女は一度冷めたら戻らない!?男女における思考の違い

別れ・失恋

あらかじめ男女における思考の違いを理解していれば、異性に対する理解も深まり、衝突を避けることができ寛容にいられます。

 

ここでは根本的な男女の思考の違いについて述べていきたい思います。

 

 

男性は根拠に基づき、女性は感情に基づいて行動する

男女における思考の違い、基本的に男性の頭は論理性を重視しており、女性の頭は感情に重きを置いています。

 

そのため、男性の行動はすべて論理に基づき行動しているといえます。

 

対して女性は、どんな行動にも「共感」が大きなモチベーションとなっているのです。
ゴールに至るまでの過程で、どれだけ多くのことを共感したのかが大事なのです。

 

結果ももちろん大事ですが、そのプロセスも大切にしたいと考えます。

 

例えるなら女性の長電話です。男性に比べて女性は長電話が好きな方が多いと思われますが、その裏付けとして、女性は思ったことを相手に話して共感しあうことを楽しむからなのです。

 

会話に目的も結論もなく、ただ話すことを楽しんでいるため長電話になる傾向にあります。

 

女性は左脳と右脳をつなぐ脳梁(のうりょう)は、男性のそれよりも20%ほど太いといわれています。

 

つまり左右の脳の連携がよいため、男性よりも女性のほうが「直観力が優れている」とも言われています。

 

 

男性の恋愛は熱しやすく、女性の恋愛は熱しにくい傾向にある

男性脳は女性に比べてストライクゾーンが広く、一瞬でピークまで恋愛感情が高まります。

 

そこからは減点式となります。



ストライクゾーンの女性であれば、出会った初日であってもベットで過ごすことが可能なのです。その気になれば、どんなキザなセリフや褒め言葉であっても平気で嘘がつけるものです。

 

男性の本心や本音が表れるのはベッドで過ごした後です。性の最初の目標は女性と寝ることなのです。

 

その為に、優しい言葉を投げかけたり、褒めてみたり、エスコートしたりで女性を落とすのに必死に頑張ろうとします。

 

男性には狩りをする本能があります。

 

狩猟民族としての遺伝子が現代まで受け継がれており、表向きにはわからない征服欲、あるいは独占欲といったものを、男性は潜在的に備えています。

 

 

 

 対して女性は一目惚れも少なければ、ストライクゾーンも狭く、初対面の容姿で判断する男性とは違い中身をみて、徐々に熱していきます(加点式)

 

最終的には女性の方が男性より相手を好きになってしまうことも多いです。

 

出会った当初は男性からの頻繁なお誘いがあったにもかかわらず、付き合いが長くなるにつれ、女性から誘ってほしいと思うようになっていきます。

 

また一度ベッドをともにすると、女性は捨てられたくないという感情が芽生えてきます。

 

男性は一度でも女性と寝ると気持ちが安心しするのに対して、女性は不安になる傾向に多いといと言われれおります。

 

関連記事⇒

・彼への気持ちが冷めた時の5つのサインとは?冷めた気持ちを取り戻す為の方法を細かーく解説

・女は一度冷めた気持ちは戻らないの!?恋愛観の違い 3選

 

 

女は上書き保存、男は新規で保存説

 

男女の思考の違いで、上書き保存と新規保存説というのをご存じでしょうか。

 

女性は新しい彼氏ができたら、元のデータ(元カレ)の所に上書きで保存します。

 

対する男性は新しい彼女ができても別のフォルダをつくり、そこに保存する傾向にあると言われています。

 

男性の場合、未練がましいとうわけではなく、それぞれの思い出として保存しているだけなのです、感情的に嫌いになって別れたとしても、「もう絶対に受け付けない!」とまではいかないものなのです。

 

仮にすごく嫌な思い出であっても、別れて時間が経つに連れ、思い出も美化されていきます。


対して女性の場合は一度冷めると、冷めた気持ちは半永久的に戻らない傾向にあります。

 

これは、単に気持ちが冷めたということではなくて、女性は、嫌悪感を感じたり幻滅したりすると、取り返しがつかなくなるのです。

 

すごく好きだった男性でさえ、生理的に受け付けなくなることもあります。

 

恋が冷めた後の、女性の切り替えの早さには目を見張るものがあり、次の恋が始まれば、過去の相手のことは記憶の彼方にいます。

 

冷めた気持ちは未練が残らないように、上書きしている女性もきっと多いはずです。

 

関連記事⇒

・過去の恋愛の思い出が美化される理由や心理とは?メリットやデメリット、復縁との関係に迫る!

・女心がわからない男性が急増中!女心がわからない男性の特徴や理由・瞬間は?女性の恋愛サインを見逃すな!

 

 

男性は一つのことを。女性は複数のことを同時にすることができる。


男女の違いの代表的な特徴ですが、男性は一度に1つのことしかできないが、女性は一度に2つのことができるとよく聞きます。

 

会話をする時男性は左脳、女性は左脳と右脳を同時につかっています。

 

男性は一つの物事に対して脳をフル稼働させて全力投球する能力があり、女性は複数の作業や物事を左脳と右脳を同時に駆使しながら 同時に処理するのが得意です。

 

言語能力は男性より女性の方が優れている傾向にあります。口喧嘩で女性に勝てないのもそのためです。

 

同時の作業が可能な女性は、子育てにかなり適していると言えるでしょう。
母親は目の離せない赤ちゃんを見ながら洗濯や掃除をこなし料理をする必要があります。

 

合間にはテレビやパソコンを見たり、電話をすることも可能です。これが男性なら一つ一つのことに集中する男脳の為、女性ほど器用にこなすことは難しいでしょう。

 

 

男性は空間認知能力がある

一般的に、女性は地図や設計図を見るのが苦手と良く言われます。これも、男女の脳の違いが理由になります。

 

空間認知については右脳の領域ですが、男性のシングルタスク的な傾向による集中力の発揮で、男性は女性よりも地図や設計図を俯瞰で捉える立体的観察力に優れます。

 

ですから、女性は男性に比べると相対的に空間認知力の部分で劣る傾向があり、結果的に道に迷ったりしてしまうのです。

 

ただし、女性の設計士さんも存在しますし、男性でも地図が読めない方もいます。これも、あくまで傾向に過ぎないことを留意してください。

 

 

⇒関連記事
「好き」ってどういう気持ち?好きかわからないときにチェックすべき6つのポイント

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

男性と女性の思考違い、行動パターンの違いは、多くの皆さんが常々感じていることだと思います。

 

完璧に相手を理解することは中々難しいですけれど、お互いにもっていないものを補える関係がベストだと思われます。

 

考え方の違いが時にお互いの気持ちにすれ違いを生んでしまうことがありますが、その違いを否定するのではなく、相手との理解、容認することによって、尊敬や信頼に基づいたパートナーシップを築いていくことができるのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました