いい別れ方の5つの秘訣!引きずらない円満な別れ方が大事

別れ・失恋

恋人との別れは、誰にでも訪れることがあるもの。

 

どんなにラブラブなカップルであっても、ふとしたことをきっかけに別れてしまうことは珍しいことではありません。

 

恋人と別れることそのものは、誰でも一度は経験したことがあるでしょう。

 

別れを告げる側であっても、告げられる側であっても、大切なのは「どんな別れ方をするか」です。

 

どんな別れ方をするかで、「別れ」に対する捉え方は180度変わると言っても過言ではありません。

 

できるだけ相手を傷つけず、円満な別れをするためにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、自分から別れを告げるとき、お互いが引きずらなくてすむ「いい別れ方」についてお話ししていきます。

 

相手を傷つけない上手な別れ方の5つのポイントはコチラです。

 

 

 

いい別れ方をするための5つの秘訣

いい別れ方をするためのポイントとは、一体何なのでしょうか。

 

今は別れたいと思っていても、一度は好き合った2人。この先の関係がどうなるにしろ、トラブルなく別れたいですよね。

 

別れ方1つで今後のトラブルにもなりかねませんから、円満ないい別れ方をしたいですね。

 

 

いい別れ方 ①少しずつ距離をおく

1つ目は、少しずつ距離をおいていくというもの。

 

頻繁にしていたラインや電話の頻度を少しずつ減らしていき、次第にデートの回数や会う日にちを減らしていきます。

 

彼との「共有」を少しずつ減らしていくことで、お互いの気持ちが少しずつ、自然な形で離れていくのです。

 

ただし、ここでのポイントはあくまでも少しずつ距離をおくことであり、自然消滅を狙うことではありません。

 

自然消滅は「別れた」という実感が得られにくく、いつまでも相手のことを引きずってしまいます。

 

少しずつ距離をおいていくと、相手もだんだんと別れを意識し始めるもの。

 

心の準備ができるので、いざ別れを告げられた相手も「あぁ、やっぱりな」とすんなりと受け止めることができるでしょう。

 

 

 

いい別れ方 ②タイミング選び

いい別れ方をするためには、別れを告げるタイミングも重要です。

 

たとえば彼が大事な仕事を任されているときや、大きなプロジェクトの真っ最中であったら、別れを告げるのは少し待ちましょう。

 

彼からすると、仕事で忙しくしているときに彼女から別れを告げられるなんて、これほどの不幸はありません。

 

振られたことがショックで仕事を失敗してしまうかもしれませんし、「あの仕事をしているときに振られたんだよな…」と、仕事をするたびに振られたことを思い出してしまい、引きずってしまうでしょう。

 

また、誕生日やクリスマスなどのイベント間近や、記念日間近もタイミングとしてはNG。

 

彼はイベントを楽しみにしているかもしれませんし、ショックも倍増してしまいますね。

 

いい別れ方をしたいと思うのなら、タイミング選びは非常に重要だと覚えておきましょう。

 

 

関連記事⇒電話での別れ話ってアリ!?電話での別れ話の切り出し方4つのポイントを詳しく解説!

 

 

 

いい別れ方 ③理由はきちんと言う

別れを告げるとき、理由を言うことに戸惑う人も少なくありません。

 

できることなら「別れたい」と伝えるだけで終わりにしてしまいたいもの。しかし感情的な女性に対し、男性はどちらかというと理論的。

 

そのため「別れたい」とただ伝えるだけでは納得してもらえず、彼の中では区切りがつかないこともあります。

 

「なんで別れたいのか」が分からないと、納得できずにいつまでも引きずってしまうのです。

 

女性からすると、きちんと理由を伝えることで相手を傷つけてしまうのでは…と思うかもしれませんが、理由が分からない方が男性はモヤモヤしてしまいます。

 

片方がモヤモヤしたままだと、お世辞にもいい別れ方とは言えません。

 

別れたいと思い、しかもできるだけいい別れ方をしたいと考えているわけですから、その気持ちは今に始まったものではないですよね?

 

いつ頃から別れを考えていて、そのきっかけになったのは○○だということを、あなたの口からきちんと伝えましょう。

 

理由を聞くことで、彼も納得してくれるかもしれません。

 

 

 

いい別れ方 ④別れたいことはハッキリ言う

相手を傷つけないように別れようと思うと、つい「別れたい」ことをハッキリと言えなくなってしまいます。

 

もちろん時と場合によっては、オブラートに包むことも大切です。しかし、別れ話の場ではハッキリと伝えた方が傷つかなくてすむことも。

 

その場の雰囲気で、彼も「別れ話が始まる」ことは察していると思います。

 

そんな中ダラダラと言い訳がましく語られたり、「嫌いじゃないんだけど…」なんて言われたら、「結局、なんなの?」とイライラしてしまいますよね?

 

これでは、残念ながら円満な別れとは言えません。

 

また、含みを持たせた言い方もNG。

 

たとえば「今はあなたとのこれからを考えられない」と言われたら、「じゃあ時間が経てばやり直せるんだ!」と解釈することもできますよね?

 

恐らく傷つけないためにこういう言い方をしたのでしょうが、へたげに含みを持たせる言い方をすると、復縁を期待してしまいます。

 

 

 

もうやり直すつもりがないのなら、

・好きではなくなったこと

・恋愛感情がなくなったこと

はハッキリと伝えましょう。

 

期待をもたせるのは、かえって相手を傷つけてしまいます。

 

 

関連記事⇒同棲中のカップルが別れる4つのきっかけは?スムーズに別れるためにしておきたいこと

 

 

いい別れ方 ⑤感謝の気持ちを伝える

別れ話になると、どうしても感情が先走ってしまい、相手の嫌なところばかりが見えてしまうもの。

 

そのため、つい悪口を言ったり、相手を罵倒してしまうこともあるでしょう。

 

別れる時のシチュエーションは、意外といつまでも心の中に残ります。

 

別れ際に彼女に罵られたことが、彼にとってトラウマになってしまうことも考えられますから、別れ際に悪口を言うのは絶対にNG。

 

付き合っていた頃の思い出は、嫌なことばかりではないはず。

 

楽しかった思い出に対し、彼に感謝の言葉を伝えましょう。

 

「今までありがとう」 と一言 伝えるだけで、別れに対する捉え方は随分変わるものですよ。

 

円満な別れは、振られる側だけでなく、振る側にとっても大切なことなのです。

 

 

 

いい別れ方の5つの秘訣
まとめ

いい別れ方をするための、5つの秘訣について紹介しました。

 

恋愛において、別れというのは必ずあるもの。

 

円満な別れ、傷つけない別れ方をすることは、次の恋にスムーズに進むためにも重要なことだと言えます。

 

いつまでも引きずっていても、何も解決しません。

 

恋愛は、始めるときよりも終わりにするときのほうが体力を使うもの。

 

できるだけいい別れ方ができるよう、努力していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました