最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

避けられる!?好きバレしてしまう原因とバレた後の対応方法

好きな人に気持ちがバレてしまうこと、好きバレ。

好きバレしてしまう事は本当にマイナスになってしまうのでしょうか?もちろん好きな人に気持ちがバレてしまう恥ずかしさはありますが、その好きバレがプラスになることもあるのです。

しかし、好きバレしてしまったら、避けられてしまうのではないか・・・そのあとが気まずくなってしまうのではないか・・・どう対応していいのだろうかと不安になり、好きバレしてしまうのが嫌だと思っている人は多いですよね。

自分は好きバレしないように行動していたはずなのに、なぜ好きな人に気持ちがバレてしまうのか、その原因と避けてしまう人の心理、好きバレしてしまった後の対応方法を紹介していきます。

好きバレしてしまう原因

自分からではなく、まわりの人からバレてしまう

好きな人の相談を友達や職場の人にしてしまった時、その行動からバレてしまう可能性があるのです。

誰かに好きな人の話をしている場合は、その人からモレてしまったり、その人が自分以上にあなたの好きな人に反応をしてしまい、まわりかバレてしまうことがあります。

自分の行動でバレてしまう場合

好きな人とは目が合ってだけでも喜びたくなりますし、話したり接することでテンションも上がってしまいますが、それが好きバレしてしまう原因でもあります。

なぜ目が合うのか、自分の気持ちをバレないようにしているつもりでも、好きな人を自然と探し、いつの間にか好きな人を目で追っていることで、本人と頻繁に目が合ったり、目で追い、見つめていることや、その人にだけ態度が変わってしまうことで周りにバレてしまいます。

本人はバレないようにしているつもりですが、好きバレしてしまうのは自分の行動や言動が原因ということが多いようです。

避けてしまう心理

全く気がない

好きな人に自分の気持ちがバレてしまった後から、相手の態度が冷たくなってしまったり、避けられてしまっている場合は相手に全く気がない可能性があります。

自分には気がないので、必要以上に気を持たせたくないという心理や、困る、迷惑などという気持ちがあるので距離をとろうとしてしまうのです。

嫌悪感がある

極端ですが、嫌いな人である場合です。嫌いな相手に自分が好かれていると知ったら困るというよりも嫌悪感に近い感情が出てくることもあるので、距離をとりたくなりますよね。必要以上に関わりを持ちたくないので、距離をとりたくなり避けてしまいます。

意識してしまう

自分のことを好きだと知って悪い気がしないという人が多いのは事実です。相手の気持ちを知って、それまで意識をしていなかったけれど気になりはじめることもあります。

勘違いかもしれないということもあるので、接し方がわからなく、シャイなタイプだと避けてしまうこともあります。

避ける、という行動にもいろいろとあり、気があるからこそ避けてしまうこともありますが、話しかけても冷たい、必要以上に話そうとしない、二人でいたがらない、など感じた時は相手に気がない可能性があります。

相手が避けてしまう心理も色々とあるので、相手の表情、声のトーンなど、相手の反応をしっかりと観察し、見極めることが重要になってきます。

”好きバレ” してしまった後の対応方法

態度を変えない

不本意に好きバレしてしまった場合は、態度を変えずに普段通りにする。いつもと違った態度になってしまうと、本当かただの噂や勘違いかもしれないという思いが核心となり、気まずさをつくってしまうのです。

不自然さが出てしまうとお互いが気まずくなってしまうので、自分がいつも通りに接することで、相手も自然に振舞うことが出来ますし、だんだんと気にならなくもなりますし、相手に自分を意識させることもできます。

否定をしない

好きではない。とはっきり否定はしないことです。

告白をしているわけではないので、はっきりと否定してしまうと相手には気がないということだけ伝わってしまいます。

もしかしたら相手が意識し始めていた場合や、相手も自分に気があった場合、相手は好きじゃないんだと振られたような形になってしまうので、その恋心は成就することなく終わってしまうことになるかもしれません。

相手の気持ちを確かめる

好きバレをしてしまいましたが、告白をしたわけではありません。

二人っきりになる機会をつくったり、食事に誘うなどしてみることです。相手は自分を好きかもしれないという意識をしているので、相手の反応を確認することができます。

好きバレしたことをうまく利用して相手に自分を意識させていくことで、独り相撲ではなくなっていくことができます。

思い切って告白する

好きバレしてもしなくても、好きな気持ちはかわりません。もし好きバレしてしまっている相手に避けられてしまっている場合は、もうこの恋は終わってしまったと思い悩んでいることでしょう。

なので、そこで思い切って告白をすることで自分の気持ちもはっきりとできますし、曖昧にしたまま終わらせてしまうよりも、その曖昧さが気まずさをつくり、避けるという行動を相手や自分、もしくはお互いにさせているのです。

好きだという気持ちがバレているので、告白をするというハードルは随分と下がっているので、告白もしやすくなります。

告白をした後は、避けずにいつも通り接することです。相手は気まずさから避けてしまうかもしれませんが、自分がいつも通り接することで相手もいつも通り接することができるようになります。

好きバレしてしまう原因とバレた後の対応方法
◇まとめ◇

好きバレは決して悪いことばかりでありません。

本当に相手好きバレしないようにするには、態度を変えない、他の周りの人と同じ対応をするということなどがありますが、やはり好きだという気持ちがあれば少なからず、口調や態度なで無意識のうちに知らず知らずのうちに出てしまいます。

相手への気持ちが強いほど隠し切れないものです。

好きバレした後に相手が避けてしまう心理的要因をいくつかあげましたが、嫌いで避けているのも、気があって避けているのも似ているところがあるので、相手の反応をよく観察することが重要です。

大事なのはその人を好きだという気持ちを大切にすること、好きバレしてしまった後に自分がどう対処していくかということです。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

Follow me, please!