最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

恋人と喧嘩する夢を見た・・・これってどういう暗示!?

恋人と喧嘩する夢を見たことがありますか?

何を言ったかは覚えていないけれど言い争っていたり、興奮して手を出してしまったり。

起きて覚えているのは、とにかく嫌な夢だった…という感想だけ、なんてことも。最近恋人と喧嘩したという心当たりがあるならまだしも、関係は全く問題ないのにそんな夢を見てしまったら

「破局の暗示!?」などと不安になりますよね。しかし、喧嘩をする夢は必ずしも悪いことの暗示とは限りません。

恋人と喧嘩する夢はどんな心理状態において見るもので、何の暗示なのでしょうか。夢の役割を理解することで、恋人と喧嘩する夢を見たあなたの現状を振り返ってみましょう。

夢の役割

なぜ夢を見る?

夢とはまだ解明の余地のある研究対象です。夢について分からないことが未だある一方で、夢の役割は、睡眠中に記憶を取捨選択し整理するためのものだろうとされています。

学生のときに、「暗記したことは寝ている間に定着するから睡眠は大事」と言われた経験はありませんか?

私たちは睡眠中に日常で起こったことや、過去の経験などの様々な情報を整理し、記憶すべきことを脳に定着させています。その中でも特に自分にとって衝撃的だった事実や体験など心や脳が重要だと判断したものを、夢で追体験することで記憶に定着させようとするのです。

また、夢には心の浄化作用があるとされています。

現実では望めない結果や心に秘めた思いなどを夢として表出することで、自らの心の平穏を保とうとします。そのため、私たちは心当たりのない夢や、記憶する必要のない人や事柄が登場する夢を見ることがあるのです。

深層心理下の内容が夢になることもあるため、「なぜこんな夢を見たのだろう?」と不思議に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

心理学的には、夢には大きく分けて補償夢と逆補償夢の2種類あるとされています。

補償夢・・・

簡単に言うと、あなたにとってハッピーな夢のことです。

例えば片思いの人とデートをしている夢や、大きなプロジェクトを成功させてみんなから称賛される夢など、叶わない希望や強い願望を表した夢を補償夢と言います。

これは、現実では未だ大成できていないことを夢で叶えることで精神を健康に保つ働きがあります。

逆補償夢・・・

言葉の通り、補償夢の反対の意味を持つ、あなたにとってショッキングな内容の夢です。例えば乗っている飛行機が墜落する夢や、信頼している人から嫌われてしまう夢など、恋人と喧嘩する夢もこの逆補償夢にあたります。

心の中で恐れていることや、嫌悪していることが夢になって表れます。

この夢は単に深層心理下で思い悩んでいることを表出するだけでなく、危惧していることに対して夢の中で予行演習を行うことにより、現実でその状況に陥った場合のショックを和らげようとする作用もあります。

恋人と喧嘩する夢における分析パターン4つ

知らない人と恋愛関係にあり、喧嘩する夢

夢において面識のない異性が登場するのは、自己の内面の表出、あるいは理想の異性の象徴である場合が多いとされています。

現在恋人がいない人であれば、知らない異性が出てくる夢は新しい恋への欲求が高まっていることだと判断できます。

しかし、その異性と喧嘩をしているとなると、その異性は自分の分身であると考えた方が良いかもしれません。つまり、現実では自分自身の嫌な部分を直視できないために、それが夢となって表れ、対峙することで抱えているストレスを発散させようとしているのです。

すでに恋人がいる人であれば、現在の恋人のことは好きなのだけれど、どこかで不満を抱えているのかもしれません。夢を覚えているのであれば内容と照らし合わせて、あなたが恋人に対して抱いている悩みを今一度検討してみると良いでしょう。

知っている人と恋愛関係にあり、喧嘩する夢

身近な異性の友人が夢に登場するのは、現在の恋人の分身である場合が多いようです。恋人と喧嘩する状況があなたにとってショッキングなものである場合、このように現実とは違う姿で登場するのも夢の大きな特徴です。

あなたの心の中に、自分でも知らないうちに恋人に対する不満が溜まっているのかもしれません。

また、単にその知り合いの嫌いな部分を夢で伝えている可能性もあります。現実では、どうしても面と向かって言いにくいこともありますよね。そうした不満を夢で放出することで、心の安定を保とうとしているのです。

現実の恋人と喧嘩する夢

この場合一番可能性が高いのは、現在あなたが恋人と喧嘩中だということです。誰にとっても恋人と喧嘩するというのは、多かれ少なかれショックなものです。その時の雰囲気や状況、言動などが記憶に焼き付き、夢に出てきてしまったのかもしれません。

心当たりがないという人は、恋人に対して何らかのストレスを抱えている可能性があります。あなたがそれに無意識的であるか、言いたくても言えない状況にあると、ストレスの緩和のために夢で発散させようとするのです。

また、うまくいっている恋愛関係においてもこのような夢を見ることはあります。例えば現状が幸せであるがゆえに、その幸福が崩れることをひどく恐れている場合です。「嫌われたくない」「喧嘩したくない」という思いが強ければ強いほど、いつか来るかもしれない現実の恋人との喧嘩に対して予行演習をしようという心理が働くのです。

喧嘩は互いの中を深めるのに必要な側面もありますから、普段からあまり恐怖心を抱きすぎないようにすると良いかもしれません。

以前付き合っていた恋人と喧嘩する夢

 前の恋人と喧嘩をする夢は、過去の恋愛から吹っ切れようとしている可能性が高いでしょう。

また、自分の未熟な部分が分身として登場している場合もあるので、過去の自分から脱却して現在や未来に目を向けようとしているあなたの心の表れでもあります。

どちらにしろ、今の恋愛や自分に対して前向きな心理状態であると思われますので、「嫌な夢を見てしまった…」と必要以上に落ち込む必要はないでしょう。

まとめ

夢と現実とは常に補完関係にあります。

良い夢を見たからといって必ずしも現実が幸福絶頂だというわけでもなければ、悪い夢を見たからといってそれが絶対に不幸や破滅の暗示だとは限りません。

実際、多くの夢分析で喧嘩する夢は吉兆夢だとされています。それは、恋人と喧嘩する夢には自身の見つめ直しや、恋人に対する不満の明確化、幸せな恋愛関係の証明など、現実ではプラスに転じる可能性のある要素が多いからです。

ショッキングな夢を見てしまったときにこそそれを転機と捉え、今後の生活に活かすのが最も良い夢の見方ではないでしょうか。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!