過去の恋愛の思い出が美化される理由や心理とは?メリットやデメリット、復縁との関係に迫る!

別れ・失恋

よく、「人間は忘れる生き物」だとか、「思い出は美化される」なんて言い方をすることがあります。

 

それは、何も恋愛に限ってのことではありません。

 

恋愛以外のことにおいても、間違いなく「思い出は美化されている」はずです。

 

しかし多くの場合、思い出の美化というと恋愛面でのことを指しますよね。

 

ここでも、過去の恋愛に関する思い出を美化する理由や心理について見ていきたいと思います。

 

また、過去の恋愛の思い出を美化するメリットやデメリット、さらには思い出の美化と復縁との関係についても迫っていきますよ!

 

過去の恋愛にすがりついているなぁ…と感じている方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

 

思い出を美化するのはなぜ?

人はなぜ、思い出を美化してしまうのでしょうか。

 

ためしに今、昔付き合っていた人のことを思い出してみてください。

 

彼はどんな人で、あなたにどんなことをしてくれましたか?

 

デートでは、どこへ連れていってもらいましたか?

 

恐らく今、あなたが思い出したのは「彼との楽しかった思い出」ではないでしょうか。

 

付き合っていた期間にもよりますが、他人と付き合うということは楽しいことだけではないはずです。

 

意見の食い違いもあるでしょうし、ケンカもするでしょう。

 

「ここだけは直してほしいんだよね…」といった、彼の許せないところもあったはずなのです。

 

しかし今、改めて思い出すのは大抵が楽しかったことばかり。

 

これがまさに、「思い出の美化」です。

 

嫌なこともあったはずなのに、楽しかったことしか思い出せなくなるのには、きちんとした理由があります。

 

それはずばり、脳の防衛反応によるもの。

 

私たちの脳は、悪いことや嫌なことは忘れるように作られているのです。

 

男性の恋愛心理から探る??元カレとの復縁テクニック 5選
一般的に、女性よりも男性相手の方が復縁しやすいというデータはあるものの、女性の恋愛心理と男性の恋愛心理は全く違うもの。あなたが感情に任せて彼に縋ってしまうと、上手くいくものもいかなくなってしまう可能性があります。今回は、どのようにアプローチをすれば復縁がしやすいのか、男性の恋愛心理を理解しながらそのテクニックを学んでいきましょう。

 

脳の記憶の仕組みとは

まず簡単に、脳の記憶の仕組みについてお話ししましょう。

 

脳の基本的な概念として言えるのは、「記憶は思い出せば出すほど深く刻まれていく」ということ。

 

つまり、一度忘れて何度も思い出した事柄のほうが、後々しっかりと記憶されるようになるのです。

 

この脳の記憶の仕組みをうまく使った勉強方法は、受験生の間でも話題になっていますね。

 

ここでは勉強の話は置いておきますが、元々最初に思い出したときは、「嬉しかった思い出」も「嫌だった思い出」も、同じように思い出されるもの。

 

しかし嫌なことを思い出すと心がざわつき、落ち着かなくなるので、脳が意識的に嫌なことを抑制するようになるのです。

 

このとき嬉しかった思い出は、より楽しかったこととしてインプットされ直すため、だんだんと楽しかったこと、嬉しかったことのみが強く刻まれ、次第にそのことしか思い出せなくなるという仕組みです。

 

こうして、ある程度の時間をかけて思い出が美化されていくんですね。

 

恋愛に関する思い出が美化されやすいのは、恋愛に関することほど「何度も思い出すから」だと言えるでしょう。

 

何度も思い出せば出すほど記憶に深く刻まれ、それと同時に美化されていくのです。

 

 

過去の恋愛の思い出を美化してしまう理由とは?

ではなぜ、人は過去の恋愛の思い出を美化してしまう(何度も思い出してしまう)のでしょうか。

 

恋愛の思い出を美化してしまう主な理由について、まとめてみました。

 

①未練がある

別れた恋人に対して未練があると、思い出も美化されやすい傾向にあります。

 

理由は単純、未練があると、それだけ何度も別れた恋人のことを思い出す機会が多いから。

 

これは、主にフラれたときに多いパターンですね。

 

・一方的に別れを告げられた

・相手に好きな人ができたとフラれた

・遠距離でいつの間にか別れたことになっていた

 

別れ方は様々ですが、自分が別れたことに納得できていないため、相手への気持ちや愛情がまだ残っているのです。

 

そうなると、「好きだ」という気持ちから、余計に思い出が美化されやすいと言えるでしょう。

 

周りから見ると明らかにひどい扱いを受けていたり、「別れて正解だよ」なんて言われるような元恋人だったとしても、です。

 

人は誰でも、好きな人のことを悪くは思いたくありません。

 

そういう深層心理も重なって、よけいに「いい人」という印象が強くなってしまうのでしょう。

 

人の記憶ほど曖昧なものはなく、人の記憶ほど当てにならないものはありません。

 

元恋人に未練があると、十中八九思い出は美化されていくでしょう。

 

そしてこの傾向は、男性の方がより強いと言われています。

 

恋愛において、「男性は新規保存、女性は上書き保存」と表現されることがありますよね?

 

男性は新しい恋愛をしても、過去の恋愛は過去の恋愛としてきちんと保存しています。

 

言わば、新しい彼女ができても、元カノはみな「お気に入り」状態。

 

お気に入りということは、当然何度も振り返る機会がありますから、何度も思い出してしまうわけです。

 

別れていても、一時は自分のものだったという意識も強いため、いつまでも忘れられないのでしょうね。

 

 

②今に不満がある

過去の恋愛を美化してしまう理由の2つ目は、今に何らかの不満があるということ。

 

たとえば

・今の彼氏(もしくは彼女)とうまくいっていない

・恋人がほしいのになかなかできない

 

なんていう場合に、過去の恋愛が美化されやすくなります。

 

今の恋人に何らかの不満があってケンカが絶えなかったり、うまく言えないけれども何かが違うなと感じていると、人は大抵過去の恋愛を思い出すのです。

 

「あの頃は楽しかったなぁ…」

「あの人だったらこんなとき、こう言ってくれたのに」

 

無意識のうちに今の恋人と元恋人を比べることで、より元恋人の印象が良くなっていくわけです。

 

たとえば、今の恋人とは仕事の休みが合わないなど、生活リズムにおいてすれ違いが生じているとします。

 

元恋人とは休みも合い、生活リズムにおいてもぴったりでした。

 

こんなとき、つい「元恋人だったら休みの前の日はお泊まりをして朝はゆっくり寝ていて…」なんてできたのが、今はそうもいきません。

 

そもそも休みが合わないため、まともなデートもできていないのです。

 

そのことに対する今の恋人への不満が、元恋人のイメージをより良くしてしまっていることは言うまでもありませんね。

 

たとえ元恋人の金銭感覚が荒かったり、浮気性であったとしても、今の恋人への不満を解消しているだけで、とても良い人のように思えてしまうから不思議なものです。

 

 

③自分の非を認めたくない

3つ目は、自分の失敗や非を認めたくないため、思い出を美化してしまうというもの。

 

これは、思い出の美化ともいえますが、「記憶のすり替え」と言った方がしっくりくるかもしれません。

 

たとえば自分の浮気やわがまま、束縛などが原因で恋人から別れを告げられたとします。

 

この場合、恋人が別れを告げるきっかけを作ったのはあなたであり、あなたの言動が原因で別れることになったわけです。

 

しかしながら、当然あなたはその現実を認めたくありません。

 

受け入れたくない現実から目を背けるために、「一方的に別れを告げられた(私は悪くないのに)」と思い込もうとし始めます。

 

こうして何度も自分の都合のいいように思い込むことで、いつしか本当にそうだったかのように思い出が美化されてしまうのです。

 

人間の脳は嫌なことや辛いことは意識的に抑制するようにできていますので、何度も思い込もうとすればするほど、自分の都合のいいように記憶は変わっていくことでしょう。

 

別れた理由に関しては、あなたと元恋人しか知らないことなので、嘘や思い込みがバレるリスクもほとんどありません。

 

先ほどお話しした①未練があるため思い出が美化されていくのは男性に多い理由ですが、この③自分の非を認めたくないというのは、主に女性に多い理由だと言われています。

 

 

 

過去の恋愛を美化するメリットとデメリット

過去の恋愛の思い出を美化してしまうことには、メリットもあればデメリットもあります。

 

とはいえ、どちらかというとデメリットの方が大きいので、できることなら「過去の恋愛の思い出を美化する」ことはしないほうがいいでしょう。

 

メリットとデメリット、それぞれ紹介していきます。

 

過去の恋愛を美化するメリット

・一時でも幸せな気分になれる

・精神安定

 

過去の恋愛における思い出を美化することは、すなわち「自分の都合のいいように記憶をすり替えている」のです。

 

別れた恋人にされたひどいこと、傷つけられたことは一切忘れ、嬉しかったことや楽しかったことのみを思い出すことができます。

 

つまり、今あなたの頭の中にいる元恋人は、あなたの理想的な恋人とも言えるもの。

 

現実の人間ではなく、もはやあなたのイメージしている理想像となっているといっても過言ではありません。

 

そんな理想的な人との楽しい日々を思い出すだけで、幸せな気持ちになれるのは言うまでもありませんね。

 

それまでの過程がどうであれ、「今」あなたの思い出の中にいる元恋人はとても素敵な人なのですから。

 

ただし、それが本当の幸せではないことは、あなたも心のどこかで気づいているはず。

 

一時でも幸せに浸れるのは、悪いことではありません。

 

思い出を美化して幸せな日々に浸れるのは、毎日の疲れやストレスから解放されることでしょう。

 

そういう点では、過去の恋愛の思い出を美化することも、悪いことではないのかもしれません。

 

また、思い出を美化することは精神を保つためでもあります。

 

たとえばあなたが、元恋人の浮気現場に遭遇したとします。

 

このとき、素直に浮気を認めてくれるのならまだしも、「お前とのことは遊びだった。一度や二度関係を持ったくらいで、彼女ヅラすんな」なんてひどい言葉を言われたとしたら…どうでしょう。

 

心は完全に拒絶し、現実を受け入れようとしないかもしれません。

 

記憶というのは、衝撃の大きいもの、印象の強いものほど鮮明に覚えているようになっています。

 

このたとえでいうなら、浮気現場に遭遇したことも、そのあとで彼に言われた言葉も、かなり衝撃としては強いですよね?

 

こんな嫌なことばかりを延々と覚えていたのでは、いつしか心が病んでしまうかもしれません。

 

脳は、あなたの心を守るために思い出を美化し、嫌なこと(衝撃の大きかったもの)を忘れるようにしてくれているのです。

 

これも、思い出を美化するメリットだと言えるでしょう。

 

 

過去の恋愛を美化するデメリット

・前に進めない

・比較してしまう

・同じ失敗を繰り返す

 

一方、過去の恋愛の思い出を美化してしまうデメリットには、こんなものがあります。

 

楽しかった思い出に浸りすぎて、元恋人のことが忘れられず、いつまでも前に進めないというのが一番のデメリットでしょうか。

 

思い出に浸ることは、決して悪いことではありません。

 

しかし、いつまでも引きずっていては新しい出会いも遠ざけてしまいます。

 

「元恋人のことが忘れられない」という気持ちも分からなくはありませんが、いつまで「忘れられない」でいるのですか?

 

あなたの中で元恋人との思い出が美化されすぎて、「あの人よりいい人なんていない!」と勝手に思い込んでしまっているだけの話です。

 

元恋人はすっかり前に進んでいるのだとしたら、あなただけ思い出を美化しすぎて前に進めないなんて、もったいないですよ!

 

2つ目は、ことあるごとに元恋人と今の恋人を比べてしまうこと。

 

恋人に対し、不満が1つもない人などいません。

 

あなたも元恋人に対して、様々な不満を持っていたことと思います。

 

今は思い出が美化されているため元恋人への不満は浮かんでこないでしょうが、何かしらの不満があり、合わないところがあったはずなのです。

 

そうでなければ、別れることにはならなかったはずですから。

 

それなのにも関わらず、思い出が美化されてしまっているため

「こんなとき元恋人なら○○してくれた」

「言わなくても私の気持ち分かってくれたのに」

「食べ物の好みが合うからあのお店が良かったのに」

なんて、今の恋人への不満ばかりが浮かんできてしまいます。

 

元恋人と今の恋人を比べてしまうことは、デメリットしか生みません。

 

違う人間に、まったく同じことを求める方がおかしいですよね?

 

思い出を美化しすぎて恋人を比較してしまうと、そこから亀裂が生じて破局への道を辿ることにもなりかねませんよ。

 

そして最後、3つ目は思い出を美化して自分の非を忘れてしまっているため、同じ失敗を繰り返してしまうということ。

 

あなたのワガママや束縛が原因で別れることになったとしても、思い出を美化することによってあなたはそれを忘れてしまいます。

 

彼があなたに別れを告げた本当の理由を忘れてしまうので、今の恋人とも同じ失敗を繰り返してしまうかもしれません。

 

人は、失敗を反省して次に生かしていくもの。

 

その失敗を忘れてしまっては、次に生かすことなど到底できませんからね。

 

 

思い出の美化と復縁の関係

では最後に、思い出を美化することと復縁の関係について簡単にお話ししたいと思います。

 

別れてしまった恋人ともう一度ヨリを戻すことを復縁といいますが、あなたは元恋人と復縁をしたいと思ったことがありますか?

 

実は、多くの人が一度は元恋人と「やり直したい」と思ったことがあるのだとか。

 

復縁についての詳しいことは省きますが、ケンカをして別れてしまった場合、「元カノとの復縁」よりも「元カレとの復縁」のほうが成功しやすいと言われています。

 

それはなぜかというと、女性は感情とともに記憶しますが、男性は事象として記憶していくから。

 

ちょっと難しい話ですが、ケンカをして別れたとき、女性は元カレのことを思い出すたびに「元カレの言い方にイラッとした」「ここで一方的にキレられて悲しかった」という感情がよみがえってくるのです。

 

しかし男性はというと、「ここで彼女とケンカしたなぁ」「このお店、よく彼女と来てたなぁ」と、何をしたということのみを思い出します。

 

もちろん別れた直後はそうはいかないでしょうが、時間が経てばそのときの感情などすぐに忘れてしまうのが男性。

 

そのため、ある程度の冷却期間を設けて思い出が美化された頃を狙えば、元カレとの復縁はそんなに難しいことではないのです。

 

女性の場合はいつまでも「イライラした」「ムカつく」「悲しい」といった感情も一緒に思い出してしまうので、元カノと復縁する方が難しいでしょうね。

 

このように、過去の恋愛の思い出を美化することは、復縁を成功させたい人には無視できないことでもあるのだと言えるでしょう。

 

復縁したいと思っているのなら、元カレの中であなたとの思い出が美化された頃を狙って(それまでは冷却期間)、再度アプローチをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

思い出を美化する理由や心理、過去の恋愛の思い出を美化するメリットとデメリット、そして復縁との関係について紹介しました。

 

思い出を美化するという行為は、脳が行っている防衛反応の1つでもあるため、誰にでも起こりうることです。

 

別れたときの衝撃や印象が強ければ強いほど、嫌でも思い出が美化されてしまうのかもしれません。

 

思い出を美化することは悪いことばかりではありませんが、その過去の思い出にばかりどっぷりと浸ってしまうのはやはり良いことではありませんよね。

 

思い出を美化すると同時に、「過去は過去、今は今」と割り切ることが大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました