この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

モテる女はココが違う!できる女の「さしすせそ」って何?言っちゃいけない「たちつてと」も伝授します!

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

合コンや異性との飲み会は、彼氏を作る絶好のチャンス!

せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、モテる女、できる女の特徴をしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

ここでは、できる女の特徴「さしすせそ」についてご紹介していきます。

記事の最後には言ってはいけない「たちつてと」も紹介しますので、失敗しないように覚えておいてくださいね。

できる女の”さしすせそ”とは?

できる女のさしすせそは、数年前に雪印メグミルクの人気スイーツ「重ねドルチェ」のCMで披露されて話題となったもの。

CMでは、合コンでのモテるテクニックとして女子が奮闘する姿を描き、カサネテクとして話題となりました。

知ってる!

覚えてる!

という人もいるのではないでしょうか。

早速”さしすせそ”について紹介していきましょう。

さしすせそ
①さ→さすが~!、さすがです!

男性は、とにかく褒められることに弱いです。

そして、褒められて嬉しくない人、嫌な気分になる人などいません。

合コンや飲み会の席でなら、特にそうでしょう。

男性のほうも、女性に「よく見られたい」と思っているはずですから。

男性の話に対して、さりげなく「すごいですね!」と相手を褒めてみましょう。

いやらしくない褒め方ができるので、男性も気持ちよく過ごせることができるはずです。

さしすせそ
②し→知らなかった!

男性の話やうんちくに対し、「知らなかった!」と素直に言ってみましょう。

できる女は男性の前で見栄を張らないので、知ったかぶりなどしません。

男性をたててあげることで、自分の印象が良くなることを知っているからです。

知らないことを知らないと伝えると、それだけで男性をたてることができますよね。

さりげなく尊敬の眼差しを向けることもできます。

男性は、自分の話や知識を認めてもらえたと感じ、嬉しくなること間違いなしでしょう。

さしすせそ
③す→すご~い!、すごいですね!

できる女は、些細なことでも褒めることを忘れません。

小さなことでも、相づちを打たれながら褒められれば嬉しいもの。

特に合コンや飲み会などのお酒の入る席では、積極的に褒めてあげましょう。

お酒の入り具合にもよりますが、褒められると男性は上機嫌になっていきます。

ただし、あまりお酒が入る前から「すご~い!」を連発してしまうと、わざとらしい印象を与えてしまうので気を付けましょう。

さしすせそ
④せ→センスいいね!

男性の趣味やファッションなどに対し、センスいいね!と褒めてあげましょう。

センスの良さを褒めることは、まさに懐に入り込んで相手に特別感を与えることができるもの。

ただやみくもに褒めるよりも、抜群に効果がある褒め方です。

さしすせそ
⑤そ→そうなんだ!

できる女は、自分のことをペラペラと話すのではなく、必ず聞き役に回ります。

そのとき、「へー、そうなんだー!」と相づちを打ちながら相手の話を聞いてあげましょう。

聞き役をマスターしていれば、自然と出てくる言葉ですね。

「そうなんだー」と相づちを入れられることで、男性は「自分の話をちゃんと聞いてくれているんだ」と感じ、好印象を持つもの。

できる女は、いかに男性を持ち上げて、その場を気持ちよく過ごしてもらえるかを常に考えているのです。

できる女の”さしすせそ”4つの共通点

できる女の「さしすせそ」を紹介したところで、続いてはできる女の共通点について見てみましょう。

できる女を見ていると、やはり共通点があることが分かります。

できる女の4つの共通点を見つけましたよ!

①気配りができる

できる女は、必ず気配りができます。

合コンや飲み会の席でお料理を取り分けたり、飲み物がなくなったらさりげなくメニューを渡したり。

つい目の前のことばかりに注目してしまいがちですが、周囲に目がいくって素晴らしいですよね。

できる女は、広い視野を持っているのです。

②相手を喜ばせる

③相手を褒められる

④相手を尊重できる

先ほどの「さしすせそ」もそうですが、できる女は相手を喜ばせ、褒め、そして尊重することができます。

男性は女性と話すとき、特に「いいな」と思っている女性の前ではいいところを見せたい!と張り切るもの。

そういう気持ちがあるので、「さしすせそ」で褒められると喜び、尊重されれば嬉しく感じるのです。

正直なところ、「見栄張ってるな~」「絶対うそでしょ」と思っても、「そうなんだー、知らなかったよ」「そんなこと知ってるなんてすごいね!」と”さしすせそ”で返してあげるのが、できる女と言えるでしょう。

絶対言っちゃダメ!合コンの”たちつてと”とは?

できる女のさしすせそがあるように、モテたいなら絶対に言ってはいけない「たちつてと」も存在することをご存じですか?

簡単に紹介しましょう。

た→たいしたことないね

ち→ちがうでしょ

つ→つまらないよ

て→てきとうでいいよ

と→とんでもない!

これらはみな、頑張って自分を良く見せよう、その場を盛り上げようと思っている男性の気持ちを無下にしてしまう言葉。

小さな自慢話は「たいしたことない」と感じる気持ちも分かりますし、興味のない話題なら「つまらないなぁ」と感じる気持ちも分からなくはありません。

しかしそれを正直に、ストレートに言葉にして伝えてしまうのは、残念ながらできない女。

男性の努力や頑張りを無駄にしてはいけません。

また、料理を頼むときや飲み物を頼むとき、「何にする?」と聞かれ、つい「てきとうでいいよ」と答えてしまったことはありませんか?

何でもいいというのは、言い換えれば「どうでもいい」にも聞こえてしまいます。

男性は自分には興味がないんだと感じてしまいますから、どんなことでもきちんと答えてあげましょう。

できる女になりたいのなら、「否定するワード」は基本的にNG。

ズバッと否定するのではなく、「私は○○だと思ってたけど、そっかー、そういう考え方もあるよね!」と男性の意見も一理あるというふうに持っていくと、男性も嫌な気はしないですむでしょう。

男性をいかに立てられるか、その場を「楽しかった」と過ごしてもらえるかが、できる女とできない女を分けるボーダーラインなのですね。

できる女の「さしすせそ」
まとめ

できる女の「さしすせそ」やできる女の共通点、そして言ってはいけない「たちつてと」について紹介しました。

いかがでしたか?

男性にモテたい、できる女になりたいと思うのなら、ぜひ合コンや飲み会の席で「さしすせそ」を試してみてください。

ただし、お酒の入らない席ではわざとらしく聞こえてしまうこともあるので、その場の空気を読んで使う頻度を考えていくことも大切です。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら