連絡の少ない彼氏と長続きさせる秘訣って!?男性心理を理解しよう!

カップル

女性は、愛情確認の方法の1つとして、連絡の多さを挙げます。

 

連絡の多さと愛情の大きさが比例すると考えているため、彼氏からの連絡が少ないと「本当に私のこと好きなのかな?」「嫌われるようなことをしちゃったかな?」と不安になってしまうのです。

 

確かに彼氏からの連絡が少ないと、不安になったり寂しさを覚えたりしますよね。

 

しかし、単刀直入にいうと、男性は連絡の少ない人が多いです。

 

たとえ愛情があっても、連絡をマメにする人の方が少ないもの。

 

では、そんな連絡の少ない彼氏と長続きさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

男性心理を理解して、連絡の少ない彼氏ともうまくやっていきましょう!

 

連絡の少ない彼氏の男性心理って?

まずは、連絡の少ない彼氏の男性心理から見てみましょう。

 

好きなら好きなだけ連絡をしたいと思っている女性とは裏腹に、男性はあまり連絡をしたいとは思いません。

 

それには、このような心理があります。

 

・用事がない

・忙しい

・連絡そのものが好きではない

・気持ちが冷めてきている

 

そもそも男性は、ラインや電話などの連絡ツールを「連絡手段」としか考えていません。

 

用もないのに連絡をしたり、ダラダラとラインを続けることを面倒くさいと感じています。

 

そのため、大抵の場合は嫌いになったというわけではないので安心してください。

 

ただし、本当に気持ちが冷めたときにも同じ行動をとるので、見極めるのは難しいかもしれませんね。

 

彼女への連絡頻度ってどれくらい!?連絡回数は2日に1回?【詳しく解説】
彼女への連絡頻度ってどのくらいですか?彼女と毎日連絡を取るメリットの1つ目は、彼女が安心するというもの。彼女のために、毎日連絡をしているのですね。何度も言いますが、女性は好きな人から連絡が来るととても嬉しく感じます。「彼女への連絡頻度」にフォーカスを当ててご紹介します!

 

 

彼氏からの連絡が少ないときにしてはいけない行動とは

彼氏からの連絡が少ないと、女性は不安になることでしょう。

 

しかし、ここであるNG行動をしてしまうと、余計に彼氏からの連絡が少なくなってしまうかもしれません。

 

彼氏と長続きさせたいと思っているのなら、この3つの行動は控えるようにしてください。

 

 

①連絡してよ!と不満をぶつける

よくやってしまいがちなのが、「もっと連絡してよ!」と不満をぶつけてしまうこと。

 

もしかしたら、あなたもしてしまったことがあるかもしれませんね。

 

彼氏がなぜ連絡が少ないのかにもよりますが、大抵の場合は「忙しい」もしくは「連絡をすることがない」というパターン。

 

前者ならば「忙しい間をぬって、これでも連絡しているつもりだよ!」となりますし、後者ならば「これ以上、何を連絡したらいいのか分からないんだけど…」となってしまうでしょう。

 

お互いに好きという気持ちはあるのに、これでは気持ちは離れていってしまいますね。

 

 

②立て続けに連絡をし続ける

連絡が少ないことに不安を覚え、何度も立て続けに連絡をしてしまう人がいます。

 

特にラインは、見たか見ないかが一目瞭然。

 

ふとスマホを見たときにラインの通知が何十件にもなっていたら、それは嫌気が差しますよね?

 

彼女から何件もラインが来ていると、まるで監視されているように感じてしまいます。

 

連絡をすることを強要されているようで、あなたのことは好きだとしても、一気に気持ちが冷めてしまうことも少なくないようです。

 

 

ドライな人の性格がよく分かる【徹底解説版】特徴6選・男女別あるある・恋愛傾向
ドライな性格の人に共通する6つの特徴や、男女別あるある、恋愛傾向について紹介しました。サバサバしていて合理的、情に流されない冷静さをあわせ持った人でもあります。感情を出さない分恋愛には不利なことも多いですが、好きになったら一途に思い続けてくれる素晴らしいパートナーになってくれることでしょう。

 

③家まで押し掛ける

何度も連絡をしても返事がないからといって、絶対に家まで押し掛けてはいけません。

 

これではストーカーと思われてしまいますし、あなたのことを「重い」と感じるのは時間の問題だと言えるでしょう。

 

連絡の頻度を自分のものさしで判断するのではなく、彼氏のものさしに合わせてあげることも重要です。

 

彼氏が仕事で忙しいのなら仕事を応援したり、こちらからの連絡を控えるのも優しさの1つ。

 

連絡が来たときに、「連絡してくれてありがとう!」という健気さや、「忙しいのにごめんね」という気遣いができるといいですね。

 

 

彼氏からの連絡が少ないときの対処法

では、彼氏からの連絡が少ないときにはどうすればいいのでしょうか。

 

つい彼氏のことばかり考えてしまうと、不安にどうにかなってしまいそうですよね。

 

不安やモヤモヤした気持ちを持っていると、彼氏から連絡が来たときに「ずっと連絡くれるの待ってたんだよ!」と当たってしまうこともあるかもしれません。

 

そんなことにならないよう、連絡が来なくても心に余裕をもって過ごしたいもの。

 

ここでは、彼氏からの連絡が少ないからこその対処法を紹介します。

 

 

①自分磨きをする

彼氏からの連絡が少ないときにするべきこととして、もっともオススメなのは自分磨きをすること。

 

彼氏がなぜ連絡をくれない(少ない)のかは分かりませんが、気持ちが冷めたのでなければ「安心している」可能性もあります。

 

というのも、男性は彼女との関係が安定するほど連絡が少なくなる傾向にあります。付き合った当初を思い返してみてください、猛烈のアプローチや現在よりかはマメな連絡があったはずです。

 

もう彼女(あなた)は自分のものだと思っているので、追いかけなくても大丈夫だと思っているのです。

 

今のあなたに魅力がないわけではありませんが、次にあったときに、より魅力的な女性になって彼氏をドキドキさせたいと思いませんか?

 

もしも次に会ったとき、あなたが見違えるほどキレイになっていたら、彼氏はドキドキする反面、若干不安を覚えるかもしれません。

 

「このままじゃ彼女を他の男にとられるかもしれない」と思わせることができれば、こちらのもの。

 

万が一彼氏の気持ちが冷めかかっていたとしても、その気持ちをもう一度取り戻すことができるかもしれませんよ。

 

関連記事⇒彼氏から連絡がこないときの対処法

 

 

②趣味を極める

彼氏のことを一時的にでも頭の中から追い出すため、趣味を極めてみましょう。

 

好きなことに没頭していると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

楽しい時間はあっという間に終わってしまいますよね?

 

趣味に没頭することは、彼氏からの連絡を忘れることができるだけでなく、気分転換にもおすすめ。

 

この機会に、好きなことを極めてみてはいかがでしょうか。

 

 

③求めすぎない

元々男性は連絡が少ないものだと割りきって、連絡が来なくても「こんなものか」と思うのも1つの方法。

 

彼氏とのちょうどいい距離感を保つことが、長続きさせるためには欠かせません。

 

お互いが負担にならない距離感を見つけ、その距離感を保つようにしてみましょう。

 

彼氏からの連絡が少ないと不安になるのは、あなたが彼氏に求めすぎているのかもしれません。

 

連絡が「少ない」というのは、あくまでもあなたの主観で「少ない」という話。

 

彼氏にとってはそれが普通であり、少ないつもりはないのかもしれませんよね。

 

彼氏に求めすぎないことも、対処法としてはオススメですよ。

 

 

連絡の少ない彼氏と長続きさせる秘訣って!?
◇まとめ◇

彼氏からの連絡が少ないときにするべきことや、そんな彼氏と長続きさせるための秘訣について紹介しました。

 

彼氏からの連絡が少ないと不安になることもありますが、そんな時だからこそ広い心で彼氏のことを理解してあげましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました