辛い片思い・・・もうやめたい!片思いがやめられない理由って何!?負の連鎖対策

片思い

恋愛は楽しいことばかりと思っていませんか?

 

確かに好きな人がいて、その人のことを考えているときはとても幸せな気持ちになります。

 

彼との会話を頭の中でリピートして、明日は何を話そうとか考えているときは一番幸せですよね。

 

 

しかし、恋愛、特に片思いは楽しいこと ばかりではありません。

 

片思いが辛くてやめたいと思ったことがある、という人もいるでしょう。

 

とはいえ、たとえ辛くてやめたいと思っていても、なかなかやめられないのが片思いというもの。なぜ、やめたいほど辛い片思いをやめられないのでしょうか。

 

また、辛い片思いをやめる方法についても、ご紹介しますので参考にしてみてください!

 

 

 

片思い辛いからやめたい・・でもやめられないのはなぜ?

片思いをしていると、「もう辛いからやめたい」と思うことはあります。すべての片思いが実るわけではありませんし、好きな人が自分に振り向くとは限りません。

 

もしかしたら、片思い中に好きな人に彼女ができてしまうこともあるかもしれません。

 

もしくは、一度告白してフラれていることもあるかもしれません。

 

そうなると、人間は「これ以上苦しみたくない」という心理が働き、自己防衛のために片思いをやめようと思うようになるのです。

 

叶う可能性が低い(もしくはゼロ)、報われない恋をしていても、自分が辛いだけですよね。

 

しかし、やめたいと思っても実際にはなかなかやめることができずに悩んでいる人もいるでしょう。

 

「やめたいのにやめられない」というのは、依存症と同じ。

 

まずは、なぜ片思いをやめたいのにやめられないのか、その理由から探っていきましょう。

 

 

①辛いのは 不完全燃焼だから

この片思いにおいて、やり残したことはありませんか?

 

やるべきことをやりきれていないと、自分の中で区切りがつかない為、やめることができません。

 

やれることが残っている時、無理やり諦めようとするのは難しいもの。

 

心に嘘をつくことは、想像しているよりも辛いものなのです。

 

告白できていない、一度フラれていても変わった自分を見せていない、なんてことはありませんか?

 

やれることが残っている、不完全燃焼であるなら、自分の中でも諦めがつかないのでしょう。

 

 

関連記事⇒
恋愛(片思い)を諦めるタイミングのベスト5・また諦め方

 

恋愛における執着とは?愛と執着の見極め方&執着するべきでない理由!こだわりの捨て方も徹底伝授!
人は誰でも大切にしているものがあり、それに対する考え方は様々です。特定のモノに対する執着心やこだわりは、誰でも持っているものなので特別なことではありません。当たり前のことです。しかし、その執着心の対象が恋人や好きな人であるなら話は別。恋愛における執着心は、良いことは1つもありません。

 

②チャンスがあると思ってから辛い

もう叶わない恋だと思っていても、心のどこかで「まだ私にもチャンスがある」と思ってしまっていませんか?

 

確かに、もしかしたらあなたにもまだチャンスはあるかもしれません。

 

しかし、辛いと感じるほどの片思いにおいて、チャンスというのはほとんどないのではないでしょうか。

 

本当にチャンスがあるのなら、辛くてやめたいとは思わないはずです。

 

「こんなに好きなんだからいつか振り向いてくれるはず」

「いつか彼女と別れるかもしれない」

 

こんなふうに、自分の都合のいい解釈をしてしまっていませんか?

 

脈があると思い込んでいるため、諦めようにも諦められないのです。

 

 

 

辛い片思いのやめ方は?

では、そんな辛い片思いは、どのようにしてやめればいいのでしょうか。

 

辛い片思いのやめ方を紹介していきます。

 

 

①期限を決める

今の片思いを続けるのはいつまで、という期限を決めましょう。あまり長すぎると意味がないので、1週間や2週間くらいがベスト。

 

「あと2週間頑張ろう」

「あと2週間で振り向いてもらえなければ、きっぱり彼のことは忘れよう」

 

と、片思いの期限を決めます。

 

すると、その期間内にできることはすべてやろうと思うことができますし、もしもダメだったときにも心の準備ができますよね。

 

いきなり「やめよう!」と思っても、好きな人のことを簡単に諦めることなどできません。

 

しかし期限を設けて心の準備期間を作ることで、諦めるときの反動が少なくて済むのです。

 

辛い片思いをやめるのは、言わば心との戦い。

 

その心をいかに傷つけずにできるかで、片思いを引きずるかどうかが変わってくるとも言えるでしょう。

 

むりにスパッと片思いをやめるのではなく、期限を決めて徐々に諦める方向に進んでいくのがオススメです。

 

都合のいい男になってない!?都合のいい男を作る女性心理or男性の特徴~脱却方法
男性のみなさん、あなたが彼女のためにと彼女に尽くしているその行動、もしかしたらすべて彼女の思惑通りかも・・・。彼女にとって、あなたはただの「都合のいい男」なのかもしれません。都合のいい男は、残念ながら本命彼氏に昇格する確率はほとんどありません。

 

②趣味を見つける

片思い中、特にやめたいほど辛い片思いをしているときは、頭の中は好きな人のことでいっぱいだと思います。

 

それが楽しいイメージならいいのですが、おそらく辛いイメージでしょう。

 

「今、彼女といるのかな」

「彼女にどう触れているんだろう」

 

など、妄想と嫉妬でおかしくなってしまいそう…ということもあると思います。

 

片思いをやめるには、やはり彼のことを考えないようにすることが一番。

 

とはいえ、「考えないようにしよう」と思っている時点で、あなたの頭の中は彼でいっぱいです。

 

そこでオススメなのが、趣味を見つけるということ。彼のことを考える暇もないくらい、夢中になれる趣味を見つけるのです。

 

大人になってから始めるのなら、何かスポーツはどうでしょう。

 

スポーツをして汗をかくことは、気持ちをリセットするためにも良いことです。

 

見た目が引き締まるなどのメリットもあるので、新たな出会いのきっかけになるかもしれませんよ。

 

ここで注意してほしいのは、彼を連想させるようなことを趣味にするのはNGということ。

 

たとえば彼がジムのインストラクターをしているのなら、ジムに通うことはオススメできません。

 

このように、必ずしもスポーツがいいというわけではありませんが、できることなら体を動かす趣味を持つことをオススメします。

 

 

 

③他の男性にも興味を持つ

片思いをしている時というのは、他の男性には一切興味を持てないもの。もしかしたらあなたは意外とモテているのに、それに気づいていないのかもしれません。

 

少し視野を広く持ち、他の男性にも興味を持ってみましょう。

 

男性からの誘いを積極的に受けてみたり、出会いの場に足を運んでみるのもいいですね。

 

そうすると、「男性は彼だけじゃないんだ」と改めて思うことができるでしょう。

 

自分の視野が広くなれば、必然的に片思いをやめるきっかけができるかもしれませんよ。

 

 

 

◇まとめ◇

片思いが辛くてやめたいのにやめられない理由や、そんな片思いをやめる方法について紹介しました。

 

片思い中は楽しいこともありますが、どうしても辛いこともあるもの。

 

そこでスパッとやめられればいいのですが、なかなかやめられずに引きずってしまうことも少なくありません。

 

そうならないように、できるだけ苦しまずに片思いをやめられるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました