

 

年下彼氏の影響で、自分も若くいられるなどメリットも大きいですよね。

 

しかしながら、年下彼氏と付き合うことはメリットばかりではありません。

 

ときには、年下彼氏がいることを「めんどくさい」と感じることもあるでしょう。

 

では一体、どんなときに年下彼氏のことをめんどくさいと感じるのでしょうか。

 

ここでは、年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間と、その対策について紹介したいと思います。

 

 

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間5選

年下彼氏のいる女性たちは、どんな時に年下彼氏のことを「めんどくさい」と感じるのでしょうか。

 

まずは年下彼氏をめんどくさいと感じる5つの瞬間から、見ていきましょう。

 

①甘えてくる、頼ってくるとき

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間には、甘えてくる、頼ってくるときというのが挙げられます。

 

甘えてくる、頼ってくるというのは、年下彼氏の魅力的な部分でもありますよね。

 

最初のうちは、そんなところも「かわいいなぁ」と感じていたことでしょう。

 

しかしながら、年下彼氏が甘え「すぎる」頼り「すぎる」ことが続くと、さすがにウンザリしてきてしまいますよね。

 

最初はかわいいと感じていた彼のワガママも、めんどくさいと感じてしまうのです。

 

年下だから仕方がないなんて思っていて、常に年下彼氏のワガママに付き合っていると、彼氏はどんどんあなたに甘えてきてしまうことでしょう。

 

 

②リードしてくれない

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間には、リードしてくれないことがあります。

 

女性はいつだって、彼氏にはリードしてほしいと思っているもの。

 

彼氏が年下であっても、その気持ちは変わりません。

 

普段はわたしに甘えっぱなしでもいいけれど、たまにはリードしてほしいなぁ…というのが、女性の本音でしょう。

 

しかしながら、リードしてくれない年下彼氏であると、デートプランから何からすべてこちらが仕切らなくてはなりません。

 

デートでどこに行くとか、旅行先や泊まるホテルの手配はもちろん、今日の食事のお店選びまですべて自分でやらなくてはならないとしたら、それはちょっと疲れてしまいますよね。

 

いつも1から10まで決めなくてはならず、1つも決めてくれない年下彼氏をめんどくさいと感じるのは、当然の感情でしょう。

 

「なんでもいいよ」

が年下彼氏の口癖になっていませんか?

 

たまになら自分で行きたいところを提案するのもいいですが、毎回だとさすがにめんどくさいと感じてしまいます。

 

⇒年下彼氏と結婚したい人必見!4つの重要な秘訣とは?

 

年下彼氏の魅力とは?年下ならではの5つの魅力
年下彼氏には、年下彼氏ならではの魅力がたくさんあるのです。こんなにたくさんの魅力があるからこそ、「年下彼氏がほしい」「年下彼氏と付き合いたい」と思う女性が後を立たないのでしょうね。魅力たっぷりの年下彼氏は、きっとあなたにも良い刺激を与えてくれることと思います。

 

③会話中の説明が多い

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間には、会話中の説明が多いことが挙げられます。

 

年下彼氏と付き合っているのですから、ジェネレーションギャップを感じるのは仕方がないことです。

 

しかしながら、常識的なことまで知らなかったり、知らないことをなんでも聞いてくることが続くとめんどくさいですよね。

 

いちいち「○○っていうのは…」と説明していたのでは、その都度会話が途切れてしまいます。

 

そのうち、「結局何を話そうとしていたんだっけ?」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

もちろん彼氏は自分よりも年下なわけですから、自分よりも知らないことがあっても不思議ではありません。

 

ではなぜめんどくさいと感じてしまうのか?というと、年下彼氏が「知らないことは聞けばいいや」と思っていて、自分で調べようとしないから。

 

少しでも自分で調べようという態度が見えればまだしも、1から10まですべて聞けばいいと思うのはめんどくさいと思う要因でしょうね。

 

 

④束縛が激しい

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間には、束縛が激しいことが挙げられます。

 

束縛をする男性は、年下彼氏に圧倒的に多いもの。

 

年下彼氏の特徴の1つに「甘えん坊」なところがありますが、これは言い換えればあなたが常に面倒をみないといけない、ということでもあります。

 

甘えん坊な年下彼氏は、あなたが少しでも放っておくと寂しくて仕方がなくなり、一気にかまってオーラを出してくることでしょう。

 

自分に余裕のあるときなら、年下彼氏のかまってオーラにも対応することができるでしょうが、いつもいつも余裕があるとは限りません。

 

仕事で疲れている時やうまくいかなかったときには、むしろ彼氏に「癒してほしい」と思いますよね。

 

それが癒されるどころか自分が彼氏をかまわなくてはいけないとなると、めんどくささはマックスに達することでしょう。

 

自分の自由な時間がなくなることからも、めんどくさいと感じてしまうようです。

 

 

⑤お金のことで気を遣う

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間には、お金のことで気を遣うことも挙げられます。

 

特に、デートのときの支払いをどうするか?で気を遣うという女性が多いようですね。

 

あなたが「わたしが払うよ」と言ったとき、彼氏が何も気にせずに同意すると、これから先もデート代はすべてあなたが払うことになりかねません。

 

しかし、あなたが払うといったことで男のプライドを傷つけられたと感じ、拗ねてしまう彼氏もいるのです。

 

こればかりは、彼氏がどちらのタイプなのかによりますが、どちらになってもあなたにメリットはほとんどないですよね。

 

お金のことで揉める、お金のことで気を遣うことが続くと、女性はめんどくさいと感じてしまいます。

 

 

年下彼氏をめんどくさく思わないための対策・方法とは?

年下彼氏をめんどくさく感じる瞬間についてお話ししましたが、どうせなら「めんどくさいなんて思いたくない」ですよね?

 

年下彼氏のことをめんどくさく思わないための対策や方法は、こちらです。

 

年下彼氏をめんどくさく思わないための方法
①自分も頼ってみる

年下彼氏をめんどくさく思わないためには、自分も頼ってみることがおすすめ。

 

普段どんなに甘えん坊で頼りなく感じる彼氏でも、男性は男性です。

 

年下彼氏も心のどこかでは、「彼女に頼られたい」と思っているはず。

 

今さら頼ってほしいとは言い出せないのかもしれません。

 

まずは自分から、彼氏のことを頼ってみましょう。

 

あなたからも甘えることで、年下彼氏の「男」としての本能を刺激することができるかもしれませんよ。

 

 

年下彼氏をめんどくさく思わないための方法
②たまには決めてと言う

年下彼氏をめんどくさく思わないためには、たまには○○(彼氏)が決めてと言いましょう。

 

「明日は○○が行きたいところに行こう」

「次のごはんは、○○が食べたいものにしようね」

と言い、あなたは一切プランを考えないようにします。

 

もしもこれで年下彼氏が何も考えてこなかったら、「じゃあ今日のデートはナシだね。残念」と見るからに落ち込んで見せ、本当に帰ってしまいましょう。

 

彼氏に甘えがあると、何だかんだ言ってもあなたがプランを考えているはず、と思っています。

 

そういう甘えを払拭させるためにも、決めてと言ったらこちらは一切考えていくのはやめましょう。

 

彼氏がきちんとプランを考えてきてくれたときには、それがどんなプランであったとしても、否定してはいけません。

 

ここで否定してしまうと、彼氏はもう二度とデートプランを考えてくれなくなりますよ。

 

 

年下彼氏をめんどくさく思わないための方法
③年下と思わず平等な関係でいる〉

年下彼氏をめんどくさく思わないためには、彼氏を年下だと思わず平等な関係でいることを意識しましょう。

 

年下だから、とあなたが思っているから、彼氏もあなたに甘え放題になってしまうのです。

 

彼氏とは平等な関係でいられるよう、年齢差を気にしないで付き合えるようにしましょう。

 

デート代は割り勘にするなど、お金の気遣いから改善していくといいですよ。

 

また、外では彼氏を立ててあげるなど、あなたが彼氏を年下扱いしないことも大切です。

 

 

まとめ

年下彼氏をめんどくさいと感じる瞬間と、その対策について紹介しました。

 

年下彼氏と付き合っていると、めんどくさいと感じることはあります。

 

しかし、年下でなくても「めんどくさいなぁ」と感じることはありますよね。

 

あなたが彼氏を「年下だから」と感じていることで、めんどくささを引き出している可能性もゼロではありません。

 

一度めんどくさいと感じてしまうと、関係を修復していくのは難しいもの。

 

できるだけめんどくさいと感じる前に、自分のできる対策から始めてみてください。

 

せっかく知り合えた年下彼氏との関係を、大事にしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました