最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

恋愛体質女子の4つの特徴!恋愛傾向やデメリット、恋愛体質改善方法【徹底解説】

「恋愛体質」という言葉を、聞いたことがありますか?

なんとなくモテモテの女子に対して使われるイメージのある「恋愛体質」ですが、実際にはどんな意味合いで使われているのでしょうか。

実は、恋愛体質という言葉はあまりいい意味で使われることはありません。

ネットでも、「恋愛体質を改善したい」「なんとかしたい」という意見が殺到しているのです。

ここでは、そんな恋愛体質女子の特徴について見ていきたいと思います。

恋愛体質女子の特徴や恋愛傾向、デメリット、改善方法まで紹介しちゃいますので、恋愛体質をなんとかしたいと思っている女性のみなさんは、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね!

恋愛体質女子の4つの特徴

まずは、恋愛体質女子に共通する4つの特徴から紹介していきます。

自分では恋愛体質だと思っていなくても、これらに当てはまる人は恋愛体質なのかもしれませんよ。

①熱しやすい、惚れっぽい

恋愛体質の最大の特徴でもあるのが、熱しやすい(惚れっぽい)こと。

出会ったばかりの人、よく知らない人であっても「あの人かっこいい!」「運命の人かも!」なんて思ってしまいます。

簡単に言えば、一目惚れが多いのです。

しかも恋愛体質の人は、恋愛のこととなるとかなり積極的。

相手からのアプローチを待つなんてことはせず、自分から積極的にアプローチをしていきます。

一度いいかも、と思ったらとことんアタックをして、彼のハートを射止めることができるのも、恋愛体質女子の特徴の1つ。

恋愛体質女子は、いいなと思った人との関係が片思いで終わることはほとんどなく、大抵がきちんと両思いまで進展するのです。

②冷めやすい

恋愛体質女子はとにかく冷めやすいです。

熱しやすく冷めやすい、これが恋愛体質女子の基本。

一度いいなと思えばとことんアタックをし、一度「この人はなんか違う」と感じたら、一気に熱が冷めてしまうのです。

付き合っても自分のテンション次第で相手の見方が変わってしまい、つまらないと感じればすぐに別れを切り出します。

そのため、1人の男性と長く関係が続かないのも、恋愛体質女子の特徴。

また、特定の恋人がいるのに他の男性に目移りしてしまい、その人のことを好きになってしまうことも。

恋愛体質女子は、基本的に「熱しやすく冷めやすい」ので、恋人がいても好みの人がいればそちらに興味を持つことも少なくありません。

「他に好きな人ができたから別れよう」

「なんか、あなたは想像していた人とは違ったみたい」

こんなセリフで別れを切り出していることが多いという人は、恋愛体質である可能性が高そうですね。

③パーソナルスペースが狭い

恋愛体質女子の3つ目の特徴は、パーソナルスペースが狭いこと。

パーソナルスペースとは何か、知っていますか?

パーソナルスペースは、言わば「自分だけの空間」のことで、ここに他人が介入すると嫌悪感や不安を抱くことが普通です。

パーソナルスペースに入ってこられても大丈夫なのは、家族や恋人など心を許した人のみ。

このパーソナルスペースは自分を中心に45cmほどと言われていますが、恋愛体質の人のパーソナルスペースは45cmよりも狭いです。

そのため異性と話をするときに、やたら近づいていくことも。

パーソナルスペースは誰もが持っているもので、そこに入られると不安になると同時にドキッとして意識してしまうもの。

あなたが何気なく相手のパーソナルスペースに侵入することで、男性から意識されて惚れられてしまうのです。

男性から惚れられて告白されることも多く、男性には不自由しないというのも恋愛体質女子あるあるですね。

④初対面の人をみな恋愛対象かどうかで判断する

4つ目は、初対面の男性を見るときに、みな「恋愛対象かどうか」で判断すること。

サークルの先輩や職場の上司、取引先の人などあなたと何かしらの関わりがある男性を見たとき、つい

「私はああいう人はムリだなー」

なんて思ってしまっていませんか?

別に仕事上の付き合いのある人なら、あくまでも「仕事として」付き合えばいいわけですから、あえて恋愛対象かどうかを判断する必要はありません。

それなのについ無意識のように恋愛対象かどうかで見てしまうのは、あなたの頭の中が常に恋愛でいっぱいになっているから。

男性との出会いはすべて「恋愛」の視点で見てしまっているのです。

生活の基本が恋愛で成り立っている証拠ですよね。

男性を「あの人はムリ」「この人ならいいかな」なんて恋愛視点で見ている人は、要注意ですよ!

恋愛体質女子の恋愛傾向って?

先程の「恋愛体質の特徴」を見て、もしかして私も恋愛体質かも…なんて思った人もいるかもしれませんね。

さて、そんな恋愛体質の人は、どんな恋愛をする傾向にあるのでしょうか。

恋愛体質の人にありがちな、恋愛傾向についてまとめてみました。

①付き合っている期間が短い

恋愛体質の人の恋愛傾向、1つ目は「付き合っている期間が短い」こと。

今までにお付き合いをした人数はたくさんいても、長く続かない恋ばかりではないですか?

ためしに、3ヶ月以上続いた恋愛の数を数えてみましょう。

全体の何割になったでしょうか。

付き合った人数も少なくて長続きしないというのは、単純に恋愛が下手なだけなのでおそらく恋愛体質ではありません。

ここでのポイントとなるのは、「付き合った人数は多くていつも短命で終わる」ということ。

恋愛体質の人は、先程もお話ししたように熱しやすく冷めやすいため、燃えるような恋愛を好みます。

つまり、2人の関係が落ち着いてくる頃にはその恋愛に魅力を感じなくなってしまうのです。

そのため1人と長続きすることがなく、いつも短い恋愛で終わってしまいます。

別れるときは自分から飽きて別れを伝えるというのも、恋愛体質女子の恋愛傾向と言えるでしょう。

②目移りが激しい

2つ目は、恋愛においても目移りが激しいこと。

付き合っている人がいる、いないに関わらず、恋愛体質の人は目移りが激しいです。

常にハンターの目を光らせているように、いい人がいないかなと無意識に男性を漁っているのです。

付き合っている人がいるのなら、「この人よりもいい人がいるかも」「あの人のほうが私に合っているかも」と思い、ちょうど今フリーであるなら、「あの人が運命の人だ!」と感じて、突っ走ってしまうでしょう。

かと思えばまた別の人も気になる…と、結局なかなか目当ての人を決められないのも、恋愛体質の人に良くある恋愛。

合コンでも「あの人はないよ~」と最初は否定しておきながら、仲間内の1人が「私は好きかも」なんていいながらアプローチをかけると、なぜか気になってしまうことも。

人のものが欲しいわけではないのに、なぜか人がいいと思っている人が良さそうに見えてしまうのです。

まさに「隣の芝は青く見える」というやつですね。

③自立できない

恋愛体質の人は、恋愛においてなかなか自立できないという特徴もあります。

基本的に恋愛体質の人はさみしがりやなので、1人でいることに慣れていません。

1人で何かをすることを恥ずかしい、嫌だと思うため、何をするにも彼氏と一緒。ごはんを食べに行く、映画を見に行く、買い物に行くなど、あなたは1人でできますか?

1人のほうが気楽でいい、1人はかっこいいと思えますか?

恋愛体質の人は、おそらく1人で出掛けたり食事をしたりすることができません。

1人でいることがとにかく嫌なので、何をするにも彼氏を誘ってしまいます。

そのため自立できておらず、「面倒くさい」と感じられてしまうことも。

ただ、恋愛体質の人はいつまでも自分のことを一番にかまってほしいという気持ちがあるので、彼氏がちょっとでも面倒くさそうな態度を取ろうものなら、一気に冷めてしまいます。

恋愛体質って良くないの?恋愛体質のデメリット

恋愛体質と聞くと、男性にモテるしそこまで悪いことじゃないのでは?と思った人もいるかもしれませんね。

しかし、恋愛体質の人にはこんなデメリットがあるんです!

①真剣な付き合いを遠ざける

恋愛体質の人は、その特徴や恋愛傾向から真剣なお付き合いを遠ざけてしまいます。

なぜなら答えは簡単、恋人にすぐに飽きてしまうから。

真剣なお付き合いというのは、時間と共に穏やかな気持ちになっていくもの。

いつまでも燃えるような恋愛が続くことはありません。

しかし恋愛体質の人は燃えるような恋、情熱的な恋を求めるため、落ち着いてしまうと一気に冷めてしまうのです。

そのためなかなか結婚することができません。

結婚に繋がるような恋愛ができないのです。

これは、かなりのデメリットですよね?

もちろん結婚しない、結婚なんてしなくていいというのなら話は別ですが、結婚したいという気持ちがあるのなら恋愛体質であることはデメリットでしかありません。

②私生活を充実できない

恋愛体質であることで、私生活を充実できないというデメリットもあります。

どういうことかというと、恋愛体質の人は頭の中の大半が恋愛のことで占めているため、良くも悪くも恋愛に振り回されてしまうのです。

何をしているときにも「彼は今何をしているんだろう?」と気になってしまい、自分のやるべきことが手につかないことも。

若いうちはそれでもいいかもしれませんが、年齢を重ねるごとに自分のことをおろそかにしたことを悔やむ日がくるかもしれませんよ。

③無駄な時間を過ごす

自分のことをおろそかにして私生活を充実できないのもそうですが、恋愛体質であることは人生の無駄な時間を過ごすことにも繋がります。

なぜなら、熱しやすく冷めやすい恋愛は実になるものがないから。

恋愛体質だというあなたは、今までにしてきた恋愛で誰かにアドバイスできるようなものはありますか?

おそらくないのではないでしょうか。

そのときの気持ちのままに恋愛を楽しんでいるので、特に得るものがないんですよね。

それなのに時間だけは過ぎていきますから、これ以上の無駄な時間はありません。

人生における貴重な時間を、大幅に無駄にしてしまっているのです。

何かしらタメになるのならいいですが、恋愛体質の人の恋愛では得るものがほとんどありません。

恋愛体質を改善したい!改善方法は?

では、恋愛体質を改善したいと思ったら、どうすればいいのでしょうか。

恋愛体質はあまり良いものではないので、今後の人生を有意義なものにするためにも、できることなら改善しておきたいもの。

恋愛体質を改善したいと思うのなら、以下の5つを試してみてください。

①恋愛以外に集中できるものを見つける

恋愛体質の人は頭の中がほとんど恋愛のことが占めているので、まずは恋愛以外に夢中になれるものを見つけましょう。

仕事でも趣味でも、資格でもなんでもOK。

1人で夢中になれるものなら尚いいので、この中なら資格取得というのが一番いいかもしれませんね。

②精神的な自立を

恋愛体質の人は精神的な自立ができていないので、精神的な自立を目指しましょう。

何かあったときに他人に頼るのではなく、1人で乗り越える努力をしてください。

③人生の目標を決める

これからの人生において、なんでもいいので目標を決めましょう。

何歳までに何をする、といった簡単な目標でいいのです。

大雑把な目標でいいので、それを決めたら逆算をして「この目標を叶えるためには今は何をするべき」かを決めるのです。

そうしたら、それを実行すべく行動あるのみ!ですね。

④やりたいことリストを作ろう

今やりたいことを、恋愛関連以外のことでリストにしてみましょう。

おいしいものを食べる、○○へ行くなどやりたいことを決めて、それを1人で実践していきます。

ここでも人に頼るのではなく、自分1人でやりたいことを叶えていってくださいね。

⑤結婚を意識してみる

結婚したいという気持ちが少しでもあるのなら、次の恋愛では結婚相手を探そうという気持ちで相手探しをしてみてください。

結婚相手となれば、燃えるような恋ばかりはしていられません。

落ち着きのある恋愛に魅力を感じられるよう、自分の意識を変えていきましょう。

自分が大人になったと実感できれば、意外と落ち着きのある恋愛がいいものだと思えてくるはずですよ。

まとめ

恋愛体質の人の特徴や恋愛傾向、改善方法まで紹介しました。

恋愛体質であると男性にモテるかもしれませんが、モテるだけで自分にとっても相手にとっても心に残るような恋愛はできません。

その日限りの恋というイメージで、何も残るものはありませんよね。

そんなデメリットばかりの恋愛体質は、今すぐ卒業しちゃいましょう!

恋愛体質を卒業したあなたに待っているのは、輝かしい素敵な未来です!

すぐに改善するのは難しくても、意思を強くもって恋愛体質を改善していきましょう。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

Follow me, please!