最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

浮気は絶対に許さない!本当にあった、浮気の復讐!

浮気や不倫は、世間にあふれています。

自分が浮気の被害者になった時、女性はどのような行動にでるのでしょう。

これからご紹介するのは、実際に浮気をされた女性たちが行った復讐です。

浮気や不倫はパートナーや家族を傷つけるだけではなく、相手や状況によっては自分も多くのものを失ってしまう可能性があるということを覚悟しましょう。

浮気をされた女性が実際に行った復讐とは?

実際にはどんな復習があったのでしょうか。

以下に5つ、ご紹介したいと思います。

①彼の親に浮気の報告をした

自分が怒っている!という報告ではなく『ひどく傷ついている』『精神的にまいっている』という報告をすることで、彼の親は彼女に親身になり、彼にお叱りの連絡を入れてくれたようです。

ポイントは、怒りを表現しないこと。

親ですから、他人が彼や親に怒りをあらわにしてきたら、面白くないと思ってしまい、逆効果になることも考えられます。

また、こんな怒りっぽい子なら仕方ない理由があったんじゃ・・・?と思われてしまっては、怒りは膨らむばかりです。

なのであえて、彼の親の前では『浮気をされて傷ついている』『信じていたからショックで。』などと、傷ついているから相談した、というていで報告をするのが良いそうです。

親として責任感を感じ、彼を代わりに非難してくれます。

いい年になって親にそんなことで叱られてしまっては彼も、もうこんな思いしたくない、と反省することでしょう。

関連記事⇒
夫に浮気された・・・夫の浮気を許してやり直すための6つの方法

②あっさりと別れた

浮気はもし許したとしたら繰り返すという考えをお持ちの女性の場合です。

今回の件を許してしまえば、今はどんなに反省してるように見せてもどうせ繰り返すんだから・・・と彼に見切りをつけたそうです。

そこで、どうせなら浮気をした相手になんの感情も残っていないという態度で、プライドを傷つけてやろう!と思い、別れたくないと引き留める彼に対して、一切耳を傾けず、かといって浮気を責めたりむきになったりもせず、『ただそんな浅はかな人とは一緒にいれないよー』『冷めちゃった』といったスタンスで接したそうです。

後日、彼との共通の知り合いから、彼が「浮気したことであっさりフラれてしまった。浮気しても別れることはないと思い込んでいたから、後悔している。」と言っていることを聞き、復讐は大成功したとのこと。

浮気されて、相手を責めたい気持ちや、情が残っていて別れるのがつらかった気持ちを隠し、突き通してよかった!と話していました。

③彼の友人や知人に言いふらした

彼氏が、周囲から誠実な人だと思われていたので、この方法で復讐したそうです。

共通の知人や友人が多かったこともあり、相談という形で浮気されていた事実や内容を報告して歩いた結果、彼が今まで積み上げてきた、表向きのイメージが崩れ去ったようです。

みんなまじめで誠実な人だと思っていたから、彼女が彼を尻に敷いているくらいの関係性だと思っていたらしく、みんな驚いていたけど、がっかりしたと言っている人もいたので、その意見も彼に伝えたそうです。

彼は落胆して、『こんなことになるなら軽い気持ちで浮気なんてするんじゃなかった』と後悔してくれたようで、その後は浮気された形跡はないとのこと。

④浮気現場に登場した

彼が浮気している事実を知ってすぐには彼に報告をせず、ひたすら情報集めをして、彼が浮気相手とデートする情報を入手。

そして、そのデート現場にこっそり自分も出向き、浮気相手に自分は彼と付き合っていることを報告、彼には嫌味を言って帰ってきたそうです。

その日のデートはかなり前から約束されていたので、その後デートが台無しになったことは言うまでもないですし、浮気相手にも“この人は浮気する人だったんだ”と認識させ幻滅させることが出来たようで、その後は破局してしまったそう。

こちらも復讐大成功ですね。

浮気の事実を知った時、腹が立ちすぐに彼に言いたくなってしまいますがそれをこらえて復讐に専念したようです。

当日のことは事前になんて言おうかなど念入りに計画を立て、帰り道は一人にならないよう友達と待ち合わせをして、楽しい思い出を作ってから帰宅したそうです。

彼は浮気相手といるのに、自分だけ暗い気持のまま家に帰りたくないですから、得策かと思います。

関連記事⇒
旦那の浮気がトラウマに・・・浮気のトラウマから克服する4つの方法

浮気相手と仲良くなった

浮気相手も自分が本命だと思って付き合っていたようで、かなり悪質な浮気だったそうです。

彼女から浮気相手に電話をして『○○と付き合ってるものですが、あなたとも交際していることを知ってしまって、一度ふたりでお話ししたいなと思い、連絡しました!』と、敵意がないこと、ふたりで話したいこと、丁寧な言葉遣いを心がけて伝えたそうです。

そんな態度に浮気相手の女性も『そうだったんですね、詳しくは直接会ってお話ししましょうか?』と提案してくれて会うことになり、彼との経緯や彼の悪口で意気投合し、この際ふたりで同時にいなくなってやりませんか?と、結託して彼に復讐することにしたそうです。

二人で別れ話をしに行った際、彼は非常に驚いていて、動揺していたそうでドン引きしてしまい本当に冷めてしまったとのこと。

その浮気相手とは今でも会って食事をするほど仲がよくなり、浮気をする彼氏よりも大切な友人を手に入れることが出来たと復讐は成功したそうです。

これは浮気相手の性格や考え方によって成功するかしないかが大きく変わってくる方法なので、一か八かという感じですね。

本当にあった、浮気の復讐!
まとめ

実際にあった、浮気の復讐を5つご紹介しましたが、世の中にはもっと恐ろしい復讐をした女性もいます。

職場に押しかけて無職にさせた、継続的に慰謝料を請求し続けた、知り合いの前で土下座させた、飲み会の場に押しかけその場で別れを告げて恥をかかせた、など、彼の人生の汚点を作るようなものです。

しかしそのような過激な復讐には、デメリットもあります。

復讐の内容がひどすぎると、彼が周囲に話したときにあなたまで悪者になってしまう可能性があることです。

なので、復讐後のことを想像しながら復讐の方法を選択することをおすすめします。浮気の被害者でありながら、非難されるなんて納得いかないですからね。

今のパートナーに、『こんな復讐があるらしいよ』と伝えておくのもいいかもしれません。

ただ、浮気したときに復讐する女性とわかったら嫌われてしまう可能性もあるのでやはり、発言や行動には注意が必要です。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Follow me, please!