この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

好きな人に恋愛相談をする5つのメリット!2つの注意点?

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

好きな人に自分のことを好きになってほしいという気持ちは、誰にだってあるもの。できることなら両思いになりたいと、誰もが思っていることでしょう。

しかし、告白するのは勇気がいるし、断られたら…と思うとなかなか1歩が踏み出せないですよね。

そんなとき、おすすめなのが好きな人に恋愛相談をすること!

一見、「そんなことしたら逆効果なんじゃないの!?」と思われる好きな人への恋愛相談ですが、うまくやれば両思いになれちゃうかもしれません。

実は好きな人への恋愛相談は、メリットがたくさんあるのです!

ここでは、好きな人に恋愛相談をする5つのメリットと、2つの注意点について紹介していきましょう。

好きな人に恋愛相談をしよう!5つのメリットとは

結論からいうと、要点さえ押さえておけば好きな人への恋愛相談は積極的にするべきです。その「要点」については、後ほど「注意点」の項目でお話しするので、もう少しお待ちくださいね。

まず、好きな人に恋愛相談をするのなら、好きな人と「恋愛相談のできる仲」になっておかなくてはなりません。憧れていて、ただ見ているだけ、などでは、恋愛相談などとんでもないですからね。

できれば、何でも話せる男友達のような関係になっていることが理想です。

少なくとも、気軽に話せる間柄でなければ恋愛相談をしてもメリットは得られませんのでご注意を。

それを踏まえて、好きな人に恋愛相談をする5つのメリットについてお話ししていきます。

1:恋バナは盛り上がる!

まずは、恋愛相談であっても恋バナであることに変わりはないので、好きな人と話を盛り上げることができます。一般的に女子は恋バナが好きで男子はそうでもないと思われがちですが、男子だって恋バナは好きなんです!

芸能人の誰と誰が付き合っている、なんて話題は、男子の中でも盛り上がっているでしょう?

それと同じで、恋バナはとにかく盛り上がります。

恋愛相談は基本的には2人でしますから、あなたと好きな人との距離もグッと近くなるのではないでしょうか。

2:恋をしていることが伝わる

今までが仲の良い男女の友達という関係だった場合、あなたの好きな人は、あなたに好きな人がいることに気づいていない可能性が高いです。

なんとなく男友達と同じようなポジションという認識があるので、あなたに好きな人がいるとは思っていないのです。

そんな恋を実らせる第一歩として、彼にあなたが「恋をしている」ということを認識してもらうことは、非常に重要。

恋をしていると気づくだけで、「コイツも女だったんだ」と異性として見るようになるのです。

このように書くと、つい「元々女だよ!」なんてツッコミが入りそうになりますが、友達として仲の良い期間が長ければ長いほど、異性として見られなくなってしまうのも事実。

また、異性として見始めたことで、あなたのことを誰かにとられてしまうと焦り出すことも。

自分のポジションを他の男に奪われる、コイツに彼氏ができたら今までみたくは付き合えなくなる、という不安が、彼の物欲や狩猟本能をかきたてるのです。

今のままでは何の進展も期待できなかった関係が、恋愛相談をすることで一気に進むことになるのです。

3:自分の恋愛に対するタイプをアピールできる


恋愛相談をするとき、自分の恋愛におけるタイプをアピールできることも、好きな人に恋愛相談をするメリットの1つ。

「私って意外と尽くすタイプなんだよね」

「一途だから、もう○年もその人のことが好きなんだ」

と、自分の恋愛傾向をアピールしてみましょう。

このとき、「私は見た目よりも、○○に一生懸命なところに惹かれた」「私の話を真剣に聞いてくれる人なの」と、さりげなく「ん?もしかして俺のこと?」と思わせるのも、1つの方法。

彼の食い付きがよければ、

「それって誰のこと?」

「そいつの名前教えて!」

と、好きな人が誰なのかを知りたがることでしょう。

関連記事⇒
初デートで男性の脈ありを確かめる方法 8選 

4:2人の時間が増える

恋愛相談というのは、良くも悪くも長引くもの。

特にこの場合は、恋愛相談の対象が相談相手なわけですから、当然「終わり」はないのです。

恋愛相談をどういう形で行うかはそれぞれですが、たいていの場合はLINEや電話というパターンが多いですよね。

さらに休日にランチを食べながら、カフェでお茶をしながらなど、休みの日にも会って相談をする機会も増えます。恋愛相談をすることで、休日など今までは会えなかった時間にも、すんなりと会う口実ができるわけです。

LINEや電話も頻繁にするようになり、いつしかお互いに「毎日LINEをしないと落ち着かない」ようになることも。

恋愛相談の内容であることがもちろんですが、次第に何でもないような話題や、くだらない内容でばかり連絡を取り合うようになるかもしれません。

プライベートな時間を共有することで、一気に距離も縮まることでしょう。

5:親密な関係になれる

恋愛相談というのは、本人たち以外には話すことではありません。つまり、恋愛相談は必然的に2人だけの秘密になるわけです。

秘密を共有するということは、それだけ親密度が深まるということ。それは、お互いがお互いを意識する気持ちが強くなることでもあるのです。

秘密を共有していると、それだけでお互いへの気持ちが強くなるので、「特別な存在」になることができるでしょう。

好きな人へ恋愛相談をするときの2つの注意点

好きな人への恋愛相談はメリットも多い反面、失敗すると自分が恋愛対象外になってしまうリスクもあるので気を付けなくてはなりません。

好きな人へ恋愛相談をするのは、あくまでも「自分が彼女になりたいから」ですよね?

失敗しないためには、以下の2つのことに注意しましょう。

1:好きな人の名前は出さない

恋愛相談を受けている時点で、彼は自分があなたの好きな人だとは思っていません。あくまでも友達として、あなたの恋愛相談を受けているわけです。

その段階で万が一好きな人はあなただよ、なんて言ってしまうと、恋愛相談のメリットは1つも得られないまま終わってしまうでしょう。

なぜなら、自分だとは思っていないため、どう答えていいか分からなくなってしまうのです。恋愛相談を始めたばかりなら特に、好きな人の名前は言わないように気を付けましょう。

あくまでも「ちょっと気になる人がいるんだよね」程度から始め、親密になりだしたらさりげなく「あなたのことだよ」ということを、名前を言わずにアピールしていきましょう。

2:一生懸命になりすぎない

彼はあくまでも、友達としてあなたの恋愛相談を受けています。しかしもしかしたら、彼もあなたのことを異性として気にしているかもしれません。

とはいえ、あなたの好きな人が自分だとは思っていませんから、あなたが一生懸命に恋愛相談をしすぎてしまうと、

「そんなにその人のことが好きなんだ」

「俺は諦めるしかないな」

と恋愛対象外になってしまうことも。

こうなってしまうとあなたの恋が実る確率はほぼなくなってしまうので、所々にさりげなく「好きな人はあなただよ」アピールをしていきましょう。

「いつ頃知り合った人なんだ」

「仲は良くて話は聞いてくれるんだけど、デートには誘ってくれないんだよね」

などと、彼が「ん?もしかして」と思えるエピソードを盛り込んでいきましょう。

好きな人に恋愛相談する5つのメリット!2つの注意点?
まとめ

好きな人に恋愛相談をする5つのメリットと、2つの注意点について紹介しました。あなたの恋を叶えるためには、好きな人に恋愛相談をするのもおすすめです。

特に、長く友達関係が続いているときには有効な手段なので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら