この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

同棲中のカップルが別れる4つのきっかけは?スムーズに別れるためにしておきたいこと

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

同棲中のカップルが、必ずしもゴールインするわけではありません。

一緒に生活するほどであれば、当然結婚までは秒読みなのでは・・・と思いますよね?

しかし、残念ながら同棲中のカップルであっても別れを選ぶことはあります。そりゃあ人間なので、同棲していようがいなかろうが、別れることはあるでしょう。

とはいえ、同棲していると、そうでない場合と比べて「別れにくくなる」のもまた事実。

ここでは、”同棲中のカップルが別れるきっかけ4選””スムーズに別れるためにしておくべき3つのこと”について紹介します。

同棲カップルが別れるきっかけ 4選

同棲カップルが「この人とはもう無理!」と思うのは、どんなことがきっかけなのでしょうか。

①お金のことで別れる

同棲カップルが別れるきっかけとしてもっとも多いのは、お金のことで揉めたというもの。

たとえば「折半と決めていた家賃を入れてくれない」「食費をすべて自分が出している」など。

金の切れ目は縁の切れ目といいますから、どんなに親しい間柄であってもお金のことはキチッとしておかなくてはなりません。

家賃の金額も、それなりにしますからね。また、お金の使い方など金銭感覚が合わないという意見も。

特に女性からすると、彼氏の趣味が理解できない人が多く、「なんでそんなことにお金を使うの?」「貯金しておけばいいのに」と思ってしまうことも多いです。

同棲しているということは、ゆくゆくは結婚したいと思っているのですよね?

結婚資金を貯めようと思っていたのに、彼氏の金遣いの荒さに嫌気がさすパターンです。

②異性としての魅力を感じなくなる

2つ目は、パートナーのことを異性として見られなくなるというもの。

同棲しているということは、四六時中一緒にいるということです。つまり、寝起きの姿やトイレ、すっぴんなども隠すことができません。

もちろんそれが同棲、ゆくゆくは結婚という流れになるわけですが、彼氏のカッコいいところ、彼女のカワイイところを好きになったという場合、一気に幻滅してしまうことも…。

同棲はすべてをさらけ出すことでもあるので、だらしないところを見せるのも当たり前のことです。

見た目だけで好きになってしまうと、同棲すると別れてしまうことも多いようです。

③同棲で嫌なところが見える

同棲をすると、相手の嫌なところも見えるようになります。

人は完璧ではないので、誰にでも嫌な所やだらしないところはあります。

・家事を一切手伝ってくれない

・ゴミの分別をしない

・着ていたものを脱ぎ散らかす

このようなことがあると、一気に冷めてしまい、「この人とは一緒に暮らせない」と思うようです。

関連記事⇒いい別れ方の5つの秘訣!引きずらない円満な別れ方が大事

④生活習慣の違いで別れる

価値観の違いともいえますが、同棲はお互いに相手のことを尊重し、ある程度の我慢も必要。

些細なことでも「これは違う!」と言われてしまうと、さすがに嫌になりますよね。

たとえば掃除の頻度ややり方、食事の品数やメニューなど。彼氏がキレイ好きだった場合、毎日キチッと掃除をしないと気が済まないかもしれません。

お互いに仕事をしているなら、なかなか毎日キチッと、は難しいですよね。

そういう些細なことからケンカになり、「生活観が合わない」ため別れたいと思うのです。

同棲中に別れたいと思ったらしておくべき3つのこと

同棲していると、相手のことを嫌だと思っても、すぐに別れられるとは限りません。

別れることは、イコール住む場所を失うことでもあるからです。

感情に任せて別れるのは、得策とはいえません。ここでは、同棲中のカップルが別れるときにやるべきことについてお話しします。

①お金を貯める

まずは第一にお金を貯めましょう。同棲中の彼氏と別れるときには、引っ越しも行うことになります。

今の住居の名義が彼氏であるなら、そのままそこに住み続けるかどうかは彼氏に任せてしまえばいいでしょう。

しかしあなたは引っ越しを余儀なくされるわけですから、新しく部屋を借りるためのお金も用意しなくてはなりません。

だいたいの目安として、家賃の3~5ヶ月分は少なくとも貯めておきたいところ。

お金はあって損はないので、別れたいなと思ったら、節約をしてお金を貯めておきましょう。

②諸費用に関して話し合う

同棲を解消するとき、どちらかが今の住居に残るのか、それともお互いに新しい住居を探すのか、どちらになるのかをまずは決めましょう。

後腐れなく別れるためには、お互いに新居を探すことをオススメします。

やはり思い出の残る場所で過ごすのは、かなりつらいですからね…。

そうなると、今住んでいる部屋を引き払うときにかかってくる費用の問題が出てきます。

リフォームや修理代が必要なときはどうするか、敷金が返ってきたらどうするか、など。

お金のことは後々のトラブルにもなりかねないので、別れると決めたのならきちんと話し合って、お互いが納得する結論を出さなくてはなりません。

関連記事⇒別れるべきか・・・別れる前の最終チェックリスト

③家具や家電について

諸費用と同様、家具や家電についてもどうするのかを決めます。

それぞれが持ち寄ったものに関しては、当人が引き取ればいいので問題ないですが、同棲を始めてから2人で買ったものに関してはどうでしょう。

処分するのか、どちらかが引き取るのかを決めなくてはなりません。

別れたいと思うほど嫌になった彼氏と使っていたものなんていらない!と、その場では思うかもしれませんが、一度冷静になって考えてみてください。

最低限の家具家電は、生活するためには必要です。

すべてを新しく買いそろえるだけの経済力があるのならいいですが、そうではない場合は意地を張らずに2人で分けた方が自分のため。

洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、ベッド、テーブルは最低限必要だと思うので、お互いが納得する形でどうするのかを決めるのが正解です。

同棲中のカップルが別れる4つのきっかけ
◇まとめ◇

同棲中のカップルが別れるきっかけと4選と、スムーズに別れるためにしておくべき3つのことについて紹介しました。

同棲するほどの仲になると、恋愛感情がなくなっても、人としての情は残るもの。

だからといって、ダラダラと関係を続けていくのがいいこととは思えません。

別れると決めたのならキチッと別れ、お互いのためになる道を歩んでいきましょう。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら