最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

夫に浮気された・・・夫の浮気を許してやり直すための6つの方法

夫に浮気をされたとき、あなたはどうしますか?

問答無用で離婚!という人もいるでしょうが、現実的に考えたとき、離婚という選択肢が必ずしも正しいとは限りません。

しかし、夫に浮気をされ、そのことを許すのは簡単なことではありません。

気持ちの整理がつかず、なかなか許せないということもあるでしょう。

とはいえ、この先も結婚生活を続けていこうと思うのなら、やはり夫のことを許すのがベスト。

許せないまま結婚生活を続けていくことほど、辛いことはないですからね。

ここでは、心に整理をつけて夫の浮気を許すための6つの方法について紹介します。

夫に浮気をされて許せず辛いという人は、ぜひ参考にしてみてください。

夫の浮気を許す6つの方法

夫の浮気を許すためには、以下の6つの方法を試してみましょう。

①教訓として生かす

人生には、何事も試練がつきもの。

今回の夫の浮気も、そんな試練の1つだったと教訓として生かしてしまいましょう。長い結婚生活において、試練は様々な形でおとずれます。

人、そして夫婦は、その試練を乗り越えていくことで成長していくもの。

今は辛いかもしれませんが、「浮気も成長するための試練だったんだ」「これを教訓として次に生かしていこう」と考えてみましょう。

自分がプラス思考になることで、夫のことも許しやすくなりますよ。

②誰かに話す

女性の場合、もっとも簡単かつ効果的なストレス解消方法に、「誰かに話す」というものがあります。

心のうっぷんを、信頼できる誰かに話してみましょう。

なかなか「夫に浮気された」ことは言いづらいかもしれませんが、自分の心の中に溜めておいても、物事は解決しません。

誰かに話して共感してもらうことで、女性は満足するという性質が強いので、信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

このとき、話をする相手は「他言無用」の約束をきちんと守れる人でなくてはいけません。

そこから夫の浮気という事実が広まってしまうと、あなたが誰かに話したことがいずれ夫の耳にも入ってしまいます。

そうなると夫との信頼関係を築き直すのも大変になってしまいますから、話をする相手選びは非常に重要だと言えるでしょう。

近くに話せる人がいないときには、専用の相談センター(電話相談)もありますから、そちらを利用してみるのもいいですね。

③自分の非も認めて許す

浮気は、基本的にする方が悪いです。

浮気はする方が悪いとはいえ、本当にする方だけが悪いのでしょうか。

なぜ、夫に浮気をされたのか、その理由を考えてみましょう。

・夫の相手をしてあげなかった

・身だしなみが適当だった

・子供にかまってばかりだった

たとえば子供にかまってばかりで、夫の話を聞いたり夜の相手を長い間していない、なんてことはありませんか?

また、家にいるからといつも同じような服装、すっぴん、ボサボサの髪など身だしなみが適当になっていませんか?

男性は、いつまでたっても妻にはキレイでいてほしいと思うもの。女性としての魅力が半減してしまい、夫は浮気をしたのかもしれません。

もちろん、たとえそうであっても浮気をした夫が悪いことに変わりはありません。

しかし自分にも改善点があると分かれば、夫のことを許しやすくなるのはいうまでもないでしょう。

④条件付きで許す

夫に条件をつけて、許してみるのも1つの方法。

このとき、「次はない」ということをしっかりと夫に分からせておく必要があります。

ここでいう条件とは、あなた自身が得をすることで、分かりやすいものにしましょう。

そして、今すぐに実行できるものであれば尚いいですね。

たとえば、「ブランドバックを買って」「三ツ星レストランのフルコースに連れていって」など。

夫のお小遣いからできる条件を出すことで、夫は浮気をしたことを心から反省するでしょうし、あなたは間違いなく得をします。

人は、得をすることで許してもいいかなと思えるもの。

自分が得をし、納得できる条件を提示して条件付きで許してみてはいかがでしょうか。

関連記事⇒
浮気は絶対に許さない!本当にあった、浮気の復讐!

⑤この先の未来を考えてみる

今は夫の浮気に頭に血がのぼっているかもしれませんが、一度冷静になって考えてみましょう。

このまま夫のことを許さずに結婚生活を続けていく未来。

はたまた、ここで許してやり直す未来。

どちらの未来の方が、幸せだと思いますか?

離婚をしないのなら、きちんと許してリセットし、良好な夫婦関係を築く方が最善だと気づくはずです。

今はまだ、怒りがおさまっていませんから、おそらく未来のことなど考えることはできないでしょう。

しかし、気持ちが落ち着いたら1年後、3年後、そして10年後の未来のことを考えてみてください。許せない気持ちのまま、同じ場所で生活をし続けることは、かなり辛いものです。

未来を見据えたとき、「許した方が自分が幸せになれる」ということに気づくのではないでしょうか。

⑥誓約書を書かせる

もう二度と浮気をしないと誓わせる意味もこめて、誓約書を書かせるのも1つの方法。

浮気というのは不貞行為であり、法律違反でもあります。

そのため、本来ならば慰謝料なども請求できるわけです。

誓約書には、

・事実を認める内容

・二度としないと誓う旨

を書いてもらい、そして「次にしたらペナルティ○万円」などと示しておくといいでしょう。

また、具体的に

・浮気相手と連絡を取らないこと

・女性と2人で食事に行かないこと

・プライベートで二度と会わないこと

などを書いておきましょう。

これらの約束を破ったらペナルティが発生することを夫にも分からせておき、誓約書はきちんと管理しておいてください。

法的な力を持ちたいのなら、弁護士などに誓約書の書き方を頼んだ方がいいですが、自分自身が夫を許すために書いてもらうのなら、法的な力などなくても大丈夫ですよね?

誓約書という形が残ることで、あなたも許しやすくなることでしょう。

◇まとめ◇

夫の浮気を許すための6つの方法について紹介しました。

いかがでしたか?

とはいえ、結局のところは「夫を許す」というあなたの気持ちが何よりも必要です。

許すという強い気持ちがなければ、ここで紹介した方法をいくら試したところで、夫のことを許すことなどできないでしょう。

夫を許すと心に決めたのに、なかなかうまくいかないというときにこそ、ここで紹介した方法を試してみてくださいね。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!