【男女別】異性がキュンとする仕草とは?気になる彼(彼女)のハートを射止める方法を伝授

片思い

好きな人や気になる人がいるみなさん、恋愛はうまくいっていますか?

 

うまくいっているという人もいれば、残念ながら「最近あんまりうまくいってないんだよな」「進展しなくてヤキモキしている」なんて人もいるでしょう。

 

内気でなかなか思い切ったアプローチができないという人にとって、おすすめのアプローチ方法が「キュンとする仕草」

 

日常の動作にさりげない仕草を取り入れることで、気になるあの人のハートを射止められるかもしれません。

 

好きな人をキュンとさせて、好きな人を自分の方に振り向かせちゃいましょう!

 

ここでは、男女別に異性をキュンとさせる仕草を紹介していきます。

 

シチュエーション別に、キュンとさせる仕草の取り入れ方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

♂男性がキュンとする 女性の仕草8選

まずは、男性がキュンとする女性の仕草から紹介します。

 

女性の皆さん、男性は女性のこんな仕草にキュンとしているみたいですよ!

①ニコッと笑う

1つ目は、ニコッと笑うこと。

 

「え、笑うことがキュンとさせる仕草なの?」と不思議に感じた人もいるでしょう。実は、笑顔ほど男性をキュンとさせるものはありません。

 

ただし、ただ笑えばいいというわけではないので間違えないようにしてくださいね。

 

オススメは、目が合ったときにニコッと微笑むこと。

 

好きな人のことは、つい見つめてしまいますよね?

 

じーっと見つめていると、彼も視線を感じてあなたのことを見ることがあるでしょう。そんなとき、目が合って恥ずかしいからとすぐに目を反らしてしまうのはNG。

 

男性は単純なので、目を反らされると「嫌われているのかな?」と勘違いしてしまうこともあるのです。

 

目が合ったら、ニコッと微笑んでみてください。

 

何かをしてもらったときに「ありがとう」とニコッと笑うだけでも、男性のハートはあなたの方に向くことでしょう。

 

ただ笑えばいいというわけではなく、ニコッと笑うことがポイント。

 

オバサンのような、恥じらいのない笑い方はしないように気を付けてください。

 

「ギャハハ」と大口を開けて笑う姿は、引いてしまう男性も多く、キュンとする仕草とは真逆になってしまいます。

 

②じっと見つめる

2つ目は、じっと見つめること。

 

男性は単純なので、見つめられている=自分に好意があると思いますし、ただ見つめられているだけでもキュンとするのです。

 

女の子の視線を感じるとドキドキする、という男性は多いんですよ。

 

最近は、話をするときにもスマホをいじりながらなど、「目を見て話をする」ことが少なくなってきていると言われています。

 

そのため、じっと見つめる(見つめられる)ことに慣れていない人が多いのでしょう。気になる男性と話をするときには、ぜひ目を見つめてみてください。

 

ここでのポイントは、「話をするときに見つめる」ということ。

 

たとえば仕事中などにじーっと見つめられていたら、気になって仕事に集中できなくなってしまいますよね?

 

見つめられている彼の方にも支障が出ますし、彼のことを見つめてばかりいるあなたの仕事もはかどりません。

 

仕事の効率が悪くなると「うざい」と思われてしまいますから、仕事中にじーっと見つめるのはやめましょう。

 

仕事中に見つめるのなら、相手に迷惑がかからず、自分の仕事にも影響が出ない範囲で「チラ見」くらいにしておくといいかもしれませんね。

 

見つめるシチュエーションとしてのおすすめは、帰り際や雑談をするとき。

 

特に帰り際に「お疲れ様です!お帰りですか?」と目を見ながら話しかけるのはgood。

 

必要以上に見つめると、男性はドキドキしてあなたにキュンとするはずです。

 

ただし、見つめすぎると彼は「何?」と不信に思ってしまうので、やりすぎは厳禁です。

 

③髪の毛を耳にかける、髪をほどく

実は、髪の毛にまつわる仕草は男性をキュンとさせるものが多いと言われています。

 

一昔前では「髪の毛をかきあげる仕草」がセクシーでキュンとさせると言われていましたが、今は髪の毛を耳にかけたり、束ねる、ほどくという仕草が人気です。

 

さりげない仕草ですので、無意識のうちにやっているという女性も多いのではないでしょうか。

 

「髪の毛を耳にかけたりほどくだけで、キュンとするの?」と、女性からすると不思議に思えるかもしれません。男性目線で言うなら、どうやら「普段見えないところが見えるのがドキッとする」のだそう。

 

髪の毛を耳にかければ普段は見えない耳が見えますし、束ねればうなじが見えます。

 

仕事中に髪の毛を束ねている人が、休憩タイムや仕事が終わったあとに髪の毛をほどく仕草は、「オンとオフの切り替え」が見えるため、好きという男性が多いです。

 

仕事中に髪の毛を束ねたりほどいたりするのもいいですが、おすすめは食事中。

 

気になる彼と食事に行ったとき、お店の中で食事が運ばれてきたら髪の毛を束ね、食べ終わったらほどくのです。

 

これは、「一緒に食事をした者だけが見られるもの」という特別感を男性に与えることができますし、髪の毛を気にして食事が進まない人より、おいしそうに頬張る人に魅力を感じるのは言うまでもありません。

 

束ねる、ほどくという仕草はある程度髪の毛の長さがないとできないので、ショートヘアの人は「耳にかける」を実践してみてくださいね。

 

 

④彼の服の裾をつかむ

モテ仕草の定番でも知られる、「彼の服の裾をつかむ」という仕草。

 

彼の後ろを歩くときや後ろから声をかけるときなど、さりげなくキュンとさせられるおすすめの仕草でもあります。まるで少女マンガのような行為ですが、意外とこういう仕草が好きという男性は多いもの。

 

自分よりも小さいあなたのことを、「かわいい」「放っておけない」と思わせることができるでしょう。

 

ただし、この仕草は2人きりのとき、もしくはプライベートのときなどに限定して行うことがオススメ。

 

また、話しかけるときに毎回取り入れるのはやめましょう。

 

話しかけるときに毎回服の裾をつかんでいると、そのうち「誰にでもやっているのかな」と思われてしまいます。

 

キュンとする仕草というのは、たまにやるから効果があるのであって、頻繁にやっているとそれが当たり前になってしまうもの。

 

さらにこの「服の裾をつかむ」仕草は、女性から見ると「あざとい」「わざとらしい」「ぶりっ子」などと言われてしまうこともあるため、あまり同性が見ているところで取り入れることはオススメできません。

 

時と場合、そしてタイミングをしっかりと見極めて取り入れてみてください。

 

・あざとい女はなぜモテる?あざとい女の8つの特徴とモテテクを学ぶ!

 

⑤真剣な横顔

5つ目は、真剣な横顔。

 

男性は、女性の笑顔などかわいらしい表情が大好きですが、時おり見せる真剣な眼差しほどキュンとするものはありません。

 

普段はふざけているのに、仕事になると表情がガラリと変わる人っていますよね。自分ではあまり意図していない仕草ではありますが、意外と男性は見ているんですよ。

 

特に仕事中には見せないような真剣な表情は、男性のハートをわしづかみにすることでしょう。仕事、趣味、遊び、なんでもいいので、何かに取り組むときには真剣に行ってみるといいですね。

 

集中しているときは他人の視線など気にならない(気がつかない)ので、あなたの真剣な横顔も彼に見られているかもしれませんよ!

 

真剣に頑張っている姿は、誰が見てもかっこいいものです。

 

⑥さりげない気遣いの言葉

男性がキュンとする女性の仕草、6つ目はさりげない気遣いの言葉。

 

「大丈夫?」「体調崩さないように気を付けてね」といった、何気ない一言にキュンとする男性は多いのです。

 

「俺のこと、見てくれているんだ」「気にかけてくれてるんだ」と思い、あなたのさりげない優しさにグッと来ることでしょう。残業が続いているときには、コーヒーや栄養ドリンク、軽食などの差し入れとともに声をかけるのもいいですね。

 

この仕草を取り入れるときのポイントは、男性の状況を理解するということ。

 

男性はプライドが高い生き物なので、仕事で上司に叱られたとき、ミスをしたときなど、直後にフォローの言葉をかけるのはやめましょう。

 

特に「あんなふうに言わなくてもいいよね」「誰にだってミスはあるから、気にしないで頑張ろう!」こんなふうに言うのは絶対にNG。

 

男性はあなたにキュンとするどころか、余計にプライドを傷つけられたと感じてしまうかもしれません。

 

声をかけるなら、ある程度の時間が経って、彼の気持ちが落ち着いてきた頃を狙いましょう。

 

わざわざミスを思い出させるような言い方ではなく、「お疲れ様!」と一言、差し入れとともに声をかけるだけでOK。

 

また、体調が悪そうだなと思ったときにも、さりげなく声をかけてあげましょう。

 

⑦両手で頬杖をつく

ちょっと疲れたなと感じるとき、頬杖をつくことがありますよね。考え事をするときに、頬杖をつくという人もいるでしょう。

 

そんな普段何気なく行っている頬杖ですが、片手ではなく両手でやると、男性は「かわいいな」と感じるもの。片手で頬杖をついていると、実際はどうあれ、気だるそうなイメージを与えてしまいます。

やる気がなさそう、つまらなそうといったマイナスのイメージは、できるだけ好きな人には与えたくないですよね?

 

片手での頬杖は、マイナスのイメージを与えるので気を付けましょう。ただし、両手での頬杖もやりすぎはNG。

 

特に仕事中の場合、「かわいい」どころか「いつもサボっている」と思われてしまうことも。やはりこちらの仕草も、頻繁にやると男性をキュンとさせることはできなくなってしまいます。

 

また、直接的なアプローチではないため、いつ誰に見られているかも分かりません。いつ誰に見られていても問題ないように、普段から片手で頬杖をつく癖のある人は、癖を改めていくといいかもしれませんね。

 

 

⑧恥ずかしそうなスキンシップ

2人きりのときの、恥ずかしそうなスキンシップは男性をキュンとさせます。隣に座っているとき、さりげなく彼の肩にもたれかかるスキンシップはおすすめです。

 

彼の太ももに手を乗せるなどの大胆なスキンシップは、「いやらしい」「遊んでそう」などと思われてしまうこともあるため、あまりおすすめできません。

 

恥ずかしそうにくっついてくる、という姿に男性はキュンとしますので、大胆さは求められていないのです。

 

肩にもたれかかっても、数秒で頭を離して「ごめんね、寄りかかっちゃった」と慌てて謝る仕草もgood。こういう謙虚なところも男性はキュンとしますから、ぜひ取り入れていきましょう。

 

また、「手、繋いでもいい?」と恥ずかしそうに聞く姿も男性をキュンとさせるのでおすすめです。

もしも男性が恥ずかしがって(照れて)断ったら、「そっか」とうつむき、ちょっと悲しそうな表情を見せましょう。

 

こういうところにキュンとする男性も多いですから、スキンシップを断られたとしてもがっかりせず、断られたことも逆手にとってアピールしていけるといいですね。

 

 

男性をキュンとさせる?勘違い行為

さて、それではここで、女性のみなさんに気を付けてほしい「勘違い行為」を紹介したいと思います。

 

勘違い行為とは、女性は「男性をキュンとさせる」と思い込んでいる行為のことで、実際には男性をキュンとさせるどころか、男性に引かれてしまう行為のこと。

良かれと思った行為が、男性を遠ざけてしまっているかもしれません。

 

①上目遣い

え、上目遣いってキュンとさせる仕草じゃないの?と思った人もいるかもしれませんね。確かに上目遣いは、一昔前まではキュンとさせる仕草として知られていました。しかし最近では、「わざとらしい」として不評なんだとか。

 

下から覗き込むくらいならいいですが、じーっと上目遣いで見つめられるのは苦手な男性が多いのです。

 

「なんか怖い」「下心がミエミエ」なんて、あざといなー、バレバレだなーと思われてしまうようです。

 

男性は、意外とわざとらしい仕草よりもさりげない仕草にキュンとするもの。

 

上目遣いはほどほどにしましょうね。

 

あざとい女はなぜモテる?あざとい女の8つの特徴とモテテクを学ぶ!
あざとい女はモテることが何よりも大切だと思っているので、モテるためなら何だってします。ただし、やりすぎると逆効果になることも知っていますので、あくまでも「適度に」やることがポイント。あざとい女は男性にモテます!貴方もあざとい女を参考にしてみては!?

 

②髪の毛をかきあげる

こちらも、一昔前のキュンとさせる仕草でしたね。セクシーな仕草として知られていますが、正直今では時代遅れ。

 

バブリー時代なら良かったのでしょうが、今時髪の毛をかきあげるなんて見たことがありません。

 

あからさまな仕草は男性をキュンとさせることはなく、幻滅させるだけです。

 

③語尾を伸ばした話し方

先ほどキュンとさせる仕草の1つに、「さりげない気遣い」があると言いました。このとき「大丈夫?」「気を付けてくださいね」などと声をかけるわけですが、話し方には気を付けましょう。

 

せっかくキュンとさせることをしているのに、「大丈夫ぅ~?」「気を付けてくださいねぇ~」と語尾を伸ばしてしまうことで、一気にあざとさ全開に!

 

男性はあざとい女の行動や仕草に鈍感だと言われていますが、明らかなものは引かれてしまいます。

 

キュンとさせる仕草は、狙ったものよりもさりげないもの、無防備なものが良いということを覚えておきましょう!

 

 

♀女性がキュンとする男性の仕草8選

では続いて、異性がキュンとする男性の仕草を紹介します。

 

男性の皆さん、女性は男性のこんなところにキュンとしているようですよ!

 

①メガネを外す

1つ目は、メガネを外す仕草。女性は、男性の「オンとオフの切り替え」の瞬間にキュンとする人が多いです。

 

メガネを外すという仕草は、キスをするなど親しい関係になったときのことをイメージできる仕草であり、セクシーだなと思うもの。ふとメガネを外した瞬間に目が合うと、これ以上ない!というくらい女性はキュンキュンしてしまうのです。

 

仕事モードからプライベートモードに変わる瞬間を、逃さないようにしましょう。

 

②まじめな顔から笑顔になる瞬間

2つ目は、まじめな顔から笑顔になる瞬間。

 

男性が仕事をしている、マジメ姿が好きという女性は多く、その姿にキュンとする人もたくさんいます。

 

さらにそんなマジメな姿から笑顔になる瞬間は、女性のハートを射止める瞬間。

 

やはりこちらも、オンとオフの切り替えとも言えますよね。

 

パソコンに長い間向かっていた男性が、女性と目が合った瞬間にニコッと笑うのは、なんとも言えないもの。表情が変わる瞬間にキュンとする女性はとても多く、それが特に自分に向けて表情が変わったとしたら、何とも言えないものでしょう。

 

男性の皆さんは、女性からの視線を感じるなぁと思ったら、真剣な眼差しから視線を合わせてニコッと微笑んでみましょう。

 

ただし何回も微笑んだり、女性のことを見すぎるのはNG。

 

女性のことを目で追うことを続けてしまうと、場合によっては「セクハラ」と言われてしまうかもしれませんので気を付けましょう。

 

③ネクタイを締める、緩める

女性がキュンとする男性の仕草、3つ目はネクタイにまつわるもの。ネクタイを締める、緩めるという動作が好きという女性は多いです。

 

男性のスーツ姿は、女性に大人気。

 

ネクタイを締める動作は「仕事モードへの切り替え」ですし、逆にネクタイを緩める動作は「オフモードへの切り替え」ですよね。

 

ネクタイを締めるときは、スマートに締めることがおすすめ。

 

同じネクタイを締める仕草でも、うまくできずに戸惑っているのはキュンとする仕草とは言えません。あくまでも、話しながらネクタイを締めるように、テキパキとスマートにネクタイを締める姿に女性はキュンとするのです。

 

鏡を見て、ああだこうだと言いながらネクタイを締める姿にはキュンとしませんので、ネクタイはスムーズに締められるようにしておきたいですね。

 

また、ネクタイを緩めるときはだらしなくならないようにしましょう。

 

ネクタイを緩めてオフモードになる瞬間はキュンとしても、もしもシャツがシワシワだったり、襟元が汚れていたりしたら効果は半減してしまいます。清潔感は大事ですよ。

 

 

④腕まくりをする

4つ目は、腕まくりをする仕草。腕まくりをして、筋肉質な腕や骨ばった腕が見えることに女性はキュンとします。

 

自分にはないものですし、「男性らしさ」を感じることができる瞬間でもありますよね。さりげなく男性の体の一部を見せることで、いやらしくなく男性らしさもアピールすることができます。

 

残業をしているときなど、「さーて、やるかー!」と気合いを入れながら腕まくりをするのは、わざとらしくなくてオススメです。

 

わざとらしいアピールは引いてしまう女性もいますから、腕まくりをするときにも「さりげなさ」は意識するようにしてくださいね。

 

 

⑤はにかんで笑う

5つ目は、はにかみ笑顔。2つ目のキュンとする仕草にも笑顔がありましたが、やはり笑顔は強いですね。

 

特に、はにかみ笑顔というのは根強い人気があるもの。

 

一昔前にも「ハニカミ王子」として石川遼しんや、「ハンカチ王子」として斎藤佑樹さんなどが人気を集めましたよね。彼らは、どちらもはにかんだような笑顔が人気でした。

 

この「はにかんだ笑顔」は、

・照れた感じ

・かわいい

として女性に大人気!

 

普段は無愛想な人や怖いイメージのある人も、何かの拍子にニコッとはにかむだけで、一気に燃えキャラになれることでしょう。

 

女性はそもそもギャップに弱い生き物なので、普段が無愛想や怖いイメージのある人ほど、はにかんで笑うことで女性をキュンとさせることができますよ!

 

逆に、普段からかわいいキャラの男性は、あまりキュンとさせる効果はないかもしれません。

 

どの仕草が自分に合っているかは、しっかりと見極めたほうが良さそうです。

 

 

⑥運転しているとき

6つ目の女性がキュンとする仕草は、運転している姿。

 

しっかりと前を見てるのに会話に応じる姿や横顔、またはハンドルをさばいている姿にキュンとする女性は多いです。

 

大きな車を余裕で運転している姿は、女性からすると「すごいな」「かっこいいな」と思うもの。特に運転や駐車が苦手な女性からすると、余裕で運転している姿はとてもかっこよく、頼もしく見えるのです。

 

男性のみなさん、スマートでスムーズな運転を心がけてみてくださいね!ただし、運転というのはその人の性格や人柄が見えるもの。

 

追い越しされたとき、信号で止まってばかりだったとき、ついイラッとしてしまっていませんか?

 

女性にかっこいいところを見せたい気持ちは分かりますが、だからこそ気持ちに余裕を持った運転を心がけましょう。

 

⑦さりげなく車道側を歩く

2人で歩いているとき、あなたはどちら側を歩いていますか?

 

「俺は人の右側が好き」「左側じゃないと落ち着かない」など、人によって好きな方があるとは思います。それでも女性がキュンとするのは、2人で歩くときにさりげなく車道側を歩いてくれる男性の仕草。

 

わざとらしくではなく、さりげなくというのがポイントですよ。

 

スマートにエスコートしてくれる姿は、守られている気がして女性にとっては嬉しいもの。その優しさや気遣いに、キュンとしてしまいます。

 

あからさまな仕草は、「俺ってカッコいいでしょ?」と思ってそうに感じるなど、女性からは不評なので気を付けてくださいね。

 

 

⑧荷物を持ってくれる

こちらも「さりげなく」であることが重要なのですが、2人でいるときに荷物を持ってくれる仕草。女性は男性と比べて、荷物が多いです。

 

男性はサイフとケータイだけあればいいと考える人もいますが、女性はそんなことはありません。ただでさえ男性から見れば大きなカバンを持っているのに、その状態でさらに買い物をするわけです。

 

そんなとき、さりげなく「それ、貸して」と荷物を持ってあげたとしたら、その仕草にキュンとしない女性などいないでしょう。

 

恩着せがましくではなく、あくまでもさりげなくというところがポイントです。

 

女性は、自分では重くて持つのも大変だった荷物を、軽々しく持てるあなたにキュンとすること間違いなし!

 

ここでも、さりげなく「男らしさ」をアピールしていきましょう。

 

 

女性をキュンとさせる?勘違い行為

続いて、女性をキュンとさせるどころか幻滅させてしまう「勘違い行為」を紹介します。

 

男らしさをアピールしたいと思っている男性は多いですが、そのアピールの仕方では女性のハートは射止められませんよ?

 

キュンとさせたいのなら、絶対にやってはいけない3つのNG行為はこちら。

 

①乱暴な態度や言葉遣い

一昔前、ヤンキーなどが流行っていた時代には、ケンカが強いことや悪いことがカッコいいという風習がありました。そして、未だにそういう言動をカッコいいと思っている人がいるのもまた事実。

 

しかし、乱暴な態度や言葉遣いは、女性に幻滅されてしまいます。

 

カッコいい、キュンとしてほしいと思っているのかもしれませんが、完全に逆効果なんですよ。

 

たとえばレストランでウエイトレスに対して「遅いんだよ!早くしろよ!」「俺たち客だよ?客に対してそんな態度でいいわけ?」と罵ったりするのはやめてください。キュンとする以前に、人としてどうかと思われてしまいます。

 

乱暴な態度や言葉遣いをする人は、心のどこかで「自分は強い」ことをアピールしたいのでしょうが、幻滅されるだけなので覚えておきましょう。

 

②マナーを守らない

やはりこちらも、悪いことがカッコいいという風習の名残なのでしょうか。マジメなことがダサいと思っている男性は、女性もそう思っていると思い込んでいるところがあります。

 

そのため、タバコのポイ捨てなどを平気でする人もいますよね。

 

そもそも最近では禁煙や分煙が当たり前になり、歩きタバコを禁止するところも増えています。

 

喫煙者にとっては肩身が狭いでしょうが、ルールはルール。

 

「ルールに縛られない男」を演出したいのかもしれませんが、演出の仕方が間違っていることに早めに気づきましょう。

 

女性は、そんなことでキュンとすることはありません。

 

③ボディタッチ

3つ目は、ちょっと意外?と思った人もいるかもしれませんが、ボディタッチが挙げられます。

 

親しくなるため、距離を縮めるためにおすすめなイメージのあるボディタッチですが、むやみやたらとボディタッチをするのはNG。お互いのことをよく知っている間柄ならまだしも、知り合ってすぐのボディタッチはやめましょう。

 

ベタベタと触られると、女性は警戒します。

 

「なに、この人…」「馴れ馴れしくて気持ち悪い」こんな印象を持たれてしまうのがオチです。

 

ボディタッチは、確かに一瞬ドキッとしますが、それがキュンとするかどうかはまた別の話。

 

ボディタッチをしても大丈夫かどうかは、女性の醸し出している雰囲気を読み取る必要があるといえるでしょう。キュンとしてほしくて行った仕草や言動が原因で、好きな人に嫌われてしまっては、元も子もありません。

 

 

キュンとする仕草の取り入れ方

ここまで、男女別に「異性がキュンとする仕草」と「NG行動」についてお話ししてきました。ここまでの流れでなんとなく想像ができている人もいるかもしれませんが、男女ともに異性をキュンとさせる仕草は、「狙った仕草」ではなく「さりげない仕草」。

 

あからさまに「これ、俺(私)のこと意識してるな」と思うような仕草は、残念ながらキュンとすることはなく、完全に空回りになってしまいます。

 

そのため、女性なら上目遣いや髪の毛をかきあげる仕草、体を見せる(胸の谷間やミニスカート)仕草はあまり好かれませんし、男性なら乱暴な態度や言葉遣い、強さをアピールする仕草は好かれないのです。

 

それらよりも、無意識に行っているような仕草や表情にキュンとするという人の方が圧倒的に多いですよね。

 

今は、そういう「さりげない仕草」「無意識な仕草」のほうがオススメ。

 

男女ともに「目が合ったときの笑顔」は異性をキュンとさせることができますので、何から取り入れようか…と思った人は、まずは「目が合ったら頬笑む」ことから取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

また、真剣な表情は男女ともにキュンとする人気の仕草。仕事や遊びなど、何でもいいのでやるときは真剣な顔でやってみましょう。

 

特に最近は昔とは違い、「マジメがカッコいい」と感じている人が増えている時代。一生懸命やる姿も、ダサいからカッコいいに変わりつつあります。

 

仕事や好きなこと、趣味に没頭する姿は、誰が見てもカッコいいもの。

 

気だるそうにマウスを操作している、キーボードを叩いている仕草より、真剣にやっている姿のほうがキュンとすることは間違いありません。

 

狙った仕草ではなく、さりげない仕草というのがポイントですよ。

 

まとめ

男女別に、異性をキュンとさせる8つの仕草と、キュンとさせたいならするべきではないNG行為について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

お互い、「え、こんなことでキュンとするの?」と感じた仕草もあったのではないかなぁと思います。

 

そうなんです、意外と「こんなことで?」と思うような、普段から無意識にしているような仕草で異性はキュンとするもの。普段何気なくしているような動作も含めて、常に「見られているかもしれない」と意識することが大切なのかもしれません。

 

狙ったかわいさやカッコよさもいいですが、異性をキュンとさせるということは、自分のことを意識してもらう、ということ。

 

まだ親しい関係になっていない異性の気持ちを、少なからず自分の方に向けることができるわけです。

 

狙ったかわいさやカッコよさのアピールは意識してもらってから行うようにし、まずはさりげない仕草で気になる異性のハートを射止めていきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました