最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バツイチ女性の恋愛事情!バツイチならではの魅力あり?危険なバツイチ男の特徴とは

一度結婚と離婚を経験している、バツイチ女性。

最近は3組に1組の夫婦が離婚するとも言われているので、必然的に「バツイチ」の人たちも増えています。

バツイチになったばかりの頃は気持ちも落ち込んでいるので、

「もう恋愛なんてしたくない」

と思うことでしょう。

しかしある程度の時間が経つと、次第にまた恋愛がしたいと思えるもの。

とはいうものの、バツイチだと恋愛ができない、バツイチ女は恋愛対象外、だなんて思っている人も多いです。

果たして、本当に「バツイチ女は恋愛対象外」なのでしょうか。

いいえ、バツイチ女性だって恋愛できます!

ばっちり恋愛対象に入るので安心してください!

むしろ、世の中の男性はバツイチ女性に「バツイチならではの魅力」を感じているようですよ。

バツイチ女性の恋愛における魅力とは

離婚歴があるとそれだけで劣等感を覚える女性も多いですが、バツがつくことがすべて劣等感に繋がるとは限りません。

実際、未婚女性よりもバツイチ女性に魅力を感じるという男性もいるんです!

恋愛面における、バツイチ女性の魅力についてまとめてみました。

①見た目やステータスで判断しない

結婚を考える年齢の女性や婚活に励んでいる女性の場合、どうしても男性を見た目やステータスを中心に判断してしまいます。

性格がどんなにいい人でも、

「もっとカッコいい人がいいな」

「年収○万円はちょっと…」

などと感じ、ありのままのその人を受け入れることができません。

しかし、バツイチ女性はどうでしょう。

バツイチ女性は結婚と離婚を経験しているだけあって、男性に対して変な理想がありません。

「一度失敗している」というのは、ある意味強みでもあるんですね。

男性自身の個性を受け入れてくれやすく、多少なら欠点があってもフォローできる心の広さも持ち合わせています。

もちろん欠点の許容範囲は人それぞれではありますが、間違っても頭ごなしに否定することはないでしょう。

これは、「バツイチだから」という理由で後ろめたさを感じていたからこそできることでもあります。

②落ち着きがある

バツイチ女性には、未婚女性にはない落ち着きがあります。

やはり色々な辛い経験をしたからこそ、多少のことでは驚かないのかもしれません。

男性は、落ち着いている女性との方が「困難を乗り越えていけそう」だと感じます。

また、大きな問題が生じても、落ち着きのあるバツイチ女性なら「受け止めてくれそう」と感じるのだとか。

離婚した理由にもよるとは思いますが、多少のことでは動じないというのは、バツイチ女性特有の強みなのかもしれませんね。

③大人の色気がある

人生で多くの経験をしている人にしか出せない色気というのが、世の中にはあります。

言葉で表現するのは難しいのですが、バツイチ女性には未婚女性にはない「大人の色気がある」と感じる男性は多いよう。

未婚女性にとっては未経験で、未知の世界である「結婚」を経験したことがあるわけですし、さらに離婚まで経験しているので、人生の経験値は間違いなくバツイチ女性の方が高いわけです。

人生経験の重みによって蓄積されていく「何か」が、バツイチ女性にはあるのでしょう。

ふとしたときに見せる陰りの表情に、ドキッとする男性は多いです。

④自立している

4つ目の魅力は、自立していること。

理由は何であれ、バツイチ女性はダラダラと結婚生活を続けるのではなく、1人で生きていく道を選びました。

男に頼って生きていくのではなく、自分1人で生きていくと決めたわけです。

その意思には強さも感じますし、男に頼りすぎないたくましさも感じることができますよね。

男性は女性に「頼られたい」という気持ちはありますが、頼られすぎると不安にもなるもの。

大企業に勤めているなどキャリアがある人ならまだしも、一般サラリーマンからすると、女性1人を養っていくというのは、このご時世かなりのプレッシャーになるのです。

その点バツイチ女性は自立した生活をしていますので、何でもかんでも男性に頼りっぱなしということはありません。

「自分でできることは自分でする」という当たり前のことができるのも、バツイチ女性の魅力なのでしょうね。

⑤使命感をかきたてられる

バツイチ女性は、一度結婚に失敗しています。

理由は何であれ、辛い過去があることに変わりはありません。

そういう過去を抱えている女性を見ると、男性は「守ってあげたい」と思うもの。

さらに言うなら、「次は絶対に幸せにしてあげたい」「自分が彼女の辛い記憶を塗り替えなければ」という使命感をかきたてられるのです。

もちろんバツイチでなくても辛い過去のある女性はたくさんいますが、バツイチの人の辛い過去はわかりやすいですからね。

男性は単純なので、その辛さを拭ってあげたいと思うのです。

バツイチ女性の恋愛事情

バツイチ女性に対して悪いイメージを持っているわけではない男性ですが、バツイチ女性本人は少なからず劣等感を抱いているのも事実。

そんなバツイチ女性の恋愛事情とは、どんなものなのでしょうか。

①トラウマがある

離婚理由にもよりますが、特にパートナーの浮気などの裏切りが原因で離婚に至っている場合、心にかなりの傷を負っています。

男性に対する不信感も、それなりのものになっているでしょう。

「好きになってもまた裏切られるかも」

「もう傷つきたくない」

という気持ちから、なかなか恋愛に踏み出せなくなっています。

これは、バツイチだからというよりも、裏切られたことへのトラウマが大きいと言えるのではないでしょうか。

バツイチではなくても、恋人に裏切られたり酷い別れ方をしていると、「もう恋愛なんてしなくていい」と思いますよね。

そのため新しい恋愛に対して臆病になっているところもありますが、新しい恋愛をしたいと思うのなら、出会いに「元夫」を重ねてはいけません。

元夫とは別の人だという認識を常に持ち、先入観のない状態で男性を見るようにしましょう。

②結婚への焦りがない

良くも悪くも、バツイチ女性は結婚への焦りがありません。

20代後半から30代くらいになると、女性はどうしても結婚に対する焦りが出てきます。

周りの人がどんどん結婚していくと、取り残された感じがしてしまいますよね。

そんな焦りをプレッシャーに感じる男性も多いのですが、バツイチ女性にはそういう焦りはありません。

むしろ、一度失敗しているからこそ「結婚」にはあまり興味がなく、恋愛は恋愛としてとらえている人も多いです。

恋愛の延長に結婚があるのではなく、恋愛は恋愛で終わるわけです。

結婚願望そのものも、あまりないのではないでしょうか。

結婚がすべてではないと悟っているので、純粋に恋愛を楽しめるのも、バツイチならではかもしれませんね。

③余裕のある恋愛ができる

バツイチ女性の魅力の項目でも、「落ち着きがある」と言いましたが、バツイチ女性は恋愛において余裕があります。

失敗したという経験があるからこそ、男性に対してある程度の余裕と理解があり、小さいことでゴタゴタ言ったりしません。

彼氏に対しても、小さなことは気にしないので、大人の余裕を感じさせる恋愛ができることでしょう。

また、男性への理解があるのもバツイチ女性の恋愛ならでは。

すべての男性が同じではないものの、男性と一緒に住み、生活をしていたという経験はかなりの強みです。

自然と男性にとって居心地のいい空間を作り出すことができるので、男性にとっても落ち着いた恋愛ができることでしょう。

バツイチ子持ちでも恋愛できる?

同じバツイチでも、子供がいるのといないのとでは、恋愛に関しての条件は変わります。

子持ちである以上、自分の幸せよりも子供の幸せを一番に考えるもの。

そのため、自分主体な恋愛はできません。

とはいえ、バツイチ子持ちが恋愛できないというわけではないので、安心してくださいね!

バツイチ子持ちの恋愛におけるポイントを、まとめてみました。

関連記事⇒
子連れで再婚するのが難しい理由&再婚で幸せになるためにするべき5つのこと

①子供を優先する

子供の年齢にもよりますが、好きな人ができたからといって子供よりもオトコを優先するのは絶対にNG。

また、子供がいると知っているのに、お泊まりデートばかりを提案してくる男性もやめましょう。

「子供がいる」ことをなかなか打ち明けられない人もいるかもしれませんが、子供がいると知って態度が変わったり離れていく人など、それだけの人だったと割り切りましょう。

そんな人と関係を持っても、あなたが傷つくだけです。

お泊まりデートや家デートなどもなかなかできませんが、あなたにとって何が一番大切なのかを考え、そのことを理解してくれる人を見つけることが大切です。

②結婚を意識しない

子持ちバツイチの恋愛では、あまり結婚は意識しない方がいいでしょう。

結婚となると、子供にとって新しい父親ができるわけです。

多感な時期なら尚更、結婚は二の次に考えておいた方がいいと思います。

一度失敗しているからこそ、結婚には慎重になりましょう。

③母の顔と女の顔、両方を見せる

あなたは母でもありますが、女でもあります。

この2つの顔を使い分けることが恋愛では大事だといいますが、好きな人の前で母の顔ばかり見せるのも、女の顔ばかり見せるのも失敗のもと。

男性にとっては母性も魅力的ですが、母の顔ばかり見せていると、恋人の関係ではなくなってしまいます。

彼は何でもかんでもあなたに任せきりになり、自分のことを何もしなくなってしまうかもしれません。

また、その逆で女の顔ばかり見せていると、もしも一緒に暮らしたときや子供と会ったときのあなたに幻滅してしまうことも。

ありのままのあなたを受け入れてもらうためにも、素のままの自分で接することが大切です。

本当に理解してくれる男性が現れるまで、根気強く待つことも必要なのかもしれませんね。

こんなバツイチ男は要注意!

自分がバツイチであるなら、次に好きになる相手がバツイチという可能性も十分にあり得ます。

バツイチ男はダメということはありませんが、場合によってはやめた方がいいタイプもいるのは事実。

こんなバツイチ男は要注意!という4つのポイントはこちら。

①離婚理由が曖昧

離婚した理由に対して、曖昧な言い方をする人はやめましょう。

やましいことがなければ、きちんと理由を言えるはずです。

離婚した理由を聞いたとき、どことなく話題をそらそうとしていたり、「まぁ、性格の不一致かなぁ」なんて曖昧に濁そうとする人は、やめた方がいいです。

隠し事をしているのは明らかですからね。

また、それよりも酷いのが「離婚理由が分かっていない」人。

「何でか分からないけど、ある日妻が離婚届を置いて出ていっちゃった」など、なぜ離婚になったのかが分かっていないのです。

何もないのに、離婚する人などいません。

その奥さんにもつもり積もるものがあったのでしょうし、何も言わずに出ていくなんて相当です。

思い当たる節がないということは、無意識にそれをやっているということ。

あなたと関係が進展しても、同じことをするのは目に見えています。

②自分は悪くないと思っている

離婚したことに対し、自分は100%悪くないと言う人も要注意。

離婚理由において、どちらかだけが100%悪いと言うことはあり得ません。

たとえ「妻の浮気や借金」が離婚理由であったとしても、「自分が仕事ばかりで妻をかまってあげなかったから」「家計のことをすべて妻に任せきりにしてしまったから」などと、自分にも多少は非があると言ってくれている人のほうがいいですよね。

バツイチで失敗しているからこそ、その失敗を教訓にしなければいけません。

③離婚理由が身勝手

正直に話してくれるのは評価できるとしても、離婚理由が浮気やDV、借金であった場合、やはりオススメはできません。

改心したとしても、また同じことを繰り返す可能性があるからです。

また、慰謝料や子供への養育費を払わないような人とも、お付き合いをするのはやめた方がいいでしょう。

④悪口を言う、比較する

何かあるごとに前の奥さんの悪口を言ったり、前の奥さんと比較する人もやめた方がいいです。

必要以上に人の悪口を言う人の、心がキレイだとは思えません。

何かあるごとに悪口をいっているのなら、当然あなたの知らないところであなたの悪口を言っている可能性も。

このタイプはいかに自分を強く、良く見せるかが重要だと思っていることが多いので、女性をパートナーとしてではなく、自分の道具のように思っている人もいます。

「前の奥さんよりきみのほうが気が利いていいよ」と、一見あなたを立てているような発言も、前の奥さんと比べていることに変わりはありません。

比べられると言うのはストレスにしかなりませんから、あなたがしんどくなるだけです。

まとめ

バツイチ女性の恋愛事情や、危険なバツイチ男性の特徴などについて紹介しました。

バツイチだからという理由で卑屈になることはありません。

バツイチでも恋愛をして、幸せな結婚生活をしている人もたくさんいます。

とはいえ、一度結婚生活に失敗しているのは事実ですから、その失敗を生かし、次に繋げられるような恋愛をしたいものですね。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!