女は一度冷めた気持ちは戻らないの!?恋愛観の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

男性と女性では、恋愛に対する考え方が全く異なります。それは、脳の作りが違うことに原因があります。そのことを知らないでいると、お互いのことが理解できず、喧嘩の絶えないカップルになってしまいます。

男性と女性の恋愛に対する考えの違いについて知っておくことで、上手に恋愛を進めることができます。

そこで、今回は「女性は一度冷めたら戻らない」と題して、恋の始まりから終わりまでの男女の感覚の違いについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

男女の恋愛観の違い
①恋愛の始まり

まず、恋の始まりについての男女の違いについて考えたいと思います。恋の始まりに関しては「男性は減点法」「女性は加点法」とよく言われます。

まず、男性は女性と出会った瞬間・惚れた瞬間がその女性に対する評価が一番高い地点となります。ですので、男性の方が「一目惚れ」しやすいという傾向があります。恋愛のスイッチが入るのが早い、熱しやすいタイプが男性の恋愛です。

それに対し、女性は出会った瞬間の第一印象がそれほど良くなくても時間を経て好きになる可能性があります。第一印象で60点だったとしても、相手と過ごすうちに「優しい」とか「運動神経が良い」とか相手の良いところを見つけるたびに加点されて行き、時間をかけて60点が100点に近づいていきます。女性は恋愛のスイッチが入るのに時間がかかり、徐々に熱していく傾向にあります。

男女の恋愛観の違い
②付き合ってから

付き合ってからの恋愛観についても男女で違いがあります。先ほども書きましたが、男性は熱しやすく女性は徐々に熱を上げていくという特徴があります。

男性というのは、女性と付き合えたりエッチできた時点が最も恋愛に対する熱が高いと言えます。

付き合ったりエッチをするため、男性は普段はしないような努力をします。連絡をまめに取ったり、気前よく奢ってくれたりと、いつも以上に自分をよく見せたいと努力するのです。

しかし、付き合ってしまった後やエッチした後は徐々に熱が下がって行き、以前のような努力を怠るようになります。

よく男性が「釣った魚に餌はやらない」と言われているのは、付き合ったりエッチをした後の女性に努力して尽くさなくなるからです。

一方、女性は徐々に相手を好きになっていくので、付き合いたての時はまだ熱が上がっている途中です。

人によっては、「何となく付き合ったけど、この人でいいのかな?」と半信半疑かもしれません。付き合い始め、一緒に過ごす時間が増えると、女性はどんどん相手の男性を好きになって行きます。女性は、まだ恋愛感情のない男性とキスやエッチをした場合、する前よりもその男性のことが好きになるという傾向があります。

ですので、付き合ってキスやエッチを重ねていくうちにどんどん彼のことが好きになって行きます。

好きのピークが付き合った時点な男性と付き合い始めたらどんどん好きになっていく女性。このような特徴の違いから、男女のすれ違いが起こることがしばしばあります。付き合ってから彼氏が冷たくなった!最近彼氏が冷たい!という愚痴をいう女性は多いと思います。

それは、自分は彼のことをどんどん好きになっているのに、彼は少しずつ冷めて行っているからです。しかし、心配は要りません。男性は女性のことを嫌いになったのではなく、めちゃくちゃ努力していた姿から普段の姿に戻っているだけです。ですので、付き合う前が異常で、付き合ってしばらく経った男性の態度が自然体ということができます。

おすすめ記事⇒男女の恋愛観と結婚観の心理について

おすすめ記事⇒美男美女カップルが少ない理由

男女の恋愛観の違い
③別れ

では次に、恋の終わりに関する男女の違いについて考えてみましょう

男性は、別れた直後は開放的になるようです。今まで彼女と遊んでいた時間を友達と遊ぶ時間に当てて楽しんだり、あまり落ち込んでいる様子を見せません。

しかし、別れてから少し経つと、ふとした時に別れてしまった現実を目の当たりにして落ち込みます。別れた直後は直視できなかった別れという現実を遅れて認識し、その後はかなり長い間引きずってしまうようです。

立ち直るまでに半年から一年掛かるそうです。立ち直った後は、元カノとの思い出が美しい記憶として残って行きます。

一方、女性の場合は、別れた直後がどん底で、相当落ち込みます。誰とも会いたくないし、家で泣いてばかり…という状態から、徐々に友達と遊んで愚痴って失恋の傷を癒して行きます。

また、失恋の傷を癒すために新たな恋を求める人も多く、「早く忘れたい!」という気持ちが強いです。実際、次の恋が始まると女性は元カレのことなど忘れてしまうようです。

このような違いから、男は恋を「名前をつけて保存」女は「上書き保存」すると言われています。

女性が冷めたら戻らない理由

男性は1年ほど恋を引きずってしまうので、女性に比べると復縁がしやすいです(別れた理由にもよりますが…)。しかし、女性は一度終わってしまった恋をもう一度やり直すことは難しいです。

女性は終わった恋を忘れようとする気持ちが強いです。そのため、自分の気持ちを素早く整理して「恋が終わった」と自分で納得するのです。納得して気持ちを切り替えた後の女性は、元カレに対して以前のような愛情を持つことが出来ず、「過去の人」としか思うことができません。元カレは恋愛対象ではなくなってしまうのです。恋愛対象ではない人ともう一度やり直すことはできず、女性は一度冷めたら戻らない性質があると言えます。

まとめ
いかがでしたでしょうか?

男女でこんなに恋愛観の違いがあるとは不思議です。考え方の違う二人が一緒にいて喧嘩してしまうのは仕方のないことです。しかし、時には男性視点や女性視点を持って相手が何を考えているかを予測してみましょう。

また、過去の恋を男性は「名前をつけて保存」女性は「上書き保存」します。女性は、終わった恋を早く忘れたいという気持ちが強く、恋愛に区切りをつけるタイミングが早いです。

そして、気持ちの切り替えが終わってしまうと、もう一度元カレを恋愛対象として見ることができなくなり、復縁が難しくなります。このようなことから、女性は一度冷めたら戻らないと言われているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存