恋愛でつかえるミラーリング効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ミラーリング効果で好感度アップを狙いましょう。
アプローチとはでも少し触れましたが恋愛における使える心理学となっております。

ミラー効果とは簡単に言ってしまえば「無意識に好きな人と同じ動作をとってしまう」人間の心理の事。そしてそれを応用することで、好意を抱いている異性、仕事で会った初対面の人まで、好感度を集めることができたりします。

ミラーリングとは、その名のとおり、鏡のように真似をするという意味があります。

意識している、していないに関わらず、「真似る」「模倣する」といった行為は、相手に対する尊敬や好意の気持ちを表現したものとして認識されています。

ミラーリング効果の活用法

まず第一に、ヒトは自分と似ているヒトと惹かれあうという性質があります。
結婚している夫婦や、仲の良いカップル達は、どことなく仕草、動作似ていきます。

これは好意を寄せ合うもの同士、同調効果が働き、次第次第似てくるのです。
これを意図的に行うのがミラーリング効果の心理学です。
たとえば、

「相手が笑ったら、こちらも笑う」

「相手が飲み物を飲んだら、こちらも飲む」

「相手が眉をひそめたら、こちらも眉をひそめる」

デートで飲食店など行った際は、彼(彼女)と同じものをオーダーする。

偶然を装って同じものを注文することで「好みが似ているんだ」「似たもの同士なのかも」と
相手は無意識のうちに好感を抱いてくれるのです。

表情や動作を相手と同じにすることによって、無意識に相手に「この人とは馬が合うかも」と思わせ、心の距離を縮めることができるのです。

ミラーリングの心理的効果には、「ほら私を見て。あなたと同じことをしているでしょう。あなたと同じ気持ちを分かちあっているんですよ」という無言のメッセージが込められています。

動きを同調させると気持ちが一つになるのは、ライブで飛びはねる聴衆や、スタジアムで起きるウェーブを見ても分かるでしょう。

怒りを抱えた群衆がたちまち暴徒と化すのも、お互いの態度をまねしあい、気持ちを増幅させるからです。

また、他の人のマネをしたい、同調したいという欲求が分かりやすく現われるのが行列です。

しぐさを合わせる以外にも、会話のペースを合わせることも伝わります。

人により話す速度、間、トーンがある為、相手と同じペースに合わしてあげることで、無意識
下で、この人は話しやすいなと、感じてもらえるようになります。

大切なのは、「この人は自分と似ている」と無意識下で感じてもらうことです。

似せるためには相手のことをよく観察し、それに応じて自然に違和感なくミラーすることが大切のなってきます。

ドア・イン・ザ・フェイスの活用

ミラーリング効果の注意点

恋愛でもつかえるミラーリング効果ですが、注意点もあります。

「ミラーリング効果」とはあくまで潜在意識化の働きです。

あからさまにやり、真似されていることを相手に気付かれては意味がありません。逆に不快感を与えたり、気持ち悪がられたりしてしまいます。
その場合は以下のように

・相手が腕を組んだら、少し時間を置いて手を組んでみる。または片方の手でもう片方の腕を掴んでみる。

・相手が飲み物を口に運んだら、同じペースで頬杖を付いてみる。
など、このように「完全なる真似」ではなく「似た動作」を行う事で、相手にもバレずに「ミラーリング」が行えます。

ミラーリングで重要なのは何より「さりげなさ」です。

まとめ

ここまで述べたきたミラーリング効果。これは恋愛に限らず、仕事や人間関係においてもつかえるものです。「営業先の取引先担当者に気に入られたい」「社内での人間関係を円滑にしたい」など。

皆様が優位になるように、あくまでさりげなく使って、人生ハッピーになれれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存