最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

社内恋愛に潜む5つのリスク!社内恋愛はバレたら終わり?

みなさんは「出会いの場」と聞くと、どこを想像しますか?

実は、ある調査によると今の夫もしくは妻と出会った場としてもっとも多いのは職場なのだそう。

たしかに職場には男女がいますし、職場の人とは毎日のように顔を合わせるわけですから、そこに恋愛感情が生まれても不思議はありませんよね。しかし、社内恋愛はあなたが思っているほどかわいいものではありません。

社内恋愛には、リスクが付き物。

しかもそれは、あなたにとって重大なリスクとなる可能性があるのです。

ここでは、そんな社内恋愛に潜む5つのリスクについて紹介しましょう。

社内恋愛は隠し通すが鉄則

社内恋愛は、職場によって認められているところもあれば、社則によって禁止されているところもあります。どちらにせよ、社内恋愛は周囲には隠し通すことが鉄則。

なぜなら、うまくいっているときには「嫉妬心」が生まれ、うまくいっていないときには「冷やかし」の目が生まれてしまうため。

社内恋愛がOKの職場であっても、リスクは同じように生じますので、そのことはしっかりと覚えておきましょう。

そのことも踏まえて、社内恋愛の5つのリスクについてお話しします。

1:別れても終わらないリスク

社内恋愛ではなくふつうの恋愛だったら、もしも別れてしまっても特に問題はありません。顔を合わせることがなくなれば、自然と相手のことも思い出にすることができますよね。

しかし、社内恋愛であったらどうでしょう。

たとえ別れても、毎日顔を合わせなければなりません。どんなに強靭なハートの持ち主であっても、相当気まずいのではないでしょうか。

元恋人のことを毎日見かけるわけですから、失恋の傷が癒えるのも遅くなり、いつまでも失恋の傷を引きずることにもなりかねません。

自分が相当相手に入れ込んでいたとしたら、尚更でしょう。

相手のことが気になってしまい、別れてからもズルズルと引きずってしまうのは目に見えています。

たとえ付き合っていたことを職場に隠していたとしても、別れたときの気まずさまで完璧に隠し通すのは難しいもの。

社内恋愛は成功しない限り、別れても終わりが来ないものなのです。

元恋人の姿を毎日見ることで、新しい出会いが遠ざかってしまうというリスクもありますね。

2:堂々とできないリスク

恋は障害があるほど燃えるという人もいますが、そんなのは最初だけです。

付き合っている期間が長くなるにつれ、堂々とできないことにモヤモヤした気持ちが生まれてくるもの。

社内恋愛は隠し通すことが鉄則であり、たとえ社内恋愛OKの職場でも軽々しく付き合っていることを言うべきではありません。

やはり余計な詮索をされますし、仕事のミスなどもすべて「社内恋愛で浮かれているからだ」という一言で片付けられてしまう恐れがあるからです。

たとえそうではないのに、「昨日も遅くまで盛り上がっていたんだろう」などと言われるのは嫌ですよね?

しかし、同じ職場にカップルがいれば、そのような詮索をされるのも仕方がないこと。

人はどうしても野次馬根性がありますからね…。

そのため、帰る時間をずらす、一緒に出社はしない、職場付近でのデートや待ち合わせはしないなど、制限がどんどん増えてしまうでしょう。

堂々とできないことはデメリットしかなく、不満や不安が募る原因になることは間違いありません。

3:仕事に集中できないリスク

良くも悪くも、社内恋愛をしていると仕事に集中できなくミスが増えることが多いです。

恋は盲目といいますが、恋愛に必死になるばかりに回りが見えなくなってしまうのです。社会人たるもの、職場に個人的な感情を持ち込むのはルール違反。

仕事とプライベートを混在させてはいけないと分かってはいても、完璧に切り替えられる人などそうはいないでしょう。

特に同じ部署に恋人がいるとなると、異性との関わりや異性と話しているだけでも気になって、目の前の仕事が手につかなくなることも。

恋人が今、どこで、何をしているのか、誰と話しているのかが気になって仕方がないのです。また、気持ちの切り替えができなくなることも挙げられます。

プライベートで喧嘩をしたとき、ふつうなら会わない期間(冷却期間)があるので気持ちも落ち着くことができます。

しかし社内恋愛の場合は喧嘩をしても、顔を合わせなければなりません。

気持ちの切り替えがうまくできず、仕事でもギクシャクしてしまったり、仕事のことでも口をききたくなくなるなど、仕事に支障を来すことも十分に考えられるでしょう。

4:プライベートが同僚などにバレるリスク

恋人の前と仕事場での顔が違う、という人は意外と多いもの。

人のプライベートをベラベラと喋る人は信頼できませんが、女性は友達同士で話すとき、たいていは恋バナになります。恋バナほど盛り上がる話題はないですからね。

恋人が共通の知り合いだとしたら、話の流れとしてネタになるのは目に見えていますよね?

「この間カレがさー…」

なんて、なにげなくプライベートを暴露されてしまうことも。

もちろん逆のパターンもあり得ます。

男性は自分の彼女を自慢したい傾向にあるので、特にベッドの中と普段のギャップがある場合は危険です。

「アイツ、普段はあんなだけどベッドの中では可愛くて」

なんて、彼は自慢のつもりかもしれませんが、女性にとっては彼氏以外には知られたくないプライベートですよね。

知り合いにプライベートを知られてしまうと、それがからかいのネタになることは目に見えていますね。

社内恋愛には、人に知られたくない自分をばらされるというリスクもあるのです。

5:仕事を失うリスク

最悪の場合、社内恋愛の末に仕事を失うというリスクもあります。

社内恋愛が禁止の職場であってもそうでなくても、「仕事の効率が悪い」「回りに影響を与えている」と判断されれば、最悪の場合は仕事を失うこともあるでしょう。

同じ部署にカップルがいると、どうしても回りはやりにくいですからね。

そうでなくても、部署異動や左遷など自分の求めていたキャリアとはかけ離れてしまうこともあり得ます。

社内恋愛は、まさに命がけの恋愛。

バレずに隠し通し、そして必ず「成功」させなければならないリスクのあるミッションなのです。

社内恋愛に潜む5つのリスク
まとめ

社内恋愛に潜む5つのリスクについて、紹介しました。

いかがでしたか?

同じ職場に恋人がいるとウキウキして仕事の効率も良くなりそうですが、決してそんなことはありません。

恋愛がからむと感情のコントロールは難しくなりますので、どうしても誰にもバレずに社内恋愛をするには限界があります。

それでも社内恋愛をするのなら、それ相当の覚悟を持って、最悪の場合はリスクも承知で行ってくださいね。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!