甘えん坊の年下彼氏との付き合い方!上手な接し方とは?

年下彼氏

近年、年下の彼氏が欲しいと思っている女性が増えています。

 

年下彼氏のどこにそんなに魅力を感じるの?と聞くと、大抵の人が「甘えん坊でかわいいところ」と答えるのではないでしょうか。

 

確かに、年下彼氏は甘えん坊でかわいいところがあります。

 

しかしながら、甘えん坊でかわいいなぁと言っているだけでは年下彼氏との恋愛は成立しません。

 

ここでは、そんな甘えん坊な年下彼氏との付き合い方や、年下彼氏の上手な接し方について紹介したいと思います。

 

甘えん坊な年下彼氏がほしいと思っている方、必見です!

 

甘えん坊な年下彼氏との付き合い方は?

甘えん坊な年下彼氏との付き合い方について、紹介します。

 

甘えん坊な年下彼氏は確かにかわいいと感じるものですが、それだけではうまく付き合っていくことはできません。

 

甘えん坊な年下彼氏となんだかうまくいかないんだよね…という人は特に、年下彼氏との付き合い方を見直してみましょう。

 

①年下扱いしない

甘えん坊な年下彼氏との付き合い方は、年下扱いしないこと。

 

年下彼氏の魅力は「年下」であることなのですが、あまりにも年下扱いすると彼氏が拗ねてしまいます。

 

2人きりのときには甘えん坊の彼氏も、外では「男」として見られたいもの。

 

デートのときなどは年下扱いせず、彼氏を一人の男性として立ててあげましょう。

 

 

②年相応のファッションをする

甘えん坊な年下彼氏と付き合うときには、年相応のファッションをすることを心がけます。

 

彼氏が年下だと、彼氏に合うようにと若い格好をしてしまいがちですが、年下彼氏が好きなのは「あなた」という落ち着いた女性なのです。

 

若作りせず、あまり彼氏との歳の差を気にせずに自然体でいましょう。

 

若作りをすると、あなたの魅力が失われてしまいます。

 

 

③世話を焼きすぎない

甘えん坊な年下彼氏との付き合い方は、世話を焼きすぎないことが大切です。

 

甘えん坊な年下彼氏が可愛くて、つい世話を焼きすぎてしまっていませんか?

 

「ごはんできたよー」

「食べ終わった?」

「着替え出しておくね」

「忘れ物ない?」

 

甘えん坊な年下彼氏はかわいいので、一緒に生活しているなら特に世話を焼きたくなってしまいますよね。

 

その気持ち、よく分かります。

 

しかし、あまりにも世話を焼きすぎてしまうと、あなたは彼女ではなく「お母さん」になってしまうかもしれません。

 

甘えん坊なところは母性本能をくすぐられるポイントですが、世話を焼きすぎないようにしたいですね。

 

⇒年下彼氏と結婚したい人必見!4つの重要な秘訣とは?

 

 

甘えん坊な年下彼氏との上手な接し方は?

甘えん坊な年下彼氏はかわいいけれど、どうやって甘えさせてあげたらいいのかな?どう接していけばいいんだろう?と思う人もいるでしょう。

 

甘えん坊な年下彼氏との上手な付き合い方、上手な甘えさせ方はこちらです!

 

①くっつく

甘えん坊な年下彼氏は、彼女であるあなたと常にくっついていたいと思っています。

 

かまってほしい、くっついていたいという欲求がとても強いのが甘えん坊な年下彼氏。

 

あなたからもくっつくのはもちろん、彼氏がくっついてきたときも邪険にしないであげてください。

 

ベタベタくっついてきて面倒くさいなぁと感じたとしても、「忙しいから待って」なんて言わないであげてくださいね?

 

料理などで手を放せないときには、くっつけないとしてもきちんと話を聞いてあげるなど、邪険にするのはやめましょう。

 

また、デートのときには手を繋ぐなど、くっつくことを意識してみてくださいね。

 

年下彼氏のかわいい所。かわいいと感じる瞬間5選
最近では特に、芸能人の間でも「彼女が年上」というカップルは増えているように感じます。さて、そんな年下彼氏の魅力には様々なものがありますが、その1つが年下ならではの「かわいさ」ではないでしょうか。年下男性をかわいいと感じる瞬間について、紹介していきます。

 

②褒めてあげる

甘えん坊な年下彼氏は、たくさん褒めてあげましょう。

 

うさんくさい褒め方はダメですが、年下彼氏の場合は少々大胆かな?という褒め方でOK。

 

「そんなことできるの?すごい!」

「それは○○くんだからできるんだね!」

甘えん坊な年下彼氏は、彼女に褒められるとニコニコ嬉しくなってしまうもの。

 

たくさん褒めてあげてください。

 

③時には甘えてあげる

甘えん坊な年下彼氏がいると、「私は甘えられないのかな」なんて思うこともありますよね。

 

確かに普段は、年下彼氏が甘えてくるので年上であるあなたはなかなか甘えられないかもしれません。

 

しかし、甘えん坊であっても年下であっても、彼氏は一人の男性。

 

男性はいつでも「女性(彼女)に頼られたい」という気持ちを持っています。

 

それは彼女であるあなたが年上であっても変わりません。

 

そのため、時々はあなたも甘えてみましょう!

 

「○○やってもらってもいい?」

「○○お願いしてもいいかな?」

 

こんなふうにかわいく甘えられたら、「よっしゃー!まかしとけ!」となるのは間違いないでしょう。

 

男性としての本能をくすぐられますし、彼女に頼ってもらえたことが嬉しくてたまらないのです。

 

年上彼氏は自分も甘えたいし、彼女にも甘えて欲しいと思っているので、甘えさせるばかりではなく時には甘えてあげることも大切ですよ!

 

年上だから甘えられないなんてことはありません。

 

④愛情表現をする

甘えん坊な年下彼氏は、あなたに頻繁に「大好きだよ!」なんて愛情表現をしていることと思います。

 

では、あなたはどうですか?

 

あなたも彼氏に、「好きだよ」と言葉にして伝えていますか?

 

甘えん坊な年下彼氏は、ストレートに愛情表現をするところが特徴の1つ。

 

年齢を重ねると、ストレートな愛情表現をするのをためらってしまうこともありますが、ぜひ言葉にして愛情表現をしていきましょう。

 

彼氏が「大好きだよ!」と言ってきたら、「私も好きだよ」と返してあげるだけでいいのです。

 

それだけでも、年下彼氏は喜んでくれるはずですよ。

 

甘えん坊な年下彼氏のエピソード!

ではここで、ネットにあった「年下彼氏の甘えん坊なエピソード」をいくつか紹介したいと思います。

 

年下彼氏がいる人は、「あー、わかる!」となること間違いなしでしょう。

 

〈エピソード①〉

3つ下の彼氏は、とにかく甘えん坊。家でくつろいでいる時は、常に私の隣にぴったりくっついています。私が飲み物を取りに立つと、「どこ行くの?」って甘えた目で見てくるのが、かわいくて仕方がない!

 

〈エピソード②〉

デートのときや外に食事に行っているときには、年下とは思えないくらい頼りになる彼氏。そんな彼氏も、2人きりのときには私の肩に頭を乗せてきたり、膝枕をねだったりしてくる。2人きりのときに甘えてくるのは、やっぱり年下彼氏の特権ですよね。

 

普段はしっかりしているのに、2人きりのときに甘えてくる姿にキュンとする!という意見がたくさんありました。

 

 

まとめ

甘えん坊の年下彼氏との付き合い方や、甘えん坊な年下彼氏の上手な接し方について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

年下彼氏の甘えん坊なエピソードも紹介しましたが、あなたの「わかる!」は含まれていたでしょうか。

 

甘えん坊の年下彼氏はとてもかわいいのですが、年下扱いばかりしないように気をつけてくださいね。

上手に接していけば、とても良い関係が築いていけることでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました