この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ツラい失恋からどう立ち直る?失恋から立ち直るための5つの方法

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

失恋は、恐らく誰もが一度は経験することです。

恋人同士になった男女の未来は、

・ゴールインする(結婚する)

・別れる

のどちらか。

皆さんもご存じのとおり、付き合った男女がゴールイン(結婚)する確率というのは、かなり低いもの。

付き合えば必ずゴールインできるわけではないので、大抵は一度は失恋を経験するわけです。

失恋というのは心に大きな傷を負い、時に立ち直れないほど落ち込んでしまうもの。

しかし、いつまでも落ち込んではいられません。

失恋から立ち直るには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、失恋から立ち直るための5つの方法を紹介します。

失恋したばかりでツラい、彼のことが忘れられないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

失恋から立ち直る5つの方法

一説によると、失恋から立ち直るためには、合っていた期間のおよそ1割の期間が必要なのだとか。

つまり、1年付き合っていたらおよそ1ヶ月、3年付き合っていたらおよそ3ヶ月の期間が必要ということ。

もちろん個人差はありますが、できることなら早く立ち直りたいですよね?

なかなか立ち直れないなと思っている人は、以下で紹介することを試してみましょう。

①趣味に打ち込んで立ち直る

失恋からなかなか立ち直れないのは、常に彼のことを考えてしまっているから。

失恋からなかなか立ち直れない人の特徴は、彼に依存しすぎてしまっている人です。彼のことを考えずにすむよう、趣味に打ち込んで何かしら行動してみてください。

ただ部屋で泣いていても、失恋の痛みから立ち直れることはありません。

集中して何かに打ち込むことで、自然と心の中から元カレのことを追い出すことができるでしょう。

失恋のことを一時的であっても忘れられることで、徐々に失恋からも立ち直っていけるはずです。

趣味が特にないという人は、これをきっかけに何か趣味を見つけてみるのもいいですね。

失恋から立ち直るためには、とにかく「行動する」ことが大切。

部屋に閉じこもっていても、何も解決はしません。

関連コンテンツ⇒失恋によって鬱になる男性の特徴とは!?

②友人に話して立ち直る

女性は特に、誰かに話を聞いてもらう、とにかく喋ることでストレス発散できることも多いもの。

失恋から立ち直るためにも、この方法は有効です。

失恋から立ち直るために友人に話すときは、特にアドバイスを求めているわけではありません。

そのため、あらかじめ友人には「彼に振られたから話を聞いてほしい」と伝えておくとgood。

大抵の場合はこれで状況を察し、友人は聞き役に徹してくれるはずです。

彼とのことを笑い話にできれば立ち直れるのは時間の問題ですが、振られたばかりだと笑い話にするのは難しいもの。

泣いてしまってもいいですし、彼の悪口を言ってもかまいません。

1人で抱えると悪循環に陥るばかりですから、気持ちの整理をつけるためにも、話を聞いてもらうというのはオススメです。

③新しい出会いや恋を探す

女性の恋愛は上書き保存、という言葉を聞いたことがありませんか?

男性は新規保存をしていくので、新しい恋をしても元カノのことを忘れることはないそうです。

しかし女性はシビアなもので、新しい恋をすれば自然と前の恋愛は思い出として処理されるのだとか。

つまり、失恋から立ち直るためには、新しい恋をすることが一番オススメの方法と言えるのです。

とはいえ、振られたばかりで新しい恋なんて考えられないと思うかもしれません。

しかし、今のままでは失恋から立ち直ることはできないので、まずは他の男性にも興味を持つことから始めましょう。

恐らく今のあなたは、元カレのことしか頭になく、元カレ以外の男性に興味などないのでしょう。

まずは身近な男性に興味を持ったり、出会いの場に足を運んでみてください。

次の恋に向けての1歩を踏み出すことで、気持ちの切り替えができるようになります。

自然に前向きな気持ちになれることでしょう。

④失恋を認めて立ち直る

失恋を忘れようとすることは、確かに失恋から立ち直るためには大切なことです。

しかしなかなか立ち直れないのは、失恋を認めていないからかもしれません。

失恋を認めるのは、とてもツラいことです。一時的に心の傷を広げることにもなりかねません。

しかし、それでいいのです。

失恋から立ち直るためには、きちんと失恋を認めて落ちるところまで落ちましょう。

これ以上落ちないというところまで落ちてしまえば、あとは上がるだけですよね。

自分を守るために「失恋した」という事実から目を背けてしまうと、自分の中で納得できない気持ちと、失恋に気づいている気持ちが生まれ、苦しみ続けることになってしまいます。

まさに ”自分で自分の首を絞める” とはこのこと。

「失恋したんだ」「振られたんだ」と納得することができれば、自然と次に進もうと言う気持ちが生まれてくるものです。

⑤心の穴を埋める

失恋したことから立ち直れないのは、彼がいなくなったことで心にぽっかりと穴が開いてしまったから。

多かれ少なかれ、彼はあなたの生活に影響を与えていました。そんな彼がいなくなったのですから、心に穴が開くのは当然です。

人は、恋愛以外にも人との繋がりを求めています。

たとえば、仕事に熱中するのは失恋から立ち直る方法としてはオススメ。

仕事は誰かの役に立つことなので、その成果が目に見えやすいですよね。忙しく仕事に打ち込むことで、失恋のことも次第に忘れることができるかもしれません。

また、料理やDIYなど、何かを作ることもおすすめ。

作品として残ることで、達成感を得ることができます。

この達成感が、失恋によって生じた心の穴を埋めてくれるわけです。

趣味に打ち込むことと似ていますが、心の穴が埋まれば自然に失恋の痛みもなくなっていくでしょう。

失恋から立ち直るための5つの方法
◇まとめ◇

失恋から立ち直るための、5つの方法について紹介しました。

失恋から立ち直るのは、場合によってはかなりの時間がかかるもの。

元カレのことを好きと言う気持ちが強かったり、一途に愛していたのなら、それはなおさらでしょう。

失恋そのものは決して珍しいものではありませんが、できることなら何度も経験したいことではありませんよね。

できるだけすんなりと失恋したことを受け止め、次の恋に進めるように、まずは失恋からしっかりと立ち直ってくださいね。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら