この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女性の「好き避け」パターン5つ!好き避けを見抜けない男性はモテない??

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

気になっている女性から急に素っ気なくされ、脈がないのだと諦めてしまった経験はありませんか?

もしかしたら、それは女性の「好き避け」なのかもしれません。

好き避けとは、好きな相手のことを強く意識してしまうあまり、本来の好意とは逆に普段より素っ気ない態度を取ってしまうことを指します。

好き避けは、心理学的には「反動形成」といい、無意識から引き起こされる自己防衛行動のひとつとされています。好きな人が別の異性と仲良くしているのを見てしまったり、好きな人が周囲にバレてからかわれてしまったりしたときに「自分は元からあの人のことを好きではなかった」と思い込むことで自らを守る働きをします。

そのため、本来は意中の相手であるにも関わらず、本心とは逆の行動、つまり「冷たくする、素っ気なくする」などの行動に出てしまうのです。

ではどんな行動が「好き避け」の例として挙げられるのでしょうか?

女性が好きな男性にしてしまいがちな好き避けパターンと、その状況を打破するきっかけについて、以下で学んでいきましょう。

「好き避け」から女性の好意を読み取る 5選

1.目が合ってもすぐに逸らされてしまう

人は普通、友好的に思っている相手と目が合ったときに急に眼を逸らしはしません。

ただの知り合い程度の女性にならまだしも、普段から親しく接しているような女性にツンと目を逸らされてしまうと「オレ、嫌われるようなことしちゃったかな?」と不安になりますよね。

しかし、これぞ好き避けの代表例でもあるのです。

好きな人のことをつい目で追ってしまうのは誰もが一度は経験したことがあるでしょう。意中のあなたと目が合ったとき、本当はニコリと微笑みたい。心の中ではそう思っていても、好き避けをしてしまう女性は気恥ずかしさや自分の好意がバレてしまうことの恐れなどから、つい目を逸らしてしまうのです。

パッと女性と目が合った場合は、あなたから微笑んでみてはいかがでしょうか。好きな男性から好意的なリアクションを貰えれば、彼女も次は頑張ろうと思えるはずです。

2.女性側から積極的に連絡できない

SNSツールが発達し、誰とでも気軽に連絡を取り合うことのできる時代になったとはいえ、相手が好きな人ならば何気ないメッセージを送るのにも勇気がいるものです。

業務内容や連絡事項なら大丈夫なのに、プライベートな話題を自分から何度も振ると好きなことに気付かれてしまうのでは?と思ってなかなか積極的になれないという女性は意外と多いのです。

また、好き避けをしてしまう女性の場合、好きな男性から連絡が来てもあえて時間をおいてから返事をすることがあります。これも、「好きな人からメッセージが来て、喜んですぐ返信したと悟られたくない」という心理が働いてのことです。

何気ないメッセージに対して、多少時間がかかっても必ず返信があるようならば、好き避けを疑ってみても良いかもしれませんね。

3.飲み会では近くの席を確保するが、別の人とばかり話す

あなたなら、楽しい飲み会やパーティーの席でわざわざ嫌いな人の近くの席を確保するでしょうか?

答えはNOですよね。そういう場だからこそ、できれば仲の良い人や好きな人の傍で楽しい時間を過ごしたいと思うはずです。そしてそれは、好き避けをしてしまう女性にとっても同じことなのです。

ただ、女性からすれば、自分に自信がなかったり恥ずかしくて自分からは話しかけられなかったりするため、ついつい別の人とばかり話してしまうのでしょう。

もしかしたら好き避けをしてしまう女性にとって、飲み会でできるだけあなたの近くの席を確保すること自体が精一杯のアピールなのかもしれませんね。

毎回近くにいるけれどあまり話したことのない女性には、一度話題を振ってみてはいかがでしょうか。

4.普段よりも強めの態度で接してしまう

好きな男性の前ではいつも以上に優しく、淑やかで可愛らしくいたいのが女心というもの。

しかし、好き避けをしてしまう女性の中には、他の男性よりも特別あなたに優しくすることで周囲に自分の気持ちを悟られてしまうのではと考え、わざと意地悪なことを言ってしまう場合があります。

また、本当は異性として仲良くなりたいのに、好きな男性を目の前にすると急にしおらしくなってしまう自分が恥ずかしくなり、あえて男友達のような接し方をしてしまうのもこのタイプの好き避けでしょう。

いくら好き避けかもしれないとはいえ、このような対応をされると男性としての自信がなくなってしまいますよね。

しかし、人は本当に興味のない相手には嫌悪を示すのではなく無関心になるものです。

幼い頃、好きな女の子に対してつい意地悪をしてしまった経験はありませんか?もし意中の女性の態度が好き避けなのかどうか分からない場合は、さりげなく「オレは優しい子が好きだなあ」と言ってみましょう。

あなたに対する彼女の態度が軟化すれば、それはきっと可愛らしい好き避けだったのでしょう。

5.みんなと話しているときには好意的なリアクションがある

これまでの好き避けは、「女性が好きな男性と直接対峙したときに、好意とは裏腹な態度を取ってしまう」というパターンでした。これは「間接的な空間であれば、好き避けの態度は軟化しやすい」ということでもあります。

女性とあなたが二人きりのとき、どうしても女性の言動やあなたへの好意は浮き彫りになってしまいがちです。

そのため、女性はそれを悟られまいとして好き避けの行動に出てしまいます。しかし、複数人で会話をしているときはどうでしょう。二人きりの時とは違い、女性の言動はその場にいる全員に作用します。

例えば、あなたの話に対して、普段は好き避けをしてしまう女性を含む数人が笑ったとします。あなたに対して好意的な反応をした人は複数いるわけですから、あなたに対するその女性の好意が浮き彫りになることは滅多にないでしょう。

すると、女性は二人きりのときよりも素直にあなたに向き合うことができるのです。特に女性は空気を読むことに長けている傾向があるので、その場の空気を上手く使ってリアクションをするでしょう。

複数人で会話をしているとき、さりげなくあなたをフォローしてくれたり普段よりも優しく接してくれたりした場合、それがその女性の本来の姿なのかもしれませんね。

まとめ
好き避けを脈なしだと諦める前に確かめてみる

好きな女性から素っ気ない態度を取られてしまうと、誰だって脈なしか…と悲しくなってしまいますよね。

しかし、その素っ気ない態度が実は「好き避け」行動だったなんてことも珍しくないのです。好き避けによる言動と単なる嫌悪による言動とは、似ているようで違います。

早々に諦めてしまう前に、上記の方法でさりげなく確認してみてください。もしかしたら、あなたのその一言で素直になれる女性がいるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら