この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

温泉デートで気を付けること

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

秋から冬にかけてどんどんと気温が冷え込み、温泉でゆっくりと温まりたいという気分になってきますよね。友達と行く温泉もいいですが、恋人と行く温泉はまた格別です。日常から離れた場所で、いつもとは違う雰囲気を味わいながら恋人と過ごすと新鮮味があって楽しいです。旅館に泊まってお互い浴衣を着て歩くというのも、風情があって良い物です。

今から温泉デートを計画している人や、温泉デートに誘われた方などいらっしゃると思います。せっかくの遠出なので楽しく過ごしたいと思っていると思いますが、温泉デートには数々の落とし穴があります。

特に、一泊二日のお泊り温泉デートにもなると、長時間鼓動を共にして疲れたり喧嘩になるということが多いようです。ですので、温泉デートを楽しく過ごすために、事前に注意しておきたいことを確認しておきましょう。

温泉デート失敗談

まずは、温泉デートの失敗談を見て、気を付けるべきポイントを考えてみましょう。

①客室露天風呂で…

せっかく温泉旅館に泊まるなら、客室露天風呂が良いですよね。客室露天風呂での失敗談は多くあるようです。

付き合って日の浅いカップルだと、一緒にお風呂に入ることが恥ずかしく、恥ずかしいあまりに微妙な空気になることや、スッピンを見られたくなさ過ぎて必死になって楽しめなかった…などです。客室露天風呂に入ることはなかなかないと思うので、恥じらいは捨てて思いっきり楽しんだ方が後悔が少なそうです。

➁あの日と重なった

温泉デートのメインイベントは温泉に入ることです。しかし、生理と重なってしまうと温泉を満喫できません。生理中に温泉に入ることは、衛生的にも他の人への配慮からもオススメできません。

タンポンを入れれば入浴できると思いますが、普通に温泉に入るよりも楽しさは減ってしまうでしょう。温泉デートをするなら、計画する段階で生理と絶対に被らない日を選びましょう。生理は早まることもあるので、1週間くらいの余裕は見ておきましょう。

③イチャイチャしていたら旅館の人が入ってきた!

温泉旅館に泊まったらテンションが上がってすぐにでもイチャイチャしたい気分になると思います。しかし、ついて早々イチャイチャを始めると、途中で旅館の人が入ってくる可能性があります。

ホテルと違い、旅館ではお布団の用意やお食事の用意等、旅館の人が部屋に入ってくる機会が多いので、イチャイチャするタイミングには気を付けましょう。

温泉デートで注意したいポイント

温泉デートには思わぬ落とし穴があります。些細なことで喧嘩になってしまっては、せっかくの温泉デートが台無しになってしまいます。少しでもトラブルをなくすために、注意したいポイントを参考にしてみてください。

①計画

きちんとした計画を立てましょう。お互いに適当な性格のカップルの場合、行き当たりばったりのデートが多いかもしれません。

しかし、温泉デートは遠く離れた所で長時間二人で過ごすことになり、行き当たりばったりだと気疲れしてしまいます。特に、混んでいる時期に行くと、交通渋滞や予約でいっぱいでなかなかお店に入れないということもあります。

だいたいこんな感じ~と適当な計画を立てていると、思ったよりも移動や待ち時間がかかってしまい、せっかく遠くへやってきたのにただ疲れただけ・・・という結果になりかねません。きちんとデートする場所のことを調べ、行くお店の目星をつけて予約しておくことをお勧めします。また、車で温泉地へいく場合、時期によっては交通渋滞に巻き込まれてしまうことがあります。時間には余裕をもって計画を立てましょう。

➁メイク

温泉デートに行った際、女性が戸惑うのはメイクについてではないでしょうか?実は、男性は女性のスッピンを見てみたいと思っています。特に、温泉デートやお泊りの際はスッピンを見られるのではないかと期待しています。

それなのに、温泉から出てきた彼女がバッチリメイクしていたら、ちょっと興ざめのようです。そんなこといっても、スッピンは無理!という人もいるかと思います。そういう女性は、いつもよりも控えめなナチュラルメイクに変えてみましょう。

しかし、混浴や旅館で一泊する際は、どうしてもスッピンにならなければなりません。そう言った場合は、できるだけ暗い時間帯を狙いましょう。部屋つきのお風呂の場合は露天風呂が多く、暗さで誤魔化すことができます。また、一緒にお布団に入る際は、部屋の明かりを薄暗くしておきましょう。

③待ち合わせ

温泉に着いたら、男女それぞれのお風呂に分かれて行くと思います。その際に気をつけたいのが、待ち合わせ時間を決めておくこと。何も約束せずにお互いが適当にあがってくると、お風呂を出るタイミングに個人差があり、どちらかが長時間待たされるということになります。

待たされる方は「いつ出てくるのかな?」と不安になったりイライラしたりしてしまいます。お風呂の中ではスマホが使えないので、連絡を取り合うことができず、このような事態を招いてしまいます。せっかく気持ちよくあがってきたのに、その後喧嘩になってしまっては気分が悪いです。そうならないために、1時間後とか1時間半後などと時間を決めて待ち合わせすることをお勧めします。また、待ち合わせ場所もきちんと決めておきましょう。

④服装

温泉がある場所は歳から離れた山奥が多く、思っていた以上に寒いということが考えられます。秋冬に温泉へ行く人が多いかと思いますが、服装には注意が必要です。薄着過ぎると寒くて楽しめなかったということになりかねません。ですので、事前に温泉地の気温を調べて適した服装で行きましょう。また、温泉のあとは湯冷めするので、防寒具を持っていくと良いでしょう。

温泉と言ったら”浴衣”ですよね。カップルで浴衣を着て歩きたいという女性は多いのではないでしょうか?しかし、慣れていない人が浴衣を着ると思わぬ失敗をしてしまいます。

一番多いのは、上になる布が左右逆というパターンです。浴衣は左の布が上になるように着るのが正しいです。右手が懐に入るように着ていれば正解です。逆に来ていると死装束になってしまい、縁起が悪いです。

また、浴衣のまま寝る際は、はだけないように気を付けましょう。はだけても大丈夫なように、キャミなどを着ることをオススメします。

温泉デートで気を付けること
まとめ

いかがでしたでしょうか?気を付けるべきポイントを押さえて、楽しい温泉デートにしてください。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら