最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

ネット恋愛で結婚するまで!ネットのメリットorデメリット~婚約までの流れ【徹底解説】

今やインターネットは、私たちの生活においてなくてはならないものとなりました。何をするにもネットを利用し、むしろネットがあれば一通りのことはできてしまう時代。

こんな時代背景もあり、ネットを通じて出会いから恋愛に発展したり、婚約に至るカップルも増えてきました。

一昔前では、ネットで恋愛、ましてや結婚に至るなんて考えられませんでしたよね。

そんなネット恋愛や結婚ですが、お付き合いに発展するまで、結婚に発展するまでの流れはどんな感じなのでしょうか。

また、ネット恋愛におけるメリットやデメリット、結婚に関する疑問までまとめました!

ネット恋愛や結婚について興味のある人や、実際にネットで彼と知り合い結婚を考えている人など必見です。

ネットで恋愛、アリ?ナシ?

そもそも、ネットで恋愛をすることに対する世間の意見は、どうなのでしょうか。

ネットでの恋愛についてアリかナシかという点については、年代によっては大幅に変わるようです。

10代や20代などの若い世代では、ネットも出会いのきっかけの1つに過ぎないため、そこまで抵抗はないようです。

最近では婚活サイトやマッチングアプリなども増えていますから、30代くらいまではネットでの出会いも視野にいれている人も多いです。

しかし40代以降になると、やはりネットでと聞くとあまりいいイメージを持たない人も。

そもそもスマホやパソコンに慣れていない世代だと、ネットで出会うというイメージそのものがないのでしょう。

感じ方は人それぞれではありますが、今の世の中的にはネット恋愛もアリなのではないかなぁと感じます。

管理人おすすめ記事⇒
恋愛体質女子の4つの特徴!恋愛傾向やデメリット、恋愛体質改善方法【徹底解説】

ネット恋愛のメリットとデメリットは?

ネットで恋愛をすることに賛否あることはもちろんですが、具体的にネット恋愛にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ネット恋愛のメリット

・関係が発展しやすい

・普通なら出会えない人と出会える

・幸福度が高いというデータあり

ネット恋愛といっても、SNS(ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど)を通じて出会う場合と、婚活サイトやマッチングアプリを通して出会う場合とがあります。

どちらのパターンにも共通して言えるのは、関係が発展しやすいということ。

SNSを通じて誰かに興味を持つのは、「興味を惹く何か」があるからですよね?

マッチングアプリなら尚更、あなたと彼には何かしらの共通点があると判断された(マッチングした)わけです。

同じ趣味がある場合が多く、会話が弾む出会いになるのもネットならでは。

元々その人に興味を持ったから連絡を取り合うようになったわけですから、スタートの時点で「相手のことをもっと知りたい」と思っているのです。

マッチングアプリなら、それを利用している時点で出会いを探しているので、話は早いですよね。

共通点がある分、恋愛に発展する可能性も高いと言えるでしょう。

また、アメリカシカゴ大学の心理学研究チームの調査によりますと、SNSやネットを通じて結婚したカップルの方が、それ以外の方法で結婚をしたカップルよりも幸福度が高いというデータも!

SNSやネットを通じて知り合うと、お互いに「これから共に歩むパートナーを探そう」という意思のもとに関係を育んでいくので、結婚してからも良い関係が続くのだとか。

離婚率に関しても、ネット恋愛カップルの方が25%も低いそうです。

こういうことを踏まえると、ネットで結婚相手を探すのも悪くない気がしてきますね!

ネット恋愛のデメリット

・出会いたい気持ちを悪用する人もいる

・危険と隣り合わせ

・写真と別人

・なんとなく親や友人になれそめを伝えにくい

ネット恋愛のデメリットとしては、やはり危険な点やリスクがあるという点があげられます。

たとえばこちらは真剣に誰かと出会いたいと思っているのに、向こうは遊び相手を探しているだけだったり、結婚詐欺を企んでいたり。

もしくは、個人情報の悪用が目的でサイトを利用している人や、ア〇ルトサイトに誘導することが目的の人もいるかもしれません。

顔が見えず、素性が分からないというのは確かに危険もあります。

ネットで恋人を探したい、結婚相手を探したいというときには、きちんと信頼できるサイトを介して相手探しをするなどの対策も必要だと言えるでしょう。

少しでもおかしい、あやしいと思ったら、むやみに個人情報を教えないように意識しておくことも大切です。

ネット恋愛から結婚したい!テクニックや流れとは

ネットを通じて知り合った人と恋愛関係になりたい、あわよくば結婚したいと思っているのなら、どのように関係を深めていけばいいのでしょうか。

①見栄を張らない

ネットの世界というのは、言い方を変えれば何でもアリの世界です。

顔が見えない分、自分を作ることも可能。

特に女性は、気になる異性に少しでも良く見られたいと思うため、「男性の好みの女」というキャラを作ってしまいがち。

本当は料理は苦手なのに料理が得意だと言ったり、本当はサバサバしているのにかわいこぶってみたり…といった経験が、あなたにもあるのではないですか?

こんな性格だとバレたら嫌われるかも、と思う気持ちはわかりますが、本気で結婚までいきたいと思っているのなら、見栄を張ったりキャラを作るのはやめましょう。

本当の自分を見せられない人となど、結婚することはできません。

結婚してからも永遠にキャラを作り通せることなど絶対にないので、いつかボロが出ます。

また、最近のスマホはカメラアプリなどを使えば、自撮り写真もプリクラ並みに加工できる時代。

少しでもかわいく見せたい気持ちはわかりますが、加工のしすぎはNG。

ありのままの自分をいいと思ってくれる人でなければ、たとえ結婚できたとしてもうまくいくはずはありません。

ネットだから、リアルだからということはありませんが、等身大の自分でいることが大切なのです。

②適度に連絡を取る

ネット恋愛の場合、まずはネットを通して連絡を取り合うことになります。

ラインやメールということになるでしょうが、できるだけ毎日連絡を取り合うようにしましょう。

1日に何回も、というよりは、毎日続けることが大切。

毎日連絡を取り続けることで、徐々に2人の関係が落ち着いてくるのです。

ネットの世界で知り合っているので、リアルの世界ではまだお互いのことを知りません。

自分の世界に相手を入れるためにも、適度に連絡を取り続けることがオススメ。

ただし、1日に何度も何度も連絡をしたり、自分の負担にならないように気を付けましょう。

自分の時間を削ってまで相手に連絡をするのも、最初のうちは新鮮でも次第に負担になってしまいます。

そうすると面倒くさいと感じたり、相手から連絡が来てもウザイと感じてしまうことも。負担にならない範囲で、毎日連絡を取り合うことが理想です。

③本名と顔を知る

ある程度お互いのことを知ってきたら、本名と顔を教え合いましょう。仮想からの最初の大きな進展です。

出会ってすぐに本名や顔を教えるのは危険ですので、何度も連絡を取り合い、「この人なら大丈夫」とお互いが思えた時点で教え合えばOK。

写真を送るという方法もありますが、写真よりもテレビ電話などがオススメです。

テレビ電話なら、相手の顔だけでなく話し方や雰囲気なども知ることができるので、よりリアルでの対面に近づきますよね。

写真だと「いかにカワいく撮れているか」を気にしてしまいますが、テレビ電話ならお互いに素に近いものを見ることができます。

ネットで連絡を取り合い、電話でも話すようになったのなら、次のステップとしてテレビ電話を提案してみてくださいね。

④リアル対面は人混みから

ある程度仲良くなり、相手の顔や本名を知ったら、いよいよリアル対面です。

リアルの世界で会ってみなければ、結婚云々の話ではありませんからね。

共通の趣味があるのなら、その趣味に関連したもの(たとえば好きなアーティストのライブなど)をきっかけに会ってみるのもいいでしょう。

そうでなくても、お互いに関係を進展させたいという気持ちがあるのなら、どちらからともなく「会おう」という話になるはずです。

このとき、念のため最初のデートは人混みを選ぶことをおすすめします。

住んでいる場所にもよりますが、初デートで相手の車に乗ったり、個室へ入るのはやめておきましょう。

いくらネットでたくさんやり取りをしたからといって、相手の本性までは分かりません。

人を常に疑いの目で見るのはどうかとも思いますが、ネット恋愛にはこういう危険も隣り合わせ。

相手も真剣に交際を考えているのなら、初対面で女性が不安に感じるようなことはしないでしょう。

相手の性格や考え方などが垣間見えるポイントでもありますね。

相手がいろいろとプランを考えて来てくれた場合が個室だったときは、「はじめて会うのに個室はちょっと…」と素直に言ってしまってOK。

そこで食い下がらずに「俺のこと信用してよ」などと言う人は、正直あまり信用できませんよね?

結婚を考えている、あわよくば婚約できたら…とそこまで考えているのなら、最初の出会いの仕方はとても重要。

そこでどんな気遣いができるかで、相手の男性の器の広さも分かりますね。

ネット恋愛からの結婚!親や友人への報告は?

ネットから始まった恋愛も、相性が良ければ結婚を意識するのは自然なこと。

当事者である2人が真剣に交際をしていて婚約を考えているのなら、出会いのきっかけが何であれ問題はありません。

ネット恋愛も、出会いのきっかけの1つですからね。

しかし、冒頭でも少し触れたように、ネット恋愛に関してあまり良いイメージを持たない人がいるのもまた事実。

特に親世代となると、なかなか理解できない人もいるかもしれません。

「ネットで知り合った彼にプロポーズされたけど、親にはなんて報告したらいいの?」と迷っている人もいるでしょう。

これは親の性格にもよりますが、ネットで知り合った云々よりも、大切なのは2人が真剣なのかどうか。

いきなりゴールインの報告に行くのではなく、まずは第一ステップとして「今、真剣にお付き合いしている人がいる」と付き合っている人がいることを報告しておきましょう。

その上で時期を見て、挨拶に行くというのがベスト。

親があまりネット恋愛に理解がない場合は、あえて「ネットで知り合った」ことは言わなくてもいいかもしれません。

もちろん嘘をつく必要もないので、「共通の趣味を通じて知り合った」などと言えばいいでしょう。ややこしくなりそうなときには、あえて言わないことも選択肢に入れておくといいですね。

友人への報告についても、基本的には同じ考えでOK。

同世代ならネット恋愛に関してもある程度の理解があるとは思いますが、こればかりは性格ですからね…。

ネットで知らない人と連絡を取って会うなんてあり得ない!という人もいるでしょう。

あえて角を立てる必要もありませんから、そこのところは臨機応変に。

結婚式はどうする?

ネット恋愛だからといって、結婚式をどうするということはあまりありません。

出会いのきっかけがネットだったというだけであり、お見合いや結婚相談所で知り合うのとそんなに変わりませんよね。

そのため、結婚式は普通にやる人が多いです。

2人のなれそめを紹介するシーンで、SNSを通じて知り合ったことを報告すればいいでしょう。

SNS(ネット)を通じて人間関係を広げていくのは、今のご時世では珍しくもなんともありません。

あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

そもそも最近では祝儀は身内だけで行い、二次会形式で友人を呼ぶというスタイルも人気ですから、自分たちのやりたいようにやるのが一番です。

まとめ

ネット恋愛から結婚するまでの流れやテクニック、親への報告などについて紹介しました。

ネットで異性と出会うことは、危険というデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。

普段の生活では知り合うことのなかった人と出会えるというのは、ネットならではのメリットですよね。

ネット恋愛は、今の時代にとてもマッチした出会いの方法なのではないかなぁと思います。

まだまだ理解がないものでもありますが、あと数年もすればネット恋愛からの結婚も、当たり前のことになるかもしれません。

せっかくのネット社会なのですから、結婚相手探しにもネットをうまく活用しないなんてもったいないですよ!

共通の趣味がある人や、自分と合いそうだなと感じる人と出会うため、ネットをフル活用してみてはいかがでしょうか。

新しい出会いや結婚相手が、あなたを待っているかもしれません。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

Follow me, please!