「いい人どまり」で終わる人の特徴。お人好しからの脱却法とは!?男女別に徹底解説!

片思い

あなたの周りにも、「あの人、いい人だよね!」と言われている人はいませんか?

 

いい人と、いい男・いい女はちょっと違います。

 

「いい人」には、「どうでもいい人」というニュアンスが少なからず含まれており、恋愛対象になることはほとんどありません。

 

悪いことをしているわけでもないのに、なぜかいつも「いい人だよね」で終わってしまうのが、いわゆる「いい人どまり」です。

 

いい人どまりの人には、どんな特徴があるのでしょうか。

 

また、いい人どまりの人が恋愛に発展させるためにはどうしたらいいのか、その脱却法についても紹介していきます。

 

いつも「いい人だよね」で終わってしまい、彼氏・彼女になれずに悩んでいる人は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

 

 

いい人どまりな人の特徴 7つ(男性編)

まずは、いい人どまりな人の特徴(男性編)から紹介します。

 

いい人どまりで終わる男性には、どんな特徴があるのでしょうか。

 

①誰にでも平等に優しい

いい人どまりで終わる男性の特徴、1つ目は誰にでも平等に優しいということ。

 

学生の頃、クラスの中で浮いている人や正直あまり近づきたくないなぁ…なんて人はいませんでしたか?

 

露骨に避けたり無視をすることはなくても、用事がなければ話しかけないなど、必要以上に関わらないようにしていたのではないでしょうか。

 

しかしいい人どまりな男性は、そういう「浮いている人」「ちょっと変わっている人」に対しても、他の人と同じように優しく接することができます。

 

これは彼の人柄の良さでもあり、彼の良いところでもありますね。そのため、いい人どまりな男性は人付き合いが多いという特徴があります。

 

もちろん、誰にでも優しくできるというのは簡単なことではなく、当然ながら悪いことではありません。

 

むしろ見習うべきことでもあるのですが、女性というのは特に「特別扱いしてほしい」という願望を持っているもの。

 

誰にでも優しくする男性に対し、恋愛面においては物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

 

②まじめすぎる

いい人どまりの男性は、まじめすぎる人が圧倒的に多いです。

 

まじめで道徳心が強く、小さなことでもマナーは守るべきだと心に強く決めています。

 

約束や秘密などは絶対に守ってくれるため、相談相手としては彼以上に良い人はいないでしょう。

 

いつの間にか相談したことが広まっていた、なんてことは絶対にありません。

 

しかしいい人どまりの男性はまじめすぎる反面、融通が利かないという一面も持っています。

 

ルールを破ることができないため、いざというときにも臨機応変に行動することができません。

 

まじめなことは良いことですが、女性からするとドキドキ感に欠けるのでしょう。

 

危ない橋を渡るときの緊張感やドキドキ、ハラハラした気持ちを、まじめすぎる男性が相手では味わうことができないのです。

 

すでに安全が確立されたルートを用意しておいてくれるので、けがをすることはないのですが、それでは物足りないと思うのも無理はないかもしれませんね。

 

女性はいつだって、刺激的なことを求めている生き物ですから。

 

③嫌なことも進んで引き受ける

まじめで一度決めたら最後までやり通すタイプなので、適当に物事をこなしている人に対してイライラしてしまうのもこのタイプ。

 

また、場の空気を重くしたくないという気持ちがあるため、みんなが嫌がることを進んで引き受けてしまう一面もあります。

 

たとえば飲み会の幹事や歓送迎会の幹事など、他の人が「めんどくさいからやりたくない」と思うことも、自ら引き受けてしまいます。

 

自分でやったほうが早い上、そうすれば周りの人も不機嫌になることはありません。

 

元々がまじめな性格ですので、周りの人もいつしか「コイツに頼んでおけば間違いない」と思うようになっているのです。

 

頼られて嬉しいとも感じているので、本当は忙しくて幹事などやっている暇がないというときでも、頼まれれば断れません。

 

文句を言わずに引き受けてくれ、お店選びなんかも真剣に行ってくれるでしょう。

 

とても大変なことをしてくれているのに、いつしかそれが当たり前になってしまい、周りから感謝されることもなくなる損な役回りであることも。

 

たとえば会費がわずかに足りなかったときや人数の関係で料理が足りなかったときなどは、あえて周りに言わずに自分が損を被ることも少なくありません。

 

「いい人」の典型的なタイプですね。

 

④自己主張が乏しい

いい人で終わってしまう男性は、自己主張が乏しいという欠点があります。

 

ただしこれは、誰の意見も公平に聞こうとする姿勢と、争い事を嫌う性格がたってのこと。

 

本当は違うことを考えていても、揉めるのが嫌で他人の意見に従ってしまいます。

 

他人に合わせられるのは長所でもありますが、これは言い換えれば

・人に流されやすい

・押しに弱い

・リードできない

ということでもあるのです。

 

たとえばデートの時、女性が「もっと一緒にいたいな」という雰囲気を出しているのに、それに気がつかずに家まで送ってしまったり、デートで行くお店がなかなか決まらなかったり。

 

相手がお店に求める条件(イタリアン、テラス席がある、など)を言ってくれればお店探しをすることはできますが、いわゆる「自分のオススメのお店」がないのです。

 

こんなことを言ったら相手が不機嫌になるかも、気に入ってもらえないかも、と頭であれこれ考えすぎてしまい、肝心なことを伝えられずに終わるのがまさにこのタイプ。

 

ここぞというときにリードできない男性は、残念ながら女性からは「物足りない男」。

 

ただしこちらの条件に合うお店選びをしてくれるなど、マメなところは評価されて、結局「いい人」という言葉でまとまってしまうわけです。

 

「好き」ってどういう気持ち?好きかわからないときにチェックすべき6つのポイント
自分の気持ちは自分が一番よく分かっているはずですが、「好き」という気持ちに関しては「自分でもよくわからない…」という人が多いです。ここでは、そんな「彼のことが好きなのかわからない」と悩むあなたのために、恋愛としての好きだと判断するポイントについて紹介していきます。

 

⑤会話のキャッチボールができない

女性からの質問に対し、「はい」または「いいえ」でのみ返していませんか?

 

特にまだお互いのことをあまり知らない段階であるなら、会話のキャッチボールをすることは基本中の基本。

 

会話のキャッチボールができないと、それはいわゆる会話が続かない状態ですからね。

 

これでは、「つまらない男」のレッテルを貼られてしまうのは時間の問題だと言えるでしょう。

 

 

⑥ギャップがない

あなたは、女性は男性のどこにもっとも魅力を感じると思いますか?

 

実は顔でも筋肉質な体つきでも優しさでもなく、魅力を感じる一番のポイントは「ギャップ」なんです。

 

確かにギャップがあればあるほど印象に残りますし、マンガでもヒロインが恋する男子はたいていギャップがありますよね。

 

不良なのに動物好きだったり、普段は乱暴なのにいざというときには頼れる存在だったり。

 

こういうギャップのある男性を女性は求めているのです。

 

しかし、「いい人どまり」で終わってしまう男性には、このギャップがありません。

 

性格も見た目も「思った通り」であり、意外な一面などがないため、ドキドキを感じることもありません。

 

そのためほとんど印象に残ることもなく、恋人に昇格することもほとんどない、というわけです。

 

やはり一緒にいてワクワク、ドキドキする人がいいですから、ギャップのない男性は「いい人なんだけど…(何か足りない)」で終わってしまうのでしょうね。

 

女性が好意のある男にする5つの会話術!脈ありかどうかを見極めよう
気になる子の気持ちが知りたい。。。少しは俺に興味あるのかな?そんな悩みを抱えているメンズ諸君。何気ない会話から女性の好意を探ってモテ男になって、彼女をGETだぜ!

 

⑦何でも奢る

いい人で終わってしまう男性は、女性に何でも奢ってしまう傾向が強いです。

 

映画に行っても、カフェでお茶をしても、レストランに入っても、つい「ここは俺が払うから大丈夫だよ」と言っていませんか?

 

確かに一昔前の考えでは、デート代は男性が持つものという風習がありました。

 

しかしそれは、だいぶ前の話。

 

今はデート代も割り勘する時代なんですよ。

 

男として頼りになるところを見せたいのかもしれませんが、奢ってばかりいたら、

 

・奢ってもらってばかりで悪いな…なんか気まずい。

・奢った見返りに何か求められるかも。

・この人と遊べば何でも奢ってもらえる!

 

など、恋人としては見られなくなってしまいます。

 

せめて、基本は割り勘にしてレストランだけ全額持つとか、その程度にしてほしいですよね。

 

この人と遊べば”奢ってもらえる=都合のいい男”として認定されてしまうと、残念ながら彼氏候補になることはありません。

 

 

いい人どまりを脱却する方法 4つ(男性編)

「いい人どまり」な男性の特徴についてお話ししましたが、そんないい人どまりから脱却するには、どうしたらいいのでしょうか。(男性編)

 

「いい人」ではなく彼氏候補になりたいというのなら、ぜひ以下で紹介することを試してみてください。

 

①決断力をつける

いい人どまりで終わってしまう男性に共通しているのは、決断力がないこと。

 

何でもかんでも他人に合わせ、本当は嫌なのに「いいよ」と答えるイエスマンになっていませんか。

 

これでは、

・優柔不断な人

・八方美人

・本心が分からない

として、女性から良い印象は受けません。

 

もちろん、自分の意見ばかりを貫き通しているのでは、単なる「自己中心的な男」「わがままな人」になってしまうので気を付けましょう。

 

あくまでも自分の意見を言えるようになることが大切なのであって、自分の意見を押し通すことが必要なわけではありません。

 

まずは、「自分の意見を言う」「意思を伝える」ことを目標にするといいですね。

 

いつの時代も、女性が求めているのはリードできる男。

 

空気を読んで、いざというときに頼れる男を求めているのです。

 

何でも言いなりで意見も言えないのでは、とてもじゃありませんが頼れる男とは言えませんよね。

 

最初から決断力をつけるというのは難しいと思うので、女性と食事に行くお店を決めるとき、

「何が食べたい?」

と聞くのでなくて、

「○○と××ならどっちの気分?」

などと、二択もしくは三択で聞いてみてください。

 

この聞き方なら自分の意見も伝えられますし、相手の意見も尊重することができます。

 

決断力というと、「俺は○○の気分だから、お店は○○でいい?」と一方的に決めてしまうことと勘違いする人がいるのですが、決してそういうことではありませんのでご注意を。

 

②ギャップを作る

いい人で終わる男性にはギャップがないと言いましたが、ギャップはなければ作ればいいんです!

 

嫌われないように、争わなくてすむようにと人と接していると、刺激もなければドキドキ感もありません。

 

また、まじめな雰囲気の人が読書が好きといっても、意外でもなんでもありませんよね?

 

むしろ、「だよねー!」と言われるのがおちです。

 

そのため、見た目や周りの人が抱いているイメージとはかけ離れた「何か」を手に入れることが重要。

 

たとえば、

・スリムで弱そうなのに、脱いだら実は筋肉質

・おとなしそうなのにアウトドアが好き

などです。

 

筋肉質な体つきにドキッとする女性は多いので、筋トレをして魅力的なボディを手に入れるのもいいですね。

 

あなたのイメージとはかけ離れた趣味を始めてみるのもいいかもしれません。

 

ギャップは、なければ作ればいいだけの話です。

 

③頭の回転を早くする

女性との会話の中でキャッチボールができないと悩んでいる人におすすめなのが、頭の回転を早くすること。

 

お笑い芸人を思い浮かべてみてください。

 

彼らは、司会者の突然の「振り」に瞬時に反応し、しかもおもしろいことで返してきます。

 

あのキレのあるトークは、頭の回転が早いからこそできるもの。

 

一般人にお笑い芸人並みの返しを求めている人などいないでしょうが、頭の回転が早くなれば、それだけ会話力も高くなるといえルでしょう。

 

頭の回転を早くするためには、ある程度の知識がないといけません。

 

まずは読書をするなどして、語彙力を身に付けるのもいいかもしれませんね。

 

また、時事問題は知っていて損はないものなので、ニュースや新聞をチェックすることもオススメです。

 

④自分に自信を持つ

自分に自信を持っている人は、それだけでも魅力的に見えるものです。

 

「いつもいい人で終わってしまう」と悩んでいるあなたは、恐らく自分に自信がないのだと思います。

 

しかし今、あなたは変わろうとしています。

 

いい人で終わるのは嫌だ!と、自分を変える努力をしているのですよね。

 

そんな自分に、自信をもってください。

 

意識して変わろうとした時点で、今までのあなたとは違うもの。

 

自信を持つことができると人は輝いて見えますから、自信を持つことは大切なのです。

 

カレを落とす恋愛テクニック8選!時代遅れの古いテク&男性向けテク【徹底解説】
気になる男性がいる、そこのあなた!彼を落とすための恋愛テクニック8つを伝授しちゃいます。今回紹介する恋愛テクニックは、心理学の観点からも有効とされるものばかりを徹底解説しました。
異性に「モテそう」と言われるのにモテない人の特徴!!モテそうという心理も男女別に徹底解説
女性なら「モテそう」と言われて悪い気はしませんが、なんとなく「遊んでそうに思われてる?」「それとも私に気がある?」なんて色々と考えてしまうもの。異性に「モテそう」という人には、どんな心理が隠れているのでしょうか。また、「モテそうと言われるのにモテない人」の特徴についても紹介しますので、私がそうかも…なんて思い当たる節のある人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

※以下、女性編のご紹介します。

いい人どまりな人の特徴 5つ(女性編)

それでは続いて、「あの子、いい子なんだけどね(彼女にするにはちょっと…)」と言われてしまう、いい人どまりな女性の特徴について見ていきます。(女性編)

 

①相手に合わせすぎる

いい人どまりな女性の特徴、1つ目は「相手に合わせすぎる」ということ。

 

男性は誰にでも平等で公平に意見を聞こうとする特徴があるといいましたが、女性の場合は「好きな人」が相手のときに上記のような特徴が見られることが多いです。

 

好きな人に寄り添いすぎてしまい、自分の意見が言えません。

 

いわゆる「物わかりが良すぎる」のです。

 

本当は嫌だなと思っているのに、好きな人に頼まれたり求められたりしたら断れない…なんてことはありませんか?

 

確かに好きな人には嫌われたくないので、意見を言って関係が崩れるよりは合わせたほうがいいのでは、と思う気持ちもわからなくはありません。

 

しかしそれは自分を押し殺していることと同じであり、考えや意見がまったくないのと一緒。

 

これでは、彼の印象に残るはずがありませんね。

 

物わかりが良すぎる女性よりも、ちょっとくらい反発して嫌われたほうが、彼の印象には残ります。

 

相手に合わせすぎる女性は、男性からすると「わがまま言いたい放題できる、いい人」でしかないのです。

 

②見守り体制になる

ふつうなら、好きな人に「自分のことを知ってほしい」「もっと私に興味をもってほしい」「彼に近づきたい」などという「欲」が出てくるもの。

 

しかし、いい人で終わってしまう女性には、このような恋愛に関する欲がほとんどありません。

 

これは①の相手に合わせすぎることと似ているのですが、欲を出して嫌われるよりも、好きな人が楽しければ(幸せならば)それでいいと心のどこかで思ってしまっているのです。

 

確かに、好きな人の幸せを願うのは大切なことですし、素晴らしいことでもあります。

 

それができずにいつまでも引きずる人もいるくらいですからね・・・。

 

しかしそれは、あくまでも好きな人にフラれたり、好きな人に彼女ができてしまった場合の話。

 

何もアプローチをする前から願うべきことではありません。

 

「一緒に○○をしたい」ではなく、「彼が楽しければいい」と思ってしまうと、あなたの彼の関係は全然進まなくなってしまいますよね。

 

そうこうしているうちに、他の女性に好きな人を取られてしまうのも、いい人どまりな女性に多いパターンです。

 

 

③気を使わない尽くし方をする

女性は、好きな人に尽くすタイプの人が圧倒的に多いです。

 

恋愛が上手な女性というのは、好きな人に尽くしながらも自分の気持ちをうまくアピールすることができる強者ばかり。

 

しかしいい人どまりな女性の場合、気持ちをアピールする尽くし方ができません。

 

男性側も気を使わなくてすむような尽くし方をするので、いわば母親のような存在になってしまい、特別な存在になることはないのです。

 

男性からすれば見返りを求めずに自分に尽くしてくれているわけですから、それほど頼りになる人はいないでしょう。

 

いざというときに頼りになる女性は、ほぼ確実にいい人で終わります。

 

 

④優しすぎる

男性(好きな人)に対して優しすぎる女性も、いい人で終わってしまう可能性が高いです。

 

思いやりを持つことは、もちろん必要なこと。

 

しかし行きすぎた思いやりは、彼のわがままを助長し、彼をダメな人間にしてしまうこともあります。

 

「コイツになら何を言っても大丈夫」

と、彼は自分の思い通りにわがままを言いたい放題になってしまうかもしれません。

 

ダメなことはダメだときちんと言える女性のほうが、男性からは魅力的に見えるもの。

 

しかも優しすぎると本心が見えませので、そういう人と恋愛に発展することもほとんどないと言えるでしょう。

 

本心が分からないと薄気味悪い印象を与えますし、刺激もなくて「つまらない」のです。

 

また、優しすぎる女性は彼に注意することもできないですし、彼を頼ることもできません。

 

頼ったら迷惑かも…と考えてしまい、辛いときに素直に頼れなくなってしまうのです。

 

男性は女性に頼ってほしいと思っているので、そういうところも恋愛に発展しない理由なのかもしれませんね。

 

あざとい女はなぜモテる?あざとい女の8つの特徴とモテテクを学ぶ!
あざとい女はモテることが何よりも大切だと思っているので、モテるためなら何だってします。ただし、やりすぎると逆効果になることも知っていますので、あくまでも「適度に」やることがポイント。あざとい女は男性にモテます!貴方もあざとい女を参考にしてみては!?

 

⑤自虐ネタが多い

そして5つ目の特徴は、自虐ネタが多いということ。

 

自分の失敗を自分で話すことで場を盛り上げ、周りの人に楽しくなってもらおうと思っています。

 

誰かを話のネタにするとその人が傷つくかもと思い、あえた自虐ネタを選んでいるのでしょう。

 

確かに自虐ネタは盛り上がりますし、場の空気もなごむため良いことでもあります。

 

しかし友だちとしてはいいけれど、彼女にはしたくないというのが男性の本音のよう。

 

理由は簡単明確、色気がないから。

 

自虐ネタには色気はまったくなく、異性としての魅力ははっきりいって感じることができません。

 

とはいえ、自虐ネタが言えるというのは、優しい人だからともいえます。

 

自分を犠牲にすることで雰囲気を良くしようと思っているわけですからね。

 

そのため「あの子っていい子だよね」と思われるものの、それ以上先に進むことは残念ながらありません。

 

 

いい人どまりを脱却する方法 3つ(女性編)

さて、いい人どまりで終わってしまう女性が、いい人ではなく彼女候補になるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

「いい人だよね」は、決して誉め言葉ではありません。

 

今こそいい人どまりを脱却し、彼女候補として見てもらえるようになりましょう!

 

①主体性を見せる

まず始めに言っておきますが、いい人ではなく彼女候補として見られたいのなら、相手に尽くすことをやめましょう。

 

男性というのは、追われるよりも追う恋愛を求めています。

 

狩猟本能、という言葉を聞いたことがあるでしょう?

 

男性は、逃げるものを捕まえたくなる生き物であるため、尽くされるよりも追いかける恋愛が好きなもの。

 

好きな人から誘われると嬉しくて他の予定があっても優先してしまう…という気持ちも分かりますが、いい人を卒業したいのなら、彼に尽くすことをやめるのが先決です。

 

たとえば、急に「今日の夜空いてる?」と誘われたとします。

 

実際の予定のあるなしに関わらず、好きな人の誘いにはOKしたくなりますが、そこはグッとこらえましょう。

 

「急に言われても無理だよー。一昨日までに誘ってくれたら行けたのに、残念。今度は早めに誘ってね!」

と、非常識な誘いには断るものの、誘ってもらってうれしいという気持ちは伝えられる言い方をするのがオススメ。

 

同じような感じで、頼まれごともやんわりと断ることも大切です。

 

頼まれごとの種類にもよりますが、飲み会や食事のお店探しを押し付けられたときには、

「頑張って探してみるけど、今忙しいからちゃんとできるか分からないなぁ。念のため、○○くんのほうでも探しておいてくれたら助かるかも」

という言い方がベスト。

 

あくまでも、「自分もやるけどそっちもやってね」というニュアンスで伝えることが大切です。

 

何度も言いますが、主体性のない人は印象に残りません。

 

ムリなものはムリと断ることで、彼の印象に残ることができるようになりますよ。

 

 

②自分の意見を言う

いい人どまりで終わってしまう人は、男女とも「自分の意見が言えない」という共通点があります。

 

自分の意見が言えないことが続くと、「君にとってはどうでもいいんだね」と思われてしまうのももはや時間の問題だと言えるでしょう。

 

確かに、意見を言ったらケンカになったり、最悪の場合は嫌われてしまうかもしれません。

 

しかし、それでいいんです。

 

嫌われてもいいと割り切りましょう。

 

本当にあなたのことを思ってくれている人なら、あなたの意見にも真摯に耳を傾けてくれるはずです。

 

意見を言ったことで崩れる関係なら、しょせんその程度の関係だったというだけのこと。

 

八方美人はいい人どまりの典型です。

 

男性にとっても、きちんと意見を言える女性は魅力的に見えるものなので、まずは自分の意見をきちんと言えるようになりましょう。

 

 

③ミステリアスな部分を作る

人は、見えないものだからこそ見たいと思い、隠しているからこそ知りたいと思うもの。

 

分からないことを知りたいと思うのは当然で、その気持ちが興味になり、ゆくゆくは恋心に変わっていくものでもあります。

 

しかしいい人どまりな女性は、自分のことを何でも話してしまう傾向が強いです。

 

会話が途切れないように、という思いもあるのかもしれませんが、何でも話してしまえばそこで終わり。

 

すべて知っているので、それ以上の興味を持たれることはありません。

 

そこで恋愛に発展させるためには、ミステリアスな部分を作ることがおすすめです。

 

特に難しく考えず、たとえば

・連絡のつかない時間帯を作る

・過去の恋愛について一切語らない

などでOK。

 

男性は、自分の知らないことを知り尽くしたいという気持ちが強いものの、実際に知り尽くしてしまうと「こんなもんか」と飽きてしまうところもあります。

 

知り尽くされるまでに、いかに引き伸ばしておけるかが鍵。

 

男性が興味を持ち、追いかけてくるようになったのなら、あなたはもう「いい人」で終わることはないでしょう。

 

 

まとめ

いい人どまりな人の特徴と、その脱却法について男女別に紹介しました。

 

「いい人」と言われて悪い気はしないかもしれませんが、いい人という言葉は恋愛対象にはならないことが多いです。

 

恋愛において、いつも「いい人だよね」で終わってしまうのには、あなた自身に原因がある場合がほとんど。

 

嫌われたくない、場の空気を悪くしたくないという優しさからきているのでしょうが、今のままでは本当の幸せは手に入りません。

 

本当の幸せを手に入れるためには、「いい人どまり」から脱却しましょう。

 

いい人どまりから脱却することができれば、今とは違った世界が広がることに気がつくはずです。

 

好きな人と両思いになりたい、好きな人の恋人になりたいという気持ちがあるのなら、「いい人ではなくなる努力」をしていってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました