既婚者同士の「好意」のサインとは?不倫を望んでいるサインを見逃すな!

既婚者

数年前に「昼顔妻」という言葉が話題になりましたが、みなさんは覚えていますか?昼顔妻とは、ご存じのとおり不倫をしている既婚者女性のこと。

 

不倫は既婚者と独身者という組み合わせもありますが、既婚者同士ということもあります。

 

自分が独身であるなら、相手が既婚と知らなければ不倫と知らずに関係を持ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、既婚者同士なら話は別。

 

「知らなかった」ですまされる話ではありません。

 

第一自分には相手がいるわけですから、相手がどうであれ不倫であることに違いはないですよね。

 

さて、そんな既婚者同士がお互いを求め合うときのサイン、つまり「好意のサイン」とはどんなものなのでしょうか。

 

好意のサインが分からずにむやみにアタックしてしまうと、回りから「あの人不倫しようとしていた」と噂が立ってしまいます。

 

そんなことにならないためにも、既婚者同士であるからこそ好意のサインを見極めなくてはなりません。

 

既婚者同士の好意のサイン、5つの特徴について紹介していきます。

 

 

 

既婚者同士の「好意」サイン5つ

既婚者同士がお互いに好意を持っているときには、どんなサインがあるのでしょうか。

 

既婚者であるからこそ、サインを間違えると取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

もしも不倫願望があるのなら、これから紹介するサインを参考に「不倫を望んでいる既婚者」を見極めてみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒関連記事
上司を好きになってしまった。。。適切なアプローチ方法と上司が既婚者だったときの対処法

 

 

①普段の行動を知ろうとするサイン

既婚者同士の好意のサインの1つが、普段の行動を知ろうとするかどうか。特別な関係になりたいという気持ちがなければ、日常を知ろうとは思いません。

 

あなたも、別に興味のない男性が休みの日や夜にどこで何をしていようが、特に気にはならないでしょう?

 

しかし相手が気になる人、あわよくば関係を深めたいという人であるなら、自然と知りたくなるはずです。

 

それは男性側も同じなので、日常を知ろうとしてきます。

 

「友だちと夜、飲みに行ったりするの?」

 

これは、明らかに好意があるサイン。

 

夜出かける時間があるのか、夜に家を空けても大丈夫なのかを確認しているのです。

 

 

②夫婦の悩み相談にのる

既婚者同士の場合、普通、他人の家庭事情に踏み込もうとは思いません。

 

特に異性の場合は、ややこしいことに巻き込まれたくないという気持ちが働くので、他人の家庭のことなど知りたいとは思わないでしょう。

 

首を突っ込むことで、自分の奥さんに不倫を疑われては面倒だからです。しかし、不倫をしたいと思っていたり、既婚女性に好意を持っているのなら話は別。

 

家庭の愚痴は信頼している人にしか言わないので、信頼関係を築くためには手っ取り早いことでもあります。

 

傷の舐め合いや家庭の愚痴を言い合っているうちに、不満を不倫で解消することもあるのです。

 

 

既婚者同士の両思いのサインとは?きっかけやリスクは?
既婚者同士の両思いのサインにはどんなものがあるのか、既婚者同士の両思いのサインを紹介していきます。注意深く観察していれば、意外とすぐに気づくことができるでしょう。しかし、世間一般の感覚、常識では既婚者同士の恋愛は許されるものではなく、それを貫くには多くを敵に回すことも覚悟しておいてください。

 

③親しみのある呼び方をする

既婚者であると、特に異性からはニックネームなどで呼ばれることはほとんどありません。

 

大抵は「○○さん(苗字)」や「○○の奥さん」、もしくは「○○ちゃんのお母さん」などでしょう。

 

自分のことを、下の名前で男性から呼ばれることなどほとんどないですよね?

 

昔から知っている人(幼なじみや小学校の同級生など)であっても、なんとなく回りから変な目で見られることを気にして、下の名前では呼ばなくなるのが普通です。

 

お互いに既婚者同士であるなら、特別仲良くなる必要などないわけですから、呼び方を親しくする必要もありません。

 

それをニックネームや下の名前などで呼ぶのは、明らかな脈ありサイン。

 

仲良くなりたいという気持ちがあるからそういう呼び方をするわけですから、特別な感情があることは間違いないでしょう。

 

 

 

④奥さんと不仲アピールサイン

不倫を望んでいる男性は、例外なく「奥さんと不仲」アピールサインをします。

 

そもそも奥さんとうまくいっている人は、既婚者と不倫をしようなんて思いません。不倫をしようと思う裏側には、パートナーとうまくいっていないという何らかの理由があるはずですよね。

 

「妻とはケンカばかりしている」

「もう何日もまともに話してないよ」

「家にいてもジャマ扱いされるから居場所がなくて」

 

という話をしてくるときは、あなたに同情してほしい証です。

 

また、これは自分は奥さんとうまくいっていないから、他の女性と恋愛関係になれるというアピールであることも。

 

たとえあなたが彼のことをいいなと思っていたとしても、彼が奥さんと円満であるなら「自分が入り込む隙はない」と思いますよね?

 

もしもお互いに好意を持っているのなら、男性からのこのアピールがきっかけで一気に関係が進展するかもしれません。

 

さらに「ここ数ヶ月セ〇クスをしていない」など、セ〇クスレスアピールをしてきたときには、明らかに関係の進展を望んでいると言えるでしょう。

 

 

⑤食事に誘う

食事とは限りませんが、二人きりで会う口実を作るのは既婚者であっても好意があるサイン。

 

普通、既婚者であるなら「妻以外の女性と2人でいるところを見られたらヤバい」と思うもの。下心がないにしても、回りにはどう思われるか分からないからです。

 

へたげに疑われては面倒だと思うため、どうしてもという理由があっても、できることなら二人で会うことは避けるはずです。

 

それを二人で会いたいと誘ってくるのは、間違いなく好意があるから。

 

不倫関係になることを望んでいるサインであり、他の人に見られても特に何とも思っていません。

 

しかしお互いに立場がありますから、会う場所をお互いの生活圏内とは離れた場所に指定してきたら、なおさら下心がある証拠でしょうね。

 

誤解されそうなことは避ける既婚者同士が、あえて誤解されそうなこと(2人で出かける)をするのは、お互いに気持ちが寄っているサインです。

 

ここまでくると、お互いに好意があることを心のどこかで分かっているのでしょうね。

 

 

既婚者同士の「好意」のサイン
まとめ

既婚者同士の好意のサインについて、紹介しました。

 

既婚者同士は、普通ならパートナー以外の人と仲良くなりたいとは思いません。特に男女の仲である場合、あえて仲良くなる必要はないからです。

 

それをあえて仲良くなりたいと思うのは、不倫を望んでいるサインです。

 

とはいえ、既婚者同士である以上好意を堂々と伝えることはできません。だからこそ、サインという形で好意を表現するのでしょう。

 

お互いに好意があるのならいいのかもしれませんが、不倫は法的には認められていない行為。

 

世間のバッシングやバレたときのリスクなどは多大なるものですから、もしも不倫をするのならそういったリスクもしっかりと考慮した上で行ってくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました