彼氏がフェードアウトする4つの理由とは?フェードアウトされそうな時にするべき対処法

別れ・失恋

付き合っている恋人といきなり音信不通になった、という経験のある人はいませんか?

 

ある日を境に連絡が途絶えるようになった、あんなに頻繁に連絡をとっていたのになんで?と、思ってしまうかもしれませんね。

 

彼氏にいきなりフェードアウトされてしまうと「なんでなんだろう?」と悶々と考えてしまいますが、フェードアウトする彼氏の心理とはどういうものなのでしょうか。

 

音信不通にして自然消滅を狙う彼氏の心理、フェードアウトする理由について紹介していきます。

 

また、「彼氏にフェードアウトされそう」と感じたときに取るべき行動、対処法についても紹介しますので、彼氏にフェードアウトされるかも…と感じている女性は、ぜひ読み進めてみてください。

 

 

 

彼氏がフェードアウトする4つの理由とは

付き合っている彼女のことを、きちんと別れを告げることなく、フェードアウトしてしまうのはなぜなのでしょうか。

 

彼氏が彼女のことをフェードアウトしてしまうのには、4つの理由があるようです。

 

 

 

①別れを告げるのはツラい

彼女とのことを、この先も関係を続けていく勇気もなければ、スパッ終わらせる勇気もないパターンが、これにあたります。

 

言い換えれば「特別好きではないけど嫌いでもない」ということ。

 

だんだんと愛情が薄れてしまい、このまま付き合っていくのもなんだかなぁ・・・という感じなのでしょう。自分から別れを告げるのはもったいない、という気持ちもあるのかもしれません。

 

もしくは、特別嫌いになったわけではないので、「この先もやり直す可能性」を残しておきたいと思っていることも考えられますね。

 

なんとなく自分から別れを告げると、この先「やり直したい」と思ったときに復縁を迫りづらいので、別れを告げずに自然消滅を狙っているのかもしれませんね。

 

 

②気まずいから

彼女と、もともとあまりうまくいってなかったとすると、顔を見て別れ話をすることを「気まずい」と感じている可能性が高いです。

 

関係が悪化するのは分かっていますし、修羅場になってしまうかもしれません。

 

確かに、きちんと別れ話をするのはどうしても気まずさがつきまとうもの。

 

フェードアウトして自然に関係が終わってしまえば楽だなぁという気持ち、気まずい終わり方をしたくないという気持ちから、フェードアウトしていくのです。

 

 

 

③彼女への気遣いのつもり

ハッキリと「別れたい」と伝えることは、彼女の心に傷を作ってしまいます。

 

目の前で彼女に傷ついた表情をしてほしくないという思いやりの気持ちから、態度をあやふやにしてフェードアウトする、という行動に出るのです。

 

傷つけたくない気持ちは分かりますが、フェードアウトするだけで曖昧な関係を続けるのは彼女を傷つけないと思っていませんか?

 

フェードアウトされるのも、十分傷つきます。むしろなかなか吹っ切れなくて続く分、フェードアウトのほうがツラいかもしれません。

 

「彼女を傷つけたくないから」という彼女への気遣いは、彼氏のエゴでしかないのです。

 

 

④理由がうまく言えない

彼女とは別れたい、距離を置きたいと思っているが、その理由が何なのか自分でもよくわからないというのがこのパターン。

 

他に好きな人ができたわけではないし、彼女のことが嫌いになったわけでもない。

 

特別「何か」という決定打があったわけではないため、別れ話をしたときに彼女から「なんで?」と言われたら、納得させられるだけの理由が思い当たらないのです。

 

うまく答えられず、理由も見つからないのでハッキリと別れ話をするよりも自然消滅を狙ってフェードアウトするのでしょう。

 

 

また、男性の中には

・面倒くさいことは嫌だ

・厄介事には関わりたくない

 

という心理があるので、別れ話をするくらいならフェードアウト、と考える人も少なくないようです。

 

 

 

 

彼氏にフェードアウトされそうになった時の3つの対処法

最近なんだか彼氏とうまくいっていない、連絡の頻度が減ってきた・・・なんていうとき、フェードアウト目前かもしれないと不安になるかもしれません。

 

もしかしたらこのままフェードアウトされてしまうかも・・と不安になる気持ちは分かりますが、泣いてすがるのはNG。

 

彼氏のことが好きなら、別れたくない、フェードアウトされたくないという気持ちから泣いてでも彼氏にすがりたいと思ってしまうかもしれませんね。

 

しかし、フェードアウトしようと思っている彼氏に対し、泣いてすがるのは良いこととは思えません。

 

ここでやるべき3つの対処法について紹介します。

 

 

①軽い連絡を積極的に送る

フェードアウト気味かもと思うと、こちらから連絡をするのは怖いと思うかもしれませんね。

 

また無視されたらと思うと、気が気ではありません。ここでのポイントは、重たい内容ではなく軽い内容の連絡をするということ。

 

「最近仕事どう?」

「駅前に新しいお店ができたけど行ったことある?」

「この本、おもしろかったよ!」

「○○のライブ行った?」

 

など。

 

くれぐれも、

「なんで返事くれないの?」

「返事待ってます」

など、彼氏が重たいと感じる内容の連絡はしてはいけません。

 

軽い連絡を送り続けることで、フェードアウトを避けられる可能性もあるでしょう。

 

 

 

②理由を考えてみる

彼氏にフェードアウトされそうな理由に、何か心当たりはありませんか?

 

ケンカをしたあと、何かイベントがあった後などからフェードアウト気味になってきたのなら、あなたの行動が彼を傷つけてしまったのかもしれません。

 

一時の感情によるものなら、彼氏の気持ちが落ち着けばまた元通りに連絡を取り合うようになることも。

 

ただし、両者に「ケンカをした」という認識がなく、一方的にフェードアウトされているのなら、今までのことがつもりに積もってフェードアウトになったのかもしれません。

 

考えても理由が思い当たらないときは、思いきって彼氏に聞いてみるのも1つの方法。

 

「私、何かあなたを傷つけるようなことした?」とハッキリと聞いてみましょう。

 

 

 

③悩まず次の恋愛に進む

フェードアウトされたのなら、彼とは縁がなかったんだと諦めるのも1つの方法です。

 

男は、今の彼氏以外にもたくさんいます。もっと良い人が世の中にはたくさんいますので、彼氏とのことは縁がなかったとスパッと諦めてしまいましょう。

 

悩むだけ時間の無駄だと割りきって、次の恋愛に進むのもオススメですよ。

 

 

 

フェードアウトする4つの理由 まとめ

 

彼氏が彼女のことをフェードアウトする4つの理由と、彼氏にフェードアウトされそうなときの対処法を紹介しました。

 

男性は面倒くさいこと、厄介事を避ける傾向があることから、別れ話をせずにフェードアウトという形をとることも多いです。

 

フェードアウトされた方はあれやこれやと悶々と考えてしまいますが、「こんなもんか」と悩まず終わらせてしまうのもいいでしょう。

 

深く考えて悩むだけ時間の無駄ですから、気にせず次の恋愛に進めたらいいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました