メンヘラ女子がかわいい!特徴や見た目、かわいいと思う瞬間は?メンヘラメイクも大公開

男性心理

メンヘラ女子と聞くと、「面倒くさい」「怖い」「関わりたくない」といったマイナス的なイメージばかりが浮かびます。

 

確かに面倒くさいイメージが強いメンヘラ女子ですが、男性たちの間では「メンヘラ女子ってかわいいよね」と話題なのだとか。

 

ここでは、そんなかわいいメンヘラ女子について紹介していきたいと思います。

 

かわいいメンヘラ女子の特徴、見た目、男性がかわいいと思う理由や瞬間の他、メイクでの「かわいいメンヘラ顔」の作り方まで紹介しちゃいますよ!

 

かわいいメンヘラが気になる…という人は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

 

 

メンヘラとは?

そもそもメンヘラとは、どんな人のことを指す言葉なのでしょうか。

 

元々の語源はメンタルヘルスという、心の病気や精神疾患などのこと。

 

2ちゃんねるなどのネット内で、メンタルヘルスをerの形容詞にした「メンヘラー」となり、そこから「メンヘラ」になったと言われています。

 

心が病んでいる人、精神疾患のある人のことですが、実際にうつ病などを患っている人に対して使うことはあまりありません。

 

現在使われている「メンヘラ」の多くは、

・心が弱い人

・誰かに依存している人

・かまってちゃん

・(病気ではなく)心が病んでいる人

などに対して使われています。

 

残念なイケメンの特徴、カッコイイけど付き合うと後悔!?
よく「美人は三日で飽きる」と言いますが、イケメンにも当てはまることです。イケメンな顔に見慣れてしまうと、途端に性格の粗が目立つようになっていきます。イケメンに惹かれる気持ちはよくわかりますが、性格をよく知らずにお付き合いを始めると後悔することとなります

 

かわいいメンヘラ女子の8つの特徴

メンヘラの意味合いからすると、関わりを持つのは避けたいと思われがちなメンヘラ女子。

 

かわいいメンヘラ女子の、8つの特徴について見ていきましょう。

 

①見た目がかわいい

メンヘラ女子は、本当に心の病気を抱えている(病名がつく疾患がある)わけではありません。

 

ただ誰かにかまってほしくて、メンヘラ女子を演じている部分があります。

 

自分がかわいいことを自覚しており、かわいいことを知った上で「かまってほしい」という困った行動をしているのです。

 

かわいい自分なら、○○をすれば誰かがかまってくれるはずだ、と思っているので、自分の見た目には自信がある人が多いんですよ。

 

見た目の特徴については、後ほど紹介しますのでお待ちくださいね!

 

メンヘラ女子の見た目のかわいさは、生まれ持ったものというよりは、むしろ「作り上げた」もの。

 

どうすれば男性にかわいいと思ってもらえるかを、人知れず研究している人も多いので、その見た目のかわいさはお墨付きだと言えるでしょう。

 

②SNSの投稿がマメ

メンヘラ女子の代名詞とも言えるのが、SNS。

 

SNSは、メンヘラ女子にとって「自分」という存在価値を確認するための大切なツールでもあります。

 

・Twitter

・Facebook

・Instagram

 

これらのSNSのアカウントを複数持っていることも多く、なおかつ投稿がかなりマメ。

 

メンヘラ女子にとって、フォロワー数やいいねの数は、そのまま自分自身の存在価値を示す数字だと思っています。

 

そのため、フォロワー数やいいねの数を増やすことに必死なのです。

 

意味もなく自撮り写真を何度も投稿してみたり、意味深な発言を投稿してみたり。

 

前者は「かわいい!」「すてき!」といった反応を待っていますし、後者ならば「どうしたの?」「何かあったの?」と気にかけてもらうのを待っています。

 

メンヘラ女子はネットの世界がすべてであり、ネットに依存している人が多いことも特徴です。

 

③夜行性

ネットに依存していることとも関係しているのですが、メンヘラ女子は夜行性な人が圧倒的に多いです。

 

不規則な生活をしている、とも言えますね。

 

夜になるとSNSを頻繁に更新するなんていうのは、メンヘラによくある行動パターンの1つ。

 

ネットは、どうしても夜の方が利用しているユーザーが多いですよね?

 

利用しているユーザーが多ければ多いほど、自分のことをかまってくれる人も見つけやすくなります。

 

そのためメンヘラ女子は、夜になるとネットを徘徊し、自分に共感してくれる人、かまってくれる人を探していることも多いです。

 

元々コミュニケーションを取ることが苦手であるため、活動範囲はごく限られた範囲内のみ。

 

インドア派の夜行性ですから、大人数で楽しむスポーツや活動的な趣味とは無縁です。

 

④マイナスなワードが多い

メンヘラ女子といえば、当然ながらマイナスなワードが多いという特徴もあります。

 

メンヘラ女子の口から、プラス思考なワードが出てくることなど、ほぼあり得ません。

 

ツラい、苦しい、悲しい、しんどい、何もしたくない、どうしたらいいか分からない

 

これらのワードは、メンヘラ女子の口からよく出てくるもの。

 

話を聞いてほしい、かまってほしいという気持ちから、これらのワードが頻繁に出てくるようになったのでしょう。

 

しかも、こういう気持ちを直接誰かに言うのではなく、ネットに投稿するのです。

 

漠然と何かに嘆く内容であったり、ポエム的な内容であったりと書き方は様々ですが、「誰かに声をかけてほしい」という気持ちが全面に出ている内容であることは間違いないでしょう。

 

万が一誰にも反応してもらえないと、「私なんて生きている価値がない」なんて言うこともしばしばあります。

 

また、メンヘラ女子は体調不良をアピールすることも多いです。

 

たとえば、「最近よく眠れなくて。不眠症なんだよね」「食欲がなくて、拒食症なのかも」なんて言うことも。

 

実際に病院で診断されているケースはほとんどなく、大抵は自分自身の思い込みです。

 

あたかも診断されたかのような言い方をするのは、周りの人に心配してほしいから。

 

「大丈夫?」と一言心配してもらうために、いかに体調が悪いかをアピールしてきます。

 

⑤悲劇のヒロインに憧れている

マンガなどで出てくる、悲劇のヒロイン。

 

メンヘラ女子は、基本的にこの「悲劇のヒロイン」に異常なほどの憧れを抱いていることが多いです。

 

その理由は簡単で、悲劇さが強ければ強いほど、人に同情してもらえる(かまってもらえる)から。

 

「そんなことがあったなんて、かわいそう」

「大変だったんだね」

 

と言ってほしいのです。

 

メンヘラ女子は想像力も豊かなので、悲劇のヒロインになるための様々なシチュエーションを頭の中で作り出していることも。

 

そのうち、頭の中で描き出したシチュエーションが「現実」なのか「想像」なのかが自分自身でも分からなくなり、本当に辛い過去があったと思い込んでしまうケースもあるようです。

 

記憶が曖昧になり、どこまでが現実なのかが分からなくなってしまうんですね。

 

⑥女友達が少ない

メンヘラ女子は、女友達が少ないです。

 

少ないというより、むしろ「ほとんどいない」と言った方がいいかもしれません。

 

ここまでに紹介した「特徴」でも分かるように、メンヘラ女子は実在する人間とのコミュニケーションが苦手。

 

話すことや周りに合わせることが苦手なので、女性とはなかなか波長が合わないのです。

 

基本的に女性はおしゃべりが好きで、周りの空気を読むことを得意としている人が多いですよね。

 

そんな女性の輪の中で、メンヘラ女子は完全に浮いた存在だと言えるでしょう。

 

また、メンヘラ女子は男性にかまってもらうことを第一としていますから、何をするにも男性優先。

 

たとえ他の人と約束があったとしても、平気で破って男性のほうへ行ってしまいます。

 

男好き、男に媚びている、というのは、女性から嫌われる最大の理由といっても過言ではありませんよね。

 

自分のペースで行動し、自分が一番かまってもらえないと気がすまないメンヘラ女子は、同じ女性から嫌われる要素が揃っているのです。

 

⑦一夜の恋も多い

メンヘラ女子は、人から「必要とされたい」「かまってほしい」という気持ちが常にあります。

 

人からかまってもらうことが、生きる意味になっている人も少なくありません。

 

男性からかまってもらうことが全てと言ってもいいので、一夜の恋も多いです。

 

飲み会でたくさん飲んで男性にベタベタとスキンシップをし、そのまま…というケースもよくあるパターン。

 

そうして、そのあとSNSに

「男性に遊ばれた」「本気だったのに、一夜で捨てられた」

などと書き込みをするわけです。

 

こういうふうに書けば、事情をよく知らないネットユーザーは、

「○○ちゃん、かわいそう」

「そんな男より、もっといい人がいるよ!」

「遊びなんて、その男最低!」

などと共感してくれることでしょう。

 

悲劇のヒロインを演じることにも繋がるため、メンヘラ女子は知り合って間もない人とでも深い関係になれるのです。

 

 

⑧計算高い

メンヘラ女子の行動のすべては、

・自分に興味をもってほしい

・かまってほしい

という気持ちの現れ。

 

つまり、興味をもってもらうため、かまってもらうために「常に計算して」行動しているのです。

 

ネットというたくさんの人、不特定多数の人が見ているところでは、

・かわいい写真をアップすること

・辛さをアピールすること

が、かまってもらえる有効な手段だということも知っています。

 

誰にどうアピールをしたら有効か、ということを計算して動いているわけです。

 

言い換えれば、メンヘラ女子は頭の回転が速い人が多い、とも言えるでしょう。

 

 

 

メンヘラ女子を男性がかわいいと思う6つの理由

ではなぜ、そんなメンヘラ女子のことを男性は「かわいい」と思うのでしょうか。

 

メンヘラ女子をかわいいと思う理由について、まとめてみました。

 

 

①放っておけない

やはり1つ目は、「放っておけない」というもの。

 

男性は、心のどこかで女性のことを「自分より弱いもの、男が守ってあげないといけない」と思っています。

 

力に関していえば、間違いなく女性は男性よりも弱いです。

 

さらにメンヘラ女子の場合は、

・何をするか分からない

・不安定で心配

という要素が加わるわけです。

 

これだけ見ると「面倒くさい」と思うかもしれませんが、「自分がついていてあげないと」という使命感のようなものが、男性の心に芽生えることも。

 

使命感が芽生え、さらに「守ってあげたい」という感情が追加されることで、とにかくメンヘラ女子のことがかわいく見えてしまうのでしょう。

 

メンヘラ女子も男性が自分のことを放っておけないと思っていることを知っていますから、少しでも男性の気持ちが自分から離れそうになると、自傷行為をほのめかすようなことを言ってくることも。

 

実際には自傷行為をするつもりはないことがほとんどですが、男性は「自分がいないとダメなんだ」という使命感でいっぱいになり、次第にメンヘラ女子のことがかわいくて、愛しい存在になっていくのです。

 

メンヘラ男に要注意!メンヘラ男に共通する7つの特徴とは
付き合ってから苦労することが目に見えている、メンヘラ男。メンヘラ男と知らずに付き合ってしまえば、苦労することは目に見えています。付き合う前にメンヘラ男を見極めるために、ここではメンヘラ男に共通する7つの特徴について紹介したいと思います。これらの特徴に当てはまれば100%メンヘラ男というわけではありませんが、当てはまる項目が多ければ多いほど、彼がメンヘラ男である可能性は高くなると言えるでしょう。

 

②天然に見えてかわいい

2つ目の理由は、メンヘラ女子の行動が天然に見えてかわいいというもの。

 

男性は単純な生き物なので、メンヘラ女子が「計算して」行っている行動を、計算の末の行動だとは思っていません。

 

むしろ天然だなぁ、かわいいなぁ、と思っているのです。

 

女性から見たら明らかに「男に媚びている」ような態度も、男性の目には媚びているようには見えないのでしょう。

 

むしろ、メンヘラ女子の媚びる態度を、頼られていると感じる人も多いようですね。

 

そういう行動や仕草、失敗なども含め、男性の目には「天然」「ちょっと抜けている」というふうに写っているのです。

 

メンヘラ女子は、このこともすべてお見通しなんですけどね。

 

③甘え上手でかわいい

メンヘラ女子は、「あなたがいないと生きていけない」ような雰囲気をかもし出しており、特定の男性に対してものすごく甘えてきます。

 

自分が世界の中心であるため、自分がさみしいとき、かまってほしい時にとにかく甘えてくるのです。

 

2人きりの時にさりげなくくっついてきたり、人前でも手を握る、洋服の裾を掴むなどのテクニックはお手のもの。

 

男性にとって、「自分にだけ甘えてくる女性」以上にかわいいことなどありません。

 

自分が彼女の特別なんだと思うだけで、言葉にできないような感情が沸き上がってくるのです。

 

④中毒性がある

言い方は悪いですが、メンヘラ女子の行動には中毒性があります。

 

どうでもいい相手なら、「勝手にやっててよ」と思えるのですが、ちょっといいなと思っている子や彼女がメンヘラであった場合は、そうもいきません。

 

はじめのうちは、メンヘラ女子の突拍子もない行動に振り回され、ときには迷惑だと感じることもあるでしょう。

 

夜中に急に家に来たり、自傷行為をほのめかすようなことを言われたりするのですから、そりゃあ本音では迷惑ですよね。

 

しかしそんな迷惑な行動も、ハマると抜け出せなくなるのが不思議なところ。

 

彼女の迷惑な行動は「自分だけが受け止める」といった、妙な使命感から、どっぷりとメンヘラ女子にハマっていくのです。

 

そんなわがままなところも、好きだからかわいく見えるのでしょうね。

 

⑤女の子っぽい見た目

メンヘラ女子は見た目が女の子らしく、男性からすると「無条件でかわいい」子が多いのだとか。

 

ファッションやメイク、ヘアスタイルなど、どこをとっても「女の子っぽい」んです。

 

ゆるふわ系や清楚系など、世の中の男性陣が理想とする見た目をしていることも多く、見た目に一目惚れしてしまう男性も少なくないんですよ。

 

メンヘラ女子は自分をかわいく見せるための努力を怠りませんから、見た目で(第一印象で)男性を虜にしてしまうことも少なくありません。

 

⑥一途なところ

メンヘラ女子は、その性格から女友達が少なく、コミュニケーションも苦手なため人と一緒にいることがほとんどありません。

 

そんな女性と付き合うことになったら、現実の世界では彼氏一筋になるのは目に見えていますよね。

 

彼女にとって、現実の世界で話ができるのは彼氏であるあなたしかいないのです。

 

そのため、メンヘラ女子が浮気をすることはほとんどありません。

 

メンヘラ女子は、特定の恋人がいなければ、自分を必要としてくれる人を探しているので誰のところへもついていってしまいます。

 

しかし特定の恋人ができれば、話は別。

 

ひたすら一途に思い続けてくれますから、そこを「かわいい」「小動物みたい」と思う男性がいるのは、納得ですよね。

 

 

メンヘラ女子をかわいいと感じた瞬間は?

メンヘラ女子がかわいいと思う理由について紹介しましたが、実際に世の中の男性は、メンヘラ女子をのどんな仕草にかわいいと感じているのでしょうか。

 

メンヘラ女子をかわいいと感じる瞬間は、やはり

・甘えてきたとき

・頼ってくれるとき

・一途に思ってくれたとき

の3つのうちのいずれかであることが多いようです。

 

彼女に甘えられたり、頼られて不快になる男性なんていません。

 

ぎゅっと抱きつかれて、「私には○○くんしかいないから…」なんて言われたら、そりゃあノックアウトでしょう。

 

意外と特別なことではなく、些細なことを男性は「かわいい!」と感じているようです。

 

 

かわいいメンヘラ女子の見た目の特徴5選

お待たせしました。

 

それではここで、かわいいメンヘラ女子の見た目の特徴を紹介したいと思います。

 

メンヘラというと性格や内面的なことばかりが注目されますが、実は見た目にも特徴があるのです。

 

①肌の色が白い

メンヘラ女子は、とにかく肌の色が白いです。

 

健康的に日焼けをしているメンヘラ女子というのは、見たことがありません。

 

メンヘラ女子はインドア派の夜行性であり、普段から不規則な生活をしているため、健康的な日焼けとは縁がないのです。

 

色白で顔色があまり良くなく、まるでマンガやドラマに出てくる「病弱な女性」「入退院を繰り返している人」といった感じ。

 

透き通るような白い肌をしているのは、メンヘラ女子の見た目としては最大の特徴と言えるかもしれません。

 

②大きな目

2つ目の見た目の特徴は、大きな目。

 

さらに詳しく言うのなら、「大きくてうるうるした目」です。

 

女性がメイクで大きな目もとを作るのは、目が大きい方がかわいく見える、からですよね?

 

これは別にメンヘラ女子に関わらず、ほぼすべての女性がしていることだと思います。

 

メンヘラ女子は、何度も言いますが自分をかわいく見せるための努力を怠りません。

 

そのため、カラコンを入れて瞳を大きく見せたり、二重まぶたを作るなどをして大きな目を演出しているのです。

 

まるで人形のように、目だけがやたらとぱっちりしている、なんて人も。

 

目が大きい方がかわいく見えることを知っているため、メンヘラ女子の目は大きくてうるうるとしているのです。

 

③ぱっつん前髪

メンヘラ女子は、ぱっつん前髪をしている人がとても多いです。

 

一昔前までは、メンヘラ女子といえば「ぱっつん前髪×黒髪ロング」が定番でしたが、最近ではボブも増えてきています。

 

ぱっつん前髪で、前髪は目にかかるくらいの長さをしているため、「目がさらに大きく見える」ことが1つのポイント。

 

また、ぱっつん前髪だと表情も分かりにくいですよね。

 

ぱっつん前髪は、メンヘラ女子にとって、とてもメリットの多い髪型なのだと言えるでしょう。

 

ぱっつん前髪にツインテールという髪型をしているメンヘラ女子は、今でもたくさんいるようです。

 

④個性的なファッションが似合う

メンヘラ女子は、一般女性ではなかなか手が出せないような個性的なファッションが好きな人が多いです。

 

たとえばゴスロリファッションや、フリフリのレースをあしらったファッションをすることも。

 

もちろんファッションには個人差があるので、メンヘラ女子=ゴスロリというわけではありませんし、ゴスロリ=メンヘラというわけでもありません。

 

ただ、メンヘラ女子はそういう個性的なファッションがとてもよく似合います。

 

違和感が全くないので、ただ「かわいい」のです。

 

メンヘラ女子は女の子っぽさやか弱さを全面的に出したいという気持ちがあるので、基本的にはスカートを履くことが多く、パンツはほとんど履きません。

 

ふわっとしたスカートを好むメンヘラ女子は多いですね。

 

⑤荷物が多い

5つ目の特徴は、荷物が多いこと。

 

必要か必要じゃないかの見極めをすることが苦手なメンヘラ女子は、あれもこれもと持ち歩いていないと不安で仕方がないのです。

 

実際、「財布とスマホがあればとりあえずOK」なんて楽観的な人もいますが、メンヘラ女子にとって、この考えはあり得ません。

 

とにかく心配性で不安なので、持ち歩くものが増えて、いつの間にか大荷物になっていることも少なくないのです。

 

しかしながら、メンヘラ女子の荷物の大半は不要なもの。

 

さらに整理整頓することはあまり得意ではないので、カバンの中は常にゴチャゴチャしています。

 

必要なものがあっても、荷物が多すぎるので、すぐに取り出すことができずに時間がかかることも多いです。

 

 

メンヘラ女子の見た目の特徴について、紹介しました。

 

メンヘラはネガティブで自意識過剰など内面的なことばかりがイメージされますが、実は見た目にもこんなに特徴があったんですね!

 

パッと見ではかわいい見た目をしていますので、その見た目に惹かれる男性も多いことでしょう。

 

 

メイクで作る!かわいいメンヘラ顔の作り方

メンヘラ女子は見た目がかわいいことから、若者を中心にその見た目を真似した「メンヘラメイク」がひそかにブームとなっていることを知っていましたか?

 

か弱くて儚げな雰囲気をかもし出しているメンヘラ女子。

 

男性から守られることを当たり前と思っているメンヘラ女子になりたい!という女性も多いそうです。

 

そんなメンヘラ女子になりたい!というあなたのために、メイクでの「メンヘラ顔」の作り方を伝授しちゃいます!

 

このメイクで、あなたもかわいいメンヘラ女子を演出しちゃいましょう。

 

①色白さをアピールする

メンヘラメイクとして欠かせないのが、色白さをアピールすること。

 

肌を白くといっても、志村けんさんの「バカ殿」や、クッキーさんの「白塗りものまね」ような白さではありません。

 

陶器のように透き通った白さのことで、病弱な人の肌の色をイメージしてみてください。

 

青白い感じの肌に仕上げていきましょう。

 

そのために必要なのは、ブルー系のコントロールカラーと明るめのファンデーション。

 

ブルー系のコントロールカラーは、肌の血色をなくす(赤みを消す)ために使います。

 

透き通るような白い肌はメンヘラメイクでの最大のポイントなので、シミやそばかすなどはコンシーラーで消しておきましょう。

 

ブルー系のコントロールカラーで肌を整えたら、自分の肌の色より明るいトーンのファンデーションを薄く塗ったら、ベースメイクは完了です。

 

あくまでも病弱な雰囲気を出すことがポイントなので、ファンデーションが厚塗りにならないように気を付けてください。

 

②太くて薄めの眉

ベースができたら、次は眉を描きましょう。

 

眉は平行、もしくはやや下がりぎみの、いわゆる「困ったふう」にします。

 

このとき、細くて濃い眉やくっきりとした眉にしないように気を付けてください。

 

細くて濃い眉は、意思の強さを強調してしまい、心が病んだメンヘラとはイメージがかけ離れてしまいます。

 

そのため、眉を描くときにはペンシルタイプではなく、パウダータイプのアイブロウを使うのがおすすめ。

 

ペンシルだとどうしても濃くくっきりと描けてしまうので、メンヘラメイクには不向きです。

 

逆にパウダーなら、ぼやけた感じの仕上がりになるのでメンヘラメイクにも良いでしょう。

 

ブラックよりも、グレーやダークブラウンなどの色合いを使うのがおすすめです。

 

③うさぎ目メイク

ベース、眉ができたら、続いては見た目を左右する重大なパーツ、目。

 

メンヘラ女子の見た目の特徴にも、「大きくてうるうるした目」というのがありましたね。

 

メンヘラメイクをするときには、この「大きくてうるうるした目」を意識しましょう。

 

まずは瞳を大きく丸く見せるために、カラコンを使います。

 

ブラウン系のカラコンだと、ナチュラルな感じで違和感もないので、カラコン初心者にもおすすめですよ。

 

目を大きく見せるため、一重の人はメザイクやアイプチなどで二重まぶたを作っておきましょう。

 

濃いメイクではなく、ナチュラルなのにかわいいというのがポイントですので、忘れないでくださいね。

 

イメージは、「うさぎメイク」。

 

うさぎの目は赤く、人に置き換えると泣いていたような雰囲気ですよね?

 

メンヘラは心が病んでいて泣くことも多いので、「泣き腫らしたような目元」をあえてメイクで作るのです。

 

用意するものは、レッド系のアイシャドウ。

 

このレッド系のアイシャドウを、まぶたに塗っていきましょう。

 

上まぶたよりも、下まぶたに濃いめに入れるのがおすすめ。

 

くっきりはっきりレッド系アイシャドウを乗せてもいいですし、ブラシでサッとひと塗りする程度でもOK。

 

まるで泣いていたかのような目元を作りましょう。

 

アイラインはくっきりではなく細めに引き、黒のマスカラでまつ毛を長くしておけば目元は完成。

 

下まつ毛は、瞳の下(目の真ん中)あたりを強調してマスカラを塗っておくと、まん丸の大きな目に見せることができますよ!

 

④リップはベージュかオレンジで

最後に、リップを塗ればメンヘラメイクは完成です。

 

リップは、血色の悪い顔色を演出するためには大切なパーツ。

 

ベージュ系、もしくはオレンジ系のリップを選びましょう。

 

メンヘラメイクでは、つやつやとした魅力的なリップはいらないので、グロスなどは使いません。

 

どちらかというと、マットな仕上がりのものがおすすめです。

 

ピンク系はかわいすぎてしまうので、メンヘラメイクには不向き。

 

ベージュかオレンジのリップを塗る前に、きちんとコンシーラーで唇の色を消しておくことも忘れないでください。

 

唇の色を消しておくことで、自然な血色のなさをアピールすることができますよ!

 

メンヘラメイクは「病みかわいい」がポイントであり、健康的な血色の良さとは無縁。

 

チークは使わなくてOKですが、もしも使う場合は目の下あたりに薄く入れる程度でOK。

 

目元のうるうるした感じを強調したい人は、シルバーのラメの入ったアイシャドウを、まつ毛の生え際あたりに乗せてもいいですね。

 

やりすぎは厳禁ですが、まばたきをするたびに目元がピカピカと光るので、自然な感じでうるっとした目元を作ることができるでしょう。

 

Instagramなどでも、「病みかわいい」と人気のメンヘラメイク。

 

弱々しくて、1人では何もできなそうな雰囲気に憧れるという人は、ぜひメンヘラメイクを試してみてはいかがでしょうか。

 

メンヘラメイクをしたら、目一杯メンヘラを演じてみてください。

 

うつむき加減で伏し目がち、男性と話すときには上目使いで、が基本です。

 

 

まとめ

かわいいメンヘラ女子の特徴や男性がかわいいと思う理由、見た目、メイクでのメンヘラ顔の作り方について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

一見、あまり関わりたくないなと思ってしまうメンヘラ女子ですが、一度好きになってしまうと、むしろ男性の方が離れられなくなってしまうことも多いです。

 

メンヘラ女子は見た目もかわいく、女の子らしいファッションを好みますから、男性を虜にしてしまうのは間違いないでしょう。

 

ネットでも「病みかわいい」と言われるなど、メンヘラに対するマイナス的なイメージも、払拭されてきているのかもしれませんね。

 

メンヘラ女子は過去に何かしらのトラウマを抱えているケースも多く、誰かにかまってほしくて仕方がありません。

 

メンヘラ女子の心境を理解して、かわいいと思える瞬間を増やしていけるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました