結婚前に確認しておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

結婚とは人生の一大イベントです。お互いに「この人と一生添い遂げたい!」という気持ちで結婚を決意すると思います。

結婚すると決まった時は、これ以上幸せなことは無いと思うほどの幸福に浸ることができるでしょう。

しかし、その幸せに浮かれて夫婦生活の先行きを考えていないと後悔することになります。「好きだから何があっても乗り越えられる」と言う考えは甘いです。

結婚してから「何でちゃんと確認してから結婚しなかったのだろう?」「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないように、この記事では結婚する前に確認すべきことをご紹介します。

結婚してから後悔したこと

結婚前に結婚した後の苦労を予想することは難しいと思います。

ですので、実際に結婚している女性の意見を参考として見ていきたいと思います。すでに結婚している方は、結婚してからどんなことに後悔したのか見ていきたいと思います。

一番多い後悔は、自分勝手で家事に非協力的だということです。付き合って日が浅いうちは、優しく思いやりを持って接してくれると思います。

しかし、結婚してしばらく経つと、その人の本性が現れ、自己中心的な振る舞いをするようになります。

また、次に多い後悔が金銭的なものです。

付き合う前は「お金がなくても愛さえあれば大丈夫!」という気持ちになってしまいますが、実際に夫婦生活が始まると金銭的な問題は見逃すことのできないシビアな問題となっていきます。

例えば「実はギャンブル好きだった」「稼ぎが少なくて生活できない…」など、生活が成り立たないことは死活問題となります。

その他の後悔としては、相手の親族との付き合いが上手く行かないというものがあります。夫が良い人でもその家族が良い人とは限りません。

夫の家族と反りが合わないことについて、ある程度の妥協は必要ですが、あまりにも合わない場合は結婚するかどうか考え直しましょう。

また、実は彼氏が「マザコン」だったということもあります。夫がマザコンだと夫は常に姑の肩を持つので、嫁の肩身は狭くなってストレスが溜まります。

スポンサーリンク

結婚前に確認すべきこと6選

先程紹介した結婚して後悔したことを参考に、結婚前に確認すべきこととは何か考えていきたいと思います。

①金銭感覚について

価値観の不一致で別れる夫婦は多いですが、特に金銭感覚のズレで別れるケースが多いです。

結婚するときに気にするのは、相手の収入だと思います。大手に働いていて収入が良ければ玉の輿だと思うかもしれません。

しかし、稼いでくるお金よりも使ってしまうお金のほうが多けでば、いくら収入があっても意味がありません。お金を浪費してしまう原因として「ギャンブル」が挙げられます。

パチンコや競馬など、ギャンブにハマる男性は多いと思います。ギャンブルは依存性が強く、こちらがやめてほしいと頼んだところで治らないことがほとんどです。また、ギャンブルにハマってしまうと休日を一日潰してしまうことも珍しくなく、家族との時間を作ってもらえない可能性があります。

ギャンブルは必ず負けるように仕組まれているので、やればやるほどマイナスになります。そのマイナスは家計にも響いてくるので、結婚相手がギャンブル好きかどうかは確認しておきましょう。

②家事ができるかどうか

家事ができるかどうかも確認しておく必要があります。共働きか専業主婦かによって夫が家事をする頻度も変わってくると思いますが、全く家事ができないというのは問題です。

また、子供が出来た際に自分の身の回りの世話ができない夫だと、子供が2人いるようで負担が大きいです。家事ができない男性は、実家住みで一度も一人暮らしをしたことがない人に多いです。

結婚する前に、家事にどの程度協力してくれるか確認しておくことをオススメします。また、家事のルールを作っておくと良いでしょう。

③子供について

子供を作るか作らないかという問題も夫婦生活で喧嘩になる原因です。妊娠するということは、女性にとって負担が大きいことです。妊娠すれば仕事を休まなければなりませんし、お腹が大きくなるにつれて体が不自由になっていきます。

女性側はまだ子供は欲しくないと思っていても、男性側はすぐにでも子供が欲しいと思っているかも知れませんし、その逆もあり得ます。一生子供はいらないと考えている男性もいるかもしれません。子供をつくるかどうか?作るならいつ作るか?結婚前にきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

④結婚後、仕事を続けるかどうか

結婚しても仕事は続けたいと思う女性もいれば、専業主婦になりたいと思っている女性もいると思います。

しかし、思っているだけでは相手に伝わっていない可能性があるので、結婚前に仕事をどうするか話し合って確認しておく必要があります。

男性側にも、奥さんには専業主婦になってほしいという思いや共働きしてもらわないと困るという思いがあります。そこが食い違っていると結婚してから揉めることになるので、きちんと話し合っておきましょう。

⑤相手の家族と同居するか

同居の有無もきちんと確認しておく必要があります。同居するとなると、見知らぬ土地で夫の家族と生活をしていかなければなりません。あかの他人と生活するということは、実際かなりストレスが溜まることです。

納得した上での同居ならまだいいですが、渋々同居となるとストレスも尋常ではないでしょう。また、夫の家族と同居して上手くやっていけるかどうか?性格が合うかどうか?ということも結婚前に確認しておく必要があります。

⑥宗教について

デリケートな問題ではありますが、夫やその家族が信仰している宗教について確認しておく必要があります。自分の家が宗教に無関心だと相手の家の宗教に無関心になりがちですが、家によっては信仰を大切にしている場合があります。

家族の一員になったら同じ宗教に入ることが当たり前だと思っている家庭だと、結婚したと途端に入信させられることもあり得ます。デリケートな話なので聞きづらいかもしれませんが、夫となる人の家庭がどのくらい宗教に熱心なのか結婚前に確認しておきましょう。

結婚前に確認しておきたいこと
まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚する前は気にならなくても、夫婦生活をしていく内に「結婚前に確認しておけば良かった…」と後悔することがあると思います。

その後悔を少しでも少なくするために、確認できることはきちんと聞いて、安心して夫婦生活をスタートできるように不安を取り除きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存