この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

メンヘラ男に要注意!メンヘラ男に共通する7つの特徴とは

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

付き合ってから苦労することが目に見えている、メンヘラ男。

メンヘラというのは、ネットで心が病んでいる人のことを指す「メンタルヘルス」の略語である「メンヘル」が、「-er系」になったもの。

心の病気というと大層な感じがしますが、メンヘラは特別な精神疾患を持っている人のことを指す言葉ではありません。

心が弱い人、心が折れている人のことを指しています。

一昔前まで、メンヘラといえば圧倒的に女子が多かったのですが、最近では女子よりも男子が増えているのだとか。

メンヘラ男と知らずに付き合ってしまえば、苦労することは目に見えています。

付き合う前にメンヘラ男を見極めるために、ここではメンヘラ男に共通する7つの特徴について紹介したいと思います。

これらの特徴に当てはまれば100%メンヘラ男というわけではありませんが、当てはまる項目が多ければ多いほど、彼がメンヘラ男である可能性は高くなると言えるでしょう。

メンヘラ男の7つの特徴

では早速、メンヘラ男に共通する7つの特徴を見ていきたいと思います。

①連絡がしつこい

メンヘラ男は、とにかく連絡がしつこいです。「連絡がマメ」を通り越して、とにかくしつこいのです。

一度ラインを送ったら、相手が返事をしようがしなかろうが関係なく、次々にラインを送ってくることも。

自分の中での「返信までの時間」のボーダーが決まっており、相手がそれを越えようものなら矢継ぎ早に連絡がきます。

「ねぇ何してる?」

「おーい」

「届いてる?」

「返事してよー」

など、一方的に連絡が次々とくるでしょう。

メンヘラ男の中での返信までのボーダー時間はとても短く、本当にひどくなると5分や10分も待てないことも。

こちらの都合などお構い無しにラインの嵐がくるので、本当に迷惑な話です。

②気分にムラがある

メンヘラ男は、「情緒不安定なの?」と言いたくなるくらい、気分にムラがあります。これは、メンヘラ男の特徴でもある「感情のコントロールができない」ことによるもの。

メンヘラ男は自分が中心で世界は回っていると思っているので、とにかく「かまってほしい」のです。

自分のかまってほしいタイミングでかまってもらえないと、すぐにへそを曲げてしまいます。

そのため、機嫌の悪いときのほうが圧倒的に多いと言えるでしょう。大人になれば誰しもが我慢や忍耐を覚えるものですが、メンヘラ男にはそれがありません。

我慢や忍耐とは無縁の中で生きているので、まるで子供のように自分勝手であり、気分にムラがあるのです。

③束縛が激しい

メンヘラ男は、彼女のことをものすごく束縛します。多少の嫉妬心はかわいいものですが、メンヘラ男の嫉妬心はかわいいなんてものではありません。

普通の嫉妬心とはレベルが違い、一から十まですべてを知り尽くさないと気がすまないのです。

それこそ、

「今日は何時に起きたの?」

「朝御飯は何を食べた?」

「ランチはどこで誰と?」

「仕事はどうだった?」

「他の男とは何を話したの?」

「何時に会社を出た?」

など、その日の行動すべてを根こそぎ聞いてきます。

メンヘラ男にとって、たとえ職場の上司や同僚であっても、自分以外の男との関わりは例外なくNG。上司や同僚の男と話をしたのなら、その一言一句まで聞いてくるでしょう。

すべてを独占したいという気持ちの現れなのですが、話し合いが一切できないので困ったものです。

④ネガティブ発言が多い

ここでいうネガティブ発言とは、「どうせ俺なんて…」といったものではなく、どちらかというと相手を認めない、というもの。

相手がどんなに努力をしていたり優れていたとしても、メンヘラ男は決してそれを認めようとはしません。相手を褒めることもなく、他人に何かしてもらっても素直に「ありがとう」と言えません。

ああ言えばこう言う、という言葉がしっくりくるほど、二言目には否定します。

「でも」「だって」「俺的には」が口癖であり、たとえ相手の意見に同感であっても、一度否定してからまるで自分の意見のように言い直すこともあります。

単純にワガママともいえますが、実はこれは怖くて他人を認められないだけ。自分よりも優れていると内心では分かっているので、認めるのが怖いのです。

⑤用もないのにラインをしてくる

メンヘラ男は、かまってほしいという欲求が常にあります。

自分がかまってほしいときにかまってほしいので、独り言やどうでもいい内容のラインを送ってくることも少なくありません。

一見、「なんて返事をしたらいいの?」と返信内容に困るような内容のラインを、定期的に送ってくるのです。

ここでは、単純に「今自分の相手をしてくれる人」をメンヘラ男は探しています。

そのため、そんなどうでもいい内容のラインに「どうしたの?」などと返事を送ったら最後。

しつこいほどの連絡が、永遠と続いてしまうでしょう。

ラインってチャットだっけ?と思ってしまうほど、ひっきりなしにラインが送られてきてしまいます。

⑥SNSのアイコンが自分

メンヘラ男の大半は、SNSのアイコンを自分の写真にしています。さらに、アイコンを頻繁に変えるという特徴も。これは、ただ単にネットを通じて注目されたいため。

アイコンを変えたら、「画像変えたんだ」とコメントがきたり、いいね!がもらえたりしますよね。

そのため、ちょくちょく画像を変えて回りの人に注目されたいと思っています。

⑦SNSに固執しすぎている

メンヘラ男は、直接文句やクレームを言うことはできませんが、ネット上では人が変わったように意見を言ったりします。

つい、「言いたいことあるなら直接言えば?」と言いたくなってしまうパターンですね。

画像つきのタイムラインや投稿が多かったり、見栄っ張りな投稿が多いのもメンヘラ男の特徴。これらはすべて、先ほどもお話ししたように注目されたいため。

ブランド品を身に付けたり、お金持ちアピールをしてみたり、中には嘘も混ざっているので要注意。

メンヘラ男は現実世界では自分を満たすことができないので、「いいね!」の数で自分を満たそうとするのです。

ネット上では別人のように振る舞うので、SNSが荒れやすいというのもメンヘラ男の特徴と言えるかもしれません。

メンヘラ男に共通する7つの特徴とは
まとめ

メンヘラ男の7つの特徴について紹介しました。

メンヘラ男は、一言で言うなら「面倒くさいやつ」。

そのため多くの人は、できることならメンヘラ男とは関わりたくないと思っていることでしょう。

メンヘラ男も好きでそうなったわけではないのでしょうが、付き合ってから苦労したくないのなら、メンヘラ男をしっかりと見極めていきたいものですね。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら