男性が好きな人にとる分かりやすい態度【7つの特徴】好きな人を振り向かせる小技も伝授!

男性心理

好きな人がいるのなら、その人と両思いになりたいと思うのは当然のこと。

 

仲良くなりたい、もっと近づきたいと思いますよね。

 

そして何よりも気になるのが、「好きな人は私のことをどう思っているのだろうか」ということでしょう。

 

人の気持ちというのは誰にも分からないので、知るためには言葉にするしかありません。

 

しかし男性の場合、言葉にしなくても意外と態度に現れているもの。

 

男性が好きな人にとる態度とは、一体どういうものなのでしょうか。

 

また、好きな人のあなたに対する態度が「好きな人への態度」ではなかったとしても、諦めないでください!

 

記事の最後には、好きな人を振り向かせる方法も紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてほしいと思います。

 

 

男性が好きな人にとる態度 7つ特徴

 

では早速、男性が好きな人にとる態度について見ていきましょう。

 

あなたの周りにも、こんな男性はいませんか?

 

①目が合うとすぐそらされる

1つ目は、目が合うとすぐにそらされること。

 

「なんだか誰かに見られている気がするなぁ…」

「視線を感じる…」

と誰かの視線を感じ、周りを見渡すと男性と目が合うのです。

 

しかし目が合った瞬間、いかにも「見てませんけど?」と言わんばかりの態度で目をそらされたとしたら、あなたのことが気になっている証拠でしょう。

 

好きな人のことを見ていたいと思うのは、女性も男性も同じです。

 

女性の場合は目が合ったらニッコリ頬笑むくらいのことができますが、男性はそういう臨機応変なことはできません。

 

見ていることがバレた=好きだということがバレるかもと焦り、思わず目をそらしてしまうわけです。

 

ここでのポイントは、「明らかに目が合ったのに」目をそらされるということ。

 

目が合いそうになったから目をそらすというのではなく、あくまでも目が合ってからそらされるというのがポイントです。

 

 

②からかってくる

ことあるごとに茶化してきたり、ふざけたりしてくるのも、男性が好きな人にとる態度の1つ。

 

こちらからすると、「ん?もしかしてバカにされてる?」と思うほど、話すたびにからかってくる人もいます。

 

これは決してあなたのことをバカにしたいわけではなく、おもしろいことを言って場の空気を良くしたい、会話を盛り上げたいというだけの話。

 

なんとかして、あなたと話すきっかけを作りたいという気持ちの現れなんです。

 

また、あなたに笑ってほしいという気持ちから、茶化す、ふざけるという行動に出ている場合も。

 

あなたの過去の失敗を覚えていて、毎日のようにからかってくることもあります。

 

「ボーッとしてるとまたコケるよ?」

「書類の宛先、間違ってない?」

 

なんてバカにしてくることも少なくありません。

 

自分でも忘れかけていたことさえ覚えていることがあるので、「そんなこと私でも忘れてたのに、よく覚えてるなぁ」なんて感心してしまうこともあるでしょう。

 

それは裏を返せば、あなたのことを常に目で追っている証拠。

 

そして、何か話すことはないかと常日頃から話題を探している証拠でもあるのです。

 

③いつのまにか近くにいる

3つ目は、いつのまにか近くにいるというもの。

 

特別話しかけてくるわけでもなく、ただ視界に入るくらいの距離にいるのです。

 

目の前や隣ではなく、斜め後ろあたりのポジションを取ることが多いですね。

 

自分から話しかける勇気はなく、話すことも見つからないけれど、どうしても近くにいたいのでしょう。

 

あなたが何をしているのか、何を話しているのかが分かる距離にいたいのです。

 

このタイプの男性は、普段は近くにいても話しかけることはないですが、飲み会などではちゃっかり隣にいたりするので驚きです。

 

よくよく考えてみると、あの人いつも近くにいるなぁ…なんて思ったら、あなたから話しかけてみるのもいいかもしれません。

 

シャイで照れ屋な彼は、自分からは話しかけることができないでいるので、そんな彼と進展を望むのなら、あなたから行動することがおすすめです。

 

 

④ラインが多い

普段は話をすることがない人であっても、ラインが多いとしたら好きである可能性が高いです。

 

これは、②で紹介した茶化す、ふざけるという行動ができないタイプの男性にみられる態度で、直接話しかけることができないためにわざわざラインで連絡をしてくるのです。

 

現代人は特に、「直接言わないのにラインだとすごく喋る」タイプの人が多いですよね?

 

直接言って何かを言い返されたときに困る、もしくは返答次第ではショックを受けるので、少しでもショックを和らげるために「言葉ではなく文字」にしているというわけ。

 

正直なところ、「そのくらい口で言えばいいのに…」と思ってしまうような些細なことも、ラインで伝えてくる人っていませんか?

 

それは単純に、話しかけるのが恥ずかしいのかもしれません。

 

面と向かうと緊張してうまく話す自信がないから、文字にして送るわけですね。

 

そうすることで履歴にも残りますし、文字なら考えてから送ることができますから、「余計なことを言ってしまった!」というような失敗するリスクも少なくてすみます。

 

一般的に男性はラインなどの連絡をするのは苦手な人が多く、女性と比べて連絡もマメなほうではありません。

 

それなのに、特に今すぐ聞かないといけない、というような用事があるわけでもないのに、マメにラインをしてくるのは、あなたのことが好きだからだと言えるでしょう。

 

 

⑤意地悪をするのにかばう

よく、幼稚園や小学校のころ、「好きな子ほどいじめたくなる」という男心を聞いたことがあるでしょう?

 

大人になった今でも、基本的な男心は変わりません。

 

好きな人のことはいじめたくなるのが男心なんです!

 

実は男性というのは非常に分かりやすく、嫌いな人には一切近づきたくないと思っています。

 

それを男性のほうから進んで近づいてくるのは、それだけである程度の好意が伺える態度。

 

自分だけが好きな人の特別でいたい、近くにいたいという気持ちが男性にはあるので、意地悪をして好きな人の視界に入ろうとするわけです。

 

意地悪をされると記憶に残りますし、話すきっかけにもなりますからね。

 

ここでのポイントは、ただ意地悪をするだけでなく、「意地悪をするのは自分の特権」だと思っているということ。

 

どういうことかというと、たとえばあなたが別の男性にからかわれたり、間違いを指摘されたりしていたとします。

 

普段は彼の方がその男性よりもあなたのことをバカにしているのに、

「あんまり気にするなよ?」なんて庇ってくれることも。

 

あなたをいじめたりバカにしたりしてもいいのは自分だけだと思っているので、他の男性からの意地悪からは庇ってくれるという一面もあわせ持っているのです。

 

 

⑥些細な変化に気が付く

6つ目は、あなたの些細な変化にすぐに気が付くこと。

 

たとえば、

・前髪切った

・口紅の色を変えた

という外見の変化から、

・なんか元気ないね

・体調悪いの?

といった心理的な変化まで、なんでもお見通しなのです。

 

こういう些細な変化に気が付くということは、それだけ普段からあなたのことを見ているということでもありますよね。

 

普段からよく見ていなければ、些細な変化に気が付くことなどありません。

 

男性は好きな人のことは目で追ってしまうという話をしましたが、それがまさにコレに繋がるわけです。

 

見ているから気が付く、というだけの話。

 

とはいえ、見た目の変化だけでなく心理的な変化にまで即座に気が付くだなんて、どれだけ見てるの…って感じですけどね。

 

女性にとっても、変化に気づいてもらえるというのは嬉しいと感じる人が多いので、特別嫌われているのでなければ加点対象でしょう。

 

特に故意に行った変化(前髪切った、メイク変えたなど)については、女性は誰かに気づいてほしいと心の中では思っているもの。

 

一言「あ、前髪切ったの?似合ってるね」と言うだけで、女性の印象はグッとよくなることでしょう。

 

 

⑦笑顔を見せてくる

男性のキャラやタイプにもよりますが、普段笑顔を見せてくる男性はあまりいません。

 

他の女の子には見せないような表情を特定の人にだけ見せてくるとしたら、それはその人のことが気になっているからでしょう。

 

男性も、好きな人には自分のことを「知ってほしい」という気持ちがあります。

 

そのため、無意識のうちに「他の人は知らない素の自分」を見せているのかもしれません。

 

また、照れ隠しの仕草(頭をかく、手で口元を覆うなど)をするのも、あなたのことが気になっている証。

 

どうでもいい女性と話すとき、男性は特に何も思っていません。

 

自分のことを良く見られたいとか知ってほしいとも思いませんし、ましてや相手のことを知りたい、かわいいとも思いません。

 

そのため、ただ用件を伝えれば会話は終わってしまいます。

 

しかし、好きな人が相手なら違います。

 

自分のことを知ってほしいとも思いますし、相手のことも知りたいと思います。

 

さらに相手の一挙一動をかわいいと思い、それがバレないように必死で「照れ隠しの仕草」をしているわけです。

 

おそらくその照れ隠しの仕草は、他の女の子と話すときにはしていないはず。

 

あなたの前でだけそういう仕草をしてしまうのは、あなたが他の女の子とは違う対象だからという以外に理由はありません。

 

 

好きな人から ”好き” の態度が出ていないときに振り向かせる方法

もしもあなたの好きな人が、自分に対して上記のような態度、行動を示しているとしたら、あなたからも好意を示すことで一気に関係は進展することでしょう。

 

相手の性格にもよりますが、相手がシャイで草食系であるのなら、あなたの方から何かしらのアクションを起こすのもおすすめ。

 

しかし、あなたの好きな人から上記のような「好きな人への態度」が見られなかったとしたら…どうしたらいいのでしょうか。

 

この場合、確かに現時点では彼はあなたのことを特別好きではないのかもしれません。

 

だからといって嫌われているわけではないはずです。

 

自分のことを好きではない男性を振り向かせるための3つの方法について、紹介しましょう。

 

好きな人を振り向かせるため、ぜひ試してみてください!

①相手の目を見る

男性が好きな人にとる態度にもありましたが、目を見ることは効果的。

 

「目は口ほどにものをいう」ということわざがあるように、目を見て話すことはさりげなく好意を伝えるにはオススメなんです!

 

特に現代は、しっかりと相手の目を見て話をする機会というのは減っているように感じます。

 

人と話すときにも、常に手にはスマホがあるのではないですか?

 

スマホを見ながら相手と話をしていても、相手に気持ちは伝わりません。

 

しかし現代ではこれが当たり前の光景なので、特に違和感を覚える人もいないのでしょう。

 

だからこそ、目を見て話すというのは効果的なんです。

 

他の人がしていないのに、○○さんはいつも目を見て話をしてくれるなぁ…と、彼が感じてくれたら成功!

 

あなたの印象は、彼の中でかなり良くなったはずです。

 

時々なら目が合ってにっこり微笑むのもいいですが、仕事中など常に見つめているのはNG。ところ構わず視線を感じると、嬉しさを通り越して恐怖を感じてしまうこともあるからです。

 

まずは「目を見て話をする」ことに焦点を当てて、実践してみましょう。

 

好きな人にそっけない態度をとられた!その理由とは・・厳選6つ
好きな人にそっけない態度をとられたら、ショックだし理由が気になりますよね。そっけなくする理由はたくさんあります。彼がどれにあてはまる状態なのかをしっかりと見極めて、今後の対応を考えた方がよさそうです。

 

②さりげないボディタッチ

いつの時代も、ボディタッチは好意の現れとして定着しています。

 

特に男性は、ボディタッチをされるとドキドキして、その人のことが気になってしまうことも多いのだとか。

 

ただし、ここでオススメするのはあくまでも「さりげない」ボディタッチ。

 

直接的で大胆なボディタッチは逆効果ですので気を付けましょう。

 

大胆なボディタッチは下品な感じがしますし、そもそも明らかに「狙ってます」という感じがして怖いですよね。

 

さりげないボディタッチというのは、たとえば「服にゴミついてるよ」といってゴミを取ったり、「フードひっくり返ってるよ」とフードを直すなど。

 

ネクタイが曲がっていて直してあげるというのもいいですね。

 

このようなボディタッチは、相手をドキッとさせるだけでなく、気遣いができることのアピールにもありますので、まさに一石二鳥なのです。

 

◇男性がボディタッチする心理・・触られた場所で分かる隠された心理!
男性からボディタッチにも隠された心理があることをご存知でしたか?好きと言っても様々な種類があるので見極めは難しいです。女性として好き・性的対象として好き・友達として好きの三種類の好きがあります。男性のボディタッチに関する事実を徹底解説します。

 

③メッセージにハートマークをつける

ちょっと大胆なアピールですが、メッセージにハートマークをつけて送るのもおすすめ。

 

ハートマークというのは効果絶大で、送られてきた男性は「え、もしかして俺のこと好きなのかな?」と思ってしまうことでしょう。

 

はっきりと好きだとは伝えていないので、男性をドキドキさせるにはもってこいですよね。

 

男性からすると、ハートマークは特別な人にしか送らないイメージがあるのだとか。

 

女性からすると、友だち同士でもハートマークをつけることがありますので、正直なところそこまで特別なマークではありません。

 

ただし、ハートマークを乱用するのはNG。

 

ハートマークを乱用すると、せっかくのハート効果も威力が半減してしまいます。

 

メッセージを送るたびにハートマークをつけるのではなく、「ありがとう」「今日は楽しかったよ」などのお礼を言うとき限定でハートマークをつけるのがおすすめです。

 

 

まとめ

男性が好きな人にとる態度と、男性を振り向かせる方法について紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

男性というのは意外と分かりやすく態度に現れているものです。嫌いな人ことを見たり、必要以上に近づく、話しかけるなんてことはありません。

 

仕事などでの用事以外で話しかけられることが多いのなら、少なくとも嫌われてはいないと言っていいでしょう。

 

男性は好きという気持ちが態度に現れやすいので、その態度が感じられないとガッカリしてしまうこともあるかもしれませんが、諦めずにアプローチを続けていってくださいね。

 

好きな人を振り向かせるため、頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました