男女の恋愛観と結婚観の心理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

パートナーと一緒にいる時に、相手が期待通りの振る舞いをしてくれないとガックリしますよね?時には、「何で分かってくれないの?」と怒りたい気持ちが起こります。「恋人なら普通○○でしょ?」というあなたの気持ちを全然理解してくれない恋人に対し、モヤモヤを感じてはいないでしょうか?

このモヤモヤの原因は、男女の恋愛観や結婚観の違いにあるかも知れません。女性が「恋人なら、夫婦なら普通○○でしょ?」と考えていても、男性は全くそんな風に思っていなかったりするのです。

パートナーの気が利かない行動に一喜一憂する前に、男女の恋愛観や結婚観の違いを知っておきましょう。

男女の恋愛観の違い

まずは、男女の恋愛観の違いについて見ていきます。

ここでは、「好きになる過程と経過」と「失恋した時」の男女の考え方の違いについて見ていきます。

恋愛観 ①好きになる過程と経過

男女では好きになる過程と経過が異なります。

男性は、好きになってから付き合うまでの間が一番熱く、付き合ってからは熱が冷めていきます。

一方、女性は、好きになって相手を知れば知るほど熱が上がり、付き合ってからも恋の熱が上がり続けます。

男性は、好きになった瞬間が一番熱が高く、マックスの状態です。その状態から、お付き合いが始まり、肉体関係を結んでしまうと、好きだった気持ちが徐々に冷めていきます。

このような男性の恋愛観を「釣った魚に餌はやらない」ということわざで表現します。

一方、女性は、「あの人が気になる…」という状態から徐々に好き度が上がっていきます。その証拠に、男性に比べて女性が一目惚れすることは少ないです。外見のカッコよさも大切ですが、それだけで即付き合えるというわけではないのです。

相手がどんな人なのかじっくりと見極めた上でのお付き合いがしたいと思うのです。完全に好きになるまでに時間が掛かるのが女性ですが、お付き合いが始まり、体の関係をもってからも熱が冷めることはありません。

むしろ、何度も恋人と会って触れ合うたび、好き度が上がっていきます。

このような男女の恋愛観の違いから、お互いの恋愛熱量にズレが生じ、お付き合いが上手く行かなくなっていきます。

お付き合いが始まって数ヵ月が経ち、女性は今までにないくらい彼のことが好きになっています。

一方、男性は出会ったばかりの頃の「好き」という気持ちが冷め始めています。こうなると、女性が「デートしたい!」「いつでも連絡を取り合っていたい!」と強く思うのに対して、男性は「デートも連絡も面倒だな。」「彼女は俺にベタ惚れだから放っておいても心配ない。」と感じ、冷たい態度になっていきます。

この時、男性は決して彼女を嫌いになったわけではありません。しかし、女性側は彼の冷たい態度を目の当たりにして「嫌われたのかも…?」と不安になり、彼を責めたり泣き出したりします。すると、彼の気持ちが更に冷めてしまい、関係が崩壊してしまうのです。

恋愛観 ②失恋した時

男女の恋愛観の違いについて、恋愛をPC上のファイルに例えて「男性は過去の恋を名前を付けて保存し、女性は上書き保存する」と言われます。

男性は、失恋した直後、辛い気持ちを無意識の内に殺してしまいます。そして、失恋したということを忘れたように、他の事に打ち込み早速新しい彼女を作ったりします。

一見平気そうに見えますが、臭いものに蓋をしているだけの状態なので、完全に吹っ切れたわけではありません。

ですので、時が経ってふと元カノの事を思い出して泣いてしまうこともあります。そして、失恋の悲しみを乗り切った後も元カノとの思い出を時々思い出します。

一方、女性は、失恋した直後が一番しんどい気持ちになります。別れた直後は一時も彼のことが頭から離れず、何もかも手が付きません。

まさに悲しみの渦中でどん底という状態になります。この期間はどっぷりと悲しみに浸り、彼への気持ちを整理します。そして、整理し終わると徐々に新しいことを始めたり、新しい恋を探せるようになります。

女性は悲しみに浸る期間が終わると、恋心がリセットされます。ですので、次に新しい恋人ができると、元カレのことなど一切気になりません。

男性は「元カノには幸せになってほしい。」と思うそうですが、女性は「元カレがどうなろうと知らない。どうでもいい。」と思うようです。

このような男女の違いを知っておくと、復縁したいと思った際に役に立つでしょう。男性と別れてすぐに復縁しようとするのは逆効果です。時が経って、元カノとのことを思い出して感傷に浸っている時期を見計らって復縁するのが良いです。

スポンサーリンク

男女の結婚観の違い

社会人カップルにとって「結婚」が喧嘩の原因になっているということは多いのではないでしょうか?特に、「結婚したくない彼VS結婚したい彼女」という構図が多いのではないでしょうか?この「結婚」に関する喧嘩の原因には、男女の結婚観の違いがあります。

男性は、「一生結婚しなくていい!」と思っているわけではないです。「いつかは結婚したいと思っています。

しかし、今結婚しなくてもいいと思っています。男性は女性に比べ、若くして結婚することにいい印象を持っていません。それどころか、「結婚すると自由がなくなる…」と思っており、結婚=不自由であると思っているのです。

また、「今のままじゃいけないの?」とわざわざ結婚しなくても一緒にいられるから問題ないと考えています。

一方、女性は「結婚はとにかく早いほうが良い。」と考えています。年を取ると嫁の貰い手がなくなるという危機感や、高齢出産は難しいと言った現実的な考えのから、早めの結婚を考えています。

また、好きな人とはいつまでも一緒にいたいという願いが強いので、婚姻という確かな契約を結びたいと考えているのです。

結婚=不自由と考えている男性と、結婚=幸せと考えている女性で喧嘩になるのは仕方がないことです。

おそらく、女性側が男性を責めるということが多いと思いますが、男性の結婚観を理解して冷静に話を進めるのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

相手が考えている恋愛観や結婚観を知り、理解しあうことで喧嘩は少なくなるでしょう。

つい相手に怒りをぶつけたくなる気持ちは分かりますが、相手は何故そのような態度をとるのだろうか?と相手の目線になって考えることで、円満な関係を保てると思います。

喧嘩に発展する前に、今回紹介したことを参考に、相手の気持ちを考えてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存