最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

喧嘩しないカップルになる秘訣とは!

カップルなら仲がいいときもあれば、喧嘩してしまうこともありますよね。

しかし喧嘩がきっかけで相手に不信感を抱いたり、喧嘩の時の一言が引っ掛かってしまい、後々関係を悪化させるきっかけになってしまうこともあります。

好きだからこそぶつかるとも言えますが、出来れば喧嘩はしたくないものです。

今回は、喧嘩しないカップルになる秘訣をご紹介します。

喧嘩しないカップルの特徴って?

世間には、喧嘩をしないカップルもいます。

そんなカップルの特徴をいくつか挙げていきます。

1.お互いに自立している

カップルで喧嘩をするきっかけで多いのが、相手に依存しているが故のストレスや不満からくるものがあります。

お互いに自立していれば、そんなきっかけで喧嘩することはありません。

自立している人間は、対人関係において、相手に対する話力や対応力も備わっているケースが多いので、喧嘩のきっかけになるような発言や行動自体を避ける傾向にあります。

よって、双方が自立している場合には、自然と喧嘩は少なくなります。

2.話し合いが成立する

喧嘩とは、お互いに思うところはあるのに、話し合いにならない状態のことです。

自分たちは、話し合っているつもりでも、相手を傷つける表現や自分をかばう表現が強く出てしまい、相手を不快な気持ちにさせてしまうのです。

話し合いが成立しているカップルというのは、意見や考えの相違がある時にも、自分の欲求を満たすだけの提案はしません。

そして責めるような表現を避け、二人の関係がよりよくなるための話し合いをするのです。

喧嘩と違い、相手が自分のことも考えて話してくれていることが大いに伝わるので、妥協しやすくなったり改善したいと思いやすくなります。

そうしてより良い関係になっていきます。

3.尊敬・尊重しあえている

喧嘩しているときは、相手のことより自分のことを尊重、優先してしまっている状態が多いです。

常に相手を尊敬、尊重しあえていれば、自分本位な考え方はせずに付き合っていけるので、喧嘩をすることも無くなります。

たとえ相手と自分が違う意見であってもそれを否定することはせず、そういう考えもあるんだね、というように相手の考えを尊重出来ることが、喧嘩をしないカップルの特徴です。

喧嘩しないカップルになるためにするべきこと!

喧嘩しないカップルにはなりたいけど、実際にどんなことをすればいいんだろう、今から出来ることで、何に気を付けていけばいいんだろう・・・?

今から始められる、

喧嘩しないカップルになるためにするべきことをご紹介していきます。

1.否定をやめる

どんな事柄も、言葉の言い回しひとつで毒にも薬にもなります。

自分の気持ちを伝えたい時に、否定する言葉を使わずにも相手に自分の気持ちを伝えることはできるものです。

難しく考えず、まずはどんなときにも『否定しない』ことに気を付けて接してみましょう。

困ったことや辞めてほしいことがある時も、表現を変えて伝えるようにします。

それが習慣になれば、相手も否定する言葉を使わなくなることも。

最初のうちは自分だけ我慢しているように思えてきますが、自分が続けていれば相手も似てくるもの。

相手は自分を尊重しているのに、自分だけ自分本位な話し方をしていることに気が付けば、自然と改善してもらえるかもしれません。

急には難しいですが、第一歩として『否定しない』ことに取り組んでみましょう。

2.束縛をしない

束縛は、喧嘩のきっかけになりやすい事柄です。

「相手もしてくるから」

「怪しいから」

など、理由や感情は色々あると思いますが、

束縛をして不快な思いをさせて、開放感を求めたパートナーが浮気をするなんてことも実際にありますので、悪循環とも言える行為なのです。

束縛をするときには、やはり自分本位な感情のもとに発言しています。

相手の好きなことをさせてあげることや、自由に行動させてあげることも、お互いがストレスフリーな関係でいられる秘訣です。

自分が束縛されている場合は、信用してもらえるよう努める代わりに、束縛はやめてもらいましょう。

その際も、二人の関係を良くするためだという前向きな気持ちと、束縛なんてされなくても信用して大丈夫だと思ってもらうことが大切です。

束縛しあうことが無ければ、喧嘩のきっかけも減ります。

束縛し始めると小さなことも気になったり、不満に感じることになりがちですが、束縛しない関係においては、ちょっとしたことは気にならなかったりするものです。

強制したり束縛したりするから、小さいことも気になっていくのです。悪循環ですよね。

喧嘩しないカップルになるために、『束縛をしない』ことを2人の間で始めてみましょう。

3.感謝の気持ち、嬉しい気持ちを伝える

付き合いが長くなっていくとお互いの存在や、してもらうことが当たり前のようになり感謝の言葉や嬉しいリアクションが少なくなってしまう傾向があります。

しかし付き合いが長くても、自分がしてあげたことに相手が喜んでくれたり、感謝の気持ちを伝えてくれたら、嬉しいものですよね。

つまり相手も、感謝されたり喜んでくれたら嬉しいものなのです。

そして、言った方も言われた方も幸せな気持ちになりやすくなります。小さなことや日常でも幸せを感じられる関係になれるのです。

これにより、マンネリ化を防ぎ、二人の関係を良好に保つことができます。

感謝を伝えることは、小さなことではありますが、大事なことでもありますから、怠らずすぐにでも意識して始めてみましょう。

喧嘩しないカップルになる秘訣とは!
まとめ

どんな人にとっても喧嘩は不快なものです。

喧嘩をしないに越したことはありませんが、喧嘩をしないことは自分の気持ちを伝えられないのでは?と思いがちです。

しかし大切なのは気持ちを伝えないのではなく、表現を変えることです。

相手を尊重していること、感謝していることをしっかり伝えられていれば、自分の困ったことや相談ごとにも親身になって耳に傾けてもらえそうですよね。

そういった方向から問題解決をしていくことができます。

お互いにストレスの少ない状態で交際していくことがどんどん、喧嘩をしない良い関係でいられる秘訣になっていきます。良い循環となるのです。

すぐに始められることから取り組んで、喧嘩しないカップルを目指しましょう。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!