最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

色っぽい男の6つの特徴とは?男の色気は努力で作れる!?

色っぽい男性って、どんな人だと思いますか?たとえばイケメンだとか、肌を露出しているとか、そういうことではありません。

肌を露出しているのは確かにセクシーかもしれませんが、色っぽいのとは少し違いますよね?

男性の色気というのは、内側からわき出るもの。

内側から色気がわき出ている人は、性別を問わず人を惹き付ける力を持っています。

もちろん見た目も重要ですが、ここでいう見た目というのは生まれ持ったものではなく、努力で手に入るものばかりです。さて、色っぽい男にはどんな特徴があるのでしょうか。

6つの特徴を紹介していきます。

色っぽい男の6つの特徴

1:男らしい身体つき

1つ目は、男らしい身体つきをしていること。ゴツゴツした大きな手や広い背中、ほどよく筋肉のついた上腕二頭筋、6つに割れた腹筋…。

ヒトは自分にないものを持っている人に惹かれるので、女性は男性の「男らしい身体つき」に色っぽさを感じます。ただし、マッチョはNG。

残念ながらボディビルダーのような筋肉ムキムキの男性に、色っぽさは感じません。

あくまでも「ほどよい筋肉」がいいのです。この男らしい身体つきというのは、努力次第で作ることができます。

顔は変えられなくても、カラダはトレーニングなどで鍛えることができますよね。

カラダを鍛えることは男性としての魅力が増すことでもあるので、色っぽさを出したい!という男性は、ぜひ筋トレなどを日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

2:清潔感のある香り

色っぽい男性は、みな清潔感のあるいい香りを漂わせています。みなさん一度は経験があると思いますが、ヒトの印象というのは香りで180度変わるもの。

そして、香りは見た目以上に印象に残るのです。好きな人と同じ香りを嗅いだとき、好きな人のことを思い出したことはありませんか?

それほど香りというのは、脳に強い影響を与えているのです。色っぽい男性の香りは、くどいものではなく爽やかな香り。

そして香りはきつくなく、ふわっと香る程度です。
フレグランスが苦手という人は、柔軟剤の香りでもOK。

男女ウケの良い爽やかな香りがふわっとしてきたら、つい振り返ってしまいますよね。

色っぽい香りというのは、そういうものです。

3:動作がしなやか

色っぽい男性は、何をするにも落ち着いていて、物事を雑に扱うことをしません。早口だったりバタバタと慌てていたりなんて、色っぽい男性はしませんよね?

色っぽい男性はゆっくり相手の目を見て話すので、女性も「話しやすい」という特徴があります。

つまり、聞き上手なのです。

自分のことをペラペラと話すのではなく、あくまでも相手の話を聞くというスタンスを貫いています。

そのため女性のほうが気持ちよく話ができるので、男性は何もしなくても女性が寄ってくる感じでしょうか。

大人の余裕と貫禄が成せる技、といった感じですね。

丁寧な言葉使いやゆったりとした動作など、一緒にいる女性が苦痛だと感じることはしません。

モテる男性の特徴とも似ていますね。

大人の余裕と貫禄は態度に現れるもの。

たとえば赤信号でイライラしたり、レストランで注文が遅いことにイライラして口調が荒くなったりする男性がいますよね?

色っぽい男性は、絶対にそんなことはありません。なぜなら、「大人の余裕と貫禄」があるからです。

また、自然にレディーファーストができるなど、さりげない気遣いができるのも色っぽい男性の特徴の1つ。

下心のある気遣いではなく、さりげないというところがポイント。一言で言うなら、気遣いが嫌らしくないのです。

こちらもやはり、大人の余裕と貫禄が成せる技と言えるのでしょうね。

4:唇がキレイ

色っぽい男性の4つめの特徴は、唇がキレイだということ。あなたのイメージする「色っぽい男性」は、唇がカサカサしていますか?

決してそんなことはないでしょう?色っぽい男性は、みな唇がキレイです。

色っぽい男性の唇は乾燥しておらず、思わず「この人とキスしたい」と女性が見とれてしまうほど。唇がキレイな男性って、キスがうまそうな感じがしませんか?

キスがうまい=セクシー=色っぽいとなるのでしょう。

色っぽさを目指す男性は、ぜひ唇のケアを行ってみてください。今からでも遅くはありませんよ。

特別なことはしなくても、リップクリームでケアをするだけでも十分キレイな唇になれますので、ぜひ実践してみてくださいね。

5:自信に満ちている

5つ目の特徴は、自信に満ちているということ。

色気は内面からにじみ出るものだという話をしましたが、自信がある人は内面からその自信が色気となってあふれ出ているのです。たとえば自信がある人は姿勢が良くなったり、堂々としているなど態度に現れるもの。

仕事やプライベートが充実していることが、内面の自信になり、それが色気となって現れているのです。

自分に自信がないと、どこか挙動不審になったり、声が小さくなるなど堂々とした態度にはなりませんよね?

「男らしい」と思わず女性が言ってしまうような、堂々とした態度は自信の現れであり、それがすなわち男性の色気として現れるのでしょうね。

内面からにじみ出る自信や色気というのは、ちょっとやそっと努力したくらいで身に付くものではありません。

まずは仕事に打ち込むなど、自分が自信をつけられるようなことをしてみましょう。

1つ成功すると自信になり、自然と色っぽさもにじみ出てくるようになるでしょう。

6:ミステリアスな雰囲気

無口というのとは違いますが、色っぽい男性は自分のことをペラペラと喋ったりしません。

口数が少なく、謎めいた雰囲気がありますよね。この人は何を考えているんだろう?
この人はどんな人なんだろう?

といろいろと想像したくなりませんか?
つかみどころがない人、とも言えるかもしれません。

芸能人でいうと、北村一輝さん。あくまでも私個人の意見ではありますが、北村一輝さんってかなり色っぽいと思います!

あのミステリアスな雰囲気は、誰にでも出せるものではないですよね。

決して無口ではないのに、ミステリアスな雰囲気を醸し出している人は例外なく色っぽいと言えるでしょう。

色っぽい男の6つの特徴
まとめ

色っぽい男性の6つの特徴について、紹介しました。

いかがでしたか?

色っぽい男性には特徴があり、これらの特徴は先天的なものではなく、努力次第で作り出せるもの。

内面を変えるのは簡単なことではありませんので、まずは見た目の色っぽさから取り組んでみてはいかがでしょうか。

筋トレや清潔感のある香り、唇のケアなどは今からでもすぐに始められますよね。

すべてを満たせば色気が出るというわけではありませんので、「自分らしさ」も大切にしてくださいね!

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

Follow me, please!