この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

男性も結婚を焦る瞬間があった!? 5選

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

女性は、何歳までに結婚したい!こんな人と結婚したい!など、結婚に対する理想やプランを持っている人が多いです。

一方、男性はというと、あまり結婚を焦っているイメージがないですよね。

交際していても、彼女は早く結婚したいのに対し、彼氏はまだしたくない・・・といった結婚に対する価値観のズレが二人の歪みになってしまうこともあります。

しかし、とあるアンケートでは、半数くらいの男性が結婚に焦りを感じたことがあると回答していました。

では、その結婚に焦った男性は、どんな瞬間に焦りを感じているのでしょうか。

男性が結婚を焦る瞬間

1.親からの催促を受けた時

未婚の男性なら親が結婚について聞いてくる機会もあるかと思います。

いつもはそれとなく聞いてきていた親が、『もうそろそろ孫の顔が見たい』や『老後のこともちゃんと考えて』など、本気で心配しだしたことを知った時、男性は『いつまでもこのままではいけないんだ』と、結婚に対する焦りを感じます。

結婚していれば子供を授かる可能性もありますから、親が生きているうちに孫を抱かせてあげたいと考えたり、

親の老後の面倒を見ることになった時、自分だけでは仕事もあるためうまく身動きがとれない可能性がありますが、そんな時に自分に奥さんがいればきっと協力してくれるだろうと想像します。

男性は責任感の強い生き物ですから、自分の親にはこうしてあげたいと思えば自分がいま何をすべきかと考えるようになり、今まであまり考えていなかった結婚に対しての焦りを感じます。

2.親しい友人が結婚したとき

ある程度の年齢になれば既婚者の割合は増えていきます。

しかしそれがあまり身近な存在じゃない場合、男性はあまり気にしません。

『へー、あのひと結婚したんだ、ふーん』といった感じで終わりです。

しかし、普段から一緒に飲みに出かけたり、趣味を共有していた親しい友人が結婚した場合は違います。

今まで独身でも気ままに楽しく過ごせて来たのは、その友人の存在が大きかったと気づき、その友人が家庭に入ってしまうことでちょっとした孤独感さえ感じます。

そして、自分も結婚して家庭に入るべきなんじゃないかと焦り、今後の人生の幸せになるのではないかと考え、自分も早く結婚したいと思うようです。

結婚した友人が自宅に招いてくれて奥さんが手料理を出してくれたり、友人の年賀状が家族写真入りのものになったり、子供を出産したりと家庭を築き上げている姿を近くで目の当たりにすればなおさら強く感じるでしょう。

3.弱っているとき

未婚男性は、体調不良で寝込んでしまっているときも、体がつらいのに買い物や家のことは自分でしなければならない状況です。

こんな時に看病してくれる家族がいたら・・・と結婚願望が沸いてきます。

身体的に弱っていれば精神的にも弱っていくものなので、そんな時、仕事終わりに看病にかけつけてくれた彼女に帰って欲しくない、結婚していれば~と考えます。

結婚願望がある女性は、彼氏が寝込んでしまったときには全力で看病すると、こんな人と結婚できたらいいなと思ってもらえるチャンスかもしれません。

身体的に弱っている時以外でも、仕事などで落ち込む出来事があった時も、支えてくれる人や良き理解者がいてくれたら、と思うこともあるようです。

人間、弱っている時には、絶対的な味方である家族を求めてしまうんですね。

4.幸せそうな家族連れを見たとき

休みの日に出かけてみると家族連れに出くわすことがありますよね。

ただすれ違うだけなら気にもならないですが、例えば飲食店で隣の席になった家族連れがとても幸せそうな家族だったり、知人の家族を紹介されたときに、仲が良くてうらやましいなと思ったり、自分には無関係の世界を近くで見ることになったとき、自分が家族を持ったらどんな家族になるのだろう、奥さんはどんな人で子供はどんな子だろうと想像が膨らみます。

結婚願望がなかった男性でさえ、こういった些細なことから、自分も家族が欲しい、結婚したい!と焦るきっかけになります。

5.彼女の親友が結婚したとき

彼女はいるけれどまだ自分には結婚願望がないという男性も、彼女の親友や身近な人が結婚した時に、彼女との結婚を意識します。

それは、親友の結婚話をする彼女に対して、この子にそんな思いをさせてあげられるのは自分しかいないという責任感が生まれるからです。

それまでは自分の都合だけで結婚の時期を考えがちだった男性も、彼女目線での結婚を考えるきっかけになります。

結婚願望のある彼女からすると、結婚できるかもしれない良いチャンスですね。

結婚を焦った男性がすることは?

男性が結婚を焦った時、どんな行動にでるのでしょうか。

恋人がいる場合といない場合で例を出してみました。

○恋人がいる場合

・彼女に結婚願望があるかなど結婚への意識を確認する

自分だけ舞い上がっていたら困るので、彼女の結婚への意識を確認します。

彼女も結婚願望があった場合はとんとん拍子で結婚が決まるかもしれません。

このときの返答には気を遣う必要がありそうですね。

 ・彼女の親がどんな人か探る

結婚とセットで考えるのが親への挨拶のことです。

まだ紹介されたことがない場合、今まで気にしなかった彼女の親の性格や趣向などを気にするようになります。

 ・周囲に結婚相手にふさわしいと思うか相談する

たった一度の人生、結婚に失敗したくないのは男性も同じです。

既婚の友人や共通の知り合いなどに今の彼女が結婚相手にふさわしいと思うか相談したくなります。

彼女として関わるのと結婚するのとでは大違いですから、実は反対だったという意見があれば、これを機に話してくれるかもしれません。

○恋人がいない場合

 ・女友達や、昔の彼女に連絡をする

連絡を取り合う女性がいない場合にこういった行動に出ることがあります。

結婚相手として意識しているわけではなく、自分を認めてくれる女性にコンタクトを取りたくなるのです。

 ・婚活サイトやパーティーに興味を示す

今までは結婚について真剣に考えてこなかった男性は、結婚に焦ってもどうすればいいのかわかりません。

今は、婚活サイトや婚活パーティーがラフな形式でたくさん用意されています。

それらに参加してみようと考えるのです。

男性も結婚を焦る瞬間があった!?
まとめ

男性も結婚に焦るということと、そのタイミングをご紹介しました。

女性だけではなく男性にとっても人生においてとても大切なイベントになりますので、婚期を逃すのも、焦って早まってしまうのも恐ろしいですよね。

自分はどんな性格で、どんな人生を送りたくて、どんなパートナーと過ごしたいのか、ゆっくりと考える時間を作ると良いかもしれません。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら